超お金持ち さん プロフィール

  •  
超お金持ちさん: FXで儲けて京都旅行を
ハンドル名超お金持ち さん
ブログタイトルFXで儲けて京都旅行を
ブログURLhttp://fxkyoto.blog91.fc2.com/
サイト紹介文京都のあちこちを紹介します。近場が中心です。携帯電話のカメラで頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供576回 / 365日(平均11.0回/週) - 参加 2011/06/12 17:13

超お金持ち さんのブログ記事

  • 錦天神に一輪の白梅12月30日
  • 12月30日日曜日。寒波3日目。京都市内1℃まで下がり7.3℃まで上昇。予報は曇りですが終始晴れ勝ちの好天でした。今日はスーパーは諦め東山へ直行。昨年店に入れない大混雑でレジは15もあるのに20分以上掛かり懲りた。チャリは八坂神社から11時12分お隣知恩院さんへ。明日の除夜の鐘ですが、3枚とって3枚ともピンボケ。行く年来る年でお馴染みですが、坊さんが叩くのをただ見るだけ。想像を超える大行列となります [続きを読む]
  • 八坂神社の絵馬12月30日
  • 12月30日日曜日。寒波襲来3日目ですが京都市内、寒いながら今日も穏やかな1日となりました。  03:48分1.0℃まで下がり12:17分7.3℃まで。右は昨日の舞鶴。同じ京都でも日本海側は雪国と同じですな。昨日16時54分のしょぼい夕焼けチャリは元気良く出発。10時38分松原橋通過。比良山系今日も見えず。かなり積もっている筈。鴨川のユキヤナギ六波羅蜜寺のお正月。立派な稲穂無料進呈です。これに縁起物のお守りを買い [続きを読む]
  • 京都市内初積雪12月29日
  • 12月29日土曜日。いよいよ年末カウントダウンとなりました。あと2日で今年も終わり。  寒波襲来2日目。京都市内、01:40分ついに恐れていた人類存亡ぎりぎり限界0.0℃まで冷え込む。恐ろしい程の冷え込みではないか!最高は14:37分6.7℃まで上昇、何とか凍死は免れる。昨夜は20時で1℃。この時間帯から外はかなり吹雪き始め人類滅亡の危機を垣間見る。昨日16時51分の夕焼けこれは西ではなく正反対東の空。西空は雲に [続きを読む]
  • 鴨川のユキヤナギ12月28日
  • 12月28日金曜日。寒波襲来。全国的に冷え込み京都市内も1.6℃から5.9℃止まりと最高気温はこの冬最低を記録。今日が寒さのピークらしくそんなに構える程でもなかった。昼から晴れ渡り、同じ5.9℃でも曇りと晴れとでは体感温度は10℃も違う程に感じますね。全く寒さを感じなかった。16時現在4℃無風湿度67%、曇りとなってますが外は晴れ渡っている。11時過ぎ京都市内初雪観測。その直後、11時10分晴れてきた二条 [続きを読む]
  • 京都初雪12月28日
  • 12月28日金曜日。今年初の寒波襲来。列島滞りなく底冷え。  京都市内08:09分1.6℃が最低で13:40分5.9℃が最高。今日が寒さのピークと言う事で、名古屋や大阪で初雪か?金閣寺1時間だけ薄っすら雪化粧、そんなニュース見て笑わずにはいられない。こんなんニュースかいな?京都の雪と言えば必ず金閣寺だ。見るからに冬型の気圧配置。寒波は中国山地を壁に地団太を踏み、たまにそれを越えると四国まで南下、大雪となる。京都市 [続きを読む]
  • 摩訶不思議な出来事が12月27日
  • 12月27日木曜日。年の瀬も押し迫る27日、今日まで穏やかな天気で明日からかなり強烈な寒波襲来。今日は7.2℃から10.8℃と連日の10℃越え。明日から新年明けまで最低0℃〜2℃最高も6℃前後で推移と恐怖の真冬日到来となりそうです。そう言う事で正月用品買い求めチャリは東奔西走前かご山積みとなりビールは明日に。午前中はずっと曇り空で写真0。12時16分銅駝会館鴨川沿いのグランドで気持ち晴れてくる。三つ葉の [続きを読む]
  • はたと膝を打ち・・12月26日
  • 12月26日水曜日。3連休そしてクリスマス。すべてが過ぎ去り本日の京都市内は不気味な静けさとなりました。雨雲は京都すれすれに移動。気温は4.2℃から10.4℃と辛うじて10℃をクリア。15時現在10℃湿度73%無風ですが完全な曇り空でかなりひんやり冷たい。明日も同じ天気で、明後日からいよいよ冬型の気圧配置となり最高6℃最低0℃の日が新年まで続く。粉雪舞う年明けとなりそうだ。チャリは何時ものスーパー巡りへ [続きを読む]
  • 2018年北野天満宮「終い天神」
  • 12月25日火曜日。今日は1℃ちょうどまで下がり11.2℃まで上がる。見事な青空となり今年最後の終い天神は平日ながら正月もん買い求める地元勢と好奇心旺盛な観光客とで大賑わいとなりました。正午25分前到着。表鳥居から。東向観音さん(土蜘蛛灯篭があるとこ)辺りが花のコーナー。様々な花が並んでいた。100円駄菓子のお婆ちゃんの店(鳥居右後ろ)。21日終い弘法からその足で駆け付ける際限なき貪欲さなのだ!あはは [続きを読む]
  • 終い天神の行き帰り12月25日
  • 12月25日火曜日。今日はクリスマス。だが京都では北野天満宮「終い天神」、知恩院では360年続く「御身拭式」と今なお西洋文化を寄せ付けない伝統が続く。・・毎年両方に駆けつけていましたが今年は遂に体力が付いて行けず前者のみに。過去のブログでも参照してみてください。  今朝は予想以上に冷え込み07:09分1.0℃ちょうどまで下がる。最高は14:28分11.2℃と10℃をクリア。朝から猛烈な日本晴れで快適そのものの1日とな [続きを読む]
  • クリスマスイヴ鴨川から街中へ
  • 12月24日月曜日。最後の天皇誕生日振り替え休日3連休最終日。京都市内は00:04分11.3℃が最高で07:15分6.3が最低。以降気温上がらず17時現在7℃快晴無風湿度57%。だが日中は晴れ渡り冬支度では暑さを覚える程でした。明日は1℃から11℃晴れ予報。明日25日は北野天満宮「終い天神」。受験生合格祈願の家族連れ共々大活況となります。11時33分チャリは二条大橋右岸をうろつく飛び石少し上流飛び石右岸にこのドウ [続きを読む]
  • クリスマス・イヴ鴨川12月24日
  • 12月24日月曜日。今日は天皇誕生日振り替え休日3連休最終日。矢張り最低気温が下がってきました。でも観測所発表では07:15分6.3℃となっておりヤフー天気と極端に違う。最高はなんと日が改まった深夜00:04分の11.3℃。16時現在8℃快晴湿度53%無風。日が照り暖房要らずでした。明日は1℃から11℃予報。10時38分松原橋橋から下流100Mが目の前で見れ現在絶好調の見頃。ドウダンツツジ?もどき。同じく下流10 [続きを読む]
  • 平成最後の天皇誕生日12月23日
  • 12月23日日曜日。今年もあと1週間。   今日は天皇誕生日。最後と言っても日にちが代わるだけで、皇太子のお誕生日は何時でしたっけ?今日は7.0℃から14.8℃。昼まで晴れ午後から曇ってきました。明日以降、最高は10℃以上ですが最低が急激に下がり3・2・1℃と日を追って下がり金・土は−1℃予報。今日までが春の陽気でした。チャリは鴨川へ10時50分正面橋から。この餌やりおじさんが現われる時間帯、あらゆる鳥 [続きを読む]
  • 2018年冬至12月22日
  • 12月22日土曜日。冬至の今日はぐずついた1日となりました。01:28分10.1℃が最低、最高は14:42分14.5℃。来週末からやっと真冬の気温となりそうです。今日の天気は全く当たらなかった。昨日夕方から降り始めた雨は明け方には止む。朝一の予報は雨から晴れ、9時には曇りから晴れ、昼過ぎの予報は晴れから雨、15時では曇りから晴れ。だが京都市内全く晴れ間は覗かない。晴れてくると思い家を出た10時過ぎ降り続きかなり濡れ [続きを読む]
  • 2018東寺終い弘法12月21日
  • 12月21日金曜日。今日は4℃から15℃、雲一つ風一つとてない絶好の小春日和陽気に包まれる。2018年、今年最後平成最後の弘法市(終い弘法)。粉雪ちらつく年やどんより曇る肌寒い年、様々な場面を見続け今年は最高の天気に恵まれさぞかし多い事だろう。期待と不安を胸に11時30分最初の難関東門へ。一番混む入り口です。東門下。信号が変わる度どどどっと集まり身動き取れない(入れない)。弘法市はないものはない位 [続きを読む]
  • 東寺終い弘法の行き帰り12月21日
  • 12月21日金曜日。今日は雲一つない見事なまでのかんかん照り。4.2℃から14.5℃。15時現在14℃快晴無風湿度49%。雲一つないもったいない青空が続く。本日21日は東寺終い弘法京都御苑紅葉へも行きたかったが正反対の方角。上下)10時22分何時ものスーパー隣の公園。買い物後チャリは一路南下上下)10時58分梅小路公園。ドウダンツツジが見頃となっています。上下)同じく梅小路公園片隅。山陰線の普通電車が通 [続きを読む]
  • 2018年京都御苑紅葉12月5日
  • 12月5日水曜日。昼から晴れ渡り急遽京都御苑紅葉へ駆けつける。相当撮った最後残りの写真です。13時51分、梅林・桃林ちょうど中間、大木の下。冬柿がぽつんと寂しげに。以下4枚)富小路口入って左向かいの辻ここは風が吹き抜ける一番きつい所で毎年いち早く散り終えますが、今年は非常に珍しい光景です。九条家池 藤棚の紅葉凝華洞跡の大イチョウ、その右奥。御苑どこにでもある1本ですがちょうど最高に光り輝いていた。 [続きを読む]
  • 雲行きが怪しくなり12月20日
  • 12月20日木曜日。今日は予報通り久々に崩れる天気となる。22日が冬至。昨日16時39分の夕焼け。これでも久し振りに見る夕焼けです。  今朝の天気。大阪と名古屋の天気がえらい違いなんかおかしい。その中間の京都は曇りから雨。雨雲ズーム見るに昼までは大丈夫だと判断、チャリはすかさずスーパーへまっしぐら。スーパー梯子から、今日は北野天満に梅が開花とどなたかのブログ拝見し駆けつける予定もなんか空の様子が、 [続きを読む]
  • ド根性の京都御苑紅葉12月19日
  • 12月19日水曜日。今日は2.4℃まで冷え込み12.6℃まで上昇。穏やかな好天に恵まれチャリは又も吸いつけられる様に京都御苑へ。12時36分秘密の穴場紅葉が僕を呼んでいる乾御門入って左の小道トイレ横近衛邸池すぐ近く上下)近衛邸池、今出川御門からの小道、池の手前です。この1本がかなり染まってきました。毎年染まる前に風で飛ばされるのが常ですが、今年は久々見事に染まりました。今出川御門から真っ直ぐ、朔平門をバ [続きを読む]
  • 革堂さんに葉牡丹が12月19日
  • 12月19日水曜日。本日も好天に恵まれ絶好の家出日和、いや撮影日和となりました。7:16分2.4℃まで冷え込み13:45分12.6℃まで。好天も今日までで明日からずっと曇り雨予報も雪など全く降りそうにない気温。チャリは何時ものスーパー梯子から晴明神社へ上下)12時18分現在絶好の見頃となっている垣根紅葉一昨日の晴明神社上下)一昨日17日11時20分入り口鳥居の紅葉。今日もまだ綺麗に染まってます。今週いっぱいは大丈 [続きを読む]
  • 飽くなき挑戦京都御苑紅葉12月18日
  • 12月18日火曜日。本日の京都市内はとても穏やかな陽気に包まれました。4.9℃から11.7℃。青空が広がる小春日和。明日まで好天が続き明後日から崩れる予報。この陽気にチャリは鴨川から12時26分、気が付けばまたもや京都御苑に来ている。京都迎賓館南東角、奥の小道は台風21号で木がなぎ倒されたままで今だ進入禁止。手前にドウダンツツジが染まっていました。奥にもかなりありますが。紅葉もさすがに色褪せて来ており見 [続きを読む]
  • 祇園白川に木瓜の花開花12月18日
  • 12月18日火曜日。本日の京都は大変穏やかな1日となりました。気温も4.9℃から11.7℃。小春日和の陽気に包まれチャリは甲羅干しを兼ねどこまでも走り続ける。明日も好天予報ですが明後日から雨曇りの日が続きそうです。今日は何時もの買い物コースとは逆。11時13分京都銀行本店前。観光バスが至る所にどんどん停めどこも迷惑この上ない。最近では五条通にも(レンタル着物店ができ)連日常に数台の大型バスが停車。例の外 [続きを読む]
  • 飽きる程京都御苑紅葉12月17日
  • 12月17日月曜日。昨日は17時から降り始め明け方まで降り続く。今朝は徐々に快復。昼前から一気に晴れ渡り、チャリは急遽晴明神社の紅葉へ。その足で又も来ました京都御苑。上下)昼前の御苑秘密の穴場。日々刻々と殺風景な景色となっている。上下)乾御門入って左小道、トイレ傍。パターンは一つ。近衛邸児童公園奥(北)のドウダンツツジ似。上下)近衛邸池手前と奥上)紅葉 下)松以下)母と子の森12時22分、ここで急 [続きを読む]
  • 晴明神社紅葉見頃に12月17日
  • 12月17日月曜日。12月に入ってどんどん月日は流れ早や17日目。残りを数えた方が早くなりました。もう幾つ寝ると・・♪本日最低は(昨日0.6℃から)7.2℃と急上昇。最高は13.4℃。昨日は17時辺りから降り始め夜明けまで続く、午前中は曇り勝ちも・・時間と共に徐々に快復。チャリは太陽エネルギー吸収してはうろつく。上)10時49分二条城西北角の公園の寒桜。下)同じく直ぐ近くのプチ紅葉林。もう殆ど散り終え。一気 [続きを読む]
  • 京都市内0.6℃ 12月16日
  • 12月16日日曜日。本日ついに恐れていた日がやってきた。06:11分0.6℃。この冬最低、京都中が震え上がる驚異的低温記録。身も心も凍りつくと言われる絶対(的)0℃へタッチのところで全員生き延びました、あはは。最高は14:55分の9.6℃。明日の最低は7℃(+7])と又も劇的変化、予報は雨から晴れ。降り出す前にとチャリは買い物へ11時27分信号待ちの間阪急四条大宮駅を見つめる。・・知ってました?バブルが弾け日本中の路 [続きを読む]
  • 2018年京都御苑紅葉12月5日
  • 12月5日水曜日。昼から晴れて来てチャリは御苑の紅葉へ急行。すべて在庫写真からです。上下)10時35分西本願寺の大イチョウ。樹齢400年、横向きという珍しい巨木です。公園のイチョウ上下)11時50分二条城西北角の公園に咲く寒桜と近くのプチ紅葉林急速に晴れて来て急遽京都御苑へ13時02分秘密の穴場。少し曇り。凝華洞跡の大イチョウ その右奥一人溜息と共にいつまでも見つめる。 [続きを読む]