日野晃 さん プロフィール

  •  
日野晃さん: 日野晃のさむらいなこころ
ハンドル名日野晃 さん
ブログタイトル日野晃のさむらいなこころ
ブログURLhttp://blog.ap.teacup.com/hinobudo/
サイト紹介文武道、ダンス、人生、日常、人間関係、人の能力他について、武道家の視点で綴っている。
自由文日本伝統武道から発掘した日野身体理論。その身体理論がヨーロッパの多くのダンスカンパニーの支持を受け、毎年数回フランスやドイツを中心に指導に行く。同時に武道の要素の指導も行っており、こちらもヨーロッパを中心に広がっている。最近は、武道のみならず、日本のダンサーのレベルアップを目的としたWSを日本全国で展開中。2011年は自主公演も制作。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供416回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2011/06/12 18:12

日野晃 さんのブログ記事

  • 人という生き物は面倒な
  • 自分にとってイラつく事、あるいは、本当に腹の立つことに直面するのは、本当に自分自身を育ててくれるとつくづく思う。「人は自分の思うようにしか思わない」だから、人の「思った事」をコントロールすることは出来ないのだ。とは、明らかに分かっている。しかし、私にとっての地雷とでも言うべき問題があると、徹底的に交戦してしまう。もちろん、それがいけない事だとは思っていない。しかし、面倒だとは思っている。しかし、面 [続きを読む]
  • 自分で考えられない人は
  • 先生に言われたことをやる。親に言われた事をやる。それ自体が間違いではない。そうすることで、何が損なわれていくかだ。もちろん、それは「自分で考える」という当たり前の事が出来なくなっていくのだ。そんな馬鹿な、だが、実際そうだ。もちろん、そうではない人もごく少数だがその中に混じっている。そんな人は、自分で考えるから、自分の道をどんどん歩いていく。この「自分で考える」ということが損なわれている人の共通点は [続きを読む]
  • 身体の目を覚まさせる
  • 快晴!!しかし、今日は研修の打合せで大阪へ行く。そんなもんや、細かいところでも人生ままならない。午前中は作業が出来たのを良しとしよう。コンサートに向けて、ドラムの練習もしなければいけない。これは耐久力だけの問題だから、「くるみ回し」で行ける。人は「練習をしないのですか?」と言う。やらなければ楽器を演奏する腕が鈍ると思っているからだ。もちろん、常識的に考えればその通りだ。しかし、実際はそうではない。 [続きを読む]
  • またまた「私的には」だ
  • 朝、雨が降っていなかった。桟木を取り出し、部材に合わせる。鋸を引き部材にホゾを刻む。霧雨に気付く。ここまで。ふと、後ろを振り返ると、熊野道場の紅葉だった。この木は、元々弟子の一人が盆栽として育てていたものだ。15年もすると、野生のように立派な木に育っていた。「私的には」という言葉が耳についたワークショップでもあった。もちろん、どんなことでも「私的」であって、それ以外には不可能だ。だが、問題は何かの基 [続きを読む]
  • みなさん常連ですか?
  • 一応、一通りの仕事が終わって熊野に帰れば雨。最悪だ。明日は工具の点検でもやろうか。水は出ているから、そちらの仕事は無いから。工事用にウインチまで買った。一人で、材木を屋根まで運び上げるのは、時間がかかりすぎるからだ。そのウインチも取り付けよう。しかし、これが重たいからどうするかや。ワークショップで面白い事を言った人がいた。今回が初参加の男性だ。「みなさん、常連さんばかりなのですか?」「いいえ、今日 [続きを読む]
  • 漢方カフェへ
  • お昼の飛行機で東京へ。少し時間があったので、難波に出来た新しいビル、スカイオへ行ってきた。ここの6階に「漢方カフェ光る堂薬局http://hikarudou.com/」が入っているからだ。ここのご主人は、ミッチー先生こと白石光彦先生で「腸活・酵素断食」の著者でもある。ひょんなところで知り合い、腸の話や酵素の話を聞かせてもらった。「薬局から日本の医療を変える」という壮大な志を持ち、講演や研修で飛び回っている。と言っても、 [続きを読む]
  • 大阪明鏡塾3回目終了
  • 今日は、大阪マラソンだった。会場の目の前を走る。そうなると、道路は全部閉鎖だ。目の前に会場があるのに渡れない。マラソン選手の人達には悪いが、時間が無いから何とかせぇだった。そのおかげで、マラソンの事を知らない地方からの受講者は、道の大回りを強いられた。「大阪・明鏡塾」2期3回目の講座を終えた。やっぱり大阪は凄い。おっちゃんが2人寄ると、もう止められない。一寸したエピソードワークも、とんでもないことに [続きを読む]
  • 一本釣りには連動が一番
  • 武道ワークショップは、充実したワークになった。稽古の仕方や「技」という身体技術の作り方他、基本的なワークを5時間楽しんだ。野球や柔道のトレーナーや、一本釣りの漁師さん等バラエティに富んでいたのが面白い。一人の猟師さんは、九州からわざわざ受講しに来たのだ。詳しく聞くと、昨年からオフの時に、来た猟師が「これや」と勧め、それから「一本釣りは連動やろ」と稽古と実践を繰り返したいたという。今回は、たまたまオ [続きを読む]
  • 明日は武道ワークショップ
  • 「大阪・明鏡塾」の体験セミナーを終えた。東京の体験セミナーに日程が合わなくて、千葉からわざわざ受講してくれた人もいた。しかし、言葉を交わしてみると大阪弁。「中崎町の方に住んでました」だった。つまり、全員大阪なので、楽しい乗りでセミナーは進んだということだ。もちろん、懇親会も大阪のノリで、大爆笑の連続だった。また、職場の違いはあるが、介護士が2人も受講してくれたのは嬉しいことだ。明日は、大阪武道ワー [続きを読む]
  • 3連休だというのに
  • 今日は3連休の始まりである。こういった休日を世間並みに享受したのは、10代の頃に水商売をしていた頃だけだ。喫茶バーテンをしていた時は、逆に書き入れ時だから果てしなく忙しかった。その後のジャズドラマーの時代に休みなど有ったのかな、と思い出そうとするがハッキリしない。そんな時間の流れの中で生活をしているのと、世間という時間の中で生活をしているのとでは、考え方に違いが出来て当たり前だ。もちろん、価値観も違 [続きを読む]
  • 久しぶりの文楽
  • 今日は、久しぶりに大阪で文楽をみた。久しぶりなのは、人間国宝が4人も勢ぞろいしていた時期に見たのが最後だ。ホールで弁当を食べる人、お菓子を頬張るおばちゃん。よく見ていると、そんなお客さんは大衆演劇のファンの人に多い。だから、何だかホッとする。それだけ文楽が根付いている、ということだからだ。お目当ての大夫が出ると掛け声が飛ぶ。「ええやんけ!」だ。そういえば、以前見た時はもっと舞台が良く見えた。これは [続きを読む]