籠橋隆明 さん プロフィール

  •  
籠橋隆明さん: 弁護士籠橋の中小企業法務(名古屋発)
ハンドル名籠橋隆明 さん
ブログタイトル弁護士籠橋の中小企業法務(名古屋発)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/lawyerkago
サイト紹介文中小企業法務、弁護士の生活を紹介。名古屋から。債務、銀行対応、破産の相談が増えています。
自由文中小企業法務、債務、銀行対応、破産などの事業再生も取り上げています。経営に必要な考え方も紹介しています。ドラッカーに興味がある人はどうぞ。そのほか、商人の歴史や、経済問題も幅広く取り上げています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/06/12 19:01

籠橋隆明 さんのブログ記事

  • №2192 国税不服審判逆転のポイント
  • №2192 国税不服審判逆転のポイント税理士と弁護士とのすみわけ 日常的税務は税理士の先生が対応するが,時には「更正決定」という形で問題が起こる。税務署相手に争う場合,再調査,国税不服審判,税務訴訟となるが,紛争時には弁護士が登場し,手続きが進むに従って役割が大きくなる。 税の問題は弁護士でも無視できないことが多い。私は利益あるところ税がある、財産移転があるところ税があると思って注意している。保証債務 [続きを読む]
  • №2191 出荷品に欠陥があったとき
  • №2191 出荷品に欠陥があったとき当事務所は製造業系の顧客が多い。 製造業は高品質,安価,大量,短納期で勝負する。高い信用から顧客はジャストインタイムでの納品を期待して発注してくる。長く製造業に従事してきて,ほとんどミスがないというのは驚くべきことだ。ミスが発生してしまったら しかし,人が関わる以上どうしてもミスが起こる。一個の部品はきわめて少額でも大量販売するので対応となると多額の費用がかかる。安 [続きを読む]
  • №2190 吾輩は猫である
  • №2190 吾輩は猫である寝る前に「吾輩は猫である」をちょっとずつ読んでいます 最近寝る前に「吾輩は猫である」と読んでいる。奨学生の時に読んで以来,もう何回読んだかよくわらからない。珍野苦沙弥先生のまわりに稀代の変人たちのその博学たるや何度読んでも驚いてしまう。 猫は漱石の家に実際にいたそうで,灰色というか黒というか,よくわからない色で足の先まで黒い福猫だったらしい。漱石の奥さん,鏡子さんがそう言って [続きを読む]
  • №2189 不一致の原因は必ず突き止める
  • №2189 不一致の原因は必ず突き止める 一つの行動だけが正しく他の行動はすべて間違っているという仮定からスタートしてはならない。自分は正しく他の者は間違っているという仮定からスタートしてもならない。ただし,意見の不一致の原因は必ず突き止めなければならない。 The effective decision-maker does not start out with the assumption that one proposed course of action is right and that all others must be wron [続きを読む]
  • №2188 管理職のない会社,ビュートゾルフ社
  • №2188 管理職のない会社,ビュートゾルフ社ビュートゾルフ(BuurtZorg)社が注目されている オランダのビュートゾルフ(BuurtZorg)社は地域密着型看護を提供する会社だ。2006年に4人の看護師によって設立され、わずか10年で年間収入約2.3億ユーロ(2013年)に達するまでに成長した。利益率約8%という実績を上げ,在宅患者からも高い評価を受けている。現在では世界各国に展開し,日本でもビュートゾルフジャパンがある。 管理職の [続きを読む]
  • №2157 個人情報漏えいの対価
  • №2157 個人情報漏えいの対価顧客情報漏出させたベネッセは260億円の赤字となりました 平成26年ネベッセコーポレーションから顧客情報4858万人分(ベネッセ外部調査報告)が漏出する事件が発生した。ベネッセは一人当たり500円の賠償金を支払う(金券など配布)措置を講じ,同年決算では260億円の特別損失を計上した。ベネッセ事件では裁判が起きています このとき漏出した情報は「氏名,住所,電話番号」というような基本的な情報 [続きを読む]
  • 番外 妻とデート,「第三の男」が
  • 番外 妻とデート,「第三の男」が 土曜日は余りにも暑かったので,妻と二人で名古屋港までドライブした。名古屋港も午後8時を過ぎると,誰もいなくてちょっと不気味だ。誰もいない港を二人で歩き,桟橋では海の向こうの工場の夜景なんかを見たりしていていた。 名古屋港には簡単な遊園地があって,大きなゴンドラがある。私たちはそれに乗り,ずいぶんな高さに妻は「こわいわ」「揺れるから動かないで」などと娘のようなことを [続きを読む]
  • №2156 垂直的制限行為
  • №2156 垂直的制限行為垂直的制限行為ってなんだろう 親事業者が販売区域をしてしてきたり,同業他社との取引を禁止してきたりしたら,あなたならどうするだろうか。同じ業者に対しては泣き寝入りしなければならないのだろうか。これらは独占禁止法の疑いのある行為だ。 こうした,親会社が卸屋,小売り業者,あるいは協力会社に対して統制を加えることを垂直的統制という言葉でよんでいる。垂直的統制には価格を統制する価格的 [続きを読む]
  • №2185 人集団のサルにはない特徴
  • №2185 人集団のサルにはない特徴ロビン・ダンバーの著書,「人類進化の謎を解き明かす/Human Evolution」(インターシフト社)は読んだ方がよい本の一つだ。 サルも集団を作るが人間とは違う。現生人類は飛び抜けて脳が大きく,特に前頭葉が発達している。現生人類は想像する力を身につけ,集団の質もサル,他の類人猿,あるいはネアンデルタール人や他の人類とは質的に異なる。人類は「集団」を作る力を進化させた 著書はこの「 [続きを読む]
  • №2184 宇宙法,宇宙ビジネス
  • №2184 宇宙法,宇宙ビジネス 宇宙と聞くとこの文字だけで心が躍る。ビジネスの分野でもチャレンジが続き,ホリエモンも頑張っている。最近友人がこれに関連した会社を立ち上げるというのでいろいろ調査している。宇宙法という分野 Wikiによると「宇宙法(うちゅうほう、英: Space Law)は、宇宙空間とその利用に関する国内法および国際法(国際宇宙法)の総称。」ということで,条約は国連決議に基づいて締結されている。日本 [続きを読む]
  • №2183 人は集団を作る動物だ
  • №2183 人は集団を作る動物だ 京セラの稲盛さんは起業した時から,大家族主義の経営を心がけたそうだ。経営者と従業員が家族あるいはそれ以上の絆で結ばれてこそ,会社は発展し,難関を乗り越えることができる。私たちは猿の仲間だが,イメージする力が違う 私たちは類人猿の子孫だ。私たち猿の仲間は何百万年前から集団になって生活してきた。猿の仲間の場合,集団の規模は脳の大きさに比例する。チンパンジー,アウストラロピ [続きを読む]
  • №2182 おいしい水
  • №2182 おいしい水スティーブ・ジョブズはこう言った 無料のダウンロードが横行する中,iTMS(今のアイチューンズストア)にお金が払う人がいるかという問いに,スティーブ・ジョブズは「水道からはいくらでも無料の水が出てくるが,みんなお金を出してミネラルウォーターを買っているじゃないか」と答えたそうだ。なんだか禅問答のようで,意味深な答えだ。 水道代は払っていたが,一昔前は「水」のイメージは確かに無料だった。 [続きを読む]
  • №2181 圧縮記帳に失敗した事例
  • №2181 圧縮記帳に失敗した事例圧縮記帳制度 税法上では補助金も「収入」なので法人税などがかせられる。補助金をもらって,そこから税金をとられるというのは,100万円差し上げますと言っておきながら,実は70万円しか渡さないと言っているようなもので,詐欺のような話だ。 そこで,圧縮記帳という特別な税制度がある。補助金分を「損」としたり,積立金として収入から除外する方法といろいろあるが,詳しくは税理士さんに相 [続きを読む]
  • №2180 卑怯者,日本代表
  • №2180 卑怯者,日本代表 日本代表決勝トーナメント進出が何かと議論になっている。「サムライ」と言っているしね。例えば名誉ある死を選んだ人を尊ぶ気風は万国共通の価値観だ。虎は死して皮を残すとか,いろいろ言われる。しかし,西野監督を悪く言う人はいないような気がする。韓信の股くぐり その昔,漢が中国を制覇したが将軍韓信の働き無くしてあり得なかった。韓信が若い頃,ならず者に挑まれたが挑発に乗らず,股をくぐ [続きを読む]
  • №2179 製造物責任が問われる場合
  • №2179 製造物責任が問われる場合製造物責任という言葉があります 製造物の欠陥により身体被害などが生じた場合には製造物責任が問われる。被害者としては,①製品に欠陥があること,②欠陥によって被害が生じたことさえ立証すればよい。欠陥というのも設計,製造,指示・警告の欠陥と3つのタイプがあるが,難しいのでここでは述べない。火を噴くテレビは「欠陥」です。火を噴いた理由を説明する必要はありません。 ともかく, [続きを読む]
  • №2178 10年先を見越す企業戦略
  • №2178 10年先を見越す企業戦略企業の交流会で「10年先を見越す企業戦略」が話題となった。 マイケル・ポーターは「戦略的ポジションは,1回限りのプランニング期間だけでなく,10年ないしそれ以上の視野を持たなければならない」という。10年先の視野というのは経営者にとってなんだろうか。 ドラッカーは「時間軸」という言葉を重視する。しかし,社長は未来を予想するわけではないという。 「重要なことは,未来において何 [続きを読む]
  • №2177 事業承継納税猶予制度について
  • №2177 事業承継納税猶予制度について事業承継問題は税理士と弁護士の共同作業です 税理士が節税のスキームを考え,弁護士が事業承継全体の法的枠組みをつくりあげる。事業承継納税猶予制度で税金が免除されるかもしれません 平成30年,事業承継について,相続税・贈与税の納税猶予制度が大幅に緩和され,利用しやすくなった。10年の時限制度だが,うまく活用すれば,最終的には贈与税や相続税が免除される。制度はかなりよくな [続きを読む]
  • №2176 ダウンロード契約書をそのまま使ってはいけません
  • №2176 ダウンロード契約書をそのまま使ってはいけません 契約書はもちろん弁護士に見てもらった方がよい。インターネットで適当にダウンロードして契約書にしてしまうと思わぬところで抜け落ちがあったり,やらなくてよい権利放棄をしてしまうことがある。たとえば,賃貸借 明渡にあたって,「借主は経年劣化による通常消耗部分も含めて原状回復義務を負う」などという条項があった場合はどうだろうか。 これは借主不利,貸主 [続きを読む]
  • №2175 人は社会を作る動物だって
  • №2175 人は社会を作る動物だってダンバー数 人が自然に作れる集団数は150人ぐらいだそうだ。人が進化して獲得した「脳」の能力の到達点らしい。 チンパンジーやゴリラも集団を作るが人の単位よりも小さい。他人をイメージする領域も人の方が圧倒的に大きい。人はこの能力によって集団の共通の意識,音楽や宗教などを作り上げ,集団を大きくしている。ロビンソン・ダンバーによるとこれが進化上の「脳」の到達点だそうだ(「人類 [続きを読む]
  • №2174 うつ病と労務管理に関する説明書
  • №2174 うつ病と労務管理に関する説明書 顧問先にうつ病対応の考え方について説明を求められたのでこんな文書を作ってみました。 実際の,説明書には青色での強調はありません。■ 株式会社 御中うつ病と労務管理について重要な問題点について,ご説明いたします。                    平成30年6月14日                      名古屋E&J法律事務所                 [続きを読む]
  • №2173 悪風は感染する
  • №2173 悪風は感染する企業が倫理的であるってどういうこと? 日大炎上は企業のコンプライアンスがたを問うものだった。顧問関係の相談でもコンプライアンスに関わる相談は多い。企業が倫理的であるというのはどういうことだろうか。一つを許すと,だんだん悪くなる,悪風は感染します。 「割れ窓の理論」(Broken Windows Theory)というのがある。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴にな [続きを読む]
  • №2172 副業すると残業可能時間が減ります
  • №2172 副業すると残業可能時間が減ります 社員のオフタイムは自由に使えるので,副業・兼業も自由というのが法律上の原則だ。しかし,副業は職務に影響を与えることがあるので,就業規則上原則として禁止することができる。現在,政府は副業を促進する立場なので,禁止する方向で検討する場合は社労士や弁護士と相談した方がよい。労働時間の管理に注意 実務的には就業規則上許可制にする企業が増えているかもしれない。しかし [続きを読む]
  • №2171 社長,副業してもいいですか?
  • №2171 社長,副業してもいいですか?社員が副業していいですかと聞いてきたらあなたならどうします? 正社員の副業はだめでしょうというのがあなたの常識かもしれない。ほとんどの会社では就業規則に副業,兼業の禁止をうたっていると思う。しかし,法律論からすれば,オフタイムは社員の自由時間なので何をしても自由だ。副業を原則禁じる就業規則は有効です にもかかわらず,兼業副業を原則禁止できるのは,社員には職務専念 [続きを読む]
  • №2170 水戸黄門主題歌 いいね
  • №2170 水戸黄門主題歌 いいね水戸黄門主題歌,歌詞を改めて読むと,いいね。この簡単さが,いいね。3番の「なんにもしないで生きるより何かを求めて生きようよ」これ,ほんとにいいね。1番人生楽ありゃ苦もあるさ涙の後には虹も出る歩いてゆくんだしっかりと自分の道をふみしめて2番人生勇気が必要だくじけりゃ誰かが先に行くあとから来たのに追い越され泣くのがいやならさあ歩け3番人生涙と笑顔ありそんなに悪くはないもんだ [続きを読む]
  • 番外 歯痛で死ぬかと思った
  • 番外 歯痛で死ぬかと思った 歯痛で死ぬということはあるような気がする。一昨日から今日の朝にかけて強烈な歯痛に襲われた。歯にくさびが打ち込まれ,そのくさびをハンマーで叩かれ続けられているような痛みだ。 夜は寝られず,顎で痛みが脈打っていた。痛み止めを飲んで,若干回復したのだが,それが切れると突然またハンマーで打ち込まれる。あまりにも痛いので,こんどは,たまたま関節痛のために処方されていた張り薬になっ [続きを読む]