只野吞助 さん プロフィール

  •  
只野吞助さん: 呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ハンドル名只野吞助 さん
ブログタイトル呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ブログURLhttp://boozersclub.blog55.fc2.com/
サイト紹介文日本全国の日本酒を飲む『日本全国酒の旅』をしています。ただし、気持ちだけ旅行です(笑)。
自由文好きでよく飲んでる日本酒について、ただの呑み助の視点から書いていきたいと思います。知識はありませんが、けっこういろいろな銘柄を飲んできたと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/06/13 11:06

只野吞助 さんのブログ記事

  • 旅館 玉川
  • お盆休み中に人をある場所に案内するため、紀伊半島に行ってきました。しかし、埼玉からいきなり紀伊半島に移動するのはきついので、途中で泊まりつつ行くことに。その二泊目は渥美半島に泊まりました。こちらは渥美半島先端部近くにある愛知県田原市の「旅館 玉川 」さん。部屋はこの通りの典型的な和室。房総半島でも和風旅館によく泊まったので、こういう部屋を見ると海の近くに来たことが実感できます。部屋は結構広いです。入 [続きを読む]
  • 天然温泉 富嶽の湯 ドーミーイン三島
  • お盆休み中に人をある場所に案内するため、紀伊半島に行ってきました。しかし、埼玉からいきなり紀伊半島に移動するのはきついので、途中で泊まりつつ行くことにしました。こちらはその時に泊まった静岡県三島市の「天然温泉 富嶽の湯 ドーミーイン三島」さんです。もうちょっと違った感じを想像していたのですが、思っていたよりはるかに都会的なホテルなのでびっくり。こちらはロビー。建物は白と黒を基調とした都会的なデザイン [続きを読む]
  • ホテルグレイスリー田町
  • 先日、仕事で朝早く行かなければならなかったのでこちらに泊まりました。JR田町駅東口から徒歩5分くらいの場所にある「ホテルグレイスリー田町」です。ところで、このホテル、ロビーでチェックインしている時に知ったのですが、以前に泊まったことがあるワシントンホテルを経営する藤田観光グループのホテルなんですね。こんな偶然もあるのかとちょっと驚いてしまいました。こちらはホテルの側面を写したもの。運河の町、芝浦にこ [続きを読む]
  • 福祝 純米直汲み 無濾過生原酒
  • 久々に千葉県のお酒を飲みました。こちらは千葉県君津市の酒蔵 藤平酒造さんのお酒で『福祝 純米直汲み 無濾過生原酒』です。藤平酒造さんがある千葉県君津市の久留里の城下町は酒蔵が四軒もあります。私には「酒蔵が密集している地域のお酒は美味い」という勝手な経験則があるのですが、実際この久留里の城下町にある酒蔵のお酒は美味しいものばかりです。中でもこの藤平酒造さんのお酒は美味しいと評判が高いようです。ちなみに [続きを読む]
  • 華鳩
  • 先日、都内の入谷に用事があって行ったのですが、そのついでにお酒でも買って帰ろうかと思って近くの酒屋さんに行ったところ、その酒屋さんの店先に置いてあるこの看板を目にしました。「先月の西日本豪雨で、広島県呉市の酒蔵 榎酒造さんが浸水被害を受けました。 そんな大変な中でも断水被害に遭っている近隣住民へ蔵の仕込み水を無料で配布しています。 当店では榎酒造さんのお酒を販売して支援したいです。」と書いてありま [続きを読む]
  • 成田東武ホテルエアポート
  • 今回のタイ旅行のエントリーもこれで最後となります。成田に帰ってきてそのまま家に帰ることも出来ることは出来たのですが、家族が「無理して帰ってこないで空港近くに一泊したら?」とうれしいこと言ったので、こちらのホテルに泊まりました。こちらは成田空港に一番近いホテルで、「成田東武ホテルエアポート」。2016年のタイ旅行の時にも泊っているので二年ぶりに泊まります。なぜこのホテルに泊まったか?それは二年前に泊 [続きを読む]
  • 獺祭ストア京橋に行ってきました
  • 7月の西日本豪雨で獺祭を造る旭酒造さんが被災したのは皆さんもご存じだと思いますが、その影響で停止していた生産が28日より再開されたそうです!。今後の復旧が順調に進むことを祈っております。また、冒頭の写真はその影響で営業を停止していた獺祭ストア京橋の写真です。7月19日に営業を再開したというので獺祭を買いに行ってきました。こちらは獺祭ストア京橋店さんの冷蔵ケース。まだ獺祭がずらりと並んでいます。ちなみ [続きを読む]
  • Doi Chaang Coffee
  • 去年のタイ旅行前のことです。タイ王国は南国だからコーヒーがありそうだと思い、お土産によさそうなコーヒー豆がないか検索をしてみたところ、タイ王室が国民の生活を豊かにするために手掛ける王室プロジェクトの一つであるドイトゥンプロジェクトが出てきました。ドイトゥンとは麻薬の原料となるケシを大々的に栽培していたゴールデントライアングル地帯を指すようです。この地域では麻薬の栽培が大々的に行われていたのは周知の [続きを読む]
  • ノボテル スワンナプーム エアポート
  • こちらのホテルは「ノボテル スワンナプーム エアポート」というホテルです。スワンナプーム国際空港の中にあるホテルです。翌日の飛行機が朝早いため、ここのホテルに宿泊することにしました。写真をよく見ていただくと分かりますが、このガラスの向こうにあるのはスワンナプーム国際空港。このホテルは空港内の敷地にあり、空港の発着ロビーも目と鼻の先の距離にあります。このホテル、けっこう大きなホテルで、ホテルの真ん中部 [続きを読む]
  • タイ料理レストラン Chanadda
  • こちらはタイ料理レストラン「Chanadda」です。プーケットの「カタタニ プーケット ビーチリゾート」内にあり、このホテルに滞在している時に食べに行きました。せっかくタイに来ているのですから、滞在中に一度くらいはタイ料理レストランに行ってみたいと思ってましたので。昼は分かりませんが、夜はこんな感じで雰囲気が変わります。客は欧米人ばかりでアジア人は私だけでした。十数年前のプーケットの光景みたいでした。十数年 [続きを読む]
  • 有明
  • プーケット滞在中にどうしても日本酒が飲みたくなりましたので、今年もここに来ました。その名は「有明」。「ルメリディアン・プーケット・ビーチリゾート」というホテルの中にあるという日本食レストランです。今のところ、私が知っている範囲ではプーケットでこれだけ日本酒をそろえているのはここだけ。今回の滞在でも日本酒が飲みたくなったのでこちらに来ました。とはいえ、最初の一杯目はタイ王国に敬意を表してタイ産の代表 [続きを読む]
  • ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル
  • プーケット島からバンコクに移動してきました。こちらはバンコクで宿泊する「ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル」。マリオットホテル系列のホテルブランドです。去年泊まった「バンコク マリオットホテル スクンビット」も正直とても良くて、そこにまた泊まろうかと思ってた時期もあるのですが、今年はちょっと気分を変えてこちらにしてみました。ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテルはその煌びやかな [続きを読む]
  • プーケット マリオット リゾート&スパ ナイヤンビーチ
  • 今度はプーケット島のカタノイビーチから同じプーケット島のナイヤンビーチに移動してきました。ナイヤンビーチはプーケット島の北部のプーケット国際空港のすぐ南にあるビーチです。今まで泊まったことがなかったのですが、今回、初めてこのビーチに滞在しました。冒頭の写真はそのナイヤンビーチで泊まっているホテルで「プーケット マリオット リゾート&スパ ナイヤンビーチ」です。これはこのホテルのロビーです。ここでホテ [続きを読む]
  • カタタニ プーケット ビーチリゾート
  • プーケット島のカタビーチエリアから南隣のカタノイビーチエリアに移動してきました。このカタノイビーチはアジアの美しいビーチトップ10に毎年入るビーチのようです。たしかに美しいビーチです。そして、そのカタノイビーチの目の前にあるホテルが「カタタニ プーケット ビーチリゾート」。上の写真はそのロビーです。カタノイビーチは全長約650メートルのビーチですが、このカタノイビーチエリアはほぼこのホテルのエリアです。 [続きを読む]
  • ノボテル プーケット カタ アビスタ リゾート アンド スパ
  • タイ王国を旅行中です。現在は南部のプーケット島にいますが、他のホテルに移動しました。なぜならただ単に他のホテルやエリアにも泊まってみたいから。そして、今泊まっているこのホテルの名は「ノボテル プーケット カタ アビスタ リゾート アンド スパ」。初めて泊まるホテルです。こちらがそのロビー。センスの良さに圧倒されます。部屋はこちら。期待させてくれるような部屋です。そして結構広い。こちらはベッドとその周辺。 [続きを読む]
  • ビヨンド リゾート カタ
  • タイ王国にやって来ました。現在はプーケット島にいます。こちらは現在滞在中のホテルでビヨンド リゾート カタ。以前はカタビーチリゾート&スパという名前でしたが、今年から名前が変わったようです。海からホテルを撮影したところ。ホテルのすぐ目の前はビーチです。歩いて0分でビーチに行ける位置にあり、海で遊びたい方にはとても便利なホテルです。部屋はこの通りでかなり広いです。大きなベッドが2つ部屋の中にあってもまだ [続きを読む]
  • ロイヤルパークホテル ザ 羽田
  • 6月30日よりタイ王国に旅行に来ています。そのタイ王国に渡る前に羽田で泊まったのがこちらの「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」。上の写真はそのゲートです。なぜこのホテルに泊まったのかというと、それはこのホテルが羽田空港国際線ターミナルの三階の出発ロビーに直結しているから。冒頭の写真のゲートを出るとこの通りで出発ロビーがすぐそこにあります。すぐに搭乗手続きに入れるので今年もここに泊まりました。ちなみに、去 [続きを読む]
  • 京都下鴨茶寮 牛しぐれ弁当
  • 早いもので六月ももうあと何日かで終わりです。一年の半分が過ぎようとしています。職場が新宿になって早半年が過ぎました。新宿に来て伊勢丹でよく買い物をしていますが、こちらもその伊勢丹で買ったお弁当です。京都下鴨茶寮の「牛しぐれ弁当」です。新宿伊勢丹のデパ地下には京都下鴨茶寮の売店があり、裕福そうな身なりをした人がよくお弁当を買っています。それだけ美味しいのでしょう。この日もちょっとその売店に寄ってみた [続きを読む]
  • 純米吟醸原酒 亀泉
  • 日本全国酒の旅、本日は久々に高知県のお酒です。高知県のお酒を最後に家飲みしたのは去年の7月。ほぼ1年ぶりとなります。その本日のお酒は、高知県土佐市の酒蔵 亀泉酒造さんのお酒で『純米吟醸原酒 亀泉』です。亀泉酒造さんの創業は明治三十年(1897年)。日本酒好きの11名が集まって創業したそうです。その後、第二次世界大戦中の国策による合併など紆余曲折を経ながら現在の亀泉酒造株式会社になったのが昭和四十年。 [続きを読む]
  • 純米生酒 開華
  • 最近、電車の中で「本物の出会い栃木」という広告をよく目にしますが、どうも栃木デスティネーションキャンペーンというのが行われているようです。上の動画はそのキャンペーンの動画です。そのキャンペーン動画にも出ている佐野市の酒蔵のお酒がこちらです。先日、知り合いのオッサン利き酒師がこのお酒を持ってきました。こちらのお酒は『純米生酒 開華』。栃木県佐野市の酒蔵 第一酒造さんのお酒です。第一酒造さんの創業は江戸 [続きを読む]
  • ヴィラフォンテーヌ東京大手町
  • こちら、先日の打ち上げの後で泊ったホテルで「ヴィラフォンテーヌ東京大手町」です。正直、それ程期待していなかったのですが、予想以上にいいホテルでした。こちらはホテルの中の様子。面白い内装ですね。部屋はというとこの通り。綺麗な感じです。ベッドも大きく、都心部にあるホテルにしては広い部屋です。机もやや大きめ。丸い鏡は面白いですね。こちらはバスルーム。綺麗ですね。朝食付きですので朝はこちらで食べます。一見 [続きを読む]
  • すき焼き 牛たん いぶり 神田店
  • 先日、前の仕事場の打ち上げが神田で行われたので行ってきました。こちらがその居酒屋で「すき焼き 牛たん いぶり 神田店」。期待できそうな店構えです。入り口から入るとこのお酒のディスプレイ。有名処のお酒がずらりと並べられています。期待感がさらに高まります。こちらはテーブルの様子。真中の蒸し器が気になりますね。こちらはお通しの料理。胡麻豆腐と里芋の唐揚げでしょうか。こちらは牛肉のような料理でした。パンに載 [続きを読む]
  • やきとり道場さくら
  • 私は飲み屋に行って日本酒がなかったり、日本酒のレパートリーが少なかったりすると、何か飲んだ気がしません。そんな時は日本酒を揃えていそうな居酒屋に寄って日本酒を飲みます。こちらもそんな居酒屋の1つ。地元に出来た新しい居酒屋です。ここには前は違う居酒屋が入っていたのですが、どうも今年に入ってこの「やきとり道場さくら」に代わったようです。運営している会社はチムニー株式会社で前に入っていた居酒屋と同じ会社 [続きを読む]
  • 萩乃露 槽場直汲み 手造り純米 無ろ過生原酒
  • 前回も滋賀県のお酒でしたが、本日の日本全国酒の旅も滋賀県です。このお酒、新宿の伊勢丹で買ったのですが、これを飲みたいと思って手に取ったところ、全くの偶然で滋賀県の地酒でした。こちらのお酒を造るのは滋賀県高島市の福井弥平商店さんです。福井弥平商店さんの創業は江戸時代中期の寛延年間(1748年〜1751年)。「酔うための酒ではなく、味わうための酒を を信条に、 飲むほどに良さがわかる、まろやかで旨みがあ [続きを読む]