只野吞助 さん プロフィール

  •  
只野吞助さん: 呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ハンドル名只野吞助 さん
ブログタイトル呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ブログURLhttp://boozersclub.blog55.fc2.com/
サイト紹介文日本全国の日本酒を飲む『日本全国酒の旅』をしています。ただし、気持ちだけ旅行です(笑)。
自由文好きでよく飲んでる日本酒について、ただの呑み助の視点から書いていきたいと思います。知識はありませんが、けっこういろいろな銘柄を飲んできたと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/06/13 11:06

只野吞助 さんのブログ記事

  • 純米酒 会津娘
  • お正月も二十日になり、下旬に入りました。世間ではお正月休み気分が抜けて久しいですが、こちらはお正月休み期間中に飲んだお酒。福島県会津若松市の酒蔵 高橋庄作酒造店さんのお酒で『純米酒 会津娘』です。高橋庄作酒造店さんの創業は明治時代の初めの頃(1868年頃)。目指すのは「土産土法の酒造り」。「その土地の人がその土地の米と水を使い、その土地の手法で仕込む」酒造りを意味するそうです。銘柄「会津娘」で有名な [続きを読む]
  • 和洋中おせち三段重 饗宴
  • お正月も下旬に差しかかろうとしていますが、あまり時間が経たないうちにおせちの記事を書いておこうと思いました。こちらは今年になって新たに頼んでみたおせち料理で「饗宴」と言います。冒頭の写真には三つの重箱が映っていますが、これはそれぞれ和・洋・中の料理が収められています。この「饗宴」は和洋中の三種類の料理が楽しめるおせち料理です。しかも、和食は「京都美先」、洋食は「銀座ポルトファーロ」、中華は「枸杞の [続きを読む]
  • 特別純米 ささまさむね
  • 正月も中旬に入っています。世の中はすでにお正月気分が抜けていますが、こちらは三箇日で飲んだ福島県のお酒。福島県喜多方市の酒蔵 笹正宗酒造さんのお酒で『特別純米 ささまさむね』です。笹正宗酒造さんの創業は江戸時代後期の文政元年(1818年)。「ほんものを造る」というモットーの下、創業以来、品質第一の昔ながらの酒造りを続けています。一方、昭和五十二年(1977年)には全国に先がけて純米酒の製造に着手。そ [続きを読む]
  • 新島酒蔵の旅 宮原酒造編
  • 新島に行ったら島の酒蔵に行ってみたいと思ってはいましたが、宿で飲んだ新島の焼酎が美味しかったため次の日に早速買いに行きました。こちらがその宮原酒造さん。現在の正式名称は「株式会社宮原」と言うそうです。創業は大正十五年(1926年)。銘柄は嶋自慢、波の上の月、しきね等。こちらがお土産で買った『七福 嶋自慢』。この「七福」とはかつての新島の人たちの重要な食料であったさつま芋の正式名称です。1900年代 [続きを読む]
  • 民宿 治五平
  • 先週、お正月休みを利用して伊豆諸島の新島に行ってきました。大島、八丈島、神津島は行ったことがあるのですが、新島は初めて。冒頭の写真は新島での宿で「民宿 治五平」さん。釣り名人がオーナーを務める宿らしく、私が泊った時も釣り客が泊りに来てました。まずは新島に行くべく、調布の飛行場へ。伊豆諸島は船で行ったことはあるのですが、今回は趣向を変えて飛行機で行ってみました。飛行機は新中央航空の飛行機で。新島まで [続きを読む]
  • 賛否両論のおせち料理
  • こちらは恵比寿にある賛否両論という日本料理屋さんのおせち料理です。以前にこのお店のお弁当を食べたことがあるのですが、とても美味かったので今回おせち料理を購入してみました。こちらは風呂敷で包まれた状態。外すとこの通り。高級そうな感じです。こちらは壱の重。魚介類が中心のようです。アワビの生姜煮、数の子醤油漬、いくら醤油漬、海老のからすみ和え等。煮られたアワビは柔らかくとてもいいですね。味付けも程良く美 [続きを読む]
  • 開花 特別純米酒 袋取り雫酒
  • 三箇日最後のお酒はこちら、栃木県佐野市の酒蔵、第一酒造さんのお酒で『開花 特別純米酒 袋取り雫酒』。三箇日最後のおせち料理は以下の写真の「銀座ポルトファーロ 特選オードブル」なのですが、『開花 特別純米酒 袋取り雫酒』がこれによく合うので今年もこのお酒にしました。ご覧の通り、こちらはイタリアンおせちなのですが、『開花 特別純米酒 袋取り雫酒』の濃厚な旨味と力強い酸味からなる味わいがこのおせちによくマッチ [続きを読む]
  • 福島県地酒飲み比べ
  • 明けましておめでとうございます。今年のお正月もいい天気ですね。三箇日最後の日ですが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?私はお正月でお酒をしこたま飲んでも誰からも文句を言われないのをいいことに飲んだくれております(笑)。三箇日の二日目は福島県の地酒の飲み比べをしました。冒頭の写真はその時に飲んだ福島県の地酒の写真。去年の後半は、新しい職場がこの日本橋ふくしま館MIDETTEの近くになったため、そのチャン [続きを読む]
  • 蔵の真心 荒ばしり純米生原酒
  • 明けましておめでとうございます。元旦の今日は実にいい天気でしたね。皆さんはこの元旦どのようにしておられますか?私は毎年のことではありますが、お正月であるのをいいことに朝から飲んだくれております(笑)。朝からしこたまお酒を飲んでも誰にも文句を言われない・・お正月は本当にいいですねぇ(笑)。さて、お正月と言えば、おせち料理とお酒。和風のおせち料理に合うお酒と言えば、冒頭の写真のこちらのお酒。濃厚な旨味と力 [続きを読む]
  • 丹波地鶏と京野菜の個室居酒屋 西陣邸 新宿店
  • これが今年の最後の記事になります。今年の後半は職場が日本橋ふくしま館MIDETTEの近くになったことから、福島県の地酒を買い易くなってたくさん飲むことができました。新年からは職場が冒頭の写真のお店のある新宿に移動することになりましたので、残念ながら今までのように頻繁に買いに行くことはできなくなりますが、時々買いに行かせていただこうと思います。それとMIDETTEで福島県の地酒をたくさん買い込みましたので、お正月 [続きを読む]
  • 日本橋弁松総本店のお弁当
  • 今年も残すところあと数日となりました。早いものですねぇ。今年はお酒のレパートリーが充実した居酒屋を発見したにも関わらず飲みに行けないということが多い年でした。来年は飲みに行けなかった飲み屋に行ってみようと思ってます。さて、話は変わりますが、こちら日本橋弁松総本店さんのお弁当です。このお弁当、一言で言うと、とても美味しい和食のお弁当と言った感じなのですが、それもそのはず。日本橋弁松総本店さんは創業1 [続きを読む]
  • 木村屋本店せんげん台駅前店
  • ちょうどインフルエンザにかかる2日前の金曜日に地元の居酒屋にふらっと立ち寄りました。その居酒屋は「木村屋本店せんげん台駅前店」で、以前にもちょっと入ったことがあります。趣向を凝らした料理が多いのと、日本酒のメニューが充実していることで覚えていました。こちらは明太こぼれいくらだし巻き玉子という料理。玉子焼きといくら、そして明太子の組み合わせた料理です。意外な組み合わせに思えますが、これが結構美味しい [続きを読む]
  • なだ万 松茸御飯二段重
  • すでに冬になり、年末も近くなってしまっておりますが、こちらは秋の味覚、松茸のお弁当です。なだ万の「松茸御飯二段重」。パッケージをとるとこの通り。その名の通り、松茸ご飯とおかずの二段重です。結構な量の松茸が乗っています。豊富な松茸の風味が味わえるご飯。こちらはおかずの数々。豊富な松茸の風味が味わえる贅沢なお弁当でした。製造・販売:なだ万↓よかったら をお願いします。。。 [続きを読む]
  • 埼玉県酒蔵の旅 藤橋藤三郎商店編
  • ちょうどインフルエンザにかかるちょっと前に北埼玉の方に行ってきました。こちらはその時に寄った埼玉県深谷市の酒蔵 藤橋藤三郎商店さん。JR深谷駅からすぐのところにあります。その藤橋藤三郎商店さんの創業は江戸時代末期の嘉永元年(1848年)。モットーは深谷出身の渋沢栄一が唱えた「忠恕(ちゅうじょ)の心」(真心と思いやりの精神)。その「忠恕の心」をもって、品質優先の酒造りを心がけているそうです。代表銘柄は [続きを読む]
  • 詰合せ 浪速寿司
  • この色鮮やかなお弁当は「詰合せ 浪速寿司」と言いまして、古市庵のお弁当です。日本橋三越本店のデパ地下で買いました。パッケージをとってみると更に色鮮やか。「浪速寿司」という名前ですが、大阪のお寿司はこのような形なんですかね。江戸前寿司とはまた違った感じでなかなか良かったです。製造・販売:古市庵↓よかったら をお願いします。。。 [続きを読む]
  • 鳴海 ヴァージニティ 純米吟醸
  • 実は先週一週間近くインフルエンザで寝込んでいました。どうも職場で感染したようです。早めに予防注射をしておくべきでした。皆さんも、インフルエンザには気をつけましょう。ところで、11月下旬に房総半島に行ってきたときに、酒屋さんでとても気になるお酒を見つけてしまいました。それがこちらのお酒 『鳴海(なるか) ヴァージニティ 純米吟醸』。千葉県勝浦市の酒蔵 東灘醸造さんのお酒です。↓以下の通り、東灘醸造さんのお [続きを読む]
  • お魚料理の宿 魚拓荘鈴木屋
  • 11月後半の休みで久々に房総半島に行ってきました。こちらはその時に泊った千葉県南房総市千倉の「魚拓荘鈴木屋」さんの魚拓ラウンジ。魚拓が飾られているラウンジなのですが、とてもいい雰囲気でした。この通り、壁には魚拓がずらりと飾られています。釣り客が多いんでしょうか。朝一なので誰もいませんでいたが、とてもいい雰囲気のラウンジです。では部屋はというとこれが結構広い。私の部屋は10畳の部屋で、ドアを開けると [続きを読む]
  • ドリップマニア 日暮里店
  • 今年のタイ旅行で美味しいコーヒーを飲んでからちょっとコーヒーに凝ってまして、喫茶店に寄って美味しいコーヒーを飲んだり、コーヒー豆を買ったりしています。こちらは日暮里駅のecute日暮里にあるドリップマニア 日暮里店です。ご覧のようにハンドドリップで一杯々々丁寧に淹れてくれます。JR東日本フードサービスが運営する喫茶店のようです。この日、私が頼んだのは日暮里ブレンド。スッキリとしていてクリアな感じ。とても美 [続きを読む]
  • 純米酒 會津宮泉
  • 12月最初のお酒はまた福島県に戻ります。こちらのお酒は福島県会津若松市の酒蔵 宮泉銘醸さんのお酒で『純米酒 會津宮泉』です。こちらのお酒も日本橋ふくしま館MIDETTEの福島地酒売り場で買いました。宮泉銘醸さんの創業は昭和三十年(1955年)。目指すのは「皆さまに愛されるお酒」。銘柄は會津宮泉・冩樂・玄武。ちなみに、冩樂(写楽)は私も何度か居酒屋で飲んだことがあります。 とても美味しいお酒でした。受賞歴は全国新 [続きを読む]
  • ホテルかずさや
  • 12月に入りました。いつも書いてますが、時間が経つのは早いものですねぇ。ついこの間11月に入ったばかりだと思ったのに、もう12月です。お正月まですぐでしょう。ところで、先月ですが、珍しく仕事が忙しくなった週がありまして、仕事場の近くの宿に宿泊してました。こちらがそのホテルのホテルかずさやさん。日本橋でホテル業を営んで100年以上という老舗ホテル。なかなか趣があり、いいホテルでした。こちらは昼間の風 [続きを読む]
  • 牛たんスモーク
  • 私は酒を飲むので、どうしてもこういうおつまみ系のものが目に入ってしまいます。これも日本橋ふくしま館MIDETTEで見かけて買ったものです。福島県の福相食品工業という会社が作っているようで、↓以下の通り、以前にも霜降り牛たんを食べたことがあります。霜降り牛たんこれが焼いた後の状態。黒コショウが効いていて美味しかったです。ちなみに、こちらは以前にご紹介した霜降り牛たん。これが焼いたところ。脂が乗ってて美味し [続きを読む]
  • 山車 あらばしり 純米吟醸 生貯蔵原酒
  • 日本全国酒の旅、本日は岐阜県です。こちらのお酒は岐阜県高山市の酒蔵 原田酒造場さんのお酒で『山車 あらばしり 純米吟醸 生貯蔵原酒』です。このお酒、予約注文で、毎年11月に注文受付が始まります。そして届くのが翌年の11月。以下の通り、去年も飲みました。山車 あらばしり 純米吟醸 生貯蔵原酒とても美味しかったので今年も首を長ぁくして待っておりました。おかげで首がこんな風になってしまいました(笑)。チェンマイ [続きを読む]
  • 鮭はらこ弁当
  • こちら日本レストランエンタプライズが作る駅弁で「鮭はらこ弁当」です。「鮭フレークと鮭漬焼、いくら醤油漬をのせた、見た目にも鮮やかなお弁当」とのこと。パッケージをとるとこの通り。いくら、鮭等が結構な分量乗っています。アップにしてみるとよく分かります。美味しそうな鮭といくらがふんだんに盛りつけられています。駅弁ということはこれを電車の中で食べるのでしょうが(私は家の中で食べてますが)、電車の中でこういう [続きを読む]
  • 凛 原酒ひやおろし
  • 11月も下旬に入りました。あと1ヶ月ちょっとでお正月です。1年が経つのも早いものですねぇ。今からお正月は何のお酒を飲もうか考えてます(笑)。さて、本日の酒の旅も福島県です。こちらのお酒は初めて飲みます。福島県南会津町の酒蔵 会津酒造さんのお酒で『凛 原酒ひやおろし』です。シンプルですがとても目立つラベルです。『凛 原酒ひやおろし』も日本橋ふくしま館MIDETTEのこの冷蔵ケースで見かけて買わせていただきました [続きを読む]
  • アパホテル 神田駅東
  • 先日、お世話になっている会社さんが主宰した飲み会が神田でありまして、飲み過ぎて帰宅困難になる前に宿をとっておこうと考えましてこちらを予約しました。アパホテル神田駅東です。以下の通り、アパホテルには過去3回泊りましたが、いずれもとてもいいホテルでしたので今回もここにしました。  アパホテル TKP日暮里駅前  アパホテル 秋葉原駅前  アパホテル 蒲田西この通り、エントランス近くにはレストランもあります。 [続きを読む]