只野吞助 さん プロフィール

  •  
只野吞助さん: 呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ハンドル名只野吞助 さん
ブログタイトル呑んだくれオヤジの うまい!もう一杯ぁい!
ブログURLhttp://boozersclub.blog55.fc2.com/
サイト紹介文日本全国の日本酒を飲む『日本全国酒の旅』をしています。ただし、気持ちだけ旅行です(笑)。
自由文好きでよく飲んでる日本酒について、ただの呑み助の視点から書いていきたいと思います。知識はありませんが、けっこういろいろな銘柄を飲んできたと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/06/13 11:06

只野吞助 さんのブログ記事

  • 埼玉県酒蔵の旅 寒梅酒造編
  • 先日、埼玉県久喜市の酒蔵 寒梅酒造さんに行ってお酒を買ってきました。寒梅酒造さんに行ったのはこれで三度目。しかし、過去二回はカーナビ付きの車で行ったにもかかわらず場所が分からず断念。今回三度目にしてようやくたどり着くことができました!その寒梅酒造さんの創業は江戸時代後期の文政四年(1821年)。「豊かな酒文化の創造を求めて」伝承された酒造りの技術により品質の高いお酒を造ることをモットーにしているよ [続きを読む]
  • かきめし
  • こちら広島の米屋(めしや)というところが作っている「かきめし」弁当です。新宿伊勢丹のデパチカで買いました。パッケージに広島名物とあるようにかきめしは広島の名物なんでしょうか。パッケージをとるとこの通り。広島産のカキは味が濃厚らしいのですが、かきめしはその濃厚な味わいのカキを使った料理のようです。もう少しアップにしてみました。カキは確かに濃厚な味わいです。その濃厚なカキとご飯とのコンビネーション、美味 [続きを読む]
  • 純米大吟醸生酒 花山車さくら
  • 素敵な桜のデザインのボトルですね。桜の季節に相応しいボトルです。このお酒を造るのは岐阜県高山市の酒蔵 原田酒造場さんです。本日のお酒は原田酒造場さんの『純米大吟醸生酒 花山車さくら』です。原田酒造場さんの創業は江戸時代末期の安政二年(1855年)。原田酒造場さんの特徴は地酒に対するこだわり。杜氏をはじめとして蔵人全員が飛騨の人、水はもちろんのこと、お米も飛騨産米。全て地元のもので造るという地酒へのこだ [続きを読む]
  • 喫茶デン
  • すっかり忘れていましたが、このブログも8年目に突入しました。今後は廃業される酒蔵が少しでも減るような、その一助になるようなブログを目指したいです。なぜなら廃業される蔵が増えて日本酒が飲めなくなったら困るからです。美味しい日本酒は酒蔵でしか造れません。だから酒蔵が廃業して少なくなっていくと美味しい日本酒が飲めなくなるので困るのです。酒文化の存続とか人や社会のためとか、そういう高尚な動機ではありません [続きを読む]
  • 来福 純米吟醸 吟風
  • 本日の日本全国酒の旅は久しぶりに茨城県です。茨城県のお酒も美味しい所が多いのですが、私はなぜか飲む機会にあまり恵まれていません。しかし、先日、仕事帰りに新宿伊勢丹に寄ったところ、茨城県筑西市の酒蔵 来福酒造さんが試飲即売会をやってるところに出くわしました。来福酒造さんは結構有名な蔵ですが、飲み屋でしか飲んだことがなかったので、試飲してこちらのお酒を飲むことにしました。そこで買ったのがこちらのお酒 『 [続きを読む]
  • 京都下鴨茶寮 六角弁当
  • こちら、京都の下鴨茶寮というお店が出しているお弁当です。以前に伊勢丹のデバ地下で買った下鴨茶寮の「彩花」が美味しかったので、今度はこちらを買ってみました。こちらは蓋をとった状態。色とりどりで綺麗ですね。こちらは竹の子ごはん。絶妙な味のバランスで美味しかったです。こちらは海老や出し巻玉子等。こちらは煮物等。埼玉に住んでる私には京都の料理はあまり食べる機会がありません。しかし、こちらの下鴨茶寮さんも含 [続きを読む]
  • 竈屋
  • 先日、上野にある「竈屋(かまどや)」さんに行ってきました。竈屋さんは「全国各地の漁港より取り寄せる鮮魚と、契約農家から仕入れる野菜を使った多彩な和食が堪能できる」お店です。日本酒も充実しており、蔵元直接出向いて選び抜いたもののようです。冒頭の写真はその入り口の写真です。店内は和風の落ち着いた雰囲気の内装です。こちらは案内された個室。雰囲気があります。お通しが面白い。右のジャガイモとホタルイカの干物を [続きを読む]
  • 肉問屋直営熱田 四ツ谷店
  • 早いもので四月に入りました。つい先日冬の寒い時期に新宿に職場が移動したと思ったらもう春です。早いもんですねぇ。さて、先日、その職場のある新宿から帰りに用事があって四谷に寄ったのですが、その時にちょっと晩飯を・・・と思って入ったのがこちらの焼肉屋さん。「肉問屋直営熱田 四ツ谷店」さんです。私は精をつけるためにちょくちょく焼肉屋に入るのですが、焼肉屋を探していたところ、肉問屋直営の文字に魅かれて入って [続きを読む]
  • 初日の出 純米吟醸原酒 六友
  • 先日、新宿伊勢丹の日本酒売り場にぷら〜っと寄ったところ、京都府京都市右京区の酒蔵 羽田酒造さんが試飲即売会をしているところに出くわしました。いくつか試飲をした後に選んだのがこちらのお酒 『初日の出 純米吟醸原酒 六友(りくゆう)』です。その羽田酒造さんですが、創業は明治二十六年(1893年)。京都市右京区というと京都に土地勘のない私にとっては京都の町並みを思い出してしまいますが、上記の地図のように羽田酒造 [続きを読む]
  • 京都下鴨茶寮 彩花
  • 都内は桜が満開でお花見日和ですね。いい天気が続くことを祈ります。さて、こちら、京都の下鴨茶寮というお店が出しているお弁当です。下鴨茶寮は京料理茶懐石のお店です。伊勢丹のデバ地下で買いました。こちらはパッケージをとった状態。綺麗ですね。味加減は濃過ぎず薄過ぎず絶妙なバランス。肉料理も多過ぎず少な過ぎずバランスのいい配分といった感じ。とても美味しいです。こちらは下鴨茶寮さんのホームページに載っていた写 [続きを読む]
  • 鴨めし
  • 都内では桜が咲き始めています。昨日は寒い一日でしたが、お花見ももうすぐといったところです。さて、こちら、鴨専門店カナールのお弁当で「鴨めし」です。読んで字のごとく鴨肉を使ったお弁当です。たしか、新宿高島屋のデパチカで買ったと思います。蓋をとるとこの通り。右横にあるタレをかけて食べます。鴨の肉は柔らかく、脂がのっててとても美味しかったです。ちなみに、鴨専門店カナールは鴨の肉を使った鴨鍋や鴨焼き肉等も [続きを読む]
  • 三連星 限定番外編Ⅰ15号酵母
  • 三連星とはとても面白い名前のお酒ですね。こちらのお酒を造るのは滋賀県甲賀市の酒蔵 美冨久(みふく)酒造さんです。『HGUC 1/144 MS-09 ドム 黒い三連星トリプルドムセット』ファーストガンダム ガンプラ.com|https://t.co/EDGcbB99sf … … pic.twitter.com/7KjfbTlQsb— ガンプラ (@kizuna8001) 2018年3月10日 しかし、三連星と言うと小学生の頃にファーストガンダムを見ていた私としてはどうしてもこれを思い出してし [続きを読む]
  • こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当
  • こちら上野駅や東北本線等で買える駅弁の「こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当」です。創業明治二十五年の吉田屋さんが作っています。蓋をとるとこの通り。「こぼれイクラ」とはいくらがこぼれるくらいのてんこ盛りという意味なのでしょうか。もしそうなら、これは名前の通りのお弁当。こぼれんばかりのイクラが盛られています。そして、その大量のイクラに少し埋もれているのが鮭のハラス。ハラスとはマグロでいうところの [続きを読む]
  • 新潟バル 醸造屋 GEMS 神田店
  • 先日、神田にある「新潟バル 醸造屋 GEMS 神田店」に行ってきました。神田は前の職場があったところで、神田に通っている頃からこちらのお店は知ってました。昼食を食べに行った時に新潟のお酒がずらりと並んでいるのを見て、一度飲みに来たいと思っていましたが、飲みに行く機会もないまま今の新宿の職場に異動。しかし、今回、神田で飲む機会があり、こちらのお店で飲むことにしました。ちなみに、こちらは酒屋さん直営。新潟の [続きを読む]
  • アパホテル 東京九段下
  • 去年の年末にアパホテル 新宿御苑前に泊りましたが、先日、今度は九段下のアパホテルに泊りました。以下のように新宿御苑前を入れて過去五回アパホテルに泊っています。施設、サービス等しっかりしているので安心して泊まれます。   アパホテル 神田駅東  アパホテル TKP日暮里駅前  アパホテル 秋葉原駅前  アパホテル 蒲田西今回の部屋は都心のホテルにしては広めでした。こちらは部屋に入った時の様子。ベッドや机のま [続きを読む]
  • 帝松 社長の酒
  • 前回に引き続き、今回も埼玉県小川町の酒蔵 松岡醸造さんのお酒です。こちらのお酒も二月の中旬に松岡醸造さんに行ったときに買いました。この「社長の酒」、元々は清酒鑑評会用と社長の贈答用に製造したお酒のタンクに「社長の酒」と書かれていたのが始まりで、それを一般用に一升2500円で売り始めたところ、評判を呼びヒット商品となったそうです。それではと言うことで、今回買って飲んでみることにしました。香りは吟醸酒 [続きを読む]
  • 帝松 天然美発泡プレミアム純米にごり酒
  • 二月の中旬に久しぶりに西埼玉の方に行ってきました。その時に埼玉県小川町の酒蔵 松岡醸造さんに寄ったのですが、これはその時に買ったお酒で『帝松 天然美発泡プレミアム純米にごり酒』です。松岡醸造さんの創業は江戸時代後期の嘉永四年(1851年)。創業者の松岡祐エ門氏が小川町に目をつけこの地で創業。当時の小川町は交通の要衝で米の集積地でもあったそうです。理念は「お客様に喜んで頂けるお酒を心を込めて造ること」。 [続きを読む]
  • 不動 純米大吟醸 無濾過生原酒
  • 先日、千葉市の酒屋さんでお酒を物色していたところ、こちらのお酒を目にして懐かしいなぁと思ってしまいました。そのお酒は『不動 純米大吟醸 無濾過生原酒』。千葉県神崎町の酒蔵 鍋店(なべだな)株式会社さんのお酒です。鍋店さんの創業はなんと江戸時代前期の元禄二年(1689年)。鍋店さんの名前の由来は江戸時代に遡り、金座、銀座、釜座などの座の一つである「鍋座」に由来します。元々は成田山新勝寺門前で営業をしていま [続きを読む]
  • 純米大吟醸 倭姫 無濾過生原酒
  • 早いもので三月に入りました。三月と言えば春。春と言えばお花見。お花見と言えば、当然お酒です!。まぁ私の場合、お花はどうでもよくてお酒さえあれば構いませんが・・・(笑)。さて、その三月最初のお酒ですが、本日は久々に奈良県のお酒。冒頭の写真のお酒 『純米大吟醸 倭姫 無濾過生原酒』は奈良県奈良市の酒蔵 今西清兵衛商店さんのお酒です。今西清兵衛商店さんの創業は明治十七年(1884年)。今西清兵衛商店さんの理念は [続きを読む]
  • 京都御室 左近 鯛昆布締め
  • こちら、御室仁和寺という所の左近というお店が出している「鯛昆布締め」のお弁当です。この左近というお店は、何でも京料理とフランス料理の融合と調和を味わえる京都唯一のお店だそうです。こちらのお店の紹介文を掲載します。「京料理とフランス料理を一皿ごとに独立させつつコースとしてまとめ上げ、 京料理とワイン、フランス料理と日本酒などの自由な組み合わせで 料理を楽しんで頂くのが佐近のスタイル。」うーむ、ちょっ [続きを読む]
  • 純米大吟醸 夢の中まで
  • 本日の日本全国酒の旅も宮崎県です。冒頭の写真のお酒 『純米大吟醸 夢の中まで』は前回と同じく宮崎県延岡市の酒蔵 千徳酒造さんのお酒です。ところで、こちらの『純米大吟醸 夢の中まで』、以前は二月に発売になっていたのですが、最近は通年で売られているようですね。そういえば、宮崎県に旅行に行った時も地元の酒屋さんでこのお酒が売られているのを見ました。地元とはいえ、うらやましいなぁと思ったものです。こちらは宮崎 [続きを読む]
  • 千徳 しぼりたて生酒
  • 日本全国酒の旅、本日は福島県よりぐっと南下して宮崎県。こちらのお酒 『千徳 しぼりたて生酒』は宮崎県延岡市の酒蔵 千徳酒造さんのお酒です。季節限定商品で二月になると発売されます。千徳酒造さんのウェブサイトによればこちらのお酒は「今まで酒蔵に関係する人でなければ味わえなかった生酒の貴重な味」のお酒だそうです。それではということで今回購入いたしました。ちなみに、千徳酒造さんの創業は明治三十六年(1903 [続きを読む]
  • 木更津ワシントンホテル
  • 先日の三連休で房総半島に行ってきました。こちらはその時に泊った木更津ワシントンホテル。以前に新宿ワシントンホテルに泊ったことがありますが、マンハッタンテーブルをはじめとして部屋、サービス等などとてもいいホテルでしたので、木更津のワシントンホテルも泊ってみました。木更津ワシントンホテルの駐車場に車を停めて一階に入ると、こういった感じ。去年の10月にオープンしたばかりなので、まだ設備が新しく、そして綺 [続きを読む]
  • 豊国 純米袋取り本生
  • 今回もまた福島県のお酒です。こちらのお酒は『豊国 純米袋取り本生』。去年の年末に日本橋ふくしま館MIDETTEで豊国酒造さんが試飲即売会をしていたので買いました。ちなみに、去年の今頃にも豊国酒造さんのお酒を飲んでいます。こちらがその豊国酒造さんのお酒 『一歩己 無濾過純米生原酒』。同じく日本橋ふくしま館MIDETTEで買ったものです。味は弾けるような酸味がとても印象的なお酒。荒々しくフレッシュな味わいで、ほとばし [続きを読む]