citystranger さん プロフィール

  •  
citystrangerさん: デリケートで難解で、とってもかわいいうちの子
ハンドル名citystranger さん
ブログタイトルデリケートで難解で、とってもかわいいうちの子
ブログURLhttp://slowlyparadise.blog76.fc2.com/
サイト紹介文パーソンカメレオン・オレンジアイのカイムとの暮らしをメインに書いていきます。
自由文様々なジャンルのブログを読ませていただくのが好きなので、あちこちに足跡を残していくかと思いますが、飼い主は気が弱いので、なかなかコメントの書き込みをする勇気が出ません。

カイムを気に入ってくださった方はぜひ気軽に書き込みしてくださいね。飼い主も喜んで伺わせていただきます。
ただし常識から外れるような書き込みや、宗教・勧誘等々のサイトからの書き込みは削除させていただく場合があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/06/13 22:55

citystranger さんのブログ記事

  • ひとまず安心しました
  • 先週末、母の所に家事をしに行ってみると、母はまたコルセット姿になってはいましたが、想像していたよりもずっと元気そうでした。前に骨折した場所がどうしても骨折しやすくなっていて、同じところを骨折したのだそうですが、近所に新しくできた整形外科の先生がアメリカ留学をしたことがあるそうで、そこで骨密度を高めて骨質も改善し、骨折が起きにくくなるテリボンという薬を2年かけて注射していく治療を受け始めたと笑顔で話 [続きを読む]
  • すっかり秋になりました
  • 8月の終わりに悲しい知らせを聞いてから、季節の移り変わりに目を止める余裕がありませんでしたが、ベランダから見える電線にいつの間にか赤トンボがとまっていました。もう10月ですものね、きっと9月の初めから赤トンボは姿を見せていたのでしょうね。同じような毎日が続くというのは有難いことだと書いたばかり(でもない)ですが、今度は母が腰椎を骨折してしまいました。足の骨ではないのと、年齢的にそのまま寝たきりになって [続きを読む]
  • 近況報告
  • 前回の記事で続きを読んでくださって、コメント・拍手コメント、メール等で励ましてくださった皆様、ありがとうございます。深く感謝いたしております。だいぶ気持ち的には落ち着いてきたので、こういうときこそ何か楽しい記事を書けるといいのですが、特に代わり映えのしない同じような日々の繰り返しが続いています。でも永遠に続くものではないとはいえ、昨日と同じような今日、そしておそらく明日も同じような日が来るというの [続きを読む]
  • 成魚になりました
  • ポポンデッタ・フルカタの稚魚9匹が約2cmになりました。雌雄については雄7匹、雌2匹でした。あまりにも素早いので、撮影方法を置きピン、連射モード、スポーツモードで山ほど撮影してみましたが、完全にピントを合わせることができませんでした(苦笑)今回、「続きを読む」の記事内容が日記で、とても暗い内容になっております。無理に読んでいただくようなことではありません。記事を分けた方が良いのは分かっているのですがそん [続きを読む]
  • それぞれのマイブーム
  •  画像は天井を巡回するのがマイブーム中のハーマイオニーです。テリトリー(ケージ)から出てきそうで出てきません(笑)子供の頃から体が弱く持病持ちだった二足歩行の哺乳類は、母にさせられたものから自発的に取り組んだものまで、漢方・鍼灸・アロマテラピー・ベジタリアン・食養的な食生活・サプリ・ヨガ・セルフリンパマッサージ・ストレッチ・筋トレ・有酸素運動(ウォーキング)と無酸素運動の組み合わせ・整体・カイロな [続きを読む]
  • 板橋区花火大会
  • 最近の花火は表せない色が無いという感じで、配色もカラフルになりましたね〜。でも昭和な世代でなおかつキラキラが好きな二足歩行の哺乳類は、大きな尺玉の金色一色のもので最後にキラキラキラキラ光りながらゆっくり落ちていくのが一番好きです。うまく撮影できなかったですけれどね来年は、今回見事に全部ブレていた一枚に複数の花火の写真にもチャレンジできればと思います。↓ ブログランキングでカイム&ハーマイオニーとの [続きを読む]
  • 見えるんです
  • 実は私、見えるんです…。というのは、もちろん冗談です。これはタイミングが合わなかった画像を横に回転させたものです(笑)実はベランダから板橋区花火大会の花火が見えるのです「いつか一眼レフカメラで三脚とレリーズを使って花火を撮影してみたい」とずっと憧れていたのですが、一眼レフカメラを購入する余裕など一向に無いボンビーなので、思い切っていつもの中型コンデジの花火モードで手持ち撮影してみました。シャッター [続きを読む]
  • 外耳炎でへこたれていました
  •  ワイド画面風ハーマイオニー ケージ内巡回中で、何処へ行くのかという目的がしっかり定まっている目つきです年に何回か患う外耳炎。どうも体力を消耗しているときにかかる傾向があり、耳掃除をするときは耳かきを消毒したり、仕上げに綿棒で耳を消毒したりして気を付けているのですが、「あら?ちょっとまずいかも?」という感じからわずか一晩で、顎関節まで響いて痛み、口を普通に開けるのが苦痛な状態になってしまいました。 [続きを読む]
  • 毎日暑い
  • まだ梅雨明けの発表が無いのに、既に東京では30度を超える真夏日が12日だそうですね。確かに入道雲が広がる晴天ではなく、晴れ時々曇りみたいなすっきりしない天気ですが、それでも今日の最高気温は34度、明日は35度の予報で、3連休もお出かけどころか体力の消耗を少しでも防ぎたい二足歩行の哺乳類です室内にいても外気圧の影響を受けてバテ気味の二足歩行の哺乳類と違って、カイムもハーマイオニーも元気でよく動いています。こ [続きを読む]
  • 梅雨だけど真夏の暑さ
  • 昨夜から午前中降り続いた雨。どんよりした曇り空が続いた後、夕方になって雲の切れ間から少し日が差し始めるにつれ、気温も上昇し、カイムとハーマイオニーのいる寝室にはサーキュレーターを回しながらエアコンを24度でかけていたのに、気づくと室温が27度にちなみに二足歩行の哺乳類はというと、この重苦しい気象の変化にノックアウトされて、ごはんを食べたり、みなさんにごはんをあげたり、ポポンデッタ・フルカタの水槽の [続きを読む]
  • 東京喰種CAFEに入れなかった話
  •  日光浴を終えて戻ってきたカイム今週半ばの大雨の後、ようやく体調が落ち着いてきました\(⌒o⌒)/これからの季節は週末の朝、ゆっくり起きると日差しが移動してしまっているので、外に出て日光浴をすることになりますが、今朝は8時に目が覚めたので、キッチンでカイムとハーマイオニーに日光浴してもらいました。ここしばらくはただ日常生活を送るのが精いっぱいだったので、昨日の夜は気分転換に乗り換えのターミナル駅の近く [続きを読む]
  • 6月に入ってからの近況
  • 写真はこのところ撮れないでいるので、だいぶ前のものです5月から続く朝夕の寒暖差、ぐずついた天気などで体調が優れず、更新の間が空いてしまいました。天候が悪い日が続くと持病の他に低血圧が激しくなって、血圧の下が朝一番に測ると46とかだったりします。そんな日は夜でも57とか60を切っていることが多く、うちの子たちのお世話をするのがやっとで、ぶっちゃけ頭も働かないので、なかなか記事が書けないのです二足歩行 [続きを読む]
  • ポポンデッタ・フルカタの稚魚たち
  • ポポンデッタ・フルカタの稚魚たちが8ミリくらいになってきました。あまりにも動きが素早いので、何回トライしても、うまく撮影できませんたった9匹なのにすぐごちゃごちゃ混ざってしまうので、数えるのもけっこう大変です。そんな感じなので、まだ目視では雌雄が分かりません。この写真だと、一番底を泳いでいて、床にも反射して写っている子と、正面を向いている3匹のうちの右端の子は確実に雄ですね。最初の方で生まれた個体 [続きを読む]
  • いきなり33度
  • 昨日に続いて今日も晴れて気温もグングン上がるという予報だったので、気合を入れて(?)起き、10時過ぎにカイムとハーマイオニーに日光浴をしてもらいました。裏手の空き地でと思ったのですが、かなり雑草の丈が伸びてきていて、小さい虫などもいそうだったので、うちの前の路地で腕に乗せて行いました。日光浴の時間はハーマイオニーが15分、カイムは30分のつもりでしたが、午前中でもけっこう暑くて、ハーマイオニーは8分ほど [続きを読む]
  • ハーマイオニーを迎えて4年になりました
  • 今日はハーマイオニーのお迎え記念日ですハーマイオニーはウクライナCBなので誕生日が分かりませんが、うちに迎えてから一か月と経たないうちに雄としての特徴が表れたので(パーソンカメレオンはベビーのうちは性別が分かりません)、今年のうちに5歳になると思います。相変わらず痩せ型ですが(その理由はこちら)、元気でよく動いています。同じパーソンカメレオンでも、カイムはテリトリー(ケージ)内を巡回するとき、たいて [続きを読む]
  • カイムさん、そこには何もいませんが…
  • GWはまだまだ朝晩の温度差が大きかったり、4月の不安定な天候などの影響を引きずっていて、毎年元気だったためしがない二足歩行の哺乳類。今回も例年同様、休養と称してダラダラ過ごしそうな予感がします今日は親ポポンデッタ・フルカタの水槽のフィルターを交換し、冬頃から気になっていた、下葉が落ちて草姿が乱れたアグラオネマ・シルバークイーンの幹をバッサリ切って挿し木しました。ついでにドラセナ・ジェレも土替えしまし [続きを読む]
  • ポポンデッタ・フルカタの繁殖
  • 5〜6年前、ポポンデッタ・フルカタを雄だけで複数泳がせていたとき、雄同士の仲が悪く、よく追いかけまわしているのが目に入りました。そこで雄が1匹になってしまったときに雌2匹とトリオにしてみたところ、とても仲良しさんになり、いつ見ても3匹でかたまってのんびり泳ぐようになりました。あのせわしないはずのフルカタさんが猛スピードを出さずにゆっくり泳いでいるのは実に驚きでした。この3匹は若魚のときにうちに来て、 [続きを読む]
  • カイムがコオロギを味わっている動画
  • いつものようにカイムが1匹目のコオロギを口に入れてからじっくり味わっている間、ボケ〜ッと待っていた二足歩行の哺乳類ですが、カイムがたまたまケージ中央の良い位置にいたので、ふと思い立って動画を撮ってみました。使い物にならないくらい画面がぶれるかと思いましたが小ブレ程度だったので、縦長画面でアレですが、せっかくなのでアップしてみます。顔の側にスマホを突き付けているせいだと思いますが、ふだん味わっている [続きを読む]
  • キッチン菜園
  • 昨年から、コオロギに食べさせようと思い、キッチン菜園でベビーサラダミックスレタスを育てています。初めて育てたときは、擦りガラスなので日光不足になるのではないかと思いましたが、徒長することもなく、しっかりした濃い緑色に育ちます。苗をもっと間引けばさらに立派に育つと思いますが、どうも間引くというのが苦手で少ししか間引けないので、いつも混みあってしまいますもちろん、間引いた苗もコオロギにあげています。真 [続きを読む]
  • 加湿器に金属製のねじが!
  • 加湿器にはいろいろな種類がありますが、すべて使用してみての感想から、この3年ほどはカイムとハーマイオニーの加湿器に同じ型の超音波式を使用していました。超音波式加湿器は衛生面が最大のネックで、ミルトンでのこまめな消毒が欠かせませんでしたが、次亜塩素酸水を使用するようになってからは加湿器性肺炎とカメレオンの呼吸器感染症の心配もなくなりました。ちなみに毎日加湿器に使用できる、ネット上のどこよりも超安いち [続きを読む]
  • 水槽崩壊とポポンデッタ・フルカタの飼育再開
  • 5年ほど熱帯魚の記事を更新できずにいました。なぜかというと、4つあった水槽の魚がほぼ半日で全滅してしまい、ショックで1か月くらい落ち込み、顛末を書くことができなかったからです。その原因は初心者にありがちな「検疫飼育を怠った」ためでした。当時はつい見栄えを優先して、どの水槽も過密状態(水槽の容量に対して適切な魚の数より遥かに多い数で飼育していた)だったため、水槽のサイズに見合う外掛けフィルターでは能 [続きを読む]
  • 連休のメイン行事は日光浴
  • 画像はしばらく前のハーマイオニーです。先週までは冬のような寒さでしたが、連休に入ってから最高気温がグッと上がりました。最低気温もしばらくは4〜6℃のようで、これで両肘と指の関節痛も少しは楽になるかもしれないと期待しています。天気予報では明日は晴れて今日よりも暖かそうですが、火曜日の予報は天気が良くないので、ひょっとすると明日の予報が外れて曇りになるかもしれないと疑って(笑)、確実に晴れている今日、 [続きを読む]
  • 前回の日光浴の画像の続き
  • 例年通り持病で体調が優れないまま2月が過ぎ去り、明日はもう雛祭りなんですね〜。この時期はカメラを持つと腕が震えてしまって、撮影した画像が使い物にならないことがほとんどですそこでスマホで撮影してみたのですが、一眼レフよりかなり劣るとはいえ、やはりいつものカメラの方が綺麗に撮れることを痛感しましたというわけで、今回も前回空き地で日光浴をしたときに撮影した画像ですわあすごい!大きなパーソンカメレオンだー [続きを読む]
  • 日光浴にも気を遣う
  • 2月は持病のある二足歩行の哺乳類にとって一年で一番体調が悪くなる季節ですが、天気と気温と風と曜日の条件が折り合えば、ふつうに起きて座っていられないレベルの場合以外は日光浴を行います。その当日に記事を書ければベストなのですが、たいていは数日かそれ以上経って記事を書く気力が戻ってからの更新になってしまいます今の時期は窓辺もベランダも日当たりが良くないので、今回は隣接している空き地でカイムとハーマイオニ [続きを読む]
  • 今日も元気だごはんがうまい
  •  …と、ごはんを口の中に入れたまま、目が座っている状態のカイム。体を少しカーブさせているので、ボディに縦皺がよっています。朝はどうしても忙しいので、ときどき時短のために、カイムがごはんを自分で食べているとき、まだ食器の中に残っている分を生き締めにして口に入れてあげて、手早く食事を済ませてもらわないとならない場合があります。そんなとき、カイムはチラッとこちらを見て、ごはん(コオロギ)をつまんでいる私 [続きを読む]