としちゃん さん プロフィール

  •  
としちゃんさん: 代表取締役女子大学院生
ハンドル名としちゃん さん
ブログタイトル代表取締役女子大学院生
ブログURLhttps://ameblo.jp/footcreatelabo/
サイト紹介文フットケアや足の健康の大切さを知って頂くために起業しました。足のトラブル予防で健康な生活を!
自由文足からの健康を提案する店です。京都駅から徒歩15分ほどの住宅地にあります。今年で16年目を迎え、フットケアやインソールの製造、ウォーキングシューズの販売などを通じ、またフットケア講習や講演会などを通して、足の大切さを日々、お伝えしています。代表である櫻井寿美は現在京都府立医科大学の大学院で足と靴の研究も行っており、真面目に足と靴の健康問題に取り組んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2011/06/14 13:37

としちゃん さんのブログ記事

  • 危険水域
  • 朝、表へ出てみると、自宅前に止めてある自転車が、強い風にあおられて、倒れていました。各地で被害があったようですが、皆様の地域はご無事だったでしょうか。 そして、台風一過の間に、ばたばたと選挙も終わってしまいました。 台風が去って、気温も下がり、いよいよ紅葉の季節の幕開けです。 昨夜は久しぶりに、キムチ鍋にしました。お豆腐とタラですっかり体も暖まりましたが、鍋の後はもうそれだけでお腹が膨れてしまって、 [続きを読む]
  • 叩かれて、叩かれて
  • 台風やら選挙やら、今日の日本列島は、何となく慌ただしさを感じます。大きな災害にならなければよいのですが…。 この秋は、家の仏事が重なって、あちらこちらのお寺やお墓へ出向く機会が多かったのですが、読経の最中にお坊さんが叩く、木魚のことが、ふと気になりました。 まず、なぜ「魚」なのか?調べてみると、木魚だけでなく、禅寺では大きな魚の形をした木の板が吊るされ、ある時間に鳴らされたりもしているそうです。何 [続きを読む]
  • 実に興味深い私たちの「か・ら・だ」
  • 今日から月曜日まで、大きな台風の接近で、なんと、京都の三大祭の一つ「時代祭」が、早々と中止になりました。その他、秋の行楽シーズンにちなんだ各地のイベントも、次々と中止になっているようです。どんなに科学が進んでも、台風や地震、火山の噴火などが起こるたび、私たちは自然に対して、実に無力である存在であるかを思い知らされます。 しかし、私たち人間も、その身体の中には、まだ気づいていない未知の力があるように [続きを読む]
  • 貧血で足が動かない
  • 雨の多い一週間で、朝ランもとびとびになっています。ここ数日の冷え込みで、東山の木々もどことなく色づいてきたようで、秋の深まりを感じます。 朝ランは、その日の体調を知るのにも持ってこいで、走り始めると体の声が、各所から聞こえてきます。 今朝は、走り始めは快調だったので、ややペースを上げて走っていたところ、折り返しを過ぎると足が重くなってきました。また信号で立ち止まると、何となく貧血っぽい感じもします [続きを読む]
  • ネーミングも大切かと―よだれ鶏
  • 餃子の王将の新聞広告に「よだれ鶏」というメニューが紹介されていました。写真でしかわかりませんが、鶏に特製のタレがかかっていて、よだれが出る程美味しいというもののようです。 確かに、「よだれが出るほどに美味しい」というのを表現するには、そのまま「よだれ」という語句を使えば良いのかもしれませんが、食べるものだけに、なんとなく、イメージが良くない気がします。 もう一ひねりして、イメージの良いネーミングを [続きを読む]
  • それってアマチュア?
  • 10月に入って、徐々に気温も下がり、毎日のランニングにも熱が入ってきました。自分的には今月はハイペースで走行距離を重ねています。 ランナーズという市民ランナー向けの雑誌があって、そこが運営するランナー向けのサイトがあります。全国の大きな大会の申込を始め、ランニング大会の情報、走る人たちのお悩み相談など、今ではほとんどのランナーが利用されているかと思います。 そのサイトに「オクトーバーラン」という企画 [続きを読む]
  • 久しぶりに…
  • ある夜、いつものように家で食事をしていると、口の中で「ガリッ」と何やら固いものを噛んだような感覚が。 よく見ると、歯のつめものが取れてしまっていました。 ここ数年、有難いことに歯医者とは縁が無く過ごしていたのですが、ついに歯医者へ行く日がやってきました。 先生から「どうされましたか?」と聞かれたので、「歯につめていたアマルガムがとれました」というと、「ずいぶん長くもっていたのですね」と、驚かれてしま [続きを読む]
  • 二度と戻せない
  • 雨が続き、気温も下がり、我が家でもそろそろ冬へ向かう準備が始まりました。夏の間はただのテーブルと化していたコタツテーブル。そのテーブルの下に、いよいよコタツ用の敷布団が登場。昨年まで使っていたコタツ敷布団は、ボロボロになってしまったので、今シーズンはニトリで新しい物を買って準備していました。 ニトリでその手の布団類を買うと、持ち運びが便利なように布団をぎゅうぎゅうに丸めて、その丸めた布団を壱分の隙 [続きを読む]
  • 変顔したら…
  • 雨マークは出ているけれど、まだ雨の降らない週末の朝。来週は、日曜日に時代祭があるので、外国人の観光客がますます増加しそうな京都です。 日本人が海外旅行する際には、それぞれパスポートを手に、入出国審査というものを受けますが、あの審査もいよいよ機械化されるそうです。なんでも、顔認証というシステムを使うと、たった10秒で、カメラに映った顔とパスポートの写真とを正確に認識するそうです。 そして、認証した結果 [続きを読む]
  • 空き家
  • 昨日から今週末まで、天気予報はずっと雨のマーク。今朝の京都もどんより曇り空です。 先日、「未来の年表」という本を見ていたら、今から15年後には3戸に1戸が空き家となるとありました。確かに、私の住む地域でも、既にあちらこちらに空き家が目立っています。 ここ下京の地域は京都駅にも近いので、空き家はすぐに宿泊施設へと変わっていきますが、無計画な宿泊施設の新設が、近い将来、市民生活へ影響を及ぼすことも十分に [続きを読む]
  • ラジオ体操は凄かった
  • 先日、地域の運動会に参加していてふと感じたことがあります。それは、「ラジオ体操」。幼児さんからご高齢の方まで、「これからラジオ体操をはじめます」という掛け声の元、誰もが疑問なく、正確に、あの体操をされています。また、市内の公園のあちらこちらでも、ラジオ体操同好会とでもいうのでしょうか、ラジオ体操を毎日実施されるグループがたくさんあります。 ほぼ、日本国民の全員が、やれと言われたら必ずできる「ラジオ [続きを読む]
  • 階段を登れない
  • 京都の街中は、平坦な碁盤の目であるというのが多くの人の認識。しかし、実際に街中を走ってみると、ほぼ碁盤の目ではありますが、鴨川に近い通りでは、川に沿ったようなゆるやかなカーブを描いていたり、京都駅付近から北山通りまでは緩やかに登りが続いたりしています。 この、「登り」というのはとても体力を消耗します。神戸マラソンは、一番苦しい37キロ付近から、ポートアイランドへ向かう橋を一気に登ります。ポートアイラ [続きを読む]
  • こけたらあかん
  • 10月10日。今日は転倒予防の日。転倒予防学会が、その啓発のために制定した日です。 このところ、立て続けに、転倒して骨折するなどで、車いすになったり、入院した有名人のお蔭で、転倒も結構重大な事故になるんだという認識を、多くの人が持たれたのではないでしょうか。 小さな子供がころんで、ひざっ小僧を擦りむくのと違って、60歳代以降にもなると、その後の人生が大きく変わることもあるほど、転倒というのは大変な [続きを読む]
  • タコ焼き業界の専門用語
  • 三連休の最終日、今日も昨日に続き爽やかな一日となりそうです。今朝は宝ヶ池から岩倉をまわって、20キロ走ってきました。自宅への帰り道、バイキング形式でモーニングを食べさせてくれるお店に、100名以上行列ができていて驚いてしまいました。 このところ、とあるタコ焼き屋さんにはまっています。とても大きなタコ焼きで、タコもしっかり入っています。テイクアウトしたそのタコ焼きに、ネギをたっぷりかけて、ポン酢をかける [続きを読む]
  • コーヒー飲み放題
  • 急に冷え込んだり、また少し暖かくなったりと、気温の変化で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。週末は、京都市内のあちらこちらで、学区ごとの運動会が開催されますが、私の住む学区でも参加者の高齢化が進み、競技に参加する人の減少、参加されても「ケガ」の心配など、30~40年前に比べて、ずいぶんその中身も変わってきています。しかし、住民同士のコミュニケーションがとれる、とても良い機会でもあり、参加者 [続きを読む]
  • 足指は凄かった
  • 昨日、奈良から大学の先生をお迎えして、足趾筋力の勉強会を行いました。思っていた以上に、足趾力は高齢になればなるほど重要であることが、理解できました。また、参加者の皆様もとても熱心に、メモをとったり、質問したりされていました。 また、このような機会を設けたいと思います。 参加者の皆様、福本先生、ありがとうございました! [続きを読む]
  • 私は絶対扁平足!
  • 店にこられて足の相談をされる方が、よく口にされるのは、「私、扁平足ですし…」「べた足なんで…」というセリフ。 自分の足が扁平足であると信じて疑わない人は、結構多いように思います。しかし、実際に足のプリントなどをとって、チェックしてみると、本当に扁平足だったという人はそんなにもおられません。中には、縦アーチが高すぎる凹足(ハイアーチ)という、扁平足の対極にあるような足の方もおられます。 足に色々なト [続きを読む]
  • ペッパーくん読経す!
  • 今日は中秋の名月。お月様がとても美しく見える、そんな日なのだそうです。昨日、夜ランをしていたら、北野天満宮の近くで、たくさんの屋台がでていました。思わず、ランニングを止めて参加したくなってしまいました。家に戻って、何のお祭りだろうと調べてみると、北野さんの「ずいき祭」とありました。5日間にもわたる、結構大きなお祭りのようですね。今日もお神輿などがでるようです。 さて、話は変わって、これから10年先、2 [続きを読む]
  • やはりここが落ち着くのかもしれない
  • 先日久しぶりに大阪までセミナー受講に行ってきました。始まるまでにやや時間があったので、どこかでコーヒーでも飲んでいこうと、付近のコーヒー屋さんを物色したところ、もうあちらこちらに、あるわあるわ。カフェの激戦区ですね。 どの店に入ろうかと、うろうろしてみました。 スタバ系もたくさんありましたが、何となく違う。ファストフードはもっと違う。そんなときにふと目に留まったのが、こめだ。 遠目からみると、あのカ [続きを読む]
  • 人の不幸を喜ばない
  • 10月1日。爽やかな朝。季節はゆっくり流れています。 このところ足と靴の講演依頼で多いのが、「転倒」をテーマにしたものです。 「いつまでも歩けるように」と多くの人が願っていますが、たった一度の転倒が、その願いを打ち砕き、その人の人生を変えてしまうことは珍しい事ではありません。10代、20代では、たとえこけても、頭を掻いて笑っていられるものが、70代以上になると、骨折、入院を経て、これまでのような活動的な生活 [続きを読む]
  • 交番で呼び止められた
  • 月末の金曜日(そういえばプレミアムフライデーの噂はとんと聞かなくなりましたねー)、店の諸々の用事を済まそうと、朝から「チャリ」に乗って、自宅近くの道を走っていたそのとき、通り過ぎようとした「派出所」の前で、2人のおまわりさんが、手招きしているではありませんか! 「ん?私?自転車に何か不備が?顔が黒くて怪しい?はたまたぼろい自転車なので盗難車の疑いが?乗り方が違反?私は何もやってない!」と、数秒間で [続きを読む]
  • 「良い靴は治療といっしょ」
  • 「良い靴は治療といっしょ」―お客様のお言葉です。 そのお客様はフットクリエイトの古くからのお客様ですが、周りの人やお友達には、「なんでそんな高い靴を履くの?」「○○さんはいつも高級な靴やもんねー」などといつも言われるとのこと。 しかし、そのお客様はことある毎に、「良い靴を履くのは治療と同じことだから」と、説明をされているそうです。 一般的に靴にかける金額というのは、せいぜい数千円と言われる中、こんな [続きを読む]
  • メイドカフェ、ではなく
  • メイドカフェという業態があることは知っていましたが、「メイドジム」などが存在するなんて、知りませんでした。秋葉原界隈にあるそうです。 メイドカフェと同じように、メイドコスチュームをまとった女性が、マンツーマンでトレーニングのサポートをしてくれるらしい…。 よく分からん業態ではあるのですが、昨日参加したセミナーで先生が、「何でも興味を持って体験することからすべては始まる」のだと仰っていました。確かに [続きを読む]
  • 真っ黒
  • ここ1ヶ月間で、たまに出会う人から「よう焼けてはりますねー」という言葉を幾度となく聞くようになりました。自分では、さほど黒くなっているつもりはないのですが、言われるたびに改めて確認してみると、やはり黒い。どうみても黒い。 私ぐらいの年代の女性では、外出の際は長そで、真っ黒なサンバイザーを顔全体に覆い、帽子をかぶり、マスクをするといった出で立ちがスタンダード。そんな中、半袖半パンで朝陽を浴びてガンガ [続きを読む]
  • 不都合な真実
  • 元アメリカ副大統領、アル・ゴア氏による「不都合な真実」というドキュメント映画がありました。地球の環境問題を中心にした内容だったかと思います。 昨日、美容師の先生による講演会に参加しました。この先生は、「パーマも毛染めも人の健康を壊すだけ」という事実から、美容師という立場でありながら、パーマも毛染めも一切やらないという、普通の美容院から見ると、かなり変わった先生です。このような事実を、全国を巡りなが [続きを読む]