Binoc Border Collies さん プロフィール

  •  
Binoc Border Colliesさん: Binoc Cafe / Living with Border Collie
ハンドル名Binoc Border Collies さん
ブログタイトルBinoc Cafe / Living with Border Collie
ブログURLhttp://binoc.blog104.fc2.com/
サイト紹介文ボーダーコリーとの日々の生活。そしてブリーディングを通してボーダーコリーとのふれあいを綴ったブログ。
自由文Binoc Border Colliesは、ボーダーコリー専門の犬舎です。当犬舎は、現在オーストラリアで活躍している著名なブリーダー達との交流から学んだ『ボーダーコリー・スタンダード』を求めて、それに一歩でも近づくべく、ドッグショー、ブリーディングを中心に活動しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/06/14 22:16

Binoc Border Collies さんのブログ記事

  • シャイニング
  • 昔、スティーブンキングの映画で「シャイニング」なんてのを覚えているだろうか?正直、どんな内容だったか覚えていないが、パンフレットのジャックニコルソンだけがやたらと記憶に残っている。まさにこんな感じ。さすがにビッカは斧は持っていないが、何か中にいる誰かの事を今や遅しと狙っている。ここに以前から来てくれている人はご存知かもしれないが、ビッカは超ースパルタママ。子育ての鬼。よく言うと教育ママ。さすがにま [続きを読む]
  • OUTDOOR DAY in 代々木公園
  • そうそう、ゴールデンウィーク中に行った代々木公園のOUTDOOR DAYでレギとジュリアに会ったんだった。というか、代々木に遊びに来ていることを聞いて遊びに来てくれたんだった。うれしい再会。出かけた先で、Binoc Familyと会えるなんて、最高の幸せ。レギもジュリアも私の事を忘れないでいてくれた。それがまたうれしい。忘れたら忘れたで、これはしょうがないことだから全然気にしないんだが、覚えていてくれことは、本当にうれ [続きを読む]
  • へそ天
  • リズィの傍らでパピボーが添い寝。よくこの姿勢で寝ている。安心の寝姿。この姿勢で寝ることを「へそ天」って言うらしい。わたしもこの寝姿が好きで、子犬が産まれるたびにへそ天の写真をアップしている。たまらんのね。この無防備な寝姿が。 [続きを読む]
  • 目が開いたよ。
  • 生後2週間目を待たずにパピボーの目が開きました。大体一番早い子で2週間目を前に開くので、やはりこの子は成長が早い子の様だ。目の色も申し分ないくらいダーク。瞳の色はダークな方が私の好み。うちの子たちは代々ダークな色を引き継いでいる。今回もその目の色を引き継いでくれているようだ。まだまだ性格などは全く分からないが、でも、どことなく大人し目でおっとりしたように感じる。ぽわ〜んとして、小さいことには反応を [続きを読む]
  • OUTDOOR DAY in 代々木公園
  • Outdoor Day in 代々木公園、行ってきました。目を引くサイトばかりで、あっち行ったりこっち行ったり。楽しかったっす。ワンズはビッカと神楽とパスカル。うちの外交専門チーム。犬と一緒のところがいいね。特に見たいものがあったわけでないんだけど、目がキラキラこころワクワク。欲しいものがいっぱい。そしてその極み、いつかはランクルが欲しいなぁ〜。それから新しいカブ、クロスカブの新型。これはよかったね。欲しくなっ [続きを読む]
  • リズィの変化
  • リズィにとって初めての経験。お産もしたことなければ子育てだって無い。リズィの母親のカリンの2回目の出産のときに子犬たちと触れ合ったことはあるが、正直言って、逃げてばかりでまったく遊び相手にもならなかった。普段からして犬と遊ぶよりも人と遊ぶ方が大好き。というか、ほとんど犬と遊ばない。遊ぶのが大好きな神楽にちょっかい出されても、面倒くさそうに相手にしないか私の方に助けを求めに来るかだ。犬は本能で子育て [続きを読む]
  • うっすら目が開いた
  • この時期のパピーは、日に日に成長が早く、毎日がBig Newsだ。よ〜く見てみると、うっすらと目が開いてきているのが分かる。まぶたにきらりと光るものがあるのが分かるだろうか?目が開くって、いきなり朝起きたら、くっきりと目が開いているわけではない。こうして目元の方からうっすらと開いてくる。そして自然と目が開くのを忍耐強く待つ。ここまでくればあともう少し。可愛いお目目とのご対面です。 [続きを読む]
  • 写真の整理。
  • アイフォンのアルバムにそのままになった沢山の写真。撮ったはいいけど日の目を見ない写真が整理できずに保存されている。そのままだとフォルダーがいっぱいになるのでPCの方へ移動する。いつか整理しようと思うのだが、またPCのフォルダーの中でそのままの状態で保存されている。そんななかから、今年の春に撮ったものをアップしておこう。うちの近所のさくら祭りで撮ったもの。以前はこの通りはこんなことしていなかった。いつま [続きを読む]
  • 体重測定
  • 我が家の体重測定はボールを使って体重を測る。この時期、毎日2,3度測定をする。ちゃんとお乳を飲んで、ちゃんと身に付いているか、健康は計るバロメーターとして体重測定は欠かせない。ボールの中で落ち着いていることはほとんどない。眠っている時は稀にあるがその時は超ーラッキー。大体は、何度か測定を繰り返して、おおよその体重を書き留めておく。そのして、この日は記念すべき初の1kgオーバーの日。そして、この日は [続きを読む]
  • 何もかも規格外
  • いや〜、この時期でこの大きさ、安定感、まだ目が開いていないのに。ウニウニ動いているだけなのに。この肉球のプニプニ感、しっとりとして肉厚な肉球。さわり心地もすべすべでたまらない。ヘッドもハイハイするのが辛そうに思えるほど、ずっしりとして大きい。その重さに耐えきれず、よく鼻の先を地面にぶつける。手の上に乗せても安定感半端ない。堂々としている。毎日毎日、体重を計りながらニマニマが止まらない。何もかもが規 [続きを読む]
  • ずっしりしっかりした子です
  • 写真は生後10日を過ぎたころのもの。順調というかそれ以上の成長を見せてくれています。リズィも上手に育児に励んでいて私たちの手伝いはほとんど必要としないほど安心して放っておけます。まさに順調そのもの。抱っこしても安心が手から伝わってくるほどずっしり、しっかりとした子です。一頭ってこんなに楽なんだぁ〜。リズィにもそんなに負担が無いよねぇ。なんて、本当のところはリズィに聞いてみないと分からないところです [続きを読む]
  • リズィの子育て
  • この写真は産まれてから3日後ぐらいのもの。まだ目も開いていないころのもの。産まれて間もないパピーは、たまにウニウニ動いたり、母乳を飲んだりするだけで、ほとんど1日中寝て過ごす。目が開いてないんだから寝ているのか起きているのか分からない時もあるが、まあ、大体は寝ている。そして、そのほとんどの時間をこうして母犬と一緒に過ごす。うちの場合は、母犬によって子犬との密着度にかなり違いがある。リズィの場合はと [続きを読む]
  • ゴールデンウィークはビッカっ子の日(2)
  • 前回に続いて、5月3日もビッカっ子たちの誕生日。ビッカっ子たちのオーナーさんから届いた写真をアップします。その前に、この子たちのお父さんを紹介します。スピナーくんです。スピナーとビッカの第一子はアンジーです。前回、レギと一緒に写真で登場。可愛い誕生日会の写真をいただきました。この写真は、我が家にお泊りに来た時のもの。アンジーは何処となく野生児なイメージが済んだけど、本当は渋谷に住むお嬢様。第2子で [続きを読む]
  • ゴールデンウィークはビッカっ子の日
  • 5月2日、3日はビッカっ子の誕生日。毎年彼らのパパママさんから送られてくる写真をアップしておこう。まずはビッカの初めての子、長男のエル。今年初めてオペを経験した。術後は順調で、今は元気に変わらずに生活をしている。そして第二子長女のりりー。ママとアジを楽しんでいる。ジュレの子のスージーと一緒に色々なことを経験させてもらっているようだ。第三子、二男のサム。パパママさんと一緒に我が家の方に顔を出してくれ [続きを読む]
  • また見れることの幸せ。
  • カリンの出産以来、正直言って、あまりブリーディングの事を考えていなかった。それが2017年、Lynnさんが岡山のショーにジャッジとして来日されて、そのショーに行ったのが切っ掛けで、クルーズとそのオーナーさんのご夫妻に出会うことができました。もちろん、以前からショー会場でお声をかけさせていただいてはいましたが、あいさつ程度の事で、ちゃんとお話しさせていただいたのは初めてだったと思います。その縁で、またこ [続きを読む]
  • いい母親です。
  • リズィが固まって動かない。よくよく見ると、パピボーがリズィの前足を枕にしてすやすや寝ている。リズィはどうすればいいのか分からずに、こちらを見て助けを求めている。いや〜、どうすればいいんですかね?って言うか、リズィの反応が面白いんで、しばらくほおっておくことにした。どうしていいのか分からないリズィ。目で助けを求めている。でもそれが可愛くて、助けてあげることができない。いやぁ〜、それにしても気持ちよさ [続きを読む]
  • リズィっ子誕生
  • 2018 3月28日 9:00頃リズィの子供が誕生しました。400gをオーバーするほど元気で大きな男の子です。実は予定では4月1日が予定日だったのですが、28日の朝の段階では、正直、気づくことができませんでした。後から思うと、出かける時に陰部を舐めていたのを見ていたのですが、今日生まれるということは全く予想できませんでした。普通であれば、お腹が大きくなったり陣痛が始まったりと、予兆があるのですが、 [続きを読む]
  • BOWの巣立ちの日 part4
  • 2017年2月18日この日、BOWが巣立ちの日を迎えた。OPDESの会場でBOWの新しい家族となる方に出会って、その場でボーダーの一般的な知識についてのことやBOW個人の性格についてのこと、それから先住犬との相性などについて色々とお話をさせていただき、そして家族として迎え入れたいとの連絡を受けて、我が家にも遊びに来ていただいて、より、BOWのことを知って、魅力を感じてもらい、いよいよ待ちに待った巣立ちの日を迎えます。 [続きを読む]
  • BOWの巣立ちの日 part3
  • 2017/1/22BOWの運命の日。その日は神楽とBOWを連れてOPDES アジリティー競技会 in 白子に大吉と響の応援に行った。この会場は2年前に大吉とりりーの応援に来たことがあった。この日りりーはお休みで来ていなかったが、2年前には参加していなかった響がエントリーしていた。大吉はママと、響もママと競技を思い切り楽しんでいた。私もなかなか応援に来ることは出来ないが、秋ヶ瀬と白子での応援を楽しみにしている。ちょうど会場 [続きを読む]
  • BOWの巣立ちの日 part2
  • これはまだBOWが3か月才のころ、神楽と一緒に散歩をしているところ。神楽に寄り添いながらも悠然と散歩を楽しんでいる。、、、ように見える。でも、実際は、この頃のBOWはまだ玄関の階段が自力で降りられないでいた。階段と言ってもせいぜい3段ぐらいの階段なのに・・・・・なのでこの頃、BOWを散歩に連れて行くには、まず玄関で抱っこして、玄関前の階段を下りて、それから地面に降ろさなければならなかった。地面に降ろせば、 [続きを読む]
  • BOWの巣立ちの日 part1
  • パッション改め「BOW」BOWもBINOCを巣立っていくことになりました。急遽決まったこのご縁は、私がBOWを連れて、OPDESに大吉と響の応援に行ったのがきっかけでした。そこで出会った、BOWの新しいオーナーになる方が、初めて見たBOWに運命的な出会いを直感し、その場で、じっとBOWを見て、「運命のような気がする」「運命を感じる」と何度か私に、運命という言葉を、話されました。運命という言葉はBOWの父親、神楽のペディグリーネ [続きを読む]
  • ジャフィーの巣立ちの日 part3
  • いよいよ我が家から巣立ち時を迎えました。人が大好きで抱っこも大好き、そんなジャフィーなのに巣立ちの時を感じ取ったのか、少し緊張している様子が伝わります。さっきまでお姉ちゃんに抱っこされていた時と顔つきが変わってきています。「僕、今日これからここから出ていくのかなぁ?」「ジャフィー、元気でね。これからいっぱい遊んでもらいなね」「いっちゃん、産まれてくるの見守っててくれてありがとういっぱい遊んでくれて [続きを読む]
  • ジャフィーの巣立ちの日 part2
  • ジャフィーの巣立ちの日当日、今日から新しい家族と新しいおうちで新しい生活をスタートさせる。ジャフィーは、男の子らしい愛らしさと、優しさを持っている甘えん坊な子。直ぐに家族に溶け込むだろう。この日が来るのを待ちに待ったジャフィーと新しいジャフィーの家族。パパとママとお姉ちゃんで迎えに来てくれた。まずはママに挨拶。「今日からよろしくお願いします」何度か譲渡の前に、一人で会いに来てくれていたお姉ちゃん。 [続きを読む]
  • ジャフィーの巣立ちの日 part1
  • ジャフィーのオーナー家族からの希望で、ジャフィーが3か月才になるまで、我が家で家族や兄妹と一緒に過ごすことになった。後々のジャフィーのことを考えて、今、家族のもとで長い時間を過ごすことで、社会化教育を受けさせたい。との希望でした。アメリカの州によっては、4か月未満の子を譲渡してはいけない州の法律があるらしい。それぐらい、犬の情操教育が大切ということだ。日本ではペットショップでの子犬販売ホームセンタ [続きを読む]
  • ガーラの巣立ちの日 part3
  • 車に乗り込んだガーラ。我が家から巣立っていく時を迎えました。さぁ、いよいよこれからず〜〜〜〜っと暮らす。ガーラの家族のもとへ出発です。まず向かうは羽田空港。そこから飛行機で広島までのフライトです。広島の空港では、ちょっと緊張してガーラの来るのを待っていてくれてます。車中は、車酔いもなく、気分は上々。娘の膝の上で大人しくしています。っと思ったら、段々と賑やかな様子が、私の背後から感じられるようになっ [続きを読む]