michelangelo さん プロフィール

  •  
michelangeloさん: michelangelo Art is my life
ハンドル名michelangelo さん
ブログタイトルmichelangelo Art is my life
ブログURLhttps://ameblo.jp/michelangelo1998/
サイト紹介文オペラ&クラシック&着物&スポーツが大好き。美術と服飾を学んだ者の視点で綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/06/16 18:43

michelangelo さんのブログ記事

  • 「ワグネリアン」ならぬ「ジクネリアン」
  • 月日は流れ、次なる公演は「ニーベルングの指環」から「シューマン交響曲全集」へと移ろうとしている。これまでに経験したチケット争奪戦の結果は、失敗と成功が入り混じるフィフティーフィフティー。今回の最速チケット購入方法は主催者のアイデアにより、驚きの6公演セットからスタートとオリンピックもビックリ。そしてオバサンは、途方に暮れましたとさ(えぇ?) 本題の前に、小話を今頃ひとつ。ドキュメンタリーより、『ドレ [続きを読む]
  • 映画「めぐり逢えたら」?現実ドレスデン編
  • 最近つくづく思うのは、公演を通じた御縁。直ぐに話し掛ける癖が、時に面白い展開を見せることがある。ポイントとしては、まず人を疑わず良いところを見つける。すると、段々と知り会いたくなり再会の約束へと繋がる。 これまで、ドレスデン遠征をする度に現地で御顔合わせが出来た人はいた。でも、事前に計画したわけではなく、たまたま一緒になっただけのこと。ところが今回、綿密なスケジュールを組むことになり、滞在日数7日間 [続きを読む]
  • 悩みに悩み誕生日プレゼント(独り言)
  • 今月はMrの誕生日があり、私は8月と随分先の話。昨年は「初バイロイト遠征」が自分へのプレゼントとなり、今年は何も要らないと決めていたが・・・やはり「365日を頑張る」意味において一生「大切に出来そうな物」を購入しようと考え直した。そして、どうせなら「自分の為」だけではなく「誰かの為」になる商品を選びたい。Mr. Christian Thielemannが、音響芸術を通じて私のような人間を喜ばせるように。 そこで閃いたのが、フォ [続きを読む]
  • 何とか元気&ワイマールを検討(独り言)
  • はじめに・・・来年のドレスデン遠征に、ライプツィヒ遠征とワイマール遠征が仲間入り。片方は片道1時間くらい、もう片方は片道2時間?それでも、頑張って行く予定。今回の予定は、ほぼ確定として考えている。本当は、Mrの家があるであろうエリアをと夢見たが、別に逢えるわけではないので却下。それより、ゲーテ・シリーズにした方が勉強になる。 先日の公演、それはもう大満足。ただ、自分自身が未だに落ち着いていない為、なか [続きを読む]
  • 何とか元気&ワイマールを検討(独り言)
  • はじめに・・・来年のドレスデン遠征に、ライプツィヒ遠征とワイマール遠征が仲間入り。片方は片道1時間くらい、もう片方は片道2時間?それでも、頑張って行く予定。今回の予定は、ほぼ確定として考えている。本当は、Mrの家があるであろうエリアをと夢見たが、別に逢えるわけではないので却下。それより、ゲーテ・シリーズにした方が勉強になる。 先日の公演、それはもう大満足。ただ、自分自身が未だに落ち着いていない為、なか [続きを読む]
  • 東京公演「3月&4月」★ドレスデン遠征「ライプツィヒ」
  • 未だに聴き続けている「神々の黄昏」・・・もう復習は十分?と思いつつ、耳にする度に発見があるワーグナー連作オペラ。でも、たまには少し違う色合いのワーグナー作品を学ぼうと東京春音楽祭「ローエングリン」公演(初日)チケットを購入。これにて、クラウス・フロリアン・フォークト氏の歌曲リサイタルと共に、3月&4月は各1回と微々たるものながら東京文化会館へ。 そして、来年1月は生まれて初めてライプツィヒを観光するこ [続きを読む]
  • ドレスデン遠征「第4弾」チケット発売日
  • 今日は、Mrの本拠地にてチケット発売がスタート。真冬のドレスデンは懲り懲りなので、もう行かないつもりでいたが・・・鑑賞せずスルーするのは如何なものかと考え直し・・・ほぼ確定と言うことでチケットを3枚購入。選んだ公演は、かなり悩んだが「定期演奏会/フランク・ペーター・ツィンマーマン氏」3日連続(プログラムは全て同じ内容)の鑑賞を諦め、勉強になるであろうワーグナー作品「さまよえるオランダ人」飛び飛び2日の鑑 [続きを読む]
  • 引越しうつ
  • にならないよう頑張ります。 暫くの間、WagnerやBeethovenを良く聴き、明日はスポーツクラブで新しい先生より身体作りを指導して頂き、自分の弱さに勝ちたいです。 ドレスデンもウィーンも忘れ、ひたすら働きます。年末年始は母を連れて温泉旅行、父は留守番と申し訳ないけれど、3人分は出せません。 寝ます。 [続きを読む]
  • ウィーン・フィルは落選(今日の結果)
  • 3月8日は、ウィーン・フィル「年末年始コンサート3日間」の当選結果の日。どうなるか全く予測は付かず、ホテルだけ押さえていたけれど、残念ながら落選の結果をメールにて知らされた。※これから、ホテルをキャンセルする。航空券は、最初から購入していない。 これにて、今年1月に続く年内のM公演は10月&11月の2日間となりそう。地方公演については、プログラムにより決める。恐らく、まだ東京公演しか発表(企画)されていない [続きを読む]
  • ゆびわ「指輪」「指輪」について
  • 今朝、クラシック音楽の大先輩よりメールを拝受。内容は、「ゆびわ」の漢字について。私は過去に何度か迷いつつも、何故か「指輪」と書き続けることに拘っていた。ところが、『環』が愛情や絆を表す円に対し、『輪』の円は指に嵌めること以外の意味合いも含む、と心温まる御言葉を頂き感激。 これから拙ブログ記事を遡り、訂正していくつもり。それにしても、世界5大ジュエラーのうち、ハリー・ウィンストンは「エンゲージメント・ [続きを読む]
  • 「婚約指環=ニーベルングの指環」
  • 2018年は「ミュンヘン」「ロンドン」「ドレスデン」にて、「ペトレンコの指環」「パッパーノの指環」「Mrの指環」が開催される、と拙ブログ記事に書いた記憶がある。来年と再来年になるけれど、フィリップ・ジョルダン氏もニューヨークとパリにて御披露目する予定+ベルリン2ヵ所。 先日プロが英文にてリハーサル時間の問題について触れていたが、「ニーベルングの指環」となると4作品を1週間前後で上演する形になる。オーケストラ [続きを読む]
  • 「引っ越し疲れ」「ウィーン年末年始」「ドレスデン遠征」
  • 物持ちではないから引っ越しは楽勝!と思っていたけれど・・・いざ蓋を開けたら処分する物ばかり。膝と腰を痛めないよう気を付けながら、毎日コツコツ掃除と分別と処分。その合間に、郵便局に銀行に大慌て。でも、真面目に継続している拙ブログを放置するのは良くないと思い、今夜はブログ記事を何か書こう。ちなみに、私はTwitterとFacebookも持っている。が・・・余り活用出来ていない。とは言え、まだFacebookの方が価値がある [続きを読む]
  • 発表!「Sächsische Staatskapelle Dresden」2018/2019
  • 今日、Sächsische Staatskapelle Dresden/シュターツカペレ・ドレスデン2018/2019発表予定。 そのうち、見易いスケジュール(一覧)となり、オフィシャル・ウェブサイトで確認出来るはず。 我が最愛の人が振る公演、ドレスデン遠征「第4弾」は季節が良ければ100%確定でしょう。※シューマン:交響曲ツィクルス(御来日にて披露するのでパス)※メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲&ブルックナー:交響曲第2番(まさか2月?汗 [続きを読む]
  • 「引っ越し大詰め」「ブルックナー&ワーグナー」
  • 何十年と通うスポーツ・クラブの「ミスト・サウナ」に入ると、決まってブルックナーの交響曲が浮かび上がる。天井から降り注ぐ霧状のミストに温かく包まれると、心が落ち着く。熱い温泉でも冷たい水風呂でもない、如何にもブルックナーな空間が身近にあるとは。 正確な日本語訳ではないけれど、生前ワーグナーはブルックナーへ賛辞を贈った。交響曲において「ベートーヴェンと肩を並べる作曲家はブルックナーただ1人だけだ」と。ワ [続きを読む]
  • 「ワーグナーのト書き」「ニーベルングの指輪」
  • これまでの「予習&復習」は、CD(録音)やBD(解説)を主な教材としていた。最近になり、漸く「ト書き」を見ながらワーグナー作品を聴くように。キッカケは、ザクセン州立歌劇場にて鑑賞した「神々の黄昏」より『ジークフリートの葬送行進曲』の真っ暗な舞台を目にして。唯一、目に見える光はオーケストラピットの中だけとなり、聴衆は其々に演奏から感じたことでしょう。 過去に接したことのない公演(演出を知らない)ながら、 [続きを読む]
  • 「日替わりモルトンブラウン」(ライトな独り言)
  • 約1ヵ月振りに、スポーツクラブでストレッチ。その後は、2時間近く風呂で過ごした。持参するのは、タオル&ボディウォッシュ&シャンプー&トリートメントだけれど、以前は何時も同じ物を使用。特徴としては、余り香りが残らないシンプルなタイプ。少し飽きてきたので、気晴らしに何種類かの30mlを用意。日替わりで香りを変えると、刺激ある毎日になりビックリ! ブラックペッパーコーンは香りが強く、半日くらい身体に匂いが持続 [続きを読む]
  • オペラ歌手を守る指揮者「神々の黄昏」から感じること
  • オペラ公演を鑑賞することの大切さを学んだので、訂正と共に「神々の黄昏」公演について付け加えようと思う。 私自身、「不調のオーケストラ奏者がいるのは何故?」「かなり珍しい出来事」だと不思議に感じたが、問題はオペラ歌手(申し訳ないけれど名前を出すとぺトラ・ラング氏)にあると今夜はっきり分かった。 Mr指揮によるワーグナー解釈は常に心地良いはずなのに、「神々の黄昏」だけパッチワークな感触を得た。その理由は、 [続きを読む]