Kite さん プロフィール

  •  
Kiteさん: 凧と浜風
ハンドル名Kite さん
ブログタイトル凧と浜風
ブログURLhttp://kite31.blog81.fc2.com/
サイト紹介文日常の中で出会える素敵な風景を言葉と写真で記憶しておきたい、そんなブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/06/18 18:56

Kite さんのブログ記事

  • 師走のメトロポリス、初冬の彩りを探して(2) 神宮外苑
  • 師走の都内、去り行く秋に名残を惜しんでの散策記 第二章は「神宮外苑の銀杏並木」ですPhoto-1葉を落として黒々とした幹を晒した銀杏並木落ちた葉は沢山の人に踏まれ、アスファルトの歩道に張り付いていました............................................................................................... [続きを読む]
  • 師走のメトロポリス、初冬の彩りを探して(1) 皇居乾通り
  • 12月初旬、街角の紅葉はフィナーレを迎え、クリスマスに向けてイルミネーションも始まりました毎年恒例となっている私の【晩秋の東京 紅葉狩り】、今年は皇居の「乾通り」、終盤を迎えた「外苑の銀杏」、そしてライトアップに惹かれて「六義園」を廻りました初冬の彩りを探して(1)は、皇居「乾通り」散策ですPhoto-1皇居の手入れの行き届いた樹木はその枝ぶり、葉の色が一味違います間近に迫る冬を前に最後に開く花火の様な華 [続きを読む]
  • 丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング(3)
  • TVのニュースで、紅葉した街路樹の葉が落ちた街角では、イルミネーションが鮮やかに浮かび上がってきますと言っていました師走も間もなく半ば、初冬から本格的な冬へと.....、街の季節の彩りもいよいよ主役交代ですね丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング 最終章となる(3)ではユーシンロッジの景色と其処からの帰路、目に留まった錦秋の景色を中心に纏めましたPhoto-1休業中のユーシンロッジこのロッジが出来た頃は、 [続きを読む]
  • 丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング(2)
  • 今年も残り少なくなってきました一年間の山の記憶、そろそろ纏め始めないと年内に収まりきれなくなりそうです....さて、丹沢の秘境ユーシン渓谷へ 晩秋のトレッキング (2)この章では無明の隧道として有名な「新青崩隧道 」、「ユーシンブルー」で有名な玄倉ダムの様子を中心に纏めますPhoto-1渓流の直ぐ横から見ると水の清らかさが良く分かりましたが、少し上から見るとこれが青み掛かった水の色に変化します................ [続きを読む]
  • 晩秋の箱根路 【箱根美術館】
  • 関東地方の平野部で紅葉が見ごろを迎えていますこの時期の私のお決まりのコースのひとつ、「箱根の晩秋の景色」を楽しんでまいりましたまずは「箱根美術館」ですPhoto-1箱根美術館のお庭は「神仙郷」と呼ばれています池に写るお庭の景色が印象に残りました................................................................. [続きを読む]
  • 晩秋の西沢渓谷トレッキング 後編:旧森林軌道を下って
  • 先週から寒い日が続きますね今日は「二十四節気」の小雪(しょうせつ)との事確かに、11月始めの「立冬」から暦の上ではもう冬、来年の「立春」まで寒くなる一方なのでしょうね....晩秋の西沢渓谷トレッキング「後編」は休憩ベンチで山ご飯、山コーヒーを楽しんだ後の時間、素晴らしい樹林に囲まれ、トロッコの線路跡を辿る「旧森林軌道」の記録ですPhoto-1奥秩父で人気の縦走路、その核心部となる甲武信主稜ですこの日の景色を [続きを読む]
  • 晩秋の西沢渓谷トレッキング 前編:西沢ゲート〜不動滝
  • 寒い週末を迎えました....、天気予報ではもう師走の寒さとの事ですが、季節の被写体は、晩秋の彩りから冷たく輝く初冬のイルミネーションに主役交代でしょうね晩秋の西沢渓谷トレッキング 本編(1)では西沢ゲートから渓谷に沿って歩き、「不動滝」の先の折り返し点までの往路のルートを纏めましたPhoto-1「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝狭いルートから眺めるので、撮影するアングルの制約が大きくて、皆似た [続きを読む]
  • 晩秋の西沢渓谷トレッキング  【速報版】
  • 今週水曜日、上高地では閉山式が行われたとの事早春から晩秋迄楽しませてくれたアルプスの山々もそろそろ深い冬の眠りにつく様ですこの後、初冬から早春までの私の山遊びは、季節を愛でる「身近な山々でのトレッキング」が主体となりますまずは11月、錦に染まった美しい山々への誘い.....が、届きましたと言う事で、第一弾は昨年素晴らしい錦秋の景色を楽しませてくれた「西沢渓谷」へ今年も出かけてみましたまずはザッと印象に [続きを読む]
  • 「スマートイルミネーション横浜2017」 横浜みなと周り編
  • スマートイルミネーションの主会場の「象の鼻パーク」を後にし馴染みの大桟橋から山下公園の辺りを散策しながら写した写真を整理してみましたアートとしてのイルミネーション、エンターテイメントとしてのイルミネーション....これは今やクリスマスを前にした日本の風物詩ですねでも、昔ながらの夜景には見る人を和ませる様な暖かさを感じますPhoto-1横浜が海、港を発展のテーマにし続ける限り、大桟橋と氷川丸はその象徴として残 [続きを読む]
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(4)【硫黄岳〜赤岳山荘〜美濃戸へ】
  • 八ヶ岳への山旅に出かけた日、中央高速から眺めた富士山も南アルプスも確りと雪を纏っていましたしかし先日の三連休の富士山、いつの間にかすっかり雪が消え夏山の雰囲気に戻っていましたと言う事は、八ヶ岳も今頃は雪が消えて本来の晩秋の山に戻っているのでしょうか....今年は夏そして秋、季節感が少しずれてしまっている様な気が致します雪の南八ヶ岳連峰へ 最終章は硫黄岳〜赤岳山荘へ下山後、テント撤収した後、美濃戸へ戻る [続きを読む]
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(3)【硫黄岳〜横岳 途中撤退】
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 本編第三章は硫黄岳〜横岳に向かう途中で途中撤退を決め、硫黄岳に戻って来る迄の記録となりますPhoto-1硫黄岳から鞍部になっている「大ダルミ」まで下ってきました広い登山路、ガスで視界が利かない時、崖に落ちない様に大きな「ケルン」が等間隔に並んでいますこの大きなケルンは少し無骨で、何となく....、イースター島の「モアイ象」を思い出しました................................................... [続きを読む]
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(2)【赤岳鉱泉〜硫黄岳へ】
  • 11月に入りました天気概況報告によると今年の10月の雨の多さは記録的だった様です本格的な紅葉の季節の到来、10月の埋め合わせに晴天の日が続いてくれるといいですねさて、雪の南八ヶ岳連峰へ 本編 第二章は【赤岳鉱泉〜硫黄岳】予定する縦走路の様子を見ながら最初の頂である「硫黄岳」に登った記録を纏めてみましたPhoto-1シラビソの森が少し疎らになり始めると樹間から周りの景色が見え始めますこちらは麓の原村から茅 [続きを読む]
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 本編(1)【美濃戸〜赤岳鉱泉へ】
  • 平野部でも木枯らしの吹く季節になりましたね秋が目の前を駆け足で通り過ぎてゆく事を感じます..... こうなると私のアルプスを中心とした「高峰への山旅」は終了となります今年の登山計画も終盤ですが近場の山で冬景色を楽しむ前に、今年最後のテント泊登山を「八ヶ岳」、「奥秩父」で計画しました「今年最後のテント泊(奥秩父かな)」の「一つ前のテント泊(笑)」、それが今回の八ヶ岳への山旅です雪の南八ヶ岳連峰へ 本編( [続きを読む]
  • 雪の南八ヶ岳連峰へ 【速報版】
  • 2週続けて週末の台風到来この台風の影響で本日予定されていた「横浜マラソン」も中止との事エントリーしていた28,000人の参加予定者、さぞやガッカリしている事でしょうね10月の下旬、アウトドアに相応しい秋晴れの日が続くと良いのですが.....さてこの台風の到来前、ギリギリのタイミングで南八ヶ岳に行って参りました晩秋の八ヶ岳を楽しむ予定でしたが、例年より早い寒波の襲来を受けてすっかり雪山に変わってしまった八ヶ岳前 [続きを読む]
  • 久しぶりの 「ズーラシア(ZOORASIA)」
  • テレビニュースで上野動物園のシャンシャン(香香)の愛らしい姿を度々見ている内に久しぶりに動物園に行って見たくなりました私の一押しは横浜の「ズーラシア(ZOORASIA)」動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語から名付けた動物園で生息環境展示や世界の気候帯・地域別にゾーニングすることにより、園内を周りながら世界旅行ができると、と言うのウリになっていますPhoto-1今回、その気高い姿 [続きを読む]
  • 涸沢・奥穂高への山旅回想 【テント場からの眺め】
  • 秋の長雨に続いて大型の台風の到来低山から平野部での紅葉に季節を前に、この台風が悪影響が出なければ良いのですが.....さて、涸沢・奥穂高への山旅回想 2編目は【テント場からの眺め】と致しました私がテント泊登山を始めるキッカケとなったのは、一昨年の晩秋の「涸沢のテント場」の景色でしたその思い入れタップリの「テント場からの眺め」、もう少しだけその写真を紹介させて下さいPhoto-1午後1時、涸沢に到着少し疲れてい [続きを読む]
  • 涸沢・奥穂高への山旅回想 【登山者編】
  • 冷たい雨の日が続きますね今年は夏山シーズン、そして秋の紅葉シーズンと天候に恵まれない年の様です今週末は八ヶ岳へのテント泊を予定していましたが、この後の天候の回復次第になりそうですが... 無理かなさて、涸沢・奥穂高の山旅を綴った5編のブログ記事をアップし終えて少し脱力状態です(笑)でも、改めてこの山旅の写真を見直してみると、結構雑な取捨選択で写真を選んでいた様に思えます其処で今回も山旅写真の「落穂ひ [続きを読む]
  • 極彩色の「涸沢」と穂高連峰の盟主「奥穂高」から 【速報版】
  • 昨晩、無事に北アルプスから戻って参りました極彩色の涸沢の美しさ、厳しくも美しい奥穂高の岩稜今も興奮覚めやらぬ状態ですが、暫くブログも留守にしたので、先ずは生還報告からPhoto-1奥穂高 山頂間近の踊り場からの写真「槍」が見えた!!、何処までも見通せる快晴に感謝です正面左は涸沢岳、北穂高から涸沢槍、そして涸沢岳へのルートを下って来る登山者が見えています..................................................... [続きを読む]