dada さん プロフィール

  •  
dadaさん: てんぐさんがころんだ
ハンドル名dada さん
ブログタイトルてんぐさんがころんだ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kiyanse/
サイト紹介文パソコン講師です。 デジカメ、パソコンを使ったものづくりの提案と最近はゴム版/消しゴムはんこなども。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/06/18 20:49

dada さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • パソコンでの文字入力のモタモタ。
  • もう長い間、パソコンでの文字入力がストレスで。一文字打つにもタイムラグがあり、長文を入力するのが仕事なのでイライラがつのるばかり。よっぽどiPhoneやandroidの方が早く入力できるので、そちらの環境整備に力を注いだり(アプリやキーボードの購入)していました。それが、ちょっとIMEの設定を変更したら、どうやらすっかり解決したようなのです。簡単に、チョチョッといじるだけなので、その方法をご紹介。画面右下のタスクト [続きを読む]
  • たたんで、しまって、旅に出る「MOBO Keyboard」
  • バッテリー不良で故障したMicrosoftのモバイルキーボード。修理のためにMicrosoftのカスタマーへ電話したところ修理できず代替品での対応となってしまいました。代替品が来ることは分かっていても、その直後にはAmazonでポチっていましたとも。だって、代替のキーボードは、もはやモバイルではのないことを知っていたし。で、新たに購入したキーボードがコチラMOBO 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード【 ブラック 】専 [続きを読む]
  • 代替品のキーボードが届いたけれど、
  • iPhone、iPadとして使っていたモバイルキーボード。Appleの仕様により、かな入力では、キーの配置が変わってしまうため完全なブラインドタイプができなくて持ち出す回数が減っていた。それがAndroidタブレットであれば、かな入力の問題が解消するばかりか、Windowsパソコンで長年のストレスだったタイプや変換時のタイムラグもなく打てることが分かり、我が理想の環境得たりと嬉々として取り出した矢先、キーボードのバッテリーが [続きを読む]
  • バッテリー不良のモバイルキーボードは3年保証の製品だった。
  • Androidタブレットは外付けのキーボードを接続して入力すると、Windowsのように重たいシステムのタイムラグで待たされることもなく、iOSのように独自のキー配列(特にかな入力の右手小指エリアがカオス)に悩まされることもなく、非常に快適であることが分かりました。そこで、持ち運ぶことをあきらめていた軽くて小さいキーボードを復活させようと箱から出したのが一昨日。バッテリーが空のせいかケーブル接続して、ペアリングとWin [続きを読む]
  • Microsoftのモバイルキーボードが充電できなくなった。
  • Bluetoothのキーボードは昨日の投稿で紹介したLogicool のものだけでなく持ち運び用の小さくて軽いキーボードも持っています。それがコチラ。マイクロソフト キーボード Bluetooth対応/ワイヤレス/Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 グレー Universal Mobile Keyboard P2Z-00051Microsoftのモバイルキーボードです。軽くて、保護蓋があるので持ち運びにも便利で、Windows・Apple(iPadやiPhone)・Androidに対応している優 [続きを読む]
  • WindowsよりもiPadよりもAndroidタブレットが快適。
  • すでにiPadを愛用中でしたが、今月Androidタブレットを購入しました。一応「仕事で使うため」という名目です。2年前に衝動的に購入し、1年ほどはムスコ用としても使わせていたこともあるAndroidスマホが、仕事上の検証用(使い方を質問されたときに対応するため)だったのですが、年明けから電源すら入らなくなっていたためです。電源が入らなくなったAndroidスマホはOSのバージョンが古かったこともあり、あまり使っていませんで [続きを読む]
  • インフルエンザになりました
  • 覚えていますか?昨年は、インフルエンザワクチンの供給量が少なかったことを。姑はデイサービス通い、ムスコは学生+電車通学のため、強制的に予防接種をしましたが、私はこの二人が持ち込まなければ罹らないだろうとたかをくくっていました。ええ。はずれましたとも。前に罹ったのは何年前だったっけ?というくらい久しぶりに罹りました。辛かったです。インフルエンザAは強烈でした。私は、38度後半くらいから腰が抜けたような状 [続きを読む]
  • iPad の描画アプリ。
  • 画像編集については、パソコンのソフトよりも、タブレットのアプリの方が扱いやすい。 パソコンよりもタブレットのアプリの方が良いと言っているわけではありません。 扱いやすいという意味。 パソコン用のソフトは、上を見ればキリがないし、効果であればあるほど機能も豊富です。そう言った高価なソフトすら凌駕するかといえば、それは難しい。多機能であればあるほど、使いこ [続きを読む]
  • ばあちゃんが咳をし始めた。
  • 季節の変わり目です。怖ろしい季節がやってきました。先週後半から、ばあちゃんが咳をし始めました。ばあちゃんの咳は怖ろしいです。なぜかというと、なかなか治らないからです。なかなか治らない理由は大きく3つあります。1つは、年だから。齢87(若く見られたい乙女なばあちゃんのために満年齢表記)の治癒力は弱いです。認知症になるほどですから戦うたんぱく質が少ないのです。2つ目は、食べないから(食べる量が減るから) [続きを読む]
  • 年賀状の話から終活の話。
  • 教室で、生徒さんの一人が「今年で年賀状はやめようと思う」という発言からの終活に関わる話へ。 私の個人的意見としては、お付き合いの範囲を見直すことは大事なことと思います。ただ、ある程度の年齢になると、年賀状は『年に一度の生存確認』の意味があると思っています。 姑が認知症になり、年間殆どの時間をデイサービスで過ごすようになりました。しっかりしていた頃は、多趣味な人だったので、年齢の割に人付き合いが [続きを読む]
  • スタイラス購入。adonit pixel
  • パソコンの先生をしているけれども、パソコンではなくタブレットで仕事が事足りればいいなと、常日頃思っています。 先だって、新型のiPad proが発表されたので、現在所持しているiPad Air2を息子に下げ渡して、新調しようと画策していたのですが、それよりも、スマホの機種変をしたかったムスコに却下をくらってしまいました。 まあ、iPad Air2そのものに不満はなく、10月に公開される次期iOSにも対応 [続きを読む]
  • 井口は最後までカッコイイ。
  • 親がノンプロまでの経験者なので、野球への興味はそれなりにあるのですが、いかんせん関東で生まれ育ったので、パリーグの事は福岡に来てから覚えました。福岡に来た頃がちょうどホークスが強くなった頃で、最初に覚えたのが、井口、小久保、松中、城島の面々でした。東京のOL時代には、自分の会社が西武球場も東京ドームもボックス契約をしていましたが、野球観戦が面白いとはさほど思っていませんでした。野球観戦が楽しいと思い [続きを読む]
  • 「防災メールまもるくん」がおすすめできない理由。
  • 今朝はスマホに繰り返し入ってくる警報メールで起きました。ムスコが高校生になり、6時半には家を出るため、4月から5時起きの生活です。眠い頭で、ムスコに朝食を食べさせ、弁当を作ったので、「そうだ、電車が動いているのか確認しなきゃ」と、思ったのはその後のことで。筑豊線が運転見合せ!制服に着替えてきたムスコと改めて、テレビをつけたところで、学校から休校のメールが入りました。実は、河川氾濫の危険水位に達した川 [続きを読む]
  • 毎日、仏壇前で何拝む?
  • 朝食後、デイサービスの迎えが来るまでの間に、毎日数分間仏壇の前に座り、線香をあげて、しばらくいる姑。ちょっと前までは、「お父さん、早く迎えにきて」と言っていたようだが、最近は何を話すでもなくボーっとしている。昨日の5月12日に、「今日、何の日か覚えてる?」と聞いてみた。すると、「知らんばい。14日なら母の日ばい」と、余計な情報は入れてきた。ちなみに、姑は姑の姉妹同士が非常に仲が良く頻繁に連絡をとり合っ [続きを読む]
  • Skypeからのメッセージ。
  • 朝、パソコンを立ち上げたら、Skypeにメッセージが入っていた。連絡先リストに登録されている方の誕生日通知。でも、その人はすでに故人。高齢層を相手に仕事をしているので、年々こういった事が増えてくる。リストから削除しようかと思ったけれど、まあ今日は故人を偲んでそのままにしておくことにした。そういって、また来年もこのメッセージを見ることになるかもしれないけど。(^_^;) [続きを読む]
  • ばあちゃんの問題発言。
  • 昭和世代なら、認知症のイメージは大滝秀治が演じた映画のイメージが強いと思う。私も姑の認知症に直面するまでは、そういうものだと思っていた。だけど、認知症の症状は、そんな画一的で分かりやすいものではなかった。姑の場合、物忘れも大分出てきてはいるけれども、自分の身の回りのことはできているし、ちょっと雑談をする程度では認知症であることは見抜けないと思うほど達者だ。ただ姑にとっての問題は、臭いに関する認知が [続きを読む]
  • 怒涛の一年。
  • テレビで刀剣の映像が出れば、「こんなので切られたらやわないね」と言ってみたり。他人の殺人未遂事件のニュースには、「この人、バカやね」と一刀両断な姑がいます。顔にまだはっきりと傷跡の残る息子の傍らで。こんなことを言っている時の姑の頭の中には、この傷のことも、もう一人の息子がこの傷を作ったことも、飛んで行ってしまっているのだろう。事件から、もうすぐ一年が経ちます。この一年。やりきれない、整理できない気 [続きを読む]
  • ネットセキュリティ。とりあえず聞いてほしい。
  • 教室でも、セキュリティの話やデータバックアップの話は、よく聞かれますし、よく話します。でも、聴く方によって温度差があって、「自分は関係ない」「自分のパソコンには取られて困るデータが入っていないから大丈夫」「インターネットはあまり使わないから大丈夫」「今まで被害にあわなかったから」など、回避できる理由を探して聞き流したり、聴いても対処は後回しにしてしまう。まあ、話がすぐ脇にそれてしまう私も悪いのです [続きを読む]
  • インターネットがつながらなくなったら、とりあえず・・・
  • 先週から今週にかけて、教室内で頻発している現象です。 対象は全てWindows10のパソコンです。 前日まで、インターネットに接続できていたのに、変わったところを触った覚えがないのに、突然インターネットがつながらなくなる。 常駐バーのWi-Fiは接続済みになっているのに、「インターネットアクセスなし」のおまけがついている。 アクションセンターでWi-FiのON/OFFをしても、ルーター側の電源入れ直しをしても [続きを読む]
  • 金継ぎ体験。
  • 今年の年頭に直方で金継ぎの作品を見る機会がありました。その頃、とても気に入っていた急須のフタを欠いてしまい、作家ものでもあったのであきらめきれずにいたので、金継ぎ作品を展示されていたその方に相談して直してもらうことになりました。備前のものなので、素朴さを損なわず、また、実用性重視での繕いにして欲しいという要望を聞いて頂き、上のような仕上がりに。姑の朝晩のお茶用には、震える手で急須を持ち上げられるの [続きを読む]
  • これって徘徊というのかな?
  • さすがに今日は精神的に限界です。 母の死は大きくて、実はいまだに立ち直りきれていない。そんな中、ダンナの入院と再手術。再手術の日にムスコが塾に行っていない事件(単に鍵を持ち忘れて、家に入れずに待ち続けていただけだった)。そして昨晩、認知症の姑が家族が家を空けている隙に家から出てしまいました。 私がムスコを学校の近くまで迎えに行っている間のことでした。 出かける前に、デイサービスから帰っ [続きを読む]
  • ダンナ再手術とムスコのトラブル対処能力。
  • 今年はこんな調子で終わるのかな・・・と、思うほど、いつまで経っても落ち着きません。 というのも、 ダンナが再手術をするために入院しました。 3月にだんなの実兄に切りつけられた左手。 手術で繋いだの神経が、一部癒着したらしく、痺れと、時々肘あたりまで響く痛みが残ったからです。 元の傷より大きく開き直し、神経周りの癒着をキレイに整え直し、別のと [続きを読む]
  • おばあちゃんと十五夜。
  • 久しぶりに、姑のことです。 8月に介護認定の更新のため、認知症の検診や認定員との面談などがありました。 本来は7月中にすることなのですが、裁判もあり、自分の母のこともあり、延ばし延ばしになっていました。 去年、初めて介護認定を受けた頃の姑は、「早く、お父さんのところに行きたい」が口ぐせで、食欲もなく、気力もなく、ウツではないかと思うほどネガティブで、実家での自己管理はできなくなり熱中症と栄 [続きを読む]
  • 過去の記事 …