山口翔 さん プロフィール

  •  
山口翔さん: 山口翔 永遠の忠臣蔵 日本の誇りを語る
ハンドル名山口翔 さん
ブログタイトル山口翔 永遠の忠臣蔵 日本の誇りを語る
ブログURLhttps://ameblo.jp/19610510/
サイト紹介文山口翔作品紹介/永遠の忠臣蔵・神の化身カイ等、ゼロソフィノベル定義
自由文山口翔作品を紹介/斬新な思考で作品を描く(えがく)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/06/21 13:55

山口翔 さんのブログ記事

  • 千古の価値とは…
  • 昨日…千古に関することに触れた! そのついでに…(笑) 千古の何を評価されているのか?と言えば… それは…迷うことなく「構成」と答えます。 聖地赤穂宣言 千古 この書籍の構成は… ありがたいことに数多くの方々から評価されました。 見た目は…薄い本です!! 見た目だけで言えば…定価1000円は高いでしょう(笑) ところが… その内容を読んだ数多くのマニアの方から… マニア(笑) 要するに… 専 [続きを読む]
  • 千古が!!!
  • 千古が! アマゾンで… (笑) 聖地赤穂宣言 -千古- 新書: 78ページ出版社: 双里出版; 初版 (2015/9/26)言語: 日本語ISBN-10: 4907092032ISBN-13: 978-4907092030発売日: 2015/9/26商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.4 x 0.6 cm アマゾン書店で売られているが… そもそも… 新書版の78頁とは… 薄い(笑)ほんまに薄い本(笑) 発行当初… こんな薄い本が1000円!!!あんた何考えとん!!!300円でも [続きを読む]
  • 今日から俺は!第2話から開久高校登場
  • 今日は久しぶりにのんびり過ごしている。これと言って予定はない(笑) 昨日まで…バタバタ感があったが…大避神社の舟祭を最後に…何となく忙しさが和らいだ。 昨夜は… 赤穂出身の俳優「川崎健太」君が準レギュラーで登場する番組のスタートの日 今日から俺は! でも… 開久高校の生徒役とあって第2話からの登場らしい^^ 来週やね…(笑) ------------------------------------------------------------「内匠 [続きを読む]
  • ”聖地赤穂伝_神の化身カイ 原作完成”
  • 神の化身 -カイ- 原作を完成させてから、それなりの年数が経ったようだ。 そう言えば…小説しか書かないと思っていたが… カイシリーズを書いたのが最後となりその直後に、「聖地赤穂 -千古-」そして「永遠の忠臣蔵」の理論書を発行したことで… 自身の行方が大きく変化した。 あれ以来、小説を書いてないことが心のどこかに引っ掛かることがある(笑) 今、永遠の忠臣蔵の改訂版を仕上げているが… 心のどこかで…永遠の [続きを読む]
  • ”瀬戸内三大舟祭「坂越」大避神社”
  • 今年のお祭りは明後日…平成30年10月14日開催ですよ。 もちろん…今年も見に行きます!! 本日、大避神社にお参りに行かせて頂きましたが…地元の皆さんが準備に大忙しでした。 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心の反映と言われ…何故、三百年以上も称賛され続けたのかをここ [続きを読む]
  • 舞妓はんのデビュ〜^^
  • 古都の奥座敷…デビュ〜して2日目の舞妓はんが挨拶回り^^ 舞妓はんのデビュ〜3日間は…飾りがそれなりらしい! 地元の方というか…常連はんでも、この3日間の着飾りを目にすることは珍しいそうだ。 しかも…それが2人となれば…10年に一度見れるかどうかという珍しさらしい。 と、京都の知人に聞いたが… 首筋のところの3本ラインこれがデビュ〜3日間のひとつの特徴 それに… 銀色の髪飾りも3つこれもデビュ〜間も [続きを読む]
  • ”独参湯”日本の心を反映させた物語
  • これも今でも変わってないな〜 現代日本に必要なものは…独参湯と言われるホンモノの忠臣蔵史観 移り行く時代の中で…淡々と言い続けよう。 日本が世界に誇る忠臣蔵とは…主君に対する仇討ちの物語ではないことを…。 義士の精神(こころ)とは…日本の心を反映させたもの。 それは…日本人の原点と誇りにあります。 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠 [続きを読む]
  • 気になる記事!
  • 平成26年2月1日付の赤穂民報さんの記事を振り返り…どうも気になって仕方ない!! 史実と文芸の基本文献「忠臣蔵」編さん完結30年かけて全7巻刊行 と題された記事 今、「忠臣蔵1巻」に拘っている。 その理由を徐々に…明確にしていこうと思う。 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心 [続きを読む]
  • セミナー開催のお知らせ
  • 今月13日から…「永遠の忠臣蔵」の、その奥にあるものを語ります。 毎月第2土曜日開催山口翔セミナー『日本の誇りを語る』 場所は…ほぼ赤穂市民会館になると思います。 第1回目は…午後2時からのスタートです。 静かに語り始めます(笑) 主催者は…地元赤穂の(一社)ふる里創生機構です。 詳細は…ふる里創生機構HPで…随時、お知らせしますので、そちらをご覧ください。 https://www.ako47.info/ ----------- [続きを読む]
  • セミナー開催のお知らせ
  • 今月13日から…「永遠の忠臣蔵」の、その奥にあるものを語ります。 毎月第2土曜日開催山口翔セミナー『日本の誇りを語る』 場所は…ほぼ赤穂市民会館になると思います。 第1回目は…午後2時からのスタートです。 静かに語り始めます(笑) 主催者は…地元赤穂の(一社)ふる里創生機構です。 詳細は…ふる里創生機構HPで…随時、お知らせしますので、そちらをご覧ください。 https://www.ako47.info/ ----------- [続きを読む]
  • 徳川の認識「主人の讐を報ずる」とは…
  • さて…前回の続きです! ■日本語を正確に読みましょう(笑) 浅野内匠頭儀は勅使御馳走の御用を仰せ付けられながら、時と場所をはばからない行為をしたことによって御仕置仰せ付けられた。吉良上野介義央の方はお構いなしとなっていたところ、主人の讐を報ずると称して46人が徒党を組み、吉良宅に押し込み吉良を討ち取った。公儀を恐れない始末であり重々不届きである。よって切腹を仰せ付ける 以上の文章をよく読むと… [続きを読む]
  • 日本語を正確に読みましょう(笑)
  • 最近は赤穂市図書館で…『忠臣蔵 第1巻』を借りて久しぶりに目を通してるが色々と気になる点がある。 たとえば…、283頁の 切腹仰せ付け 2月4日四つ時(午前10時)過ぎ…四藩に対して老中から浅野内匠家来の御仕置を仰せ付けるため上使を派遣するとの通知があった。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 熊本藩への上使は下屋敷に八ツ時(午後2時)頃に到着。 そして…上使から次のように仰せ渡しをうけた。 浅野 [続きを読む]
  • 諸行無常
  • 来る12月8日に向けて… まだ先の話しだが…(笑)今から、楽しくて楽しくて仕方ない。 この日を境に大きく変わる! 何が変わるかと言えば… 時 代 とは言いつつ…いつの世も… 時代は変転の渦中にある。 いつまで…皆は古い時代にしがみつくのだろうか。と、ふと思うことがある。 目覚めよ! ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、 [続きを読む]
  • 本日、山鹿素行先生のご命日
  • 今朝は…久しぶりにカッターシャツにネクタイを締めた。ジャケットを着て向かったのは赤穂大石神社! 今日は… 山鹿素行先生三百三十三回目のご命日祭 わたしの著書「永遠の忠臣蔵」は…今から3年前の今日が発行日。 故に…表紙には「山鹿素行追悼三三〇周年記念」と書かれている。 それに…山鹿素行先生の300回目の御命日に発行なので 表紙のデザインは、真白!! 対照的に「千古」の表紙は… 素行先生の銅像画でカ [続きを読む]
  • (制時悟空)異次元で暮らす!
  • 一昨日から来客アリ…彼は本日の午後に大阪に向かった。 この間、数多くの事をお話しさせて頂いた。 その中で… 「正しさ」と「義しさ」について語った。 「ただしさ」と「ただしさ」である。読みは同じでも全く意味が違う! 以前にも…このブログで書いた通りで… 正しさを求めた時に人は間違いを起こす天の心に適うとは… 正しさは…その時代背景に拠って変わるもの。この「正しさ」の扱いよっては翻弄される人生を [続きを読む]
  • 短編「こころに陣太鼓」
  • 現在、地元の赤穂では…ふる里創生機構主催のイベント開催中! 明日、午後1時から郷学研修所・安岡正篤記念館より… 荒井桂先生が来穂! 赤穂ロイヤルホテルで記念講演!! 荒井先生の講演に引き続いて… 劇団)新志龍の皆様による殺陣を披露して頂ける。 で… その後、 朗読を行うが… その原文がたった今、完成! そう、朗読の原文作りに励んでました(笑) タイトルは… こころに陣太鼓 元々の原稿は、少し長い [続きを読む]
  • 彷徨う赤穂義士の精神!
  • ■再び「忠臣蔵」第1巻■忠臣蔵批判の根っこ!昨日と…一昨日の二日間で赤穂市発行の「忠臣蔵第1巻」について触れた!---------------------------------------------------------この観点は、今後の忠臣蔵史観にとって最も大切な箇所だと感じる。 拠って… 若干、具体的な箇所を 敢えて…指摘しておこうと思う。 本来的に言えば…文章全体の構成に関わるのだが、 分かりやすくするために結論だけを記しておこう。 最も…指 [続きを読む]
  • 忠臣蔵批判の根っこ!
  • NHK大河ドラマで『元禄繚乱』(げんろくりょうらん)が放映されたのは…1999年1月10日から12月12日 映画の『最後の忠臣蔵』(さいごのちゅうしんぐら)は、2010年公開。 忠臣蔵(赤穂事件)を題材にした映画やTVドラマは年末になれば当たり前だった。 ところが…元禄繚乱や、最後の忠臣蔵を最後に…単発的な感がある。 丁度、この頃から…忠臣蔵に関する批判的な意見も見受けられるようになった。 ■ 忠臣蔵批判の理屈は… [続きを読む]
  • 再び「忠臣蔵」第1巻
  • 昨日…久しぶりに図書館に行った。 そして…これも久しぶりに…忠臣蔵 第1巻を借りた。 この書籍は…『永遠の忠臣蔵』を著した時の参考書籍にさせて頂いた経緯がある。 平成元年3月31日発行で…編集は、赤穂市総務部市史編さん室 発行は、赤穂市で…この書物が赤穂市に於ける近年の忠臣蔵研究の基礎となっているはずですが… 永遠の忠臣蔵を著した時に口上書解読に関する部分を参考にしたことは事実です。 ところが…あ [続きを読む]
  • 侍の聖地より甲冑隊々員募集(笑)
  • 甲冑隊第2弾 先月26日に甲冑隊が赤穂に初登場!! 2018-08-27□「侍の聖地」赤穂に甲冑隊現る(笑) 実は…今後、毎月、甲冑隊が赤穂に現れる予定です。 今月の甲冑隊は15日の土曜日でした(笑) 今回は女性が加わり… 塩・水・温泉・素行まつりのポスター配布を頼んだのですが… 「わたしも甲冑を着ま〜〜す」と、やる氣満々で(笑) いざ出陣! いかがですか(笑) 甲冑隊第1弾そして…第2弾へと… 今後は、 [続きを読む]
  • 幻想世界から目覚めよ!
  • 正にゼロソフィー ゼロソフィーとは…山口翔と高知龍が定義した概念であり造語である。 同時空間で起こった出来事であっても視点が変われば違った世界が展開される現実を定義したもの。 昨日は…悟空の会知世派幹部の食事会の席で… 天かけるなのか!ホメール天かけるなのか!天かけるホメールなのか!ホメールかける!かけるホメール! どれや(笑)からの情報で… 山口翔は、ひとりで苦悩しているようなイメージのことを聞 [続きを読む]
  • 塩・水・温泉・素行まつり!
  • 地元の赤穂で…イベントが開催される! 武士道の聖地・播州赤穂塩・水・温泉・素行まつり このイベントを契機に…山鹿素行が育んだ赤穂義士の精神が 世に流布されることを祈願する!! ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心の反映と言われ…何故、三百年以上も称賛され続けたのかをここに [続きを読む]