山口翔 さん プロフィール

  •  
山口翔さん: 山口翔 永遠の忠臣蔵 日本の誇りを語る
ハンドル名山口翔 さん
ブログタイトル山口翔 永遠の忠臣蔵 日本の誇りを語る
ブログURLhttps://ameblo.jp/19610510/
サイト紹介文山口翔作品紹介/永遠の忠臣蔵・神の化身カイ等、ゼロソフィノベル定義
自由文山口翔作品を紹介/斬新な思考で作品を描く(えがく)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/06/21 13:55

山口翔 さんのブログ記事

  • 記者会見風初体験(笑)
  • 最近はめちゃ忙しかった!いやいや、考えることが多かっただけかもやね〜 昨日は…「永遠の忠臣蔵」原作映画化に向けて大きく動き始める瞬間を迎えた!! しかし… 昨日の委員会は… 思いもせず… 記者会見っぽい感じ(笑) この記者会見っぽい感じは、初体験でした!! イイ経験させて頂きました。 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明 [続きを読む]
  • 無常にして浮世離れ…
  • 浮世離れウキヨバナレ デジタル大辞泉の解説によると… [名](スル)俗世間のことに無関心なこと。また、考え方や生き方が世間一般の常識とかけ離れていること。「浮世離れした暮らし」 以上のように書かれている!! 正に「浮世離れ」(笑) 俗世間に無関心で…思考は世間一般とかけ離れている^^ 自分自身には、理想的な生き方ですね(笑) 人としてスタートラインに立つには… 社会を喝破することから始まる!! [続きを読む]
  • 「誠」とは…
  • 山鹿素行…歴史の表舞台から消された人物であるが… 山鹿素行を学べば日本国の素晴らしさや、日本人の誇りがよみがえる! 今、地元赤穂の山鹿素行研究会主催の… 山鹿素行の代表作中朝事実の勉強会に参加させて頂いている。 この名著「中朝事実」を深く理解するには… 誠という概念を知ることが大切!と… とある研究者が語っている。 あくまでも山鹿素行の定義する概念ではあるが… 誠 この文字は、言が成ると書く! 古 [続きを読む]
  • 原作・脚本「山口翔」立つ!
  • 前回の続きになりますが…■映画化を目指す原点! テーマは「忠臣蔵」いまや忠臣蔵は忘れ去られようとしている。 元禄の時代から300年以上の長きに渡って受け継がれてきたものは何だったのかの答えを得ることなく…今と云う時代の渦に巻き込まれている。 日本人の日本人たる由縁を盛り込んだ物語が「忠臣蔵」 この事実を知った時の感動は今でも忘れはしない。 作家として… 名もなき作家。無名の作家… 社会的には何ら実績がな [続きを読む]
  • 映画化を目指す原点!
  • 映画化に向けて…!地元の赤穂で、数々の思いが巡っている。 ただ… 原作者の立場から言えばということが前提ですが…「映画」という言葉が先行するばかりで…「原作」の評価についてどうなのか… その声が届かない! 映画化に向けてご尽力頂けることは有り難いことです。そのことを重々承知しながら、どこか心に引っ掛かる点があった。 先週の土曜日に FM五條さんの番組で永遠の忠臣蔵とはどのような著作なのかをお [続きを読む]
  • FM五條さんの番組に電話出演しました!
  • 昨日は…赤穂山鹿素行研究会主催の「中朝事実勉強会」の資料作り(笑) から始まって… 午後12時10分頃から約30分間は… 奈良県のFM五條さんの番組で… 「徳丸新作の五條からよろしゅうおあがり」 に電話でゲスト出演^^ パーソナリティは悪役俳優?徳丸新作さんでした! 映画化に向けた地元での動きを若干紹介させて頂き…わたくしの著作「永遠の忠臣蔵」とは…どのような書物なのかをお話しさせて頂きました。 ひと [続きを読む]
  • 集え!時代の創造者
  • 今の時代は… あと5年か〜! 新たな時代の到来! イイ時代に生まれたものだ^^ ひとつの時代が終わり新たな時代へと… このような面白い時代に生まれたことに感謝! 目覚めよ!目覚めよ! 新たな時代を創造する者たちよ! 我は既に号令を発した。 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心 [続きを読む]
  • 既に号令は発した!
  • 禊祓禊祓(みそぎはらえ)は、ミソギ(禊)とハラエ(祓)を合わせた用語。概略両者は本来は別の行事であるが、ともに神道において禁忌とされているツミやケガレを除去して心身を清める行為であることから、すでに記紀の段階において同一視されていたと考えられている。ミソギ(禊)はおもに神事に仕える者がケガレ(穢)に接してしまった場合、ハラエ(祓)は一般に天つ罪・国つ罪を犯してケガレ(穢)の原因を生み出してしまっ [続きを読む]
  • 引き寄せの法則と云う言葉に翻弄されるな!
  • わたしは…、 いつも 自らの世界を生きること!そして…自分の世界を創造すること! これを何度も繰り返して語っている。 違った言い方で… 引き寄せの法則等に未だ翻弄される時代にあたり…すべてがすべてであると喝破したはずだ。 この意味がお分かりになるでしょうか。 そして今日… 創造とは… と言えば難しく感じるでしょうから(笑) 人生を楽しむとは… エネルギーの方向性を定めることだと… 加えておこう [続きを読む]
  • 永遠の忠臣蔵ページ情報
  • 現在、映画関係者皆様と打合せが続いております。 地元では…昨日の(一社)ふる里創生機構第2回月例の席で、直近の映画打合せ事項の概略のみをご報告させて頂きました。 ところで… Facebook頁「永遠の忠臣蔵」のカバー画像を変更してみた(笑) 本人的には、氣にいってますが… いかがでしょうか? 内匠家来口上傳永遠の忠臣蔵 映画に関する情報をFacebook頁でも発信していこうと思ってます。 https://www.facebook.com/ [続きを読む]
  • 映画「永遠の忠臣蔵」製作委員会発足へ…
  • 直近、数日間の出来事から…、自身の中で数々の思いが巡っている。 わたしの著した「永遠の忠臣蔵」この作品は…映画化に向けて活動しているのだが… 忠臣蔵の故郷・播州赤穂では…地元の有志が(一社)ふる里創生機構を発足させ、社団法人内に…「映画推進委員会」を設置した。 JR播州赤穂駅には以上の横断幕を掲げて…地元播州赤穂での動きが活性化される見込みとなっている。 平成30年7月5日開催の映画推進委員 [続きを読む]
  • 人生を楽しむ(基本)
  • この世は…すべてがすべて… あまりにも間違って解釈する者がいるらしく簡単な説明を加えておこうと思う。 すべてがすべて故に… すべてを受け入れることを違えるな! 以前にも書いたのだが… すべての感情を否定しない生き方の原点 人間には… 喜怒哀楽がある。 受け入れるとは… 全ての感情を受け入れることに相違ない。 笑って過ごすだけでなく…怒りの感情すら否定するな! 人生を楽しむとは… すべてを受け入れること [続きを読む]
  • 天の怒りを鎮め給う
  • 南の海の王はお怒りになるのですか!と問う。 我は何も怒って等いない!北の大地の王が怒っておることを知らぬのか。 畏れよ!畏れよ! 北の大地の王よ! 北の大地の王よ! 鎮まれ!鎮まれ! 拝 ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心の反映と言われ…何故、三百年以上も称賛され [続きを読む]
  • 難しく感じるなら天カケルに聞け!(笑)
  • 時は流れるものではなく…時は積み重なるもの!! 是即、永遠乃生命也哉 世の理を観れば人生を喝破!! 心眼、備わるが人!! 天カケル曰く「目標は既に達するもの」 翔曰く「世は創造也や」 創造とはなんぞや… 是、即ち 何のために…を、掴むこと也や。 目標に捉われることなく時を重ねて人生と云う。 目標は… 生きるアイテムとなり、 目的が力と成る!! さて… あなたは、どのような世界を望む? ---- [続きを読む]
  • 忠臣蔵の映画化をめざして!
  • 昨日、JR播州赤穂駅に横断幕が取り付けられた! そして… ふる里創生機構事務局前にも… それから、元祖かもめ屋本店駐車場。 以上、先ずは3箇所に掲げられた!!横断幕 忠臣蔵の映画化をめざして! そして今日… とある関係者が集う!! 今日から動き始める!! その時を刻々と待つ ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にしま [続きを読む]
  • 最高の力を引き出す!
  • 昨日…知人がシェアしていたFacebookの記事に… 人間は、楽しんでいるとき「最高の力」を発揮する。という内容があった!あの「本田宗一郎」氏の言葉だそうだ。 これは…過去の記事で書いた通り…人生を楽しむ!テーマ:悟空の会知世派 楽しいから何をやってもうまくいく!これが真実なのだが… がんばっているとか…努力しているとか… それは、他人から見た評価であり、 本人の自覚は、楽しい!ただ、それだけでイイ!! [続きを読む]
  • 気付けば救急車の中^^
  • 額に2針だったか… 顔面周辺を28針… 27針か… 横転して血まみれ状態で… 目の周辺が腫上り目がほぼ閉じた状態! どんな状態やねん。 それでも痛みは全く感じていないと… 転倒し意識を失い、気が付けば救急車の中にいたと… 肉がエグレ…歯磨きで磨き(笑)ホンマかいな。 それでも痛みは全く感じていないと… 病院では…看護師さんたちとVサインで写真を撮って遊んでただと!! まぁ〜、無事で良かったという [続きを読む]
  • 人としてスタートラインに立て!
  • (基本)自分の人生(基本2)自分の人生 さてさて…「自分の人生を生きるとは」をテーマに、基本と、基本2を書いてみましたが、如何でしたでしょうか。 先ず(基本)は…至極当たり前のことのように思えたはずです。 そして…(基本2)で、その当たり前をひっくり返した訳ですが(笑) (基本2)で若干の疑問を持った方もいるかもしれません! たとえば…基本中の基本を書いたに過ぎないのですが… (基本2)は、元々 [続きを読む]
  • (基本2)自分の人生
  • 以下は、昨日公開したブログの転載です!------------------------------------------------------------わたしは口癖のように…自分の人生を生きろ!自分の人生を楽しめ!と語る^^この言葉にすべてが集約されるが…自分の人生を生きるとは…どういうことですか?等と…、聞かれることがある。では…、逆に、自分の人生を生きるという言葉が…分からない方々に…、難しく感じる方々に問う!あなたは…他人の人生を生きることが出 [続きを読む]
  • (基本)自分の人生
  • わたしは口癖のように… 自分の人生を生きろ!自分の人生を楽しめ! と語る^^ この言葉にすべてが集約されるが… 自分の人生を生きるとは…どういうことですか? 等と…、聞かれることがある。 では…、逆に、 自分の人生を生きるという言葉が… 分からない方々に…難しく感じる方々に問う! あなたは…他人の人生を生きることが出来るのか? 先ずは、この問いに答えなさい(笑)この問いが入り口です^^ [続きを読む]
  • パラレルなワールド(笑)
  • 昨日…、天カケル人物から…パラレルなワールド等のおもしろい情報があった。 パラレルなワールド(笑)本当に(笑)笑ってしまう! 世の中、こんなもの程度の話しだが… 天カケル人物が大国主の命から聞いた話しによれば…わたしは、西洋のとある関係筋から見捨てられたそうだ。 見捨てられたことが原因で…わたし自身は困っている人生に突入したらしい(笑) 今、ブログに文字を打ち込んでいる私は…自分の人生を楽しん [続きを読む]
  • 幸あれ(拝)
  • 訳が分からんままに… すべての出来事がうまくいく! ええことやし… これでええ(笑) さて… 真なる目的が明らかとなる日がやがて来る。 すべての存在に幸あれ ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、「忠臣蔵」の本質を明確にします。永遠の忠臣蔵「忠臣蔵」は、日本人の心の反映と言われ…何故、三百年以上も称賛され続けたのかをここに記す。(目次ページ [続きを読む]
  • 忠臣蔵映画を推進!
  • 地元、赤穂の有志が設立した一般社団法人ふる里創生機構は… 今月1日平成30年6月1日に緊急の理事会を開催した。 この理事会で… 特別委員会を設置することが決定された。 この特別委員会とは… 忠臣蔵に関する映画化を目指すことを目的にした委員会である。 委員会の名称は… 映画推進委員会 であり… その後の数日間で委員が確定された。 委員の確定を受けて… 平成30年6月22日第1回 映画推進委員会が開催され [続きを読む]
  • 紙くず信仰の末期!
  • ---経済とは何かを知っているか---(経済とは、経世済民) 経世済民とは… 世を経め(おさめ)民を済う(すくう)という意味である。 古来より「経済」とは…世を治め民を救うことに相違ない。 ところが… 今や、経済は「紙くず信仰」となり、競争原理が働く。そして、社会に不安が生じている。 紙くず信仰紙くず信仰… このように苦しむ人々が世に跋扈することを経済と言わない! 本来的な経済であれば、 [続きを読む]
  • ブログ遊び^^
  • ついつい…休憩しながらブログ遊びをする毎日(笑) あっ!このブログの遊びがご理解頂けるでしょうか(笑) 内容が難しいとか…なんやかんやと(笑)言われますが! ブログ遊びはまだまだ続きますよ!! 自由自在ですよね! 自分自身の人生を歩き… 自分の世界のすべてを…創造しているのですから^^ (-。-)y-゜゜゜ ------------------------------------------------------------「内匠(頭)家来口上」の解読が、 [続きを読む]