カヤカス さん プロフィール

  •  
カヤカスさん: 優游涵泳
ハンドル名カヤカス さん
ブログタイトル優游涵泳
ブログURLhttps://ameblo.jp/kajakas/
サイト紹介文特に目標を定めず、楽しみとしていろいろな言語に触れています。 いろいろな言語の音楽も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/06/20 23:12

カヤカス さんのブログ記事

  • フェーロー語の子音
  • だいぶ前の母音に続き、今回はフェーロー語の子音です。母音のときと同じく"Färöisch Wort für Wort"に依ります。 フェーロー語のアルファベットで子音を表すのはb, d, ð, f, g, h, j, k, l, m, n, p, r, s, t, vの16文字。 á, í, ó, ú, ý, æ, ø。 16文字のうちb, d, f, h, j, l, m, n, p, s, tはその子音単独でたつ場合はドイツ語と同じ。他の子音と組み合わさったり、2つ続くと発音が以下のように変わる。 発音dj, g [続きを読む]
  • なんとなーくノルウェー語とデンマーク語を見分ける方法
  • どんな趣味でも長く続けていれば、それが上手であれ下手であれ何かしらの能力を得るものです。多言語学習が趣味の人、特に10以上多くの言語を学習したことがある人が身につけているであろう能力があります。それは「なんて書いてあるのか全然わからないけれど、何語であるかが判る」という能力。もちろん全く触れたことのない言語はわかるはずがありませんが、少しでも齧ったことのある言語なら使われている文字やその並びから何語 [続きを読む]
  • The a - ö of Iceland
  • ついに『ニューエクスプレス アイスランド語』が刊行されました。正月休みもあるし、ほそぼそとしていこうと思います。 そんなアイスランドの観光局がいやが上にもアイスランドに訪れたくなる素敵な観光PR曲を作ってくれました。 歌っているのはアイスランドのテレビタレントSteindi Jr(ステインティ・ジュニオル)ことSteinþór Hróar Steinþórsson(ステインソウル・フロウアル・ステインソウルソン)さん。 世界一難しい [続きを読む]
  • フェーロー語の母音2
  • フェーロー語の母音第2回目です。前回で書ききったかなと思ったのですがまだ残っていました。 ・ei, ey, oy以外は母音が連続するときに二重母音にはならず、わたり音(j,w)が挿入される。・母音間に"ð"、"g"があるときは"ð"、"g"は発音されず、わたり音(j,w)が挿入される。 いつ"j"になり"w"になるかは以下の通り。 ・最初の母音がi, í, y, ý, ei, ey, oyの場合は"j"が挿入される。例:eiga [アイヤ] 持つ  niðan [ニー [続きを読む]
  • サーミ語の音楽2
  • 今回はスウェーデンのGällivare(イェッリヴァーレ)出身の歌手Sofia Jannok(ソフィーア・ヤンノック)をご紹介。彼女はサーミ人で北サーミ語での歌を主に歌っています。 "Árvas"「アルヴァス」Árvasというのは地名? "Viellja Jearrá"「兄弟は尋ねる」 "Snölejoninna"「雪獅子」タイトルを正確に訳すと「雪の雌ライオン」です。「雪獅子」というとチベットのが思い浮かびますが、それとは関係あるのでしょうか。この曲はス [続きを読む]
  • フェーロー語の母音
  • 今回はKauderwelschシリーズの"Färöisch Wort für Wort"に書いてあるフェーロー語の発音のまとめです。かなり長くなったので母音のみ。 フェーロー語のアルファベットはa, á, b, d, ð, e, f, g, h, i, í, j, k, l, m, n, o, ó, p, r, s, t, u, ú, v, y, ý, æ, øの29文字。その中で母音を表すのはa, á, e, i, í, o, ó, u, ú, y, ý, æ, øの13文字。うち、aとæ、iとy、íとýはそれぞれ全く同じ発音です。 母音に [続きを読む]
  • フェーロー語事始め
  • 発売を待っていた『ニューエクスプレス アイスランド語』。発売延期でAmazonでは11月30日発売となっていますが…。延びる分いいものに仕上がってほしいですね。 ということで、同じ北欧語のフェーロー語の勉強をはじめました。行く予定も知り合いがいるわけでもないのですが挫折するまでやっていきます。 フェーロー語に関する本で私が持っているものは東海大学出版会の『北欧のことば』に白水社の『ニューエクスプレス・スペシャ [続きを読む]
  • フランス語の音楽2
  • 今回紹介するのはカナダはケベック州の歌手Klô Pelgag(クロ・ペルギャグ)です。Klô Pelgagはステージネームで、本名はChloé Pelletier-Gagnon(クロエ・ペルチエ=ギャニョン)。2つの名字を合わせたのが"Pelgag"なんですね。 "La fièvre des fleurs"「花の熱」患者に渡したプレゼントには「白血病」と書いてあります。こちらではなぜだかカープ女子。 "Les maladies de cœur"「心臓病」 "Ferrofluides-fleurs"「磁性流体 [続きを読む]
  • せりく
  • ロンドンで行われている世界陸上。起きているときは見ているのですがおもしろいですね。競技はもちろんですが、世界各国の選手のカナ表記がおもしろい。なんでこうなったと笑っちゃうくらいデタラメなカナ表記が溢れています。 競技メインで名前なんて二の次なのはわかりますが…ほんとうにおもしろいくらい適当です。ということで、今回はそんなどうしてこうなったという表記を見ていきましょう。*私の表記が正しいというより、テ [続きを読む]
  • サーミ語の音楽
  • 今回紹介するのはノルウェーはMasi(マーシ:ノルウェー語)/Máze(マーヅェ:北サーミ語)のラッパーSlinCraze(スリンクレイス)ことNils Rune Utsi(ニルス・ルーネ・ウッツィ)です。タイトルの通りサーミ語で歌っていますが、サーミ語は相互理解不可能な約10の言語に分化しており、彼はその中の北サーミ語話者のようです。"Suhtadit"「怒り」タイトルの"suhtadit"は北サーミ語で「互いに怒る」という動詞。聞いたことのない [続きを読む]
  • インタビュー
  • バンドや歌手を紹介するときは元の表記といっしょにカナ表記もつけるようにしています。しかし、歌手名はともかくバンド名は外来語だったり造語だったりでどう読むのかさっぱりわからないものも少なくありません。そんなとき、役に立つのはやっぱりYouTube。「バンド名 interview」で検索すればインタビュアーや本人がバンド名を言っている動画が見つかります。ただ、"interview"で検索しても英語で受け答えしているものが多くな [続きを読む]
  • ロシア語の音楽2
  • 今回はロシアの歌手Сергей Лазарев(セルゲイ・ラザレフ)で"Это Всё Она"をご紹介。"Это Всё Она"「全て彼女のしわざ」三枚目を演じようとどうせイケメン。この"Это Всё Она"というタイトルはそのまま日本語にすると「それは全て彼女が」という意味になるのですが、日本語が堪能なロシア人に聞いたところ「全部彼女のしわざ」という意味だと教えてくれたのでそちらを採用しました。 [続きを読む]
  • フェーロー語の音楽4
  • 今回紹介するのはフェーロー諸島で2番目に大きな町Klaksvík(クラクスヴイク)のバンドDanny & The Veetos(ダニー・アンド・ザ・ヴィートス)です。Danny & The VeetosメンバーDanny Baldursson(ダンニ・バルドゥション)―ボーカル、エレクトリックギターPáll Brim Joensen(パットル・ブリム・ヨーアンセン)―ウクレレ、コーラスJóhan Nolsøe(ヨウハン・ノルソー)―アコースティックギターSímun Dam(スイムン・デアム [続きを読む]
  • アイスランドの名前
  • もう2016年が終わろうとしていますが、2015年アイスランドの新生児の名前ランキングです。言語に関しては保守的なイメージのあるアイスランド。名前もそうなのでしょうか?早速女性名から見ていきましょう。1.Emilía/Emelía(エミリア/エメリア)2.Sara(サーラ)3.Ísabella/Ísabel/Isabella/Isabel(イーサベラ/イーサベル)4.Anna(アンナ)5.Elísabet/Elísabeth(エリサベト)6.Emma(エンマ)7.Emb [続きを読む]
  • アムハラ語の音楽
  • 今回紹介するのはエチオピアはアディスアベバのバンド ?? ??? / Jano Band(ジャノ・バンド)です。Jano Bandメンバー???? ??? / Michael Hailu(ミカエル・ハイル)―ギター???? ?????? / Haleluya Tekletsadik(ハレルヤ・テクレツァディク)―ボーカル???? ??? / Dibekulu Tafesse(ディベクル・タフェセ)―ボーカル???? ???? / Kirubel Tesfaye(キルベル・テスファイェ)―シンセサイ [続きを読む]
  • グリーンランドの男性名と女性名
  • 以前グリーンランドの新生児の名前ランキングを見たので、次はグリーンランド全体での名前ランキングです。参考サイトはこちら。女性名上位10位1.Ane(エーネ)2.Marie(マリーエ/マリー)3.Karen(カーン)4.Johanne(ヨヘネ)5.Sofie(ソフィーエ/ソフィー)6.Dorthe(ドーテ)7.Margrethe(マグレーテ)8.Sara(サーラ)9.Naja(ナーヤ)10.Anna(エナ)男性名上位10位1.Hans(ヘンス)2.Jens(イェン [続きを読む]
  • いろいろな言語の歌 まとめ
  • 気が付けば結構な数の音楽記事を書いている。ということで、音楽を貼りつけた記事のまとめページです。テーマが「音楽」じゃない記事も含まれます。国・地域別五十音順アイスランドアイスランド語:Rökkurró(ロフクロウ)Sigur Rós(シーグル・ロウス)言語不明:Retro Stefson(レトロ・ステフソン)アフガニスタンダリー語:Kabul Dreams(カーブル・ドリームズ)アメリカ合衆国英語:Yellowcard(イエローカード)イスラエ [続きを読む]
  • ハンガリー語の音楽5
  • 今回紹介するのはハンガリーはSzékesfehérvár(セーケシュフェヘールヴァール)のバンドBlahalouisiana(ブラアルイジアナ)です。"Blaha-"の"h"は発音しないっぽいです。セケーシュフェヘールヴァールと長い町の名前ですが、「セケーシュ/フェヘール/ヴァール」と区切って読むと読みやすいです。BlahalouisianaメンバーSchoblocher Barbara(ショーブロヘル・バルバラ)―ボーカルJuhász Ádám(ユハース・アーダーム)― [続きを読む]
  • あるリンゴの話
  • 北欧の言語を学ぶ人が一度は意味を取り違えるであろう語があります。それは"appelsin"。その"appelsin"という綴りから、「リンゴ」と勘違いしてしまう人が多いのですが、"appelsin"はノルウェー語とデンマーク語で「オレンジ」という意味です。ほかの北欧語でも、スウェーデン語では"apelsin"、アイスランド語では"appelsína"、フェーロー語では"appilsin"、フィンランド語では"appelsiini"と「リンゴ」っぽいです。それもそのは [続きを読む]
  • 世界のあいさつ
  • 世界にどれだけ言語があるか知りたい。そして、それらの言語でのあいさつは何なんだろう。そんな疑問を持った方にお勧めのサイトがこちら。Jennifer's Language Pages: Greetings in more than 3000 languages3000以上の言語というタイトル通り、Aari(アリ語:エチオピアで話されるアフロアジア語族オモ語派の言語)からZuñi(ズニ語:アメリカ合衆国アリゾナ州、ニューメキシコ州で話される孤立した言語)まで3167にも及ぶ言語 [続きを読む]
  • フェーロー語の音楽3
  • 今回紹介するのはフェーロー諸島で2番目に大きな町Klaksvík(クラクスヴイク)のバンドGrandma's Basement(グランマス・ベイスメント)です。Klaksvíkは「クラクスヴィーク」とカナ表記されることがほとんどですが、フェーロー語で"í"は「ウイ」と発音されるのでフェーロー語的には「クラクスヴイク」です。Grandma's BasementメンバーThorvald Danielsen(トルヴァル・ダニエルセン)―ドラムSímun Heimstovu(スイムン・ハ [続きを読む]
  • グリーンランドの名前
  • 今回はグリーンランドの名前を見ていきましょう。グリーンランドでは7年に1度統計を取っているようで、名字と同じく2011年が最新版のようです。今回紹介する新生児の名前ランキングは2001年から2010年までの10年分をまとめてランクにしています。以前記事にした名字ランキングではグリーンランド語の要素は皆無でしたが、名前ではどうでしょうか?データはこちらのページのTabel 2.の表からです。では女性名から。女性名Top101.I [続きを読む]
  • 少年少女
  • 最近名前についての記事を多く書いています。まだまだアイスランド、グリーンランド、フェーロー諸島と残っているのですがノルウェー、スウェーデン、デンマークと書いて自分の中では一区切りついた感があります。その記事の中に出てきた「男の子」、「女の子」、「男性」、「女性」という言葉は北欧3言語でどういうのか今回は見ていきましょう。まずは男性と女性。男 &nb [続きを読む]
  • ノルウェー語の音楽2
  • 今回紹介するのはノルウェーはBodø(ボーデー)のバンドKråkesølv(クローケソル)です。Kråkesølvメンバー現メンバーKristoffer Magnus Nohr Unstad(クリストッフェル・マグヌス・ノール・ウンスタ)―ギター、ボーカルFredrik William Olsen(フレドリク・ヴィリアム・オルセン)―ギター、ボーカルPetter Waldemar Nohr Unstad(ペッテル・ヴァルデマール・ノール・ウンスタ)―ベース、ボーカルJørgen Smådal Larsen( [続きを読む]