べじべじおばさん さん プロフィール

  •  
べじべじおばさんさん: へんやさ
ハンドル名べじべじおばさん さん
ブログタイトルへんやさ
ブログURLhttp://henyasa.seesaa.net/
サイト紹介文変な野菜、おもしろい野菜を集め、勝手に認定しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/06/21 09:45

べじべじおばさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タイなす収穫
  • 最初の一個を収穫したのは8月9日。普通の黒ナスに比べるとかなり遅い。我が家の畑の土がお気に召さなかったのでしょうか?でもころころしていてかわいい。色もエメラルドグリーン(?)で綺麗。まず、半分に切って油で焼いて醤油で食べてみました。皮が硬い!8月中旬頃には7個収穫出来たので、タイカレーを作ってみました。市販のグリーンカレーペーストを使用。まずこの独特な香り、パクチーと初めて出会った時に似ている。も [続きを読む]
  • ビロードみたいな蛾?
  • 家の外にある水道付近で発見。なんだこれーっ! 新種のムカデ?とおそるおそる近づいてみると、どうやら蛾のようだ。体長約35mm。普通蛾って羽を開いた状態でとまってるよなぁ。変なやつ。それにしても綺麗な蛾です。調べてみました。名前は「ビロードハマキ」。見た感じ、ビロードっぽくないけど・・。近畿地方で多く見られるらしいが、ここは関東です。幼虫は、シイ、カシなどの広葉樹につくらしいが、この発見現場近くに広葉樹 [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー012
  • マーさん・・阪東政五郎。40歳くらい。      3年前から自然農法で野菜を育てている。きんぎょ・・阪東家の猫。雄。6歳。2本とも実話です。うちの猫はカメムシの他に、アリ、クモ、小さい蛾なども食べます。他の作品も多少脚色してありますが、ほぼ実話です。 [続きを読む]
  • へんぼん紹介
  • ◆「ざんねんないきもの事典」◆ 今泉 忠明 (監修), 下間 文恵 (イラスト), & 2 その他 「イルカは眠るとおぼれる」「マグロは24時間泳ぎ続けないと窒息する」「オオアタマガメは頭が大きすぎてこうらに入らない」「牛は1日に180リットルのよだれを出す」など、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった122種の生き物たちをご紹介しています。今泉忠明さんは東京水産大学卒の動物学者。お話もすごく面白い。 [続きを読む]
  • へんやさ種まき 2017
  • 今年育てる予定のへんやさです。●浜ニュークリーム(つる新)クリーム色のピーマン。完熟果はオレンジ色。ピーマン臭が少なく、甘くて食べやすい。パプリカとは違うらしい。●タイなす(つる新)直系5cmくらいの緑色のなす。別名「マクアポ」タイ料理には欠かせないらしい。これを機にタイカレーに挑戦してみよう。●スティッキオ(e種や)イタリア野菜。スティック状のフィノッキオ。生でサラダに。天ぷらや蒸し料理などにも。 [続きを読む]
  • へんゆめトイレ編・3
  • トイレの夢をよく見ます。それも、簡単に用を足せないような変なトイレの夢です。へんゆめトイレ編・3「めざす」私は某会社のプレハブ小屋のような小さな事務所で事務の仕事をしています。トイレに行きたくなったので、近くにいる人にトイレは何処かと尋ねます。(どうやらここに来たのは初めてらしい)その人は「外です」と答える。私はドアを開けて外に出るのだが、3歩ほど歩いて立ち止まる。なぜかその先に地面が無い!実はそ [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー011
  • トイレの夢をよく見ます。それも、簡単に用を足せないような変なトイレの夢です。へんゆめトイレ編・3「めざす」私は某会社のプレハブ小屋のような小さな事務所で事務の仕事をしています。トイレに行きたくなったので、近くにいる人にトイレは何処かと尋ねます。(どうやらここに来たのは初めてらしい)その人は「外です」と答える。私はドアを開けて外に出るのだが、3歩ほど歩いて立ち止まる。なぜかその先に地面が無い!実はそ [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー010
  • トイレの夢をよく見ます。それも、簡単に用を足せないような変なトイレの夢です。へんゆめトイレ編・3「めざす」私は某会社のプレハブ小屋のような小さな事務所で事務の仕事をしています。トイレに行きたくなったので、近くにいる人にトイレは何処かと尋ねます。(どうやらここに来たのは初めてらしい)その人は「外です」と答える。私はドアを開けて外に出るのだが、3歩ほど歩いて立ち止まる。なぜかその先に地面が無い!実はそ [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー009
  • マーさん・・阪東政五郎(ばんどうまさごろう)。40歳くらい。      3年前から自然農法で野菜を育てている。母ちゃん・・政五郎の母親。70歳くらい。ニジュウヤホシ・・ニジュウヤホシテントウ。別名テントウムシダマシ。         ナス等の葉を食い荒らし、枯らしてしまう害虫。 [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー007
  • マーさん・・阪東政五郎(ばんどうまさごろう)。40歳くらい。      3年前から自然農法で野菜を育てている。姉ちゃん・・大橋雛子(おおはしひなこ)。      近所に住むマーさんの実姉。既婚。ハダニ・・葉の裏などに寄生して植物を枯らしてしまう害虫。 [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー006
  • マーさん・・阪東政五郎。40歳くらい。      3年前から自然農法で野菜を育てている。タダやん・・阿久津忠夫。隣の家のおじさん。50歳くらい。くるくるキャタピラー・・マメ科の一年草。花のあとの莢を生でサラダの飾りなどにする。◆自然農法三原則◆1.耕さない2.草を活かす3.持ち込まない [続きを読む]
  • 一口メロン収穫
  • 8月17日最初の一個収穫。長さ約10cm。一口というから卵ぐらいの大きさかと思っていたら、これは5口くらいあるよなー。種袋の絵にはないのに、うちのには縦にスイカみたいな緑の縞がある。 初めてのメロン栽培。3月30日播種、4月8日発芽。本葉5〜6枚で摘芯して子ヅルを3〜4本にし、孫ヅルに着果させる、種袋の説明はそこまで。だから着果した後そのままにしておいたら実が黄色くなって落ちてしまう。あら〜?よくよ [続きを読む]
  • ピーチトマト収穫
  • へんやさ認定第29号 ピーチトマト7月29日収穫。直径4〜5cm。育て方は、一般的な中玉トマトと同じ。さて、どんな味かな〜。どう頑張っても桃の香りはしないし、桃の味もしない。これは「黄色っぽい中玉トマト」としか言いようが無い。だがしかし、産毛がある、という点でへんやさ認定。シャキシャキ感がなく、とろ〜っとしていてそれでいて甘すぎず、丁度良い酸味。皮も薄いので、よく水洗いして産毛を落とし、皮のまま食べて [続きを読む]
  • 不耕起ファーマー004
  • マーさん・・阪東政五郎(ばんどうまさごろう)。40歳くらい。      3年前から自然農法で野菜を育てている。アオムシ・・シロチョウの幼虫。大根や白菜、キャベツなどのアブラナ科が好み。カイラン・・アブラナ科の中国野菜。トウ立ちした茎や葉、蕾を食べる。 [続きを読む]
  • フェアリーワンド収穫
  • へんやさ認定第28号 フェアリーワンド丈約1m、なぜか白い花の株と紫色の株がある。7月21日収穫。白い花の方はずんぐりむっくり、紫の方はややスリム。種類違うのかな?丈約1.5m。特に何もしないで放任してたら、ひょろひょろとあちこちへ自由気ままに枝を伸ばして花を付けている。まるでフェアリーランド、本当にフェアリーが住んでるんじゃないかと思ってしまう。生のままで食べてみました。すごく辛い。唐辛子並み。生でサラ [続きを読む]
  • へんむし2016
  • 7月12日の朝、シソに付いたたんぽぽの綿毛みたいなのを手で払ったら、そいつがぴょんと飛ぶ。よく見ると足のような物もある。何だこりゃーっ!調べました。「雪虫」かと思ったのですが、この真夏にいるわけないしなぁ。で、わかりました。「スケバハゴロモ」の幼虫だそうです。他の方の写真を拝見すると目や体の模様もくっきり撮れてて、こいつは宇宙人かーっ!って感じです。近くに成虫もいるかなぁ、と探したのですが見つかり [続きを読む]
  • へんやさ種まき 2016年春
  • 今年育てる予定のへんやさです。左から「ピーチトマト」「ひとくちメロン」「フェアリーワンド」「ひよこ豆」「ひよこ豆」はヤフオク、それ以外は藤田種子で購入。「ピーチトマト」は産毛が生えていて、味も桃に近いらしい。「ひとくちメロン」は長さ10cmくらいのミニメロン。皮ごと食べられるらしい。「フェアリーワンド」はさやを食べる大根。根は食べられない。「ワンド」は「杖」という意味、つまり「妖精の杖」って事かな?  [続きを読む]
  • やっとロマネスコ収穫
  • おととし種を蒔いて育てたロマネスコは霜で全滅。悔しいので再挑戦。種を蒔いたのは昨年8月26日。なるべく霜の少ない日当たりの良い場所に植え付け。予定では12月に収穫のはずだったのですが・・・。なんと6ヶ月もかかってしまった。自然農法1年目だし、肥料もほとんどやらなかったので仕方ないかぁ。油粕+米ぬかを数回とバッドグアノを少々。逆にこれで収穫出来たっていうのもすごいかも。やっぱ美しいなぁ・・・。でも食 [続きを読む]
  • 葉から芽が!?
  • なっ、なんだこれはっ!! 葉に芽が出ているっ!!(赤い矢印部分)母が知人から貰った多肉植物。カランコエの一種らしいが正式名称はわからない。葉から芽が出るカランコエは珍しくないらしいが、私は初めて見ました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …