和食おかもと さん プロフィール

  •  
和食おかもとさん: 和食おかもと 旦那ブログ
ハンドル名和食おかもと さん
ブログタイトル和食おかもと 旦那ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/washokuokamoto/
サイト紹介文店主が、料理やレシピに特化せず日常の思う事を書き綴ります。新宿四谷三丁目にて接待向き個室有り。
自由文ご予約を戴きましたお客様の為に仕入れをし調理を致しております。
心づくしの一品一品で皆様をお待ち申し上げております。
アメブロでは、季節折々の素材・メニューのご紹介や料理人としての様々な想いをつづって参ります。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/06/22 10:08

和食おかもと さんのブログ記事

  • なるがままに(2018年5月2日)
  • 皐月二日目です今年は本当に早く月日が過ぎ去ります。さて月初の新たなお言葉です何が私を苦しめているのか自分が握りしめているその物差しです私はこうありたいあの様になるべきだと目標を決めてるのだが、その実は自身の成長する道を閉ざしてしまってる事実に気付きなさいと言う教えかと。人生なんて なるがままにLET IT BE だと再認識した朝でした。 [続きを読む]
  • スズランの日(2018年5月1日)
  • (過去記事の加筆再掲載ですがご覧下さいませ。)ご存知ですか? 5月1日は、フランスでは「スズラン」の日です。とくに男性から女性へではなく大切な人へ贈る日だそうです数年前ですが1日に仏人ご夫妻のご接待がありました。丁度 床の間にスズランを生けてましたから大変にお喜びになられてましたスズランは幸せを呼ぶ花と言われています。 [続きを読む]
  • 卯月のお言葉(2018年4月1日)
  • 早くも卯月になりましたさて新しいお言葉です。言葉のいらぬ世界が仏の世界言葉の必要なのが人間界言葉の通用しないのが地獄一般の方々には、文中に “仏” “人間界” “地獄”とあり ギョッとされるかと思いますが個々で ◯◯、◯◯、◯◯ と替えたらはっと気付きが生まれてくるのではと。 [続きを読む]
  • 公開ゲネプロへ(2018年3月29日)
  • 片岡鶴太郎さんよりお誘いを頂き午後一番 東京グローブ座へ 宅間孝行さんが手がけるタクフェス 春のコメディ祭「笑う巨塔」の公開ゲネプロを拝見マスメディアと関係者の中で楽しく愉快に笑いました。片岡鶴太郎さん、宅間孝行さん篠田麻里子さん、かとうかず子さん鳥居みゆきさん、沢山の素晴らしい俳優さんが、出演されています。皆様も是非とも観劇して下さい! [続きを読む]
  • 教えを拝見(2018年3月27日)
  • お墓参りにご本堂横の掲示板に有った教えです人間は自分の心に自分が縛られている仲野良俊浄土真宗大谷派 京都 専念寺住職の尊いお言葉です常に “自分” にどうあるべきなのかと執着せず正しい時も過ちもにら恐れず有りのままのに感謝して生きよと私は解釈さそました。 [続きを読む]
  • 課題のお酒(2018年3月24日)
  • 古くからの京都のお客様からの課題が熱燗酒の品選び(銘柄)でしたようやく◯◯ ではないかと…。先日 某料理屋さんでも扱われているのも分かり 私共も安堵しましたその銘酒は、灘の名門蔵元白鷹さんの “本醸造 特撰 黒松” 流石 文句無しの素晴らしいお酒です。 [続きを読む]
  • あれこれと(2018年3月23日)
  • ご縁を頂く寿司屋さんの店長さんが今月でお辞めになられる噂を聞き急ぎ会いに行きました。昼の賑わい時間でしたから主題抜きの会話を一言二言と“愛”を感じながら美味しく頂きました。------------------------------------------------続いて、某媒体へ提供する料理写真の撮影作業助っ人さんと話しながの作業終わり次第 撮影したお料理を食べて頂きました。 [続きを読む]
  • 美術館 “美術愛住館”(2018年3月16日)
  • 弊店のご近所に開館しました“美術愛住館”のレセプションへ 開館記念として池口史子展が明日より始まります。池口先生は女性画家の第一人者で堺屋太一氏の奥様でもあります色彩の美しさはもとより絵画に引き込まれてしまう描写力に見る者は心を奪われます皆さまもお立ち寄り下さいませ。 [続きを読む]