不惑のライダー さん プロフィール

  •  
不惑のライダーさん: なんでも撮って見ますねん
ハンドル名不惑のライダー さん
ブログタイトルなんでも撮って見ますねん
ブログURLhttp://yaplog.jp/vgvgy/
サイト紹介文京都発信、そこらへんのものを好き勝手に写真に撮って・・・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/06/23 22:44

不惑のライダー さんのブログ記事

  • 私の超過酷な年度末が終わったつい先週までこいつにお世話になっていたのが今日は桜が咲きほこっている今日から休みバイクもないので、京都市内帰って花見してこようと思うなので今日は、朝に桜の写真撮りに行って大掃除してます [続きを読む]
  • 年度末
  • 年度末で追い込まれてきた楽しみといったら出先の河原で水槽用の石ひらったりちょこっと温泉入ったりするくらいせっかく都会に出張してもトンボ帰りして夜勤早く4月になってくれ〜 [続きを読む]
  • 2月11日の福知山
  • 2月11日、日曜日部屋にいると外からの日差しがサンサンと窓から差し込んでくるこの時期の北近畿ではあまり見られない日差しだこれはオリンピックを見てる場合ではないと外へ出たら、気温は低いし風は強いし寒いのなんの買い物してすぐ帰ってきてネットで競馬しながら、オリンピック見ながら酒飲みながらの1日でした [続きを読む]
  • 熱帯魚
  • 熱帯魚の水槽もちょっと手入れをさぼっていると水草生え放題コケ生え放題の無残な水槽になっていくが一つだけいいことがあって稚魚が生き延びるということグッピーはいくらでも子を産むのだけどすっきりした水槽だとほとんど食べられてしまって生き残らないがこんなんだと、隠れるスペースがあって生き残れる掃除の際水草を全部出したら案の定、ちっちゃいのが結構いたスカッとした水槽はほんとに気持ちがよく酒の肴に十分なりうる [続きを読む]
  • 福知山
  • 熱帯魚の水槽もちょっと手入れをさぼっていると水草生え放題コケ生え放題の無残な水槽になっていくが一つだけいいことがあって稚魚が生き延びるということグッピーはいくらでも子を産むのだけどすっきりした水槽だとほとんど食べられてしまって生き残らないがこんなんだと、隠れるスペースがあって生き残れる掃除の際水草を全部出したら案の定、ちっちゃいのが結構いたスカッとした水槽はほんとに気持ちがよく酒の肴に十分なりうる [続きを読む]
  • 福知山ワンダーマーケット
  • 毎月最終の日曜日に開催されている福知山ワンダーマーケット昭和のメイン通りフルアーケードの新町商店街で行われている今は、ほぼシャッター通りパラパラの出店にパラパラの人が集まるともすれば、寂しくなるイベントだが店もスタッフもみんな頑張ってる感はあるので存続のためにもなんかお金を使わなければとは思うのだがなんかこれっていうのがないでも、食べ物はどれもおいしそうなので次回こそは、お金を使って来ようとここに [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道の旅3
  • さとの湯を出た後、クールダウンがてらコンビニへ行って酒とつまみを買って城崎温泉駅に戻る16:16の豊岡行に乗り込む2駅、16:28着、200円豊岡駅でデザイナーズ車両、丹後の海に乗り換える16:32発車中はさすがにキレイのれんの向こうはこんなになっている久美浜駅まで快速でそこからは、特急列車となるので、福知山までの特急券970円が必要とりあえず、豊岡からは3人くらいしか乗っていない天橋立からどんだけ乗ってくるのかと思っ [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道の旅2
  • ご飯を食べ終え再び宮津駅最終に乗る予定の丹後エクスプローラーが停車していたこのホームも古いだろうなぁと漂わせている12:21発の豊岡行に乗る古ーい車両だが中は結構きれい天橋立を過ぎた頃に眠りについた目が覚めたら豊岡の手前の円山川を渡っていた豊岡に13:53に到着JR城崎行きの連絡列車が丹鉄の時刻表には14:25とあるのだがおりた途端に「お急ぎください、すぐに出ます」と駅員が言う「きっ、切符はどうするのですか」小 [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道の旅
  • 日曜日、かねてから考えていた丹鉄の旅に行ってきた10:08の「青松」に乗る有名な車両デザイナーの作品で丹鉄には、青松、赤松、黒松と3車両がある京都からと大阪からの特急が到着する前に乗り込むとこのようにガラガラ1日乗車券ネットで1500円大人一人と子供一人が乗れる家族お出かけ切符なのだが大人一人でも使える丹鉄の普通、快速が1日乗り放題どんよりした車窓だがこれはこれで幻想的スポーツ紙とipadで、電車で競馬体制も整え [続きを読む]
  • ハイボールバー
  • 京都散歩のゴールに四条大橋の袂にあるハイボールバーに寄って見たハイボール専門店だけあってやたら旨いハイボールが飲めるしハムカツが旨いはずだったがハムカツは旨かったがメインのハイボールはいまいちだったなので、2杯目はバーボンロックにしたこうなると、ただ高いだけのバーなのでもう行かないことにする [続きを読む]
  • 京都散歩3
  • 二年坂から北上し高台寺へ高台寺山門を出て円山公園へ国宝知恩院山門さらに北上し、平安神宮の大鳥居を遠目に三条通りを西に古川町商店街に入ってみるフルアーケードの商店街だがほぼ閉店していてもう終わっていると思っていたが最近ちょっと復活している白川を見て祇園新橋へ茶屋街の街並みが残る京都やわ [続きを読む]
  • 京都散歩2
  • 四条通りを東に突き当たると八坂神社初詣の準備の中本殿へとりあえず手を合わせて南門から出て南行突き当りを左に見えるのが八坂の塔ここ三年くらい、この八坂の塔が気に入っているもう一つ気に入っているのがこのアラビカコーヒーここのコーヒーが一番うまいと思っていたがこの日はいまいちだったコーヒーが悪いのか私の味覚が変わったのかどっちなのだろうかとおもいながらアラビカコーヒーを出て歩くたびに違う表情を見せる八坂 [続きを読む]
  • 京都散歩1
  • 福知山でどっぷり単身赴任しているがさすがに年末年始は京都市内の自宅で過ごす久しぶりの京都散歩へ起点は烏丸六角六角堂から錦市場へこの日は大晦日錦市場はどえらい人出でまともに進まないのですぐに離脱門松もこんなのでいいのやと思いながら四条通りを東に鴨川を渡る [続きを読む]
  • 梅酒
  • クリスマスイブの日曜日福知山においては、ほぼクリスマスの実感がないまま何かないかとふと思いついたのが6月に漬けた梅酒聖なる夜に、こいつを開けてみることにしたいい香りがするのを一杯注いで飲んでみる何がどううまくいったのかやたら旨いすごく、すごくおいしい砂糖控えめなのと、まだ若いのでスッキリとした澄み渡る梅酒になっているこんなにおいしいものなら来年は3升くらい作ってみようと心に決めたしかし旨い田舎暮らし [続きを読む]
  • かに買ってきた
  • 仕事で日本海側に行ったので香住で、かに買って帰ることにしたこっちのカニは高いのでこっちの紅ズワイガニをか買うことにする1ぱい1600円違う店ものぞいて見たらカニ汁を振舞っていたので一杯いただく結構美味い高い買って帰ってきましたさばき方マニュアルが入っているのでその通りさばいて行くほな、いきまっせ出来上がりガラ身のあるガラはカニ汁にこましな日本酒を買ってきて美味しく頂きました [続きを読む]
  • 広小路マルシェ
  • 17日の日曜日に広小路マルシェというイベントがここ、福知山の広小路というメインストリートであった自衛隊のパレードもここであるし盆踊りもここであるしかしながら、イベントをやっているとは思えない光景雪もちらついていて人出もまばらでも全く人がいないではないちょっと目をひくようなものもあるなんか、悲しくなってくるようなこのハーブソーセージは買ったらよかったと今思ているいつも買う、福知山で一番おいしいと思って [続きを読む]
  • お散歩カメラ
  • 前述した、壊れてしまったお散歩カメラがこれキャノンSX130is2011年6月に買って、6年ほどツーリングのお供としてまた、お散歩カメラとして愛用してきたものでキャノン単三電池式の最終型重くはないが軽くもない、ほどほどの重量感があってこのフォルムも好きでホールド感もいいそれでいてそこそこ写ってくれる何の不満もない相棒だった壊れてしまって、どうしようかと迷ったのが修理するか、グレードの高いGシリーズを [続きを読む]
  • 福知山 櫻湯
  • 今や福知山市街に唯一残っている銭湯桜湯に行ってきた以前行った時には、ペンキはげはげでちょっとひどいなぁという印象だったしかし、最近飲み屋で読んだ地元紙に桜湯を愛する有志がペンキ塗りしたとあったので、そのうち行ってみようと思ったのが今日だったこんなギリシャ風の石柱の意匠が何とも言えない完全に昭和昭和風ではなく、昭和50年あたりからまったく手を入れてない感じ以前のふろ場の写真と比べても壁と天井のペンキが [続きを読む]
  • 鎌倉大仏
  • 6月末でネット契約が切れいろいろ悩んだ末再契約したのが8月ネットがつながったと思ったらパソコンが瀕死の状態にだましだまし1か月後、新しいパソコンに乗り換えるそんな時に、お散歩カメラ2台のうち1台を娘にもっていかれもう1台はほどなく壊れたなんだかんだで、ブログの更新などはもういいかくらいに思っていたのだがなんか張り合いがないので再開することにこの間、行ってきた社員旅行での鎌倉大仏に感動したのが一因社員旅行 [続きを読む]
  • 青い道
  • 日曜日、掃除、洗濯、競馬してたら昼になっていたバイクに火も入れてあげなあかんのでこの青い道に沿って東舞鶴へこの青いラインはこっちに来た頃意味が分からなくてなんなんだろうと思っていたがサイクリングロード「ゆラリー」だとわかったのは1年くらいたってからだったとにかく、軍艦を見る京都市内にいた頃は、丸1日かかりで来たものだが゜今や、1時間ほど走ったらたどり着ける軍艦を十分堪能して帰り道舞鶴港に豪華客船が停 [続きを読む]
  • 梅酒
  • 桑の実酒の実が少なかったのでホワイトリカーが半分残っているそこで、保険に梅酒を作ってみた洗って、ヘタ取って氷砂糖入れて、ホワイトリカー入れたらおわりこんなんなので、失敗はないだろう [続きを読む]
  • 桑の実摘み
  • 快晴の日曜日齢80前の母親が桑の実摘みたいと言う調べてみると綾部に桑の実園が10日間ほど開園するという情報がネットで来るかと聞くと、来るというので京都から来る一行と綾部で待ち合わせ一人800円で持ち帰り用パック、使い捨てビニール手袋をもらい桑畑へ赤いのが未熟、黒いのが熟している酸味と甘みで結構おいしいが木によって、おいしい木とそうでない木があっておいしくない木には熟した実がいっぱい残っているがおい [続きを読む]