pahsuke さん プロフィール

  •  
pahsukeさん: 豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ハンドル名pahsuke さん
ブログタイトル豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pahsuke2
サイト紹介文名作文芸、和洋名画を編集した自作豆本、及びその資料として集めた東西の美人画の紹介をしております。
自由文豆本は、すでに230作品を越えており、樋口一葉・伊藤左千夫の記念館に置かれている豆本、非公認ながらその作品としては日本最初、最小の豆本、ボストン・ニューヨークの市立図書館に寄贈した豆本もあります。「広重 豆本」の検索で、「別サイト豆本」も見られます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/06/24 18:09

pahsuke さんのブログ記事

  • コロンボ違い
  •      一昨日の 「E.Colombo」の三つの段から各一枚とって横にならべたものです。 赤枠で囲んだサインが三種ありますが、中央と右のサインは縦横の違いと活字体の大小の違いだけで Cの中にEを入れた同一人だと思います。 それに対して左は筆記体のEとCの下の線を長く伸ばしたのが特徴で別人のサインではないでしょうか。 過去三日のタイトルは「Enlico Colombo」「Emilio Colombo」「E.Colombo」としたのですが、もうお気 [続きを読む]
  • E.Colombo
  •  美女に見とれてばかりいないで、涎をを拭いて、三つの段のある違いに何か気がついたことがありますか。  それと一昨日、昨日、今日のタイトルを確認してください。     説明はコーヒーを飲んでから明後日に。                にほんブログ村 [続きを読む]
  • 萩と女 2
  •    歌川国芳                                      伊東深水     鳥居清長                                      揚州周延       鈴木春信     尾形月耕     歌川豊国  萩となっていたけど後ろの花は萩ですかねぇ      にほんブログ村 [続きを読む]
  • 萩と女
  •    鈴木春信 二点                                               勝川春潮                    歌川豊国                        尾形月耕                      揚州周延        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「大江戸富士見八八景」という豆本
  •  錦絵から 北斎の「富嶽三十六景」と広重の作品を中心に、江戸市中各所の富士を遠望する作品を88点集めた作品。 日本橋や隅田川などは何点も重複しているので富士見の箇所が88箇所あるわけではない。 因みに「八八」は富士のイメージを重ねたものである。                   葛飾北斎 深川万年橋                               北斎 深川高橋 奥の橋は万年橋      [続きを読む]
  • Mexican girls - Jesus Helguera
  •  この画家は過去にも登場しているが、今回は顔ぶれを一新で待機美女大挙登場。 しかし、どこかの国の内閣改造と違って女性ばかりで支持率100%は間違いなし。                にほんブログ村 [続きを読む]
  • 中国美形
  •  これまで中国の女の子たちは400人以上顔出しをしています。数人ほどダブっている子もいましたが・・ 私は彼の国には数回行っていますが、習近プーさんとの縁続きのような子は見かけても、こんな子達を見たことは一度もありません。 よくよく女運が悪いんでしょうねぇ。                 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 月と女 2
  •  関東は雨だが今宵は満月の十六夜月。十五夜は満月じゃない方が多いとか。 理屈はともかくそんなわけで今日も月見。 「いつも月夜に米の飯」はかつての庶民のささやかな理想であったことを思うべし。     鳥居清長     歌川豊国     歌川広重     歌川広重     歌川広重 田毎の月     歌川広重 田毎の月     揚州周延 田毎の月     揚州周延 吉野皇居の月見    にほんブログ村 [続きを読む]
  • Konstantin Razumov 6 拾遺
  •  「拾遺」としたけれど、ラズモフの美女は今週扱った倍以上は集めてあるので、続編はいずれまた。                  にほんブログ村 [続きを読む]