pahsuke さん プロフィール

  •  
pahsukeさん: 豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ハンドル名pahsuke さん
ブログタイトル豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pahsuke2
サイト紹介文名作文芸、和洋名画を編集した自作豆本、及びその資料として集めた東西の美人画の紹介をしております。
自由文豆本は、すでに230作品を越えており、樋口一葉・伊藤左千夫の記念館に置かれている豆本、非公認ながらその作品としては日本最初、最小の豆本、ボストン・ニューヨークの市立図書館に寄贈した豆本もあります。「広重 豆本」の検索で、「別サイト豆本」も見られます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/06/24 18:09

pahsuke さんのブログ記事

  • 「大悲呪 八十八句出相図」という豆本
  •  「大悲呪」というのは、正式には「千手千眼観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼」という、長いタイトルの経文である。 この豆本は前々回の「三十三観音」と対をなすもので、観音菩薩が様々に変化して衆生を救い悪疾を払う姿を88の章句に当てて描いたもので・章句そのもののの意味を絵で表現しているわけではない。         にほんブログ村 [続きを読む]
  • Thomas Kinkade の Disney Dreams という豆本
  •  トーマス キンケイドはアメリカの著名な風景画家でディズニーの公認画家である。 ディズニー映画のキャラクターたちと風景画を合体させた作品で、キャラクターは風景中の一点景となっている。 その精緻な描写は、豆本では当然表しきれない。 40作品を収めてある。         リトル マーメイド     風と共に去りぬ    にほんブログ村 [続きを読む]
  • The Cowgirls 拾遺
  •                                          Herberet Dunton                  Jules Erbit                                       Paul Cernia        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 佳人十二面相 William Haskell Coffin 2
  •  この人の美人連も選抜するの悩まされて結局24人をなんとか並べたが、落としてきた美女たちからセクハラだと騒がれないかと寝覚めがよくない。 暫く時間をおいて再度の出演の機会をつくろうと思う。                    にほんブログ村 [続きを読む]
  • 水辺
  •  涼しげな絵を探していて出合った Paul Bond という人の作品。 ただ最後のものは別人の昨かもしれない。        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 団扇絵 拾遺
  •  いずれも見本帖からで、時期は不明なのだが、大正期のものと推定される。 それにしても、どうして眼の周りをピンクにするのかしらね。                  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大正の団扇絵 1
  •  明治期のものより印刷技術の進化ゆえか、華やかさを増している。         最後のものは酒屋の配りものに使われる団扇絵だと思うが、はじめ下の方のグレーのものがなんだかわからなかった。 多分これは所謂「菰被り」の酒樽で、黄色の印刷が抜けた、不完全な未完成の絵ではなかろうか。        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 明治の団扇絵 1
  •  かつて庶民の愛した手動クーラー。 涼しさのためだけの道具ではなく火を熾したりの生活必需品だから一年中使用する。 したがって装飾の絵も夏向きのものばかりではないので、涼しそうなのを選んだ。 この企画は二回目。            にほんブログ村 [続きを読む]
  • Coffee time
  •  コーヒーの時間ですが、猛暑続きなので、今日はコカコーラにしましょう。 いつも断っているのですが当ブログは特定企業との関わりは一切ありません。 美女さえ登場するならコーヒーだろうと葛根湯だろうと何だっていいんです。                   にほんブログ村 [続きを読む]
  • 続 Costumes-Grotesque 美女 3
  •   特に奇抜珍妙なものはそんなに多くないし、確かに魚屋のカミサンが舞踏会の恰好のようなドレスは着ないと思うが なかには特に不自然さを感じさせないものもある。 今回50点余の女性の内30点を掲載した 何々商、何々業、何々屋、何々職というような名称は適当にやっているので、そんな呼称は実在しないものもあるはず。  洋裁仕立屋                      菓子屋                  [続きを読む]