pahsuke さん プロフィール

  •  
pahsukeさん: 豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ハンドル名pahsuke さん
ブログタイトル豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pahsuke2
サイト紹介文名作文芸、和洋名画を編集した自作豆本、及びその資料として集めた東西の美人画の紹介をしております。
自由文 豆本は、すでに230作品を越えており、樋口一葉・伊藤左千夫の記念館に置かれている豆本、非公認ながらその作品としては日本最初、最小の豆本、ボストン・ニューヨークの市立図書館に寄贈した豆本もあります。「広重 豆本」の検索で、「別サイト豆本」も見られます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/06/24 18:09

pahsuke さんのブログ記事

  • 歳末風景 - 煤払い 年の市
  • ◎ 煤払い   喜多川歌麿 大奥煤払い 三枚続き[清掃中]・二枚続き[終了後]     ※ 上の二作は下図のように連続し更に右にもう一枚分の欠落があるものと思われる。     時間の異なる二つの場面を連続した空間として描く手法は既述の婚礼の作品でも取り上げている。   ※ 歌麿の作品もそうだが、煤払いが終わると誰彼と捕まえて胴上げをする風習があったそうである。   歌川豊国               [続きを読む]
  • Andrey Shishkin
  •  この画家については1960年生まれのロシアの画家で人物画・肖像画の大家ということぐらいしか知らない。 過去にもいちど取り上げているが、その時は民俗衣装の女性が中心であった。                にほんブログ村 [続きを読む]
  • ペカ゜ソスと女
  •  神話の中で天馬ペガソスと女性の関わりは多くないし絵も殆ど見かけない。 今回の絵も他の項目で取り上げて重複しているものがいくつかある。 さてペガソスはペルセウスが切り落とした蛇髪女メドゥーサの滴る血からうまれたとされる。(最初の作品) その帰途ペルセウスは、海の怪物に襲われている王女アンドロメダを救う。後続の四点がその場面だがペガソスとアンドロメダは直接関わってはいない。               [続きを読む]
  • 帽子の女 番外
  •  帽子のモデルは顔が大写しになることが多いだけに美人モデルが特に多いような気がする。 当ブログでは原則として写真は扱わないのだが、美女大好きパースケとしてはもったいない気がして禁をおかした次第。 ところで「帽子」といっも「ハット hat」は周りに鍔のあるもの、「キャップ cap」は鍔無しか野球帽のように一部に庇のあるものという違い知ってた ?  実はさっきまで私も知らなかった。 で、一段目はハット、二段目は [続きを読む]