tiritere さん プロフィール

  •  
tiritereさん: 三河相撲甚句会
ハンドル名tiritere さん
ブログタイトル三河相撲甚句会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tiritere
サイト紹介文相撲が好きで甚句好きです。相撲甚句とお座敷唄、特に名古屋甚句との係わりに興味を持って調べています。
自由文相撲甚句は楽譜はなく、江戸時代より力士の口伝で今日まで伝承されてきました。お相撲さんが土俵で唄ってきた立派な伝統芸能だと思っています。所がひょんな事から相撲甚句は立派なヨナ抜き音階である事を発見しました。音譜で表す事が出来るのです。これが私の自慢です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/06/25 05:58

tiritere さんのブログ記事

  • パンダみたいに
  •   いつもの整形クリニックでのこと。80才位のおばさんが、こけて顔を酷く打ち付けたんだろうね。額から眼のふちにかけてパンダみたいに、真っ黒なって娘さんか嫁さんだろうか?、車椅子に乗せられて待合室にいた。可哀そうに痛いだろうね〜 最近は時間を作っては毎日、腰の牽引、膝の電気、マッサージ、そして金トレではない筋トレに通っている。人間何が難しいかというと、やろうと思ったことを継続することが難しい。それで [続きを読む]
  • 慰問
  •  NHK名古屋文化センターの相撲甚句を唄う会の人達が、今回は名古屋市中村区にあるSOMPOケア有料老人ホームに慰問に行ってきました。今はこうして方々から頼まれて行ってくれるのが楽しみです。施設のスタッフを含めて50人の人達がとても喜んでくれたそうです。  NHK名古屋文化センターの「相撲甚句を唄う会」は、お蔭さんで今年で15年目になります。「たかが甚句、されど甚句」である。こうして相撲甚句の楽しさ [続きを読む]
  • 脇見の罠
  •  朝から雨、それに風が強い。こんな時には犬の散歩の辛いけど、タロがクーン、ク〜ンいってる。高齢犬だからオシッコしたいんだなぁ〜と思って散歩に行く。途中でビニール傘の骨が折れてびしょ濡れで帰宅する。 愛知県は交通事故がワースト・ワン、最近は高齢者の交通事故が特に目立っている。四人に一人が高齢者と言われている現状、他人ごとではない。だけどわき見運転を無くすることはできます。自作の甚句です。 第三部 脇 [続きを読む]
  • ギャング
  •  泣くやワメクや物を投げる、ぐじゃぐじゃする等々、置いて行かれるとたまったもんじゃない、仕事の邪魔になるので、思わず「あっちに連れてって!〜」こっちが気が狂いそうである。わが家の一族、孫の子である。 この子は舞台に立つことはあるのだろうか。わが家自慢の「こまご隊はもう成人した」四十八手四十八手を甚句にとけばヨー投げに捻りに反りに掛け 掛け取りおアシを足とりに思案過ぎたる首ひねり 飲んだやけ酒とくり [続きを読む]
  • 気にしないで
  •  病院のトイレで見つけました。小便器の真正面に赤いセロテープが貼ってあって”ここまで飛ばせ”といっておりますがァ〜。。真下にしょぼ、しょぼ(´・ω・`)だからね。 そうは言っても、気持ちが負けたら何にも出来ないから、毎日時間を作って、背筋を伸ばして膝に電気をかけて、腰のマッサージと筋トレを真面目にやっています。 膝の筋肉強化のために、レッグ・エクステーション 負荷20?×10回×3セットをやっている [続きを読む]
  • 古巣
  • 車庫の上にある古巣を補修して3年振りになるかなぁ〜ツバメが動き回っている。残念だけどここでは巣立ちまで育ったことがなく、ヘビにやられたり雀に襲われて床に雛の死がいが落ちていたりして可哀想な結末になっている。 車の上は糞だらけになるけど、何とか育てられないかと考えている。シャッターを下ろすと出入りが出来ないので今は横側の戸を半分くらい開けている。 出入りはできるけど、朝の5時頃にはもう外に出ている [続きを読む]
  • あせっちゃいけない
  •  最近は毎日のように、高齢者の交通加害事故が多くなり目を覆いたくなる状態である。私ごとになるけれど、逆にスピードが少し遅くなってきた様に感じている。まだ後方からクラクションを鳴らされることはないけど、自覚しなくちゃいけないですね。 愛知県は相変わらず交通事故死がワースト・1だそうです。あせっちゃいけない愛知は交通事故死がワースト・1だよア〜交通事故の半数は 交差点とその周辺   ホイ愛知は道幅広い [続きを読む]
  • 歌詞がほしい
  •  町内会の会長から電話がかかってきた。「あの歌詞が欲しい!」って、あっちこちの老人会や、集会でやっているので、どこだったのか記憶が定かではないないけど、高齢者の集いで唄った甚句を紹介したいからと電話があった。  十八才と八十一才十八才と八十一才を甚句によめばヨ〜道路の暴走十八才、逆走するのが八十一才 ホイ心がもろい十八才、骨がもろいのが八十一才 ホイ偏差値が気になる十八才、血糖値気になる八十一才恋 [続きを読む]
  • 運営懇親会
  •  午前10:00〜悠紀の里研修室において平成29年度の運営懇親会、運営状況報告会がありました。出席者は六ツ美地区の北、西、中、南部学区の総代さん、私達のような活動団体、岡崎市教育委員会、市民協働推進課活動支援係等の参加にて行われた。 私は今回が初めての参加で皆さんの意見を色々聞かせてもらった。この施設は地元で一番使い易い所なのでできる限りの協力をしていきたいと思っている。 [続きを読む]
  • 只今ブログのテスト中
  • 来月長期の旅に出ます。その時にブログが書けないと寂しいので、携帯から送れる様にテストをしてみます。今日は豊田中日文化センターの講座で環状線で岡崎から新豊田に向かっています。最近は仕事に追われて、その日暮らしの日々を送っています。加齢によるものか、昼寝をしないとパソコンの前で居眠りしてしまいます。それと衰える体力を少しでも長持ちさせようと筋トレに行く時間が多くなってきました。  テスト成功しました。 [続きを読む]
  • 打合せ
  •  今日は東部芸能大会の打合せにいってきました。私達の住所は岡崎市南部の外れです。たまたま東部地区に知り合いがあって、体験でやってみませんかと話があったので、今回初めて参加してみた。 今日が6回目の会合で18:00〜はじめて20:00までプログラムの順番と広告のレイアウト中々骨が折れる仕事です。私達はB41枚のプログラムだから大したことはないけど、広告を取ったり、皆に弁当を配るのは費用も掛かるので [続きを読む]
  • アレッ!
  •  毎朝 小さな洋犬を歩かせたり、抱いたりしながら歩いていたおっちゃんが一人で、トボトボ歩いている、いつもの散歩道。  見るからにショボンといる。「あれっ!ワンちゃんは?」 尋ねると「3週間前に亡くなった」そうである。力を落としているのがよくわかる。 昨日の朝は左足の悪いトイプードルを散歩させているおじいさんを見かけたけど、犬はペットとして多くの人に可愛がられているようだ。 まだ犬を連れて散歩してい [続きを読む]
  • 終れないよね
  •  映画「終わった人」がやっぱり話題になっている。今日”行きつけ”の洋食屋さんで見つけた本。内館さんは「終ったことを認めた方がカッコいい」って言いますが同年配の人はどう思いますか?いい悪いは別として、私は定年を迎えた時は「きたか長さん待ってたホイ」だったので、それからは全力疾走だったからね。 この店もご主人が病気療養中で、長期入院して退院後も全然店に顔出していないんですよ。女将さんの顔が見えないの [続きを読む]
  • 一日見ないと
  • 田畑の景色と女房の顔色はアッという間に直ぐ変わる。田植えが始まったと思ったら、カエルの合唱。麦の黄色と田んぼの緑がきれいだなぁ〜といってたら、いつの間にか麦は刈られていた。   かえる           かえるを集めて甚句にとけばヨー殿様かえるに牛蛙 紫陽花寄り添う雨蛙   ホイ一茶が後押すやせ蛙 旅に出たなら無事帰る ホイ嫁は実家にすぐ帰る 娘は夜遊び朝帰る湯上り一杯生き返る ホイ 女房は化粧 [続きを読む]
  • どう思うかな?
  •  私も77才もうすぐ80才になる。苦労がいっぱいあっただけ逆に今は幸せだって実感できる。美輪さんと江原さんの番組は好きで見ていたので、美輪さんの話に魂を揺さぶられるのです。 心の問題だから、捉え方も個人差があるのは当然です。それはいいとしても美輪さんの話は人間の本筋をついて強烈です。(当時この番組は見ていなかった) [続きを読む]
  • 明日のこと音
  •  明日のなっちのこと音は神仏です。あなたと添いたさにわしゃ神々たのむヨ〜。これだけ思われたら本望だろうけど、考えようによったらストーカー行為になるね。  ・放送日6月8日(金)15:00〜15:30 ・再放送9日(土)10:00〜10:30エムエム岡崎ホームページ  パソコンでの聞き方http://www.fmokazaki.jp/サイマルラジオhttp://www.simulradio.info/■東日本大震災への支援について■ をズ〜ッと下がる [続きを読む]
  • この一枚
  • 相撲界に入った当時から、本人の甚句を作って一生懸命応援していた地元の力士がありました。、ところがある事件に巻き込まれて大騒ぎになり、あと一歩というところで断念したことがあった。 この時ばかりはNHKテレビ、「みのもんたの朝ズバッ!」名古屋テレビ、はたまた外国のアルジャジーラまで取材にきたけど、あまり嬉しくない事件だったので公表を避けていました。 その時の写真がでてきた。近所の小さな川の側で撮影さ [続きを読む]
  • わが家の犬
  •  うちには柴犬のタロとハナがいる。タロ12,3年になるし、ハナの方が1歳くらい年上である。最近はタロが、目に見えて衰えてきた。目が見えなくて散歩中に側溝に落ちたり、餌をあげても見えないことが多くなってきた。 毛の艶もなくなり尻尾も垂れて、両目とも涙目になっていつも濡れた状態になっている。それでも散歩に行く時はグングン引っ張るけど、小さな階段でも立ち止まって躊躇するようになってきた。飼主も頑張ってい [続きを読む]
  • たんころりんの夕涼み
  •  12日夜は豊田市足助町の”たんころりん”の街角演奏会に行ってきました。演奏は軒下で客席はなしどれだけ通りすがりの人達の”足を止めることが出来るか”が勝負どころ。今日の出演は豊田中日文化センターの人達です。 会場はいつものそば屋さん?塩の道づれ家?の軒下三寸借り受けてやってきました。丸たんぼうの腰掛にとまって皆さん見てくれました。(前の道路は車が通ります)!(^^)! たんころりん甚句 ひょうたんころりん [続きを読む]
  • ヘロヘロ
  •  たまたま NHKテレビのプレミアムトークに内館牧子さんが出ていたのをみた。先日”終った人”のことを紹介したけど、今その話題で持ちきりだそうです。定年後は散る桜、終った人になるから、第一ラウンドは終わったと思え。これをしっかりと見極めて第二ラウンドに向き合わなければいけない。 まだ終わっていない、若いもんには負けんと思っても、確実に気力、体力、記憶力、忍耐力は落ちてくる。これからは、相撲でいったら [続きを読む]
  • 自分だけじゃなかった
  •  朝ドラのマッサンの再放送でエリーが歌っていた歌詞が心を揺さぶった。ネットで調べてみると”なんとなんと”当時、中高年の人に大変人気だったそうだ。 昨日は再放送でだったので、何年か前だけど、その時には感じなくても、受け取る側の心のありようで感じ方が微妙に違ってくるようだ。 朝ドラ以外ニュースは毎日みるけど、自分の好きな歴史もの、ガイヤの夜明け、カンブリア宮殿はビデオにとって時間のある時に見てるけど、 [続きを読む]
  • ありがとう
  • ご馳走さま(ごちそうさま)は、食後に言う日本語の挨拶である。くだけてごちそうさんともいう。発声の際に、手を合わせたり、軽くお辞儀することもある。「馳走(ちそう)」とは、元来、「走りまわる」「馬を駆って走らせる」「奔走(ほんそう)する」ことを意味する。 先日権兵衛という「うどん屋」さんで娘が美味しい味噌煮込みうどんを食べさせてくれました。 自分じゃ”まだまだ””と思っているけど、女房と二人で嬉しく [続きを読む]
  • なっちのこと音収録
  •   今日はなっちのこと音の収録に行ってきました。  ・放送日6月8日(金)15:00〜15:30 ・再放送9日(土)10:00〜10:30エムエム岡崎ホームページ  パソコンでの聞き方http://www.fmokazaki.jp/サイマルラジオhttp://www.simulradio.info/■東日本大震災への支援について■ をズ〜ッと下がる。  東海 FMおかざき 76.3   ①音声の上、ラッパを   ②下の開くを  近くに [続きを読む]
  • いいね!ポチ
  •  相撲甚句も幕末から戦後まではお座敷で角力甚句と細々と残ってきたみたいです。こういう機会には中々巡り合えません。このご時世では芸妓、置屋、料亭の三界は生き残ることが難しそうですね。もっともっと知恵を使わなければいけませんね。 さわぎはお座敷芸の代表的なものなんでしょうか?詳しくはわかりませんが。(#^^#)幕末から昭和は古き良き時代だった?①民謡民謡、お座敷唄のうち、テンポが速く、にぎやかで明るいもの。 [続きを読む]