ロベル子 さん プロフィール

  •  
ロベル子さん: 日々シューマン
ハンドル名ロベル子 さん
ブログタイトル日々シューマン
ブログURLhttp://roberco.tea-nifty.com/blog/
サイト紹介文ベルリンで学び、札幌で暮らすピアニスト影山裕子の シューマンについて、音楽について、日々思うこと
自由文ドイツ・ベルリン音楽大学でピアノを専攻し、帰国して十数年。札幌を中心にピアノの演奏活動を通して、日々ピアノと向き合って暮らしています。

特別な思いを寄せるロベルト・シューマンのピアノ曲を中心に、素敵な作曲家の魅力的な作品を勉強中。
ピアノ奏法、演奏技法の研究、教育に取り組んでいます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/06/25 10:36

ロベル子 さんのブログ記事

  • オーボエ奏者金子亜未さんをお迎えして
  • この週末、Studio26主催音楽会シリーズ『楽興の時』第5回が行われます。素晴らしいオーボエ奏者の金子亜未さん、素晴らしいピアニストの田島ゆみさん、をお迎えします。     金子亜未さんはお若くして現在、新日本フィルハーモニー交響楽団の首席オーボエ奏者です。昨年まで、札幌交響楽団の首席オーボエ奏者を務められていました。ピアノは室内楽を中心にご活躍、札幌交響楽団の演奏会やPMFでもピアニストとしてご活躍の田島 [続きを読む]
  • 華やかなお花
  • リサイタルでお花をたくさん頂戴しました。           それぞれ、送ってくださった方を彷彿とさせるような美しいお花の数々。。家に飾りきれないので、ワタシが楽師&庭師を務めるStudio26にも運びました。。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚                。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚                 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚ 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚ [続きを読む]
  • リサイタル終了ご報告&御礼
  • ご報告。火曜日にピアノソロリサイタルを無事に終えることができました。貴重な時間を割いておいで頂いた方、ご声援下さいました方々に心よりお礼申し上げますm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mKitaraでのソロリサイタルは、7年ぶりでした。素晴らしいホール、素晴らしいピアノ、素晴らしい調律、素晴らしいお客さまと、同じ時間を紡げたこと、ベートーヴェンさま、リストさま、シューマンさまの音楽に思いを馳せられたことに感謝の気持ち [続きを読む]
  • これがその、ベートーヴェン像!(ρ_;)
  • ベートーヴェンの生地、ドイツの街ボンに建っているベートーヴェン像。リストが建立のために奔走し、演奏会の収入をつぎこみ、シューマンがこの像建立のために「幻想曲」を捧げたベートーヴェン像。これがその、ベートーヴェン像。    ベートーヴェン像の写真は MizuさんのHPの「ボンでの4日間」よりお借りしました。    http://www.geocities.jp/mizu69room/germany1.htmlベートーヴェンは、音楽修行のためにウィー [続きを読む]
  • ハ長調という調で弾くことの
  • ハ長調、ドイツ語ではC dur(ツェー ドゥア)。装飾のない、基本の、混じりっけのない調。鍵盤楽器にとっては、黒い鍵盤を用いずに白い鍵盤だけの調。始まりの調。ピアノ学習の初めにおいては、シャープもフラットもつかないハ長調は読譜が容易なのでよく使われます。でも。高度な鍵盤技術を用いる芸術音楽をピアノで奏するには案外弾きづらい調だったりします。ベートーヴェンの32曲のソナタの中でハ長調で書かれたソナタは2 [続きを読む]
  • 落ちたきゃ落ちれば的な
  • リサイタルに向けた事務作業、会議、レポート書き、ピアノレッスン、ピアノ練習がとても忙しかったここ2週間ですが、そんななか、二日間、福井県に抜け出してきて、押し寄せる業務の締め切り対策に追い打ちをかけたりしていました  (゚ー゚)゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。福井県、素敵なところでした。所属する日本シューマン協会の札幌支部の大切なメンバーがご結婚され [続きを読む]
  • 機関車のリズムぐるぐる
  • 先週末はとある用事で高速道路を室蘭まで高速運転往復したり、JRに乗ったり、という高速移動夥しい週末でした。疲れ果てました。でも。この頃、何をしている時も頭に浮かんでくるのは機関車が突き進んでいくような小気味の良い一貫したリズム。そう。ベートーヴェンのワルトシュタインソナタ第一楽章の第一主題。。(゚ー゚)ハ長調のどこまでも広い平原を駆け抜けていくような疾走感を伴うモチーフが寝ても醒めても体の中にあります。 [続きを読む]
  • 来年OPENの札幌文化芸術劇場
  • 昨日は札幌の大きな音楽団体二つの会議が立て続けにありました。一つはただいま札幌の中心部、テレビ塔の北側の巨大工事現場、建設中の札幌文化芸術劇場の準備室への取材に関するミーティングでした。札幌の音楽シーンを支える超優秀スタッフの方々にお話を伺い、ワクワクでした。こけら落とし公演、ヴェルディのグランドオペラもグランドオペラ、アイーダです!! 指揮は飛ぶ鳥を落とす勢い、のバッティストーニです。      [続きを読む]
  • 敬愛するベートーヴェンのために
  • 札幌市民芸術祭という催しをご存知でしょうか。札幌教育文化会館に本拠地のある(公財)札幌市芸術文化財団の主催で毎年行われています。いくつかの取り組みがある中で、市民劇場という舞台芸術の枠があります。公募で選ばれた舞台が毎年数組、市民劇場として催されます。第1415回札幌市民劇場として10月10日(火)19時より      影山裕子ピアノリサイタル 《敬愛するベートーヴェンのために》         +゚゚。。 [続きを読む]
  • サーカス!!
  • 母とサーカスデート。声楽レッスン時に、娘に木下サーカスが札幌に来ているという話をしたという母。「おじいちゃんと昔行ったのよ、おじいちゃんが生きてたら一緒に行ったのになぁ……って言ってたよ。ママ、おばあちゃんと行って来て。」との娘の言葉に、いやいや、この歳の親子で行くところではないでしょう。。と思いつつ、母に「行く?」と問うと「行く!!!」の返事。:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+       [続きを読む]
  • どんな音を出ているか聞くこと、音を作ること
  • レッスンしていて、よく思うこと。「自分の出している音、聞いてる?」「本当に聞いている?」           。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。 。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚自分の指が紡いでいる音が耳に入ってくる、のではダメなんだな。。自分の耳で、自分の紡いでいる音を聞く意思を持って本当によく聞くこと。シャープなかっこいい音、大きい力強い音、キラキラした音、サラサラした音、柔らかい音、美しい音、歌う音、楽しげなコロコロした [続きを読む]
  • 五時間刈り続けとかスズメバチの巣とか
  • 今日は庭ごみの日でした。そしてお仕事の予定がない日でした。そして暑くもなく風もない庭仕事日和。これは、神様が与えてくださった機会。(゚ー゚)とばかり、頑張りましたとも。ごみの収集車が来るまで。。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚昨日、久々に庭仕事をオットと一時間ばかりしたのですが、オットが少し前に入手していた新しい高枝切り鋏がデビューしたのでした。「これはすごいぞ。 [続きを読む]
  • 小指の先がかかと
  • ここのところ、ずっと週末は演奏会本番でした。そして、かつてなく演奏ジャンルもヴァラエティに富んでいました。ある週末はリート伴奏、ある週末はピアノのド(!)ソロ、ある週末はピアノ五重奏、ある週末なピアノ協奏曲、。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。        +゚゚。。+゚゚。。+゚゚ここ数ヶ月は、ベルリンでピアノ留学生している時の卒業試験準備している時並みにピアノ弾いていたような。。いや、それはないか。。。でも、もう、小 [続きを読む]
  • リリートレイン(゚ー゚)
  • リリートレイン。百合列車。札幌市の誇る素晴らしい花の公園、百合が原公園内を走る有料列車です。    http://yuri-park.jp/about/faci/lilytrain.html          。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。   +゚゚。。+゚゚。。+゚゚先日、演奏会と演奏会の合間を縫って久々におばあちゃんと百合が原公園デート。公園をぐるりとゆっくり回るリリートレイン。前に乗ったのは子供が小さかった頃だから、十数年ぶり。         。。+゚゚。。+ [続きを読む]
  • 3度目のシューマン五重奏
  • 一昨日、シューマン五重奏を演奏してきました。わたしにとっては3度目の五重奏、だいぶん音楽が練れてきたように思います。。今回は、泊りがけのイベント中の子どもたちに向けたプロの演奏家の音楽を聴こう。という趣旨の 非公開の演奏会でした。こどもさんたちは30分の大曲を集中して聴いてくれました。終演後、 「すごかった」「一生忘れない」と言ってくれたこどもさんたち。゜。°。°。°。°。°。°。°         [続きを読む]
  • シューマンづくし
  • 昨日は日本シューマン協会札幌支部の試演会でした。8月5日に第二回シューマニアーデを控え、そこで演奏する曲をメンバーで弾きあい、感想を言い合う会です。 本番前にこのような会を持てること、とても有り難く、感想を言い合える仲間を持つこと、とても有り難く、仲間の和やかな中にも、シューマンオタク的雰囲気もとても居心地良い有難いものです。(゚ー゚)ドイツから帰省中の声楽家、とても優秀なピアニスト、リートひとすじの熱い [続きを読む]
  • ローマン・トレケル先生のドイツリートレッスン伴奏(゚ー゚)
  • 今日は、ベルリンからいらした世界的バリトン歌手のローマン・トレーケル先生の声楽マスターコースに伴奏者として参加してきました。    とても素晴らしいレッスンでした。今回私はブラームスのリートばかり10曲ほど演奏しました。ブラームスのリートの渋さ、大きさ、繊細さ、大胆さ、ブラームスにしか書けない世界です。歌手も札幌を代表する歌手たちが参加していて大変レヴェルの高いものでした。゜。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • 薔薇に追われる
  • 怒涛の演奏会シーズンですが怒涛の薔薇シーズン突入でもあり                 つるバラ:アンジェラつるバラ:ニュードーン         夢では演奏曲目たちに追いかけられ明けては薔薇に追いかけられているようなでも追いかけられてるけど、タイヘンだけど、幸せ (゚ー゚)朝、夢の中で練習しているので4時に起きた時点で練習箇所すべきがはっきりわかっているという。。(゚ー゚)ラヴェルの素敵な和声、ショパンの [続きを読む]
  • シューマン熱、恐れ入ります
  • 先週末、一泊二日で東京に参りました。親族の法要があったので。せっかく登ったので!日本シューマン協会の代表のU氏にお会いして、シューマンのこと、札幌支部のこと、いろいろお話伺ったりご報告できたらな。。とご連絡したところ、お時間割いていただけました。なんでも、先週ウィーンから帰られたばかりとのこと。今回は、シューマンのウィーン時代の足跡を辿られた、とのことでした。シューマンのウィーン滞在は、超一流ピア [続きを読む]
  • スタインウェイピアノで描く四季 第二弾
  •   札幌のスタインウェイ正規取扱店、井関楽器さまで今年度始まったコンサートシリーズ「スタインウェイピアノで描く四季」第二弾・夏は 夏の日差しにきらめく水辺と題して水にまつわる名曲たちを取り上げます。水の上を静かに漕ぎながら様々な追憶、想いを巡らせる舟歌、作曲家によって様々な舟歌の情緒を聴き比べていただきたいな、と思います。そして、水の状態を絵のように描いた二人のフランスの大作曲、ドビュッシーとラヴ [続きを読む]
  • 217歳の誕生日
  • 今日はロベルト・シューマンさまの生誕から217年の日。   6月8日、シューマンさまの誕生日です。日本シューマン協会はシューマンさまの誕生日頃にシューマンさまの音楽を中心とした演奏会(例会)を開いてきました。10周年を迎えた札幌支部でも、東京本部を真似て近年は6月8日近辺に例会をしています。今年の誕生日例会(?)は6月3日に行いました。だんだん素敵な会員が増えてきて、温かい中にも緊張感のある例会を [続きを読む]
  • ライラックまつり
  • 家々の庭、街角にライラックが花盛りの札幌。今日から28日まで、さっぽろ大通りで 「さっぽろライラックまつり」がひらかれています。      http://lilac.sapporo-fes.com義姉と共同で管理しているStudio26(同居する義母が数年前まで独りで暮らしていた家を亡き義父が遺した蔵書の保存のためにサロンに改築した空家デス)の庭もピンクのライラックが今年も咲いてくれました。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.  [続きを読む]