神魂未生&河野流桜 さん プロフィール

  •  
神魂未生&河野流桜さん: K's Office Twilight Moon
ハンドル名神魂未生&河野流桜 さん
ブログタイトルK's Office Twilight Moon
ブログURLhttp://wind.ap.teacup.com/twilightmoon/
サイト紹介文神魂未生(BL系)と河野流桜(歴史ファンタジー系)によるオリジナル小説のブログです。時折雑絵が入ることもあります。
自由文このブログは、私小説のブログです。未生は主にMLに近いBL系の小説を描き、流桜はNL系歴史ファンタジー小説を描いています。
時には、自作あるいは仲間作による挿絵が入ることもあります。
宜しければ遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/06/26 07:34

神魂未生&河野流桜 さんのブログ記事

  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (6)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (6)  [画像] 「よく似た境遇の相手は、無条件で…」 雄介と美里の境遇は、徹哉と雅人の境遇と、ある意味では、大層似通っています。そう言う場合、互いの状況を知ると、どういう訳か、親兄弟以上の親近感を抱くことが、あったりするようです。判り合えるんでしょうかね。互いの考え [続きを読む]
  • 【帝紀】 藤の花、咲くが如く(4)
  • 【帝紀】【大和復興編】【藤原不比等】 不比等の見た大化の改新、その時代の荒海の中で少年は… 帝紀・大和復興編 「藤の花、咲くが如く」(4)  [画像] 「大原の里」 飛鳥村を歩いていると、意外と狭いエリアに、意外と多くの豪族の痕跡を感じることができます。飛鳥盆地のほぼ中央部、飛鳥川の東側。河の西側に添う様に甘樫の丘がある、飛鳥と言われるこの地域には、飛鳥寺や飛鳥坐神社、水落遺跡など、蘇我氏や中大兄皇 [続きを読む]
  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (5)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (5)  [画像] 「逢いたい気持ち…」 離れていると、何となく今何してるのかなと、気になって仕方ない時があります。仕事をしていてもフッと、ああ、今頃あの子は学校いってんのやろなあ、とか、アイツはまじめに仕事してんのかいな、とか。自分の無精はさておいて、思い出したが何と [続きを読む]
  • 【帝紀】 藤の花、咲くが如く(3)
  • 【帝紀】【大和復興編】【藤原不比等】 不比等の見た大化の改新、その時代の荒海の中で少年は… 帝紀・大和復興編 「藤の花、咲くが如く」(3)  [画像] 「恋はタイミングも大事なのです」 どういう訳か、よく出会う人。別に、仕組んだわけでもないのに、しょっちゅう顔を見る人。男女を問わずそういう人があったりしますが、“縁”というものは不思議なもので、いつの間にか、すぐ隣にいたりとか、気が付いたら、遠くて声 [続きを読む]
  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (4)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (4)  [画像] 「離れても好きな人…」 よく遠距離恋愛をしているという話を聞きますが、いざ自分がそういう状況になったら、やって行けるだろうかと考えて。やっぱ無理なんだろうなと思ってしまう自分がいます。今時なので、パソやラインなどで、顔を見ながら話すことも可能でしょう [続きを読む]
  • 【帝紀】 藤の花、咲くが如く(2)
  • 【帝紀】【大和復興編】【藤原不比等】 不比等の見た大化の改新、その時代の荒海の中で少年は… 帝紀・大和復興編 「藤の花、咲くが如く」(2)  [画像] 「恋心は思うようにはならない」 天智・天武朝の時代を書くにあたって、書きたいカップルが二組ありました。一組目は、中大兄皇子と間人皇女。同父母の兄妹の許されざる恋愛でした。そしてもう一組が、高市皇子と十市皇女。高市皇子は天武の長男であり、十市皇女は長女 [続きを読む]
  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (3)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (3)  [画像] 「好きだからとそれだけで…」 好きな人と何一つ問題も条件も無く、好きだからというそれだけの思いで、添い遂げられる人を、羨ましいことだと、実は思っていました。それぞれの家庭の事情や、家族の心情などもあるのでしょうが、私の場合は、私自身の体力的な問題があ [続きを読む]
  • 【帝紀】 藤の花、咲くが如く(1)
  • 【帝紀】【大和復興編】【藤原不比等】 不比等の見た大化の改新、その時代の荒海の中で少年は… 帝紀・大和復興編 「藤の花、咲くが如く」(1)  [画像] 「帝紀・大和復興編の遅れて来た少年のハナシ」 日本の歴史の中には多くの異説があります。以前、中大兄皇子を主人公に、リリースした「那柄宜乃皇子」。中大兄とその妹である間人皇女を中心として、乙巳の変へ至るまでを書きましたが、あの時期も、古代の日本にあって [続きを読む]
  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (2)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (2)  [画像] 「二人の天才…」 芸術的な色彩感覚は、ある意味では天性のものだと思っています。ゴッホやターナー、高村智恵子などは色彩異常をもつ画家です。彼らのほかにも多くの色彩異常である著名人が、それこそあらゆる分野で独自のセンスで輝きながら活躍しています。美里を始 [続きを読む]
  • 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (1)
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (1)  [画像] 「彩王シリーズ最強の脇役二人…」 と、言う訳で、久々に彩王シリーズから、最強の脇役二人に再びご登場願おうと思います。彩王シリーズの主人公である日和和志の、友人であり相談相手でもある、西陣織作家であり、天才染色家であり、組紐作家でもある、美里(みり)さ [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(12)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(12)  [画像] 「奇跡を起こす力…」 滅多と起こらないから奇跡なのだと思うのです。早々起きては有難味がないというか…でもだからこそ、もうだめだと思った時に、救われた時、人は神がかった力の作用を感じ、神に感謝するのだと思います。でも、小さな“奇跡”は、いつも私達の傍に在り [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(7)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(7)  [画像] 「待ち合わせ…」 誰かと待ち合わせをする時、早めに行って待っているタイプの人と、ほぼ時間通りに行くようにする人が居ますが、自分はどちらのタイプですか?実は、早めに行って待つタイプです。30分位前に行って、通りゆく人 [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(11)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(11)  [画像] 「神の存在は…」 あなたは神を信じますか?昔そう言って人々を宗教に勧誘していた人々が居ました。今でも時折話題に上る、キリスト教の一派ですが、敬虔な信仰心を持つ人々を宗教世界に誘う彼らは、きっと、自分の使命のようなものを感じて、布教活動を行っているようにも [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(6)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(6)  [画像] 「魔法使いの子供たち…」 ローザリアの世界の子供たち、特に魔法使いの子供たちは、幼い頃から魔法使いのための学校に入学します。そしてその大半は、親元を離れて寄宿舎生活を送ります。理由は、幼い頃から無自覚に魔法を発動 [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(10)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(10)  [画像] 「奇跡を信じますか…」 大なり小なり、人は思いがけない幸運に見舞われた時、“奇跡だ!”と、口にしてしまいがちですが、起こるべくして起きたことは、奇跡とは言いません。予定調和に事が進んだということでしょう。バチカンの奇跡調査委員会が認定する奇跡は、ありえな [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(5)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(5)  [画像] 「そんなに容易く恋にはなりません…」 恋をしたいなと思う時には、結構周りに恋は転がっていないものです。そう言う時は、テレビに出てきたカッコいい人や、俳優さんに突然惚れ込んでみたりします。素敵な人に時めいてみるのも [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(9)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(9)  [画像] 「錬金術師って…」 中世と言わず古代から、“錬金術”を考える人間の欲望は、その時々の時代の中で、化学や科学を発展させる、大きな原動力となっていました。そもそも、錬金術とは、化学的手段を用いて卑金属から貴金属、特に金を精錬しようとする試みの事を言います。広 [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(4)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(4)  [画像] 「思いがけない人が…」 洋菓子店の店主、エドの飼っている猫、アールグレイは、魔法使いであるウィルヘルム・ベルゲンブリュイが、自分の意思で変身しているものですが、花屋の猫、カーラにも実はもう一つの顔があるようです。 [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(8)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(8)  [画像] 「いよいよ舞台はデンマークへ…」 女性の多くが憧れる町の一つであるコペンハーゲンですが、チボリ公園や人魚姫の像などの子供から大人まで楽しめる、そんな観光名所を沢山保有する街です。そうかと思えばモダンデザインと味わいのある古都の街並みが、融合したおしゃれな [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(3)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(3)  [画像] 「出会いを演出する…」 出会いは偶然か必然化なんてことがよく言われますが、今回の二人の出会いは、偶然ではありません。まあ、兄の仕組んだことと言われればそうなのかもしれませんが、エスとクラウスの出会いは、起きるよう [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(2)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(2)  [画像] 「戦争と平和について…」 私達は戦争を知りません。一方的に爆弾を落とされたり、無差別に銃撃されたりという、暴力を受けたこともありません。日々を安穏と暮らして、小さな意地悪を暴力だと騒ぎ立てたり、子供同士のささやか [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(7)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(7)  [画像] 「バトルモードの天使たち…」 シノワたちのチームは、実は結構バトルを経験しています。ペンタゴンの抱えるエスパーチームとの能力戦や、遠隔地との交信による救出劇など、いずれそのあたりもご紹介しようとは思いますが、日中、平和な時の彼らの様子と、ビジネスでバトル [続きを読む]
  • 【ローザリア国物語】 小さな魔女の花屋さん(1)
  • 【ローザリア国物語】【魔女のお花屋さん】【魔女だって恋をする】 神様も悪魔も魔法使いも人間も、みーんな共存する不思議な世界の物語 ローザリア国物語 「小さな魔女の花屋さん」(1)  [画像] 「今回の主人公は…」 今回の主人公は、小柄な20歳の魔女です。小さくて色白の彼女は、少し赤みがかった天然パーマの髪を、肩下まで伸ばして、左右に三つ編みにしています。クルッとした二重の目の瞳はブルー、唇は薄く、ピンク [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(6)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(6)  [画像] 「それにしても遠い北欧…」 ニューヨークのJFK空港からコペンハーゲンまで、直行便でおよそ8時間ほどかかります。日本からだと、スカンジナビア航空で11時間半ほど。どちらにしても近い場所ではありませんね。そして、シノワたちもまた北欧まで長い道のりです。おかしい [続きを読む]
  • 【摩天楼の天使たち】 夏、コペンハーゲン(5)
  • 【摩天楼の天使たち】【北欧神話に隠された謎】 聖処女・エマの北欧の短い夏の思い出とトラウマ 摩天楼の天使たち「夏、コペンハーゲン」(5)  [画像] 「最近流行の、と言う訳ではないのですが…」 テレビのアニメで思いがけず、バチカンの奇跡調査委員会のものが始まっています。このストーリーのプロットを起こし、調査を始めたのが約半年前。殆ど北欧神話とバチカンの調べごとに時間を費やして、本当に、ややこしいものを [続きを読む]