神魂未生&河野流桜 さん プロフィール

  •  
神魂未生&河野流桜さん: K's Office Twilight Moon
ハンドル名神魂未生&河野流桜 さん
ブログタイトルK's Office Twilight Moon
ブログURLhttp://wind.ap.teacup.com/twilightmoon/
サイト紹介文神魂未生(BL系)と河野流桜(歴史ファンタジー系)によるオリジナル小説のブログです。時折雑絵が入ることもあります。
自由文このブログは、私小説のブログです。未生は主にMLに近いBL系の小説を描き、流桜はNL系歴史ファンタジー小説を描いています。
時には、自作あるいは仲間作による挿絵が入ることもあります。
宜しければ遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/06/26 07:34

神魂未生&河野流桜 さんのブログ記事

  • 【御影高校不思議研】 九尾の狐と観月の宴事件簿(3)
  • 【私立御影高校不思議研究会】【日常の不思議を探求しよう!】神話に自然に超常現象! 世界には不思議がいっぱい!御影高校不思議研  「九尾の狐と観月の宴事件簿」(3)  [画像] 「観月能」 観月能と言えば、検索にすぐ浮かんでくるのが、世界遺産である宮島の厳島神社の観月能。月夜に浮かぶ海上の能舞台。波音と能楽の織り成す幽玄の世界。喜多流の能楽師、人間国宝の友枝昭世氏による演目は、美しくおめでたいもの…神 [続きを読む]
  • 【りばいばる】 シェアハウスに住みませんか(5)
  • 【BL】【りばいばる】【キャスト紹介編】 我侭で俺様な男たちと、そのパートナーたちのありそうでなさげな日常 我侭な虎と澄ました猫たちのリバイバル   〜シェアハウスに住みませんか〜(5)  [画像]  「木曜倶楽部大人組の四人…」 木曜倶楽部の10人は、賞味香川組の6人と、大蓮寺組の四人との間には、僅かばかりの世代の差があります。それは香川たちも重々理解していることであり、大蓮寺たちも仕方なく感じているこ [続きを読む]
  • 【御影高校不思議研】 九尾の狐と観月の宴事件簿(2)
  • 【私立御影高校不思議研究会】【日常の不思議を探求しよう!】神話に自然に超常現象! 世界には不思議がいっぱい!御影高校不思議研  「九尾の狐と観月の宴事件簿」(2)  [画像] 「不思議を調べるのは楽しい…」 毎回、不思議研のテーマを考える時、何を題材にしようかと、しばらくの間悩むのですが、今回は比較的早く決まった気がします。某アニメで登場している九尾の狐さんが男の子で、実に可愛らしくて、結構モフモフ [続きを読む]
  • 【りばいばる】 シェアハウスに住みませんか(4)
  • 【BL】【りばいばる】【キャスト紹介編】 我侭で俺様な男たちと、そのパートナーたちのありそうでなさげな日常 我侭な虎と澄ました猫たちのリバイバル   〜シェアハウスに住みませんか〜(4)  [画像]  「大人たちの遊び心…」 そこそこの社会的地位があって、それなりに金銭的にも余裕があって、何にもまして、“自由”であることを大切にしている。そう言う大人はかっこいいと思います。がむしゃらに働き続けるのも、 [続きを読む]
  • 【御影高校不思議研】 九尾の狐と観月の宴事件簿(1)
  • 【私立御影高校不思議研究会】【日常の不思議を探求しよう!】神話に自然に超常現象! 世界には不思議がいっぱい!御影高校不思議研 「九尾の狐と観月の宴事件簿」(1)  [画像] 「不思議研の秋は御影祭の秋」 御影高校は進学校ですが、その教育方針は、“やる時は何事も全身全霊、一心不乱にやる!”授業時間を大切にし、スポーツやクラブも重要視しています。大切なのは“取り組みたい”と思う気持ち。頑張る子供たちをい [続きを読む]
  • 【りばいばる】 シェアハウスに住みませんか(3)
  • 【BL】【りばいばる】【キャスト紹介編】 我侭で俺様な男たちと、そのパートナーたちのありそうでなさげな日常 我侭な虎と澄ました猫たちのリバイバル   〜シェアハウスに住みませんか〜(3)  [画像]  「二つのグループの出会い…」 香川をはじめとする木曜クラブの面々は、仕事以外での交友関係を中心とした、いわば親友グループともいうべきもので、リーダーである大蓮寺が、木曜クラブという“秘密基地”を、こっそ [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(17)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(17)   [画像]  「また会う日まで…」 ドラーニアの旅も終わりに近づいています。国家機密というガチガチの、秘密主義の国かと思われた最初の頃、身分がバレた後、王宮での思いがけない、アットホームな女王一家の様子。ドラーニアは、零鄭と琥狼にとって、どんな印象だったのでしょうか。さあ、出港 [続きを読む]
  • 【りばいばる】 シェアハウスに住みませんか(2)
  • 【BL】【りばいばる】【キャスト紹介編】 我侭で俺様な男たちと、そのパートナーたちのありそうでなさげな日常 我侭な虎と澄ました猫たちのリバイバル   〜シェアハウスに住みませんか〜(2)  [画像]  「メゾン東雲…」 御厨仁にとって、メゾン東雲は住まいであり、隠れ家であり、目晦ましでもあります。マイノリティな関係性を、オープンにすることには、正直言えば、あまり抵抗はない方ですが、パートナーである東雲 [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(16)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(16)   [画像]  「二つ目の恋は…」 筝蓮は幼い頃から琥狼を兄さま兄さまと慕う妹で、時には、祥黎とも琥狼を取り合うような時期もありました。兄弟のいない祥黎にとっては、半分妹のような、半分ライバルのような… 幼い頃はそんな感覚だったようです。やがて、その思いは、“俺たち”が筝蓮を守っ [続きを読む]
  • 【りばいばる】 シェアハウスに住みませんか(1)
  • 【BL】【りばいばる】【キャスト紹介編】 我侭で俺様な男たちと、そのパートナーたちのありそうでなさげな日常 我侭な虎と澄ました猫たちのリバイバル   〜シェアハウスに住みませんか〜(1)  [画像] 「ことの発端は、いつも単純で…」 ある日、いきなり頭の中に一つの風景が浮かび、その中のキャラたちが、個性豊かにしゃべり始めた。思いがけずサクサクと、最初の二話分くらいが書きあがり、これはやっぱり、シリーズ [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(15)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(15)   [画像]  「バレる時はバレる…」 結構、今までの旅路でも、祥黎たちは身元がバレていますが、やっぱり、普通の子供たちとは違った気配を持っているのでしょうか。琥狼は狼牙の大長であり、それなりに表に出る時は、わざと顔を隠したりすることもあるようですが、祥黎に関していうならば、表に [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(12)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【幸人&御園】 素直に慣れないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語 「キミは頑固な八仙花」(12)  [画像]  「後日譚ではないけれど…」 梅雨明け、そして夏。“ら・くか”の面々はみんな元気に、今日も頑張っています。そんな店でのちょっとした風景を、お届けします。今回の主人公は御園さんです。オーナーである御園さんは、32歳の脱サラオーナ [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(14)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(14)   [画像]  「小さな約束…」 思いがけない出会いがありました。きっともう二度と来るはずのないような異国の地で、零鄭の心に突き刺さった、一人の少女の笑顔。迷いながらも、交わした約束。零鄭はどうやってその思いを叶える心算でしょうか…と、いうことで、祥黎と琥狼の子供主導の旅物語。遂 [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(11)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【りょう&おちび】 素直に慣れないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語 「キミは頑固な八仙花」(11)  [画像]  「白花のアジサイ…」 墨田の花火に出会ったのは、もう何年も前のことです。我が家の小さな庭の片隅に一株。冬の間は枯れて、見る影もありませんが、ちゃんと春先には毎年芽吹いて、きれいな花をつけてくれます。紫陽花のイメージはと [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(13)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(13)   [画像]  「小さな出会い…」 思いがけない場所で、思いがけない人と出会う。人との出会いは、偶然の産物で、それが必然に変わるのは、運命というスパイスが必要なのですが。この熱砂の砂漠の広がる異国の地で、零鄭は小さな出会いを経験します。琥狼にも、連尚にも、緋遼にも知られていない、 [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(10)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【りょう&おちび】 素直になれないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語「キミは頑固な八仙花」(10)  [画像]  「久々にフランス語系の調べもの…」 フレンチが珍しくないこの頃。テーブルマナーもマスターしている人が増えてきましたが、郷に入っては郷に従え。フレンチをテーブルマナーの厳しい堅苦しいイメージを持っている人も、意外と多いよう [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(12)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(12)   [画像]  「緊張感…」 どうせ居留地までだからと、気楽な気分でドラーニア見物に来ていた一行。思いがけない事態に巻き込まれます。出会いは偶然なのでしょうか、それとも必然?思いがけず、ドラーニアの王宮にまで行くことになった一行。さてさて、どんなことになりますのやら… (*´▽`*) [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(9)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【りょう&おちび】 素直に慣れないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語 「キミは頑固な八仙花」(9)  [画像]  「懐かしい街を歩く…」 かつて、自分が住んでいた町を歩くのは、なんとなくノスタルジックでワクワクするものです。変わった景色もあれば、変わらぬ景色もあり、変わらぬ顔もあれば、驚くほど成長した子もいる。懐かしさと、切なさの入 [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(11)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(11)   [画像]  「ところ変われば…」 旅の楽しみは、お土産を買う楽しみでもありますよね。その土地ならではの食べ物や工芸品。見ているだけで、その土地のことを思い出すような気配。どこにでもありそうなお饅頭やクッキーやケーキなど、最近では、所かまわない土産物が増えてきたような気がします [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(10)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(10)   [画像]  「電気のある生活…」 我が家はオール電化住宅です。ガスはもともと引いていないので、その設備すらありません。今回の大雨で、私たちの住んでいるエリアは無事でしたが、近隣の尾道市や三原市などではがけ崩れや、川の氾濫による洪水など、大きな被害が出ていて、電気や水道は止まっ [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(7)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【りょう&おちび】 素直に慣れないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語 「キミは頑固な八仙花」(7)  [画像]  「メモリアルデイ…」 夢を見ていたような気がする日、というのが誰しも一日くらいはあると思います。スポーツの大会で勝った時とか、何かの賞を貰った時だとか…早々人生で滅多にあることではありませんが、誰しも思い起こせば一度くら [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(09)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(09)   [画像]  「メテオブランという都市…」 ドラーニアの首都メテオブランは、南北に長い砂漠の海岸線を持つ、ドラーニアのほぼ中央の海岸沿いに作られた王都です。中央高地から流れ出た、ドラーニア最大の川イーダル川の河口に、南北に30km、東西に50kmという広大な碁盤の目に整地された都市 [続きを読む]
  • 【大学のある街物語】 キミは頑固な八仙花(6)
  • 【BL】【大学のある街物語】【掲示板はみだしStory】【りょう&おちび】 素直に慣れないのはお互い様!我儘なのもお互い様! 大学のある街物語「キミは頑固な八仙花」(6)  [画像]  「大ドンデンガエシ!というけれど…」 細工は流々、仕上げを御覧じろ、と言われますが、大ドンデンガエシの準備は着々と進行しています。私個人としては、こういうパターンは好きではありませんが、キャラ的に仕方ないかなと、その辺は目 [続きを読む]
  • 【銀狼記】 白の国に霧雨の降る(08)
  • 【銀狼記】【海の向こうの白い国】【祥黎&琥狼】 春の蒙炎から旅立った一行は海を越え… 銀狼記 「白の国に霧雨の降る」(08)   [画像]  「荒廃と最先端…」 荒れ果てた砂漠の中に、いきなり出現する大都市。ドラーニアのイメージはそんな感じです。高層ビルが林立する、近代の日本のような景色ではありませんが、モルタルのようなブロック石材を積み上げて作られた家々は、まるで、既定のモデルが決まっているかのような [続きを読む]