トミー荒野 さん プロフィール

  •  
トミー荒野さん: 荒雑録
ハンドル名トミー荒野 さん
ブログタイトル荒雑録
ブログURLhttp://arazatu.blog48.fc2.com/
サイト紹介文映画、小説、漫画他、個人的趣味の感想、記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/06/26 11:27

トミー荒野 さんのブログ記事

  • ジョン・ヒルコート監督 「欲望のバージニア」
  • 予備知識なしで洋画「欲望のバージニア」を録画。 1931年、バージニア州フランクリン。そこは、禁酒法時代にあって、酒の密造がもっとも盛んな街のひとつ。そんな無法の街で密造酒ビジネスを手がけるのが、ハワードとフォレストのボンデュラント兄弟。2人の弟で末っ子のジャックは牧師の娘バーサにご執心で、自分も早く大きな商売をしたいと野心を燃やしていた。一方、都会から流れてきた謎めいた女マギーが街に現われ、兄弟が経 [続きを読む]
  • 札幌らーめん 「大心」
  • 「大心」さんに来るのは3回目ぐらいでしょうか?その名前は知っていましたが、コチラの方向に来ることはあまりないので、初めて食べたのは2年ほど前でしょうか?その時から、清田でラーメンを食べるなら「大心」と決まってしまいました、我が家では。味噌が苦手な私ですが、正油&塩は食べていますので今回は味噌ラーメンを注文。本当はコチラが一押しなのでしょうが。 [続きを読む]
  • ジャウマ・コレット=セラ監督 「フライト・ゲーム」
  • 録画した映画「フライト・ゲーム」を観る。 一般の乗客を装い旅客機の警備に当たる航空保安官のビル・マークス。酒が手放せず、決して品行方正とは言えない彼が今回乗り込むのは、NY発ロンドン行きの便。大西洋の上空を飛行中の真夜中、機内ではほとんどの乗客が寝静まっていた。その時、ビルの携帯に不審なメールが届く。明らかにビルの行動を監視していると思われる正体不明の送信者は“指定の口座に1億5000万ドル送金しなけ [続きを読む]
  • 夢枕獏著 「キマイラ11 明王変」
  • 夢枕獏著「キマイラ11 明王変」(朝日新聞/ソノラマノベルス/2015年11月20日第1刷)を読む。 大鳳吼と久鬼麗一のキマイラ化を抑えるべく奔走する真壁雲斎。亜室健之から聞いた恐るべき秘密を九十九三蔵に語り始める。一方、スチュワート・ボックに拉致された織部深雪を助けるべく単身戦いを挑んだ菊地良二は、ボックの仲間と思われる久鬼にそっくりな謎の少年と対峙するが…。キマイラをめぐる血ぬられた歴史と伝説が明らか [続きを読む]
  • TVドラマ 「遥かなる山の呼び声」
  • NHKドラマ「遥かなる山の呼び声」を観る。2018年春の北海道・中標津。夫を亡くした風見民子(常盤貴子)は、亡夫がこだわり続けた完全放牧酪農を周囲の反対にも負けずに続けている。昨年、風見家は大幅な赤字へ転落。今年は黒字が必達の課題となっている。しかし、民子をとりまく環境は崖っぷち状態。義父は持病が悪化し、主な労働役務は民子ひとりの肩にずっしりと重くのしかかっているのが実態だ。そんな折、嵐の夜にバイクが故 [続きを読む]
  • ホットワイン
  • 以前に会場で飲んだホットワインが美味かったらしくカミさんのリクエストでミュンヘンクリスマス市に。会場の小物売り場とか夜景のイルミネーションとかは関係なしの食い意地だけです。カミさんはホットワイン、私はホットチェリービールなる物とソーセージの3種盛り合わせを注文。ホットチェリービールは甘くて酒って感じではありませんが、かすかに残る炭酸も不思議な舌触りで、チェリー好きの私は意外と美味しく飲めました。ホ [続きを読む]
  • 夢枕獏著 「キマイラ10 鬼骨変」
  • 夢枕獏著「キマイラ10 鬼骨変」(2014年9月30日第1刷)を読む。 明らかになった恐るべき過去を背負い、南アルプスの山麓でキマイラ化した久鬼麗一と対峙する久鬼玄造と九十九三蔵。それを見守る宇名月典善、菊地良二―。そして、一敗地にまみれたあの龍王院弘の姿もあった。人か、獣か、それとも神か。キマイラにおのれの運命を狂わされた男たちの執念が渦巻く、驚天動地の第10巻!★★★★★★・・・・(6/10) ◆2018年3月記事 [続きを読む]
  • 本田隆一監督 「市民ポリス69」
  • 録画した映画「市民ポリス69」を観る。 急増する犯罪に対応するため、東京都は軽犯罪の取り締りを善良な一般市民に委ねる“市民ポリス”制度を発足させる。選ばれた市民には、任期の1ヵ月間、身分証でもある白い覆面と麻酔銃が支給される。ある日、気弱なサラリーマン芳一彦治郎が69人目の市民ポリスに任命される。最初は危険な任務に尻込みしていた芳一だったが、ある時、その権力を行使したところ思いがけず快感を味わってしま [続きを読む]
  • 矢作俊彦著 「犬なら普通のこと」
  • 矢作俊彦/司城志朗 「犬なら普通のこと」(ハヤカワ文庫JA/2012年1月25日発行)を読む。暑熱の沖縄。ドブを這い回る犬のような人生。もう沢山だ―ヤクザのヨシミは、組で現金約2億円の大取引があると知り、強奪計画を練る。金を奪ってこの島を出るのだ。だが襲撃の夜、ヨシミの放った弾は思いがけない人物の胸を貫く。それは、そこにいるはずのない組長だった。犯人探しに組は騒然とし、警察や米軍までが入り乱れる。次々と起 [続きを読む]
  • TVアニメ 「野球狂の詩」 VOL.2
  • レンタルDVDでTVアニメ「野球狂の詩 VOL.2」を観る。1977年末に単発のスペシャル番組として、水原勇気の入団騒動を描いた第1話が、フジテレビの金曜日『金曜ファミリーアワー』内で放送される。好評につき翌年の1978年5月-9月にかけて、毎月1回のスペシャル番組として第2-6話までの継続放送が決定。同年11月からは、月曜日で放送されていた『アメリカ大リーグアワー』の後番組として、第7話から毎週1回のレギュラー放送へ昇格し [続きを読む]
  • Huluドラマ 「代償」 VOL.2〜3 【完】
  • レンタルDVDでドラマ「代償」VOL.2〜3を観る。悪を弄ぶ“友人”によって、人生と精神を破壊された弁護士。彼は自らを不幸のどん底へと追い詰めたサイコパスを社会から葬り、目を逸らし続けていた過去と決着をつけるため、“危険な賭け”に出た! その先に“出口の見えない漆黒の闇”が待っているとも知らずに…“人間の恐ろしき業”が途方もない恐怖と嫌悪感を呼ぶ衝撃のクライムサスペンスが、世界を震撼させる―。★★★★★★★ [続きを読む]
  • バンダイ 仮面ライダー ソフビ人形
  • ◆バンダイ 仮面ライダー スタンダードサイズソフビ人形実家の倉庫を整理していたら出て来たものです。 かなり状態は良いと思います。と言うのもこのソフビが発売されたのが1970年代前半。当時子どもだった私も買って(もらって)遊びました。その時のソフビはボロボロになって捨てたと思います。ですが、コレを購入したのは1980年代前半。高校生だった私が田舎の縁日のおもちゃ屋で見つけ「これ、懐かし〜」と購入しました。新 [続きを読む]
  • TVアニメ 「野球狂の詩」 VOL.1
  • レンタルDVDでTVアニメ「野球狂の詩 VOL.1」を観る。セ・リーグで下位を低迷する球団・東京メッツは、左腕投手の補強が必須と考える。メッツの老雄投手・岩田鉄五郎らは無名の投手・水原勇気をドラフトで指名するが、何と勇気は女性だった。球界を騒然とさせながらメッツのマウンドに立つ勇気が入魂の一球を投げる。★★★★★★★・・・(7/10)  [続きを読む]
  • Huluドラマ 「代償」VOL.1
  • レンタルDVDでドラマ「代償 VOL.1」を観る。敏腕弁護士・奥山圭輔の下に、強盗殺人事件の容疑者・安藤達也の義母から、1通の手紙が届く。「あなたの親友である安藤達也の弁護をお引き受けください」文面を読んだ瞬間、圭輔は猛烈な吐き気をもよおし、わなわなと震える。その脳裏には、葬り去っていた“凄惨な過去"がよみがえっていた…。人生と精神を破壊された弁護士がサイコパスに挑む、震撼のクライムサスペンス!★★★★★★ [続きを読む]
  • 弁当雑記 【4】
  • 今回のイベントのお弁当は・・・たぶんお高いのでしょうね。お品書きが入っていて、食材が道産だとのコメント入り。昆布が北海道の形にカットしています。ですが、個人的には肉が少ないザンギ1個と豚肉の煮物のみ。腹いっぱいになりませんでした。そう言えばこのイベント・・・平均年齢けっこう高めでしたね。ブログランキングに参加しています!FC2 Blog Ranking [続きを読む]