前田玲子 さん プロフィール

  •  
前田玲子さん: 玲子のノート
ハンドル名前田玲子 さん
ブログタイトル玲子のノート
ブログURLhttp://maedareiko.blog51.fc2.com/
サイト紹介文幸せな社会をつくるために幸せな個人にどうしたらなれるか、幸福のかぎを詩やエッセイや格言で。
自由文○明治大学卒。カウンセラー。元社会保険労務士。趣味:詩作、エッセイ書き、運動(主に体操)、歌うこと。責任感ある社会を目指しています。
近作一つ:
○幸せな地球と不幸な地球

私はバカよ、おバカさんよ で
幸せな地球
私 賢いの、いい人よ で
不幸な地球
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/06/26 13:36

前田玲子 さんのブログ記事

  • 沖縄慰霊の日
  • 六月二十三日午前六時十五分。社会のシンボルマークの交代を野党各党に提案したい。 持てる者、持たざる者を甘えのある者、甘えの無い者に換えたい。この持てる者、持たざる者どちらにも甘えた人がいるし甘えない人もいる。要は、甘えた人が問題である。持てるか、持たざるかではなく、甘えた人が問題である。犯罪人、悪人とは、甘えた人であり甘えが腐敗、堕落を生んでいるのではないか。 [続きを読む]
  • 北朝鮮金主席、韓国文大統領会談おめでとうございます
  • 北朝鮮金主席、韓国文大統領会談おめでとうございます。国の皆様おめでとうございます。私も今日は、何となく心が温かく笑顔になりそうです。私は、長年、犯罪被害者として、日本の政府・市民を眺めてまいりました。いろいろな思いを致しましたが、言えることは、ぬるま湯に浸かっての人生より、ベターだったと。苦労も、悩みもしました。その分、お陰様で、自分自身はよくなったと思います。 ここの所は、甘えの返上と取り組んで [続きを読む]
  • 共産党並びに野党の皆さんへ
  • 地域のことを取り上げて欲しい。市民が困っている身近なことを。これは十年ほど前、平和運動をしていたころ、奈良教育大正門のところで、チラシを配っていた当時、六十代の男性からイラク沖縄では無く、地域の犯罪にも目を向けてほしいと言われました。今でもその言葉が新鮮です。その時より今は、年を取って切実なものとなった。今日もチラシを受け取りました。このチラシは、安倍問題です。ビラを見て、沖縄、イラク、安倍、どの [続きを読む]
  • ウツの皆さんにウツの先輩から
  • ウツのときは、自分が虫けらみたいに思われ、苦しんだ。しかし、謙虚であった。今は、傲慢になってしまった。ウツの時の方のあなたの方が、今よりよかったと言う人がいる。私は自分でもそう思う。ウツの時の苦しみは、後から振り返れば、ダイヤモンドである。ウツの時は、大いに苦しむのがいい。 [続きを読む]
  • 腹七分目
  • 腹八分目とかの表現でいわれるが、むしろ七分目かもと思う。何故なら、人は、幸せを失った状態、例えば病気、風邪それでも、失った幸せを考える。満杯の幸せでは、当然視される。心のタンスに、しまってあった苦労を引っ張り出さないと、幸せは感じられない。それなら、八分より七分の方がふさわしいかも。 [続きを読む]
  • ガス検針に思う
  • 午後二時、呼び鈴でガスの検針という。出てみると、N商店の依頼で来ました。外のガス器具の検査ですという。眠りから覚めた私は思わず思わず本音が出てしまった。 これは、あなたたちに言う事ではない。会社に言おうか、いやブログにするね。あのね、何もガスだけでなく、市民と例えば病院との協力についてもそう。いま、眠っていて、でも、1週間後にお伺いしますであれば、こちらも気をつけるし、またあなた方も正々堂々でしょう [続きを読む]
  • 新学期を前にして
  • 甘えのない世界、甘えのない日本を構築するためには、赤ちゃん首が座った段階からの坐禅の習慣作りが肝要である。そこで、日本人はお上からの命令によく服従することを考慮して、甘えの返上度をもとに、甘えが少ないものを飛び級させ、早期入学させる。こうすると、甘えの返上、甘えも欲もない坐禅の普及に有効ではないだろうか。 [続きを読む]
  • カジノに替えて提案する
  •  カジノなどのギャンブル法案の件。今度は、ギャンブル依存症などの影響を言っている。ここで、政治とは何か、経済かと思う。例えば、今度のカジノなどにより、観光収入の増加を図るのなどというのは、正しいのかということ。つまりギャンブルやセックスの世界に人を導くような政治があっていいのか。 これは、世界一二位の甘えの構造の社会で甘えの構造を助長するものではないか。人の心のバランスは、ギャンブルなどではなく、 [続きを読む]
  • ライフル乱射事件に思う
  •  アメリカのライフル銃事件について。叉、銃事件かという考え方もあろうが、自由に銃をもつ割には少ない。でも、世界の他の国々では、銃は不要なのにどうして米国社会だけが必要とするのかと。オバマ大統領からトランプ大統領へ移行して、時代が逆に動いた感じがする。トランプさんは、感情の人で、理性の人とは言いがたい。こんな米国が生まれるのもつまり米国の不幸も日本の不幸も世界の人々の不幸も、それは人々の甘え故であろ [続きを読む]
  • 教育改革案について――文部科学省へ
  •  二月十四日。今朝の5時台のニュース。文部科学省の政策案か、提案が示された。 そこで思ったのは、勤務時間をフレックス制を導入し、パート常勤職員制など考えたらどうか。全体の一部にあっていい思う。 小学校も担任が全部されるのは、良さと悪さもある。そこで数人の先生の眼鏡を通しての観察導入もいいのでは。その方が教師の活性化に拍車をかけると思う。叉、児童にとっても、担任と合わない一年を過ごすより、何人かの教 [続きを読む]
  • 皆に来ることなのに
  • 高木で古い患者さんに出会った久し振りだ少しボケ症状が出ている人を見て我が身を考える他人の振りを見て我が振りをと皆、年を取るだから恥ずかしい事でも何でもないのにどうしてだろう今日、お会いするなんて考えなかった人生とは解らないいつの日か近い将来ああいう風になる淋しいような悲しいような気がする皆が来るのに(タイトルの一部を除き、2016年1月29日投稿の再掲です) [続きを読む]
  • 今日はついてるナ
  • 今朝はノートもすぐ取り出せた今日はついてるナでも大丈夫かな調子づいてスッテンコロリそれはよくある事凡人なんだ落ち着いて落ち着いてゆっくりゆっくりどうも有難う今朝を [続きを読む]
  • やっと風邪が治ってきた
  • 1月25日冬本番の零下の朝、零下4度近いと聞くと、ふるええ上がる。 やっと風邪が治ってきた。足の痛みがまだなので体は、マァマァ。でも、内側から元気が出てきた。やっぱり違う風邪の時と。一ヶ月ぶりに元気になって歌った。健康で歌えるのは良いものである。エンジンかけて本調子に滑り出したが、ボーッとした一ヵ月だった。 [続きを読む]
  • 青空はやさしい
  • 見上げると青空はやさしいそう いつもやさしいな全ての人にいつでもやさしい空空のようにやさしい人はいないこれからもお空よろしく皆で愛そう青空を [続きを読む]
  • 今日を元旦として
  •  一月十六日、病気もメドが付いた。足の方も、風邪の方も峠を越え、快方へ向かう次第となった。そこで、今日を元旦とする。 年の始めに思うことは、再認識であるが、今までやって来たことでいいと思うこと、それにベストを尽くし、それが誰がどう評価しようと、人の自由と割り切る生き方。これはいい。 基本的には、これであるが、体の調子などで、中々ベストを尽くすことが、うまく行かない。坐禅をして、丸六、七年になり、割 [続きを読む]
  • 正月の風邪
  • 正月二日新年初めてのバス風邪のせいでボッとしている人も少ない正月の風邪病人 こなにも大変ということを意識するのだった病の人生というのもあるのだナ [続きを読む]
  • 新年に―財務省へのお願い
  •  師走の三十一日、近鉄奈良駅前にあるスーパーパケットでお買い物をした。今日の店員さんどんな人かな。恐る恐るレジに立つ。本当にレジと言っても、百人百様、同じ仕事でありまがらこんなにも違うのか。どうしてこういう相違が生じてくるのでしょう。 本当にお人柄である。職業には、いい仕事、悪い仕事はない。仕事を愛してベストを尽くせばどんな仕事だっていいお仕事です。仕事をする人間の人生態度によりいい仕事にも悪い仕 [続きを読む]
  • 安倍首相へ
  •  クリスマスのメッセージで叉外国へいらっしゃるとのこと、休みも返上で、経済、外交は、素晴らしい努力と思います。 でも、内政はいかがでしょうか。政治は、経済と天災だけはありません。人災こそ、百パーセント政治の責任だと思います。 首相が、パフォーマンスに走られる傾向があるのは、何故でしょう。私が、二十代からしてきたことに、自己客観視という作業があります。七十三歳してきて良かった思います。どうぞ、自己分 [続きを読む]