あやっち さん プロフィール

  •  
あやっちさん: ラブラな毎日
ハンドル名あやっち さん
ブログタイトルラブラな毎日
ブログURLhttp://sakuraringo.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文家族5人とぶっ飛びラブラドールさくら・りんごの 普通で楽しい毎日です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/06/27 22:39

あやっち さんのブログ記事

  • 心は四畳半
  • 珍しく  切に欲しいものが一つ。日傘を所望したい。最近   近所で 可愛いらぶらどるの子犬と一緒に生き生きと散歩をするヤングな女性と遭遇する。しかも 白黒の2犬。 オセロチーム。待ち合わせでもしたかと思うくらい逢ってしまうのだ。体はでっぷりだが  心はヒョロヒョロの自分は そんな人様の幸せを見るのが辛く 「ケッ」とか思ってしまうそんな醜い自分の姿を日傘で隠し 日傘の隙間から チラホラとらぶらどると [続きを読む]
  • ホネの意思
  • 生まれでる不思議死にゆく不思議いよいよ  さくらの頭ガイコツが取り出され骨壺に張り付いた少しの骨粉を丁寧にハケで集め埋葬しようとした時ぴゅいんと風が吹き ほんの少し さくら骨が風に連れていかれた。あっ  さっちゃんの一部が吹き飛ばされた・・・・と係りの若き青年に文句たれそうになったけどあれはきっと さくら骨の意思だったのだと思う。女心の未練?それか 納骨当日に娘が持って来た最後のお供え物のコンビニ [続きを読む]
  • どじょっこふなっこ納骨
  • 3月30日       さくら骨納骨完了しました。愛おしい魂は 空へ送り最後の形見  さくら骨を土に返しました。ふわりと風が舞い ほんの少し さくら骨が飛んでいきました。(すいません。  さくらの頭ガイコツです。 賢そうでしょ!)別れの春は 満開の桜。思い出は はち切れそうなくらい 心の中を自由に駆け回ってます。悲しければ 空を見上げ  嬉しければ 土の上を走り風が吹けば温かさを感じる。そして心に [続きを読む]
  • 春のクリスマス
  • 上を向いたら あーらまあ!さくらが桜の妖精になって 花見ダンゴ食べてました眩しすぎる春です     お花見に行って来ました。次の日は血液検査だったので  無駄な抵抗の花見弁当。お花見は 友達の友達宅で賑やかに咲いたクリスマスローズ。名前とは大違いで なんとなく地味で上品な花。(まるで私100パーセント)去年までクリスマスローズが一面に咲く庭には ゴールデンレトリバーのラッキーちゃんが笑っていたそうです。 [続きを読む]
  • 春ですじゃ
  • 昨日は お彼岸で 墓参りへ。犬娘達にも ご馳走を用意。   さくら餅とりんご・笑名前と一緒 私は この冬 ミカンばかり食べていました。関係ないのですが カマンベールチーズを湯水のように胃に流し込んでいました・笑。今月の末か来月の初めに さくら骨 納骨予定です。いよいよかーと。何が いよいよなのかとも思うのだけど 心の隅っこが軋む感じです。ちょっと寂しいこと  もう一つ。アルままさんとアルマくんのブ [続きを読む]
  • ドッグヨガ
  • ちょっと前から ヨガで歪んだり弛んだりした心身を鍛え直している私ですが 最近 なんと ドッグヨガというのを発見さくりんが生きていたら 一緒になますて  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆「ラブラドールな犬ブログ」の主役 ラブちゃんが先日空へと旅立ちました。 ラブちゃん 頑張ったね。  本当に偉かったね。みーたんママ 悲しくて寂しい春になりましたね。今は そういう時だと思います。いっぱい泣い [続きを読む]
  • 白いネコ
  • ご無沙汰してます今日は 猫のお話。ゴリ母は派。  家も外もパラダイス。ゴリ父が亡くなったとき 祭壇の前から離れなかった猫ちゃんず。  あと2匹います。ゴリ母も86歳となり 猫ちゃんずも それなりに年を重ねた今日この頃 問題勃発。お母さんという名前の白猫が本当にお母さんになってしまったのだ。お母さんなんと 一瞬のすきに 外へ飛び出してから 数ヶ月後子猫を連れて帰って来たらしい困り果てた気持ちと 子猫 [続きを読む]
  • 犬雛様と下痢・便子
  • トンボ玉のアクセサリーと組み木絵レリーフの展示会へ行って来ました。番犬!    なんと 店主さんランチ中で留守。優秀な番犬リノちゃんがいるから大丈夫。久しぶりに犬に好かれたよ   リノちゃんは14歳のコーギー。ビーグルのコナン君も挨拶に来てくれたんだけど写真が撮れませんでした。 彼は15歳で悪性のリンパ腫ですが驚くほど元気でした。ドアの開け閉めが得意技らしいです。レリーフの作家さん!  大正ロマン [続きを読む]
  • 犬に選ばれない女
  • 連日  オリンピックで活躍中の若人達にヤンヤヤンヤと応援しまくりの私。チカラをもらうどころか応援疲れの今日この頃別の理由で少し やさぐれております。何故なら   夢  みました。   ひどい夢。UFOキャッチャーを犬達がやってるわけです。どうやら 次の飼い主をつり上げようとしているらしいのです。そりゃもう 選ばれ隊長の私ですから・笑。蜘蛛の糸のカンダタのごとく 自ら オケツをクイクイっと上に突き出し [続きを読む]
  • カールちゃんのこと
  • 黒ラブのカールちゃんのママに髪の毛をカットしてもらいました。カールちゃんちは美容室です。まゆ毛みえみえの金太郎カットです。カールちゃんは とっくに空の住犬ですがカールちゃんのパパもママも私の髪の毛をジャキジャキと切りながらいつも カールちゃんの思い出を話してくれます。カールちゃんちにはブサ可愛いツンデレのネコもいたのですがカールちゃんが死んだ数ヶ月後 庭に作ったカールちゃんのお墓の前で死んでいたそ [続きを読む]
  • 寂しさ募ってスットントン
  • なんか 皆 「犬 飼わないの?」と聞いてくる。そりゃ  飼いたいよね。  すごく  すごく  すごーーーく。小生意気な人間娘達よ   お母さんは 犬子供のために残り僅かな人生を費やしたいです。情熱溢れまくる私。だのに  だのに  近所の犬に吠えられた近所じゃないとこの犬にも吠えられた犬に嫌われ 体重計に嫌われ 現金にも嫌われ インフルエンザと ご近所爺さんにだけは好かれる・・・・・我が家にこんな日 [続きを読む]
  • もうすぐ17歳・びー先輩のチカラ
  • すでに 空の上の住犬となった さくらとりんごの先輩犬びーちゃんのお家に遊びに行きました。イチゴの帽子をかぶった怪しい2人組あやっちと娘ゴーゴー。とっても 不作法で失礼なのだが ここで栃木名産の宣伝・笑。 びーママ 許してたもれ。お土産はイチゴ界のジャイアント馬場スカイベリー ほら 大きいでしょ。イチゴを買うなら栃木産にしてたもれ。ついでに一位に返り咲いた餃子も栃木だよ!これでもかのイチゴタルトも美 [続きを読む]
  • 雪と菌は猛威やん
  • すごい雪が久しぶりに降りました窓から見た本日の風景雪やこんこん   アラレやこんこん降っても降っても派手に駆け回る犬は もういない。(さくらもりんごも今は天界の草場で駆け回ってるだろう)だが  ここに一人 駆け回ったオババがいた。そう    私だ。あり得ない二度目のインフルエンザしかも 友も医者も笑って驚いた同じA型  なんで二度も・・・・・頭で黒犬が饅頭になり 胸には黄犬がダンゴ。しかも脇腹付近 [続きを読む]
  • ハムカツ
  • 夢をみました。さくらとりんごが一緒に登場した夢は久しぶり。夢の中で昼寝をしていました・笑。温かい犬パンに挟まれたハムカツな自分 数年前までは こうやって寝てたんです。 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆上の娘に弁当用の箸箱と箸を購入しました。2年の一人暮らしを解消して 家に戻ったとたんに私が弁当作り水色お箸の先っぽにオサルのイラスト・笑。娘は申年・笑。  性格はウッキー・笑。 あっ 母85 [続きを読む]
  • らぶらどる物語18
  • らぶらどる物語という小さな花は世界中のあちこちで咲き多くの人間に幸せをもたらしてくれました。さて  最後のお話は 私とさくりんの「らぶらどる物語」あやっちも すっかり年をとり お婆さん。気がつけば さくりんと別れてから数十年経っていました。いつしか スタースマホを使うこともなくなり心の中の思い出を一つ一つ たぐり寄せてはホッコリする日々を送っていたのです。ある日「お母さんお母さん」と懐かしい子供達 [続きを読む]
  • らぶらどる物語17 永永(えいえい)
  • 100年の間にすべての生き物は生まれたり死んだりまた 生まれたり。びーちゃん・じゃすちゃんは100年後 犬リンピックでひたすらに泳いでいるだろう (これは間違いなし!)相変わらず 美人さんのheartyちゃんはスーパーモデルになって セレブな神戸牛ライフ医療みにむさら班お注射を嫌がって逃げる オカッパ子供ってもしかして・・・・・かつてはママだった?夜空に輝く限りない星々をを見つめて時には祈り  時には語り [続きを読む]
  • お正月価格
  • あけましておめでとうございます。年越しは デリバリーのお寿司   銀の皿。家族が揃わなくなってきたので 年々 簡素化2日に パン屋さんの500円福袋を買いました。中身・笑。ちょっと 用があってペットショップに行ったら「初売り」「お正月価格」のポップが生体販売コーナーに貼られてましたなかには「お年玉・二万円引き」なんていうのもあってびっくりしました。二頭で三億円    お年玉価格・笑。 ゴリを売 [続きを読む]
  • らぶらどる物語16 100年愛
  •     2117年あの日から あっという間に100年が経ちました。100年の間に いろいろとあったけど 人間は空を慈しみ 草木を愛し 大地に感謝をするようになりました。そして100年後には 動物達が無駄に命を奪われるという愚かしく悲しい出来事もなくなり 人も動物も「生きる」喜びに満ちあふれていました。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆100年後  縁あって 何度もめぐり逢う。これから嫁ぐ娘 [続きを読む]
  • らぶらどる物語15
  • 気がつくと 天界のらぶらどる達は お土産で貰った松茸の土瓶蒸しを握りしめながら 雲の上で眠っていました。目が覚めて 寂しかったから 皆で少し泣きました。そして それぞれの居場所に戻り何事もなかったように仕事をしたり 遊んだり 食べたり 昼寝をしたりしています。お元気ですか。月日は過ぎて 風花ちゃんとすずちゃんは 世界中に平和という香りが舞う花を育てています。もうすぐ 花が咲き世界は平和の風と鈴の音 [続きを読む]
  • らぶらどる物語は永遠に
  • 大きな星が一つ  突然 夜空に表われ ひときわ光り輝き空中で粉々になり 下界へと落ちてきました。宴会場で らんちき騒ぎをしていた らぶらどる達が手を伸ばすと星屑に見えた物は 一つ一つがスタースマホでした。なんと 虹の橋交番勤務のお巡りさんDan君が皆が下界へ行っている間 留守番しながら内職で作ったスタースマホを届けに来たのでした。 「おーーーい  食べるもの まだ残ってるーーー」 さあさあ ふぐ刺し [続きを読む]
  • インフルふるふる
  • 今年のインフルエンザ菌は美女が好きなのだろうか。水曜日の夜   菌に冒されてしまったそう  この私  パンダ観覧にはハズレたがインフルエンザ菌には大当たり毎年 ワクチンしてたのに 今年は予約が遅くなってしまって 接種する前に冒されてしまった美しいこのカラダ。インフルエンザ菌・美女A型のはずなのにゴリが次の日同じ症状で苦しみだした  夫婦揃って 病院の隔離室で鼻穴の未開の地に大型綿棒を激しく突っ込ま [続きを読む]
  • らぶらどる物語14
  • あらら  もう14話になっちゃった!長くて すいません。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆犬子供達・母達の勝手気ままな余興は結局朝方まで続き 飲めや食えやの らんちき大騒ぎ余興のシメは仮装。 青森から来てくれた さくらちゃんとさくら親父さんの仮装は勇ましい人形ねぶた  東北三大祭り ヤーヤドー。 納豆・ご老公様と干し芋地方の住人の みはね夫人とマッピー・恋奈ちゃん。(微笑ましいを素通りして [続きを読む]
  • 犬のいない生活
  • お得体験500円ポッキリを経て 本格的にヨガ教室に通い始めた。目立たない色にしたヨガマットマットの色は地味だが 大いなる失敗だった。まな板の鯉・・・・・ つまり自分がソートーに目立ってしまった。先日  ヨガの後に 女の子先生が来てズンバというのを指導してくれた。推定 身長170センチ  体重45キロ  手足がカマキリのように長くてカッチョイイいろいろと刺激的で大笑いで楽しかった。「毎月一回  ズン [続きを読む]
  • らぶらどる物語13
  • 上・下界のらぶらどる達が余興で楽しんでいた頃すっかり忘れていたが 物語の発端であるスタースマホの事件解決のために地味に活動中の皆様方。ミカン鍋・瓦そば地方から参加してくれた みにむさらママと天界で宅急便屋に出世した みにむ社長とさら営業部長は 水入らずで露天風呂に入っていました。久しぶりの親子での入浴は しみじみと楽しく 2犬は母のタルタル腹に鼻をグリグリして 思いっきり甘えたのでした    同じ [続きを読む]
  • らぶらどる物語12
  • 12月24日といえば聖夜下界の聖地・栃木と天界の聖地・虹の橋はこの夜  にぎにぎしく  かつ  強引に姉妹都市となった。(勝手だが)下界代表 らぶらどる長老ビリーブちゃん(不滅の16歳)天界代表 わしゃ神様じゃと自ら名乗るチワワ(陸斗君)による素朴で地味な握手。調印式(?)に続き 天界のらぶらどる 下界のらぶらどるによるゆるい出し物が始まったので いくつか紹介せねばならぬであろう。まずは みはね家 [続きを読む]