Hiro Tamura さん プロフィール

  •  
Hiro Tamuraさん: Hiro's art
ハンドル名Hiro Tamura さん
ブログタイトルHiro's art
ブログURLhttp://hrdhiro.blogspot.com/
サイト紹介文ハーレーダビッドソン、ビューエルの最新情報やフューエルインジェクションチューニング  (EFI)
自由文ハーレーダビッドソンのメカニックを日本とアメリカのハーレーディーラーでやっておりました。その後もアメリカのハーレー業界に深く関わり、その経験、体験談などをいろいろつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/07/02 11:09

Hiro Tamura さんのブログ記事

  • 120"/124" Big Bore Kit for 2017 Milwaukee Eight
  • Suburban Speedから早くも2017年ミルウォーキーエイト (Milwaukee Eight)用ビッグボアキットがリリースされました!107”→120”(1966cc)CVO114”→124”(2032cc)もちろん、ボルトオンです!クランクケースの加工などは不要です!ミルウォーキーエイトは、ボルトンで124”(2032cc)までいける、かなりポテンシャルの高いエンジンです。今後が非常に楽しみです!キット内容:ピストン、 [続きを読む]
  • TBR-Gen2 2:1 Megaphone Exhaust System
  • TBR (Two Brothers Racing)からレーシーなステンレスメガフォンエキゾーストシステムが新しくリリースされました。2ステップヘッダーパイプでTBRらしく排気効率も考えられたデザインになっています。仕上げは、ステンレス地、セラコートブラック、ポリッシュが用意されています。2014-2017年のスポーツスター、2006-2017年のダイナに対応。HRDは、TBRの正規ディストリビューターです。ご興味のある方は、HRDまでお気軽にお問い合わ [続きを読む]
  • HAMMER PERFORMANCE ビレットマニホールド!!
  • HAMMER PERFORMANCEのスポーツスター用ビレットマニホールドです。CV40mmキャブレター、ミクニHSR42/45/48キャブレター用に各種用意されています。また、2007年以降のフューエルインジェクションモデルのシリンダーヘッドにキャブレターを取り付けることができるインテークマニホールドもあります!!新しいインジェクションヘッドは、以前のヘッドよりもエアフロー効率が良く、2003年以前のスポーツスターエンジンにも載せ [続きを読む]
  • Burn's Stainless 極太、ロング 2:1エキゾーストシステム
  • NHRAやNASCARなどのレーシングマシンにエキゾーストシステムを提供しているバーンズステンレス(Burn's Stainless)で製作したHRDデザインの極太、ロングの2:1エキゾーストシステムです。ヘッダーパイプは、1 7/8"- 2" - 2 1/8"の3ステップタイプで集合部分は、3”もあります。マフラーの直径は、4.5"。今までにはないアルミ削り出しのビレットマウントブラケットでマフラーを固定します。長さやO2バングの個数などもカスタムオ [続きを読む]
  • JIMS135エンジン+T-manアップグレード!!
  • JIMS USAのJIMS135エンジン(2212cc)。そのままでも馬力:130ps/トルク:18kg-m以上を発揮する高出力エンジンです。これだけの出力がでていれば、あの重いハーレーの車体が恐ろしく凄まじい勢いで加速していきます。しかし、そのエンジンをノースカロライナ州のT-man Performanceで更にアップグレードさせたエンジンキットを岡山県のRiver Field Performanceさんで組立/取り付け/チューニングをされました!それでは、 [続きを読む]
  • D&D M8 Billet Cat 2:1 Exhaust System for Milwaukee Eight
  • (*写真は、ツインカムエンジン用のBillet Catです。)高い性能を誇るD&D Exhaustから早くも2017年ミルウォーキーエイト (Milwaukee Eight)用の2:1フルエキゾーストシステム "M8 Billet Cat " がリリースされることが決まりました!!ヘッダーパイプは、1 3/4" - 1 7/8" - 2" - 2 1/8"の4ステップデザインです!仕上げは、クロームとブラックの2種類。エンドキャップは、Straight Cut, Fish Cut, Race Cut, 30 Degree Cutの4種類 [続きを読む]
  • Part 3:ナイトロスオキサイドシステム (Nitrous Oxide System)について!
  • それでは、どうやってナイトロスオキサイドシステムを制御していくのか?まず、考える必要があるのは、「ナイトロスオキサイドシステムでどのくらいの酸素(亜酸化窒素)をエンジンに供給したいのか?」です。当然、供給量が多ければ多いほど馬力は上がります。大げさな話しではなく、既存の馬力に+100馬力も可能です。ただし、エンジンが耐えることができればですが・・・その為、ナイトロスで追加する馬力によっては、フライ [続きを読む]
  • Part 2:ナイトロスオキサイドシステム (Nitrous Oxide System)について!
  • ナイトロスオキサイドシステムと言ってもボルトオンキットで、ただ取り付ければ良いというものではありません。また、使用目的によって、ジェットのサイズ、モジュールでのコントロール、ボトルヒーター、レギュレーター、プレッシャーゲージなどいろいろシステムを組み合わせていく必要があります。その為には、EFIチューニングの技術に加えてエンジンというものをもう少し工学的な面で把握できている必要があります。当然のこと [続きを読む]