asako さん プロフィール

  •  
asakoさん: あっぱれオーストリア
ハンドル名asako さん
ブログタイトルあっぱれオーストリア
ブログURLhttp://takemiyo.blog95.fc2.com/
サイト紹介文リンツ(オーストリア)在住10年越。日常のおかしな事、おもしろいことを紹介します。
自由文10年いても、まだまだ目からウロコということもたくさんあります。お楽しみに〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/07/03 18:59

asako さんのブログ記事

  • 前言撤回 ノープロブレム!
  • 日本人特有のものなのか・・・・私は、これをやります。というようなことを約束したら、大抵は撤回せず、やり遂げようとする。それが些細なことであっても。私は、口にしてしまうと前言撤回が容易にできないタイプの人。なので、逆に予定が決まったらそれに向かって心を含め、準備がはじまる。オーストリアでは、その場その場の気分で発言する人が多く、昨日の発言が今日の行動と結びつかなくても、ノープロブレム Kein Problem ! [続きを読む]
  • アテネへ出張(ウィーンから直行便)
  • 1泊2日でアテネ出張行ってまいりました。コミュニケーションがとれている得意先様なのでとくに緊張することはありませんでしたが、乗り継ぎなし、時間にして3時間だけど、飛行機って疲れる、と感じる年頃になったようです(笑)10年ぶりくらいのアテネ・・・金融危機からは立ち直りつつあり、以前のような廃れた感じは薄れているように感じました。訪問先も、売上好調のようで、ひとときのような「支払い遅延」もなくなりました。 [続きを読む]
  • 黙っている方がいい時もある
  • 私の働いている会社は、海外取引をしているので、営業メンバーは半分以上外国人(オーストリア人ではない)とはいえ、住んでいるのはオーストリアで、社内も圧倒的に総数はオーストリア人が多い。きた当初から最初の5年は、オーストリア人の発言や行動をストレスに感じることが多かった。それ以降は、免疫がついたこともあり、やりすごせるようになった。と思っていた。対応の仕方が板についてきた、というか自分の中での処理方法 [続きを読む]
  • 初モロッコ(マラケシュ)
  • 3泊でマラケシュに行ってきました。ウィーンからの直行便で約4時間のフライトです。11月初旬、気温は10度から22度という感じで、陽がでているとあたたかいのですが、日陰や日が沈んだあとは薄うダウンをきて、さらに念のためのスカーフも最終的には活用するしている。今回のたびは、ちょっとした社内旅行のようなもので、グループ会社の上の方達と奥さんが招待されている。フランス、イギリス、ドイツ、オーストリア、スペイン、 [続きを読む]
  • 2日連続でヨガへ
  • 気温がさがると、ホットヨガのレッスンもにぎわってきます。このところ、週1くらいでしか通えなかったのです。が、挑戦してみたいという友人の高いモチベーション&主人が留守という「2つの理由」が重なり、土日と2日連続で75分うけてみました。おわってみれば、「身体がうれしがっている」だけでなく「精神的な達成感も大きく」行ってよかったという優越感に包まれる、日曜日の午後(笑)毎回、来ている方でそれも男性2名。そのう [続きを読む]
  • 米麹を作ってみる
  • 米麹は買うものだとおもっていた。母が、味噌作りをはじめ、大量の米麹が必要になるので、米麹を自分でつくってみる!と聞いた時は、「へぇーつくれるんだ」と驚いたものです。日本に住んでいたなら、味噌作りをすることになっても米麹は自家製という発想はなかったと思う。でもここはオーストリア。母にも、手作りをすすめられ・・一体どういう仕組みなんだろう・・・といろいろ検索すると、いるいる!多くはないけど。ヨーロッパ [続きを読む]
  • 2度目の肉まん
  • オーストリアにいると、「肉まん」におめにかかることはまずなく(笑)テレビのcmにもでないし、コンビニなどそもそもないので、思い出すきっかけは両親や友人との会話だったりする。すると、さっきまですっかりわすれていた存在なのに、急にたべたくなり、食べたくなる=自分でつくる しかありません。肉まんの皮レシピは、ひと昔まえは、ドライイーストで、最近ではベーキングパウダーとドライイーストを混ぜるレシピが主流です [続きを読む]
  • デュッセルドルフから車でオランダへ
  • なかなかお会いする機会のないお客様を訪問することになりました。リンツからデュッセルドルフは飛行機で1時間ちょっと。そこから車で約120キロの距離なので、1時間ちょっとドライブ。車の運転は慣れている、ナビもある、さらにアポまでの時間も十分間に合う予定。なので何も心配することはない(といいきかせ)日本ならば、1時間フライトの1時間半車・・・というのは、東京から金沢へ飛び、そこでレンタカーして福井まで行く感じ [続きを読む]
  • 紅茶キノコ(KOMBUCHA)はじめてみた
  • こんぶ茶ではないのです(笑) どうして、そのままコンブカと訳されなかったのか不思議ですが、日本では紅茶キノコとして広まっています。紅茶で培養されるキノコ種なので、理にかなっているネーミングではあります。発酵食品ですから、期待できる効果は当然たくさんあります。とにかく、腸環境改善・向上に役立ってくれればそれでいいし、のどがかわいたときにミックスして飲むだけなので特別な心構えもなく、簡単にはじめられる [続きを読む]
  • あいつはカメだと言われたら、怒るべき?!
  • 日本でも馬の耳に念仏、とか豚に真珠とか動物を比喩でつかいますよね。オーストリアでよく聞く表現。「er ist eine Turtle」 = He is a Turtle = 彼は亀だ 1日1回は聞く、とても使われる頻度のたかい日常的表現です(笑)どんくさい、愚か、おバカさん、というときに使われます。そういえば、私は口にしたことがない。けれど、意味もニュアンスもよく理解できていました。でもふと、日本では、ダメな人というとき「アイツは亀だ」 [続きを読む]
  • シュニュッツエルのおいしさ(Linz)
  • オーストリア料理代表に選ばれる、ウィーン風トンカツ=ヴィエナー シュニュッツエル私にはレストランで、何を食べていいかわからないとき「これに限る」というメニューです。私たちのお気に入りレストランは、Notmuhle : Altenberger St.217. A4203 Linz車じゃないといけない場所にありますが、口コミのせいかお客さんで賑わっています。揚げ物は油によるところが大きいとよくいわてていますよね。シュニッツェルはラード,バター [続きを読む]
  • 自家菜園そろそろ終わりかなぁ
  • オーストリアでの最後の夏日といわれた、31度の9月21日が過ぎ、気温はクールダウンしている。菜園もちょっとずつ、お掃除して、冬越えの状態をととのえていかないと・・・と思い、今日はたくさん棒をたてていたトマトときゅうりをお片づけしました。毎年、この作業をちゃんとしているか・・・というとそうではなく(笑)じつわ、毎年タイミングをのがして、11月の底冷えする時期にするはめになり、冷える&鼻水出るしで「最低限の [続きを読む]
  • 驚きの収穫量(洋梨)
  • 壁沿いに這うような感じで育てられている洋梨の木。木は2.5meter ほどの小ぶりな株なのに、毎年なにもしなくても大量の身をつけつづけている。私が知っているだけでも、18年。自然の営みとはいえ、毎年実をつけるのはなんとも健気です。詳しく聞いてみると、樹齢90年近い老木。果樹は10ー20年で朽ちてしまうらいしい。うちのは平均をうわまわる驚きの生命力を持つ木!ということでこれは後継をつくらないと・・・。となり、枝を桜 [続きを読む]
  • パン屋さん老舗BRANDLの裏方が見られる日
  • 10月4日 18時から21時 大好きなパン屋さんで、パン作り工程を公開するイベんんとがあるらしい。土曜日、パンを買いに行った際に偶然目に入り、チケットをもらった。同じようなイベントをするパン屋さんはブランデルだけでなく、PANI(Perg), Resch(Krems),Schaupp(Maria Neustiff) と四箇所。チケットはパン屋さんで入手可能です。裏方が覗けるなんて、すごく惹かれます。都合がつけば行ってみたい! [続きを読む]
  • 枝豆がたくさんとれました
  • 昨日は、リンツで光と音楽の祭典「Klangwolke」が行われ、夜8時から?はじまったドナウ川ぞいでのショーには11万人が鑑賞したとか。今年は行こうとおもっていたのですが、いざ人混みをみると「めんどくさい」と思ってしまう。さらに11万人なんてきいたら、行かなくて良かった・・・などと昨日の判断を肯定する自分がいる。でもいってみたいなぁと・・・・という淡い期待は失せないのでした(苦笑)さて、夏が長く、気温の高い日が [続きを読む]
  • 初クロアチア・ニン(NIN)の塩がすごすぎる
  • ニン(クロアチア)は、ザダルから車20分程度の距離です。昔ながらの伝統方法で塩づくりをしています。それも1500年以上前から同じ方法で・・私は行く前は、海塩だから、日本と同様(といっても私のイメージは乏しく・・・>海水を時間をかけて乾燥させるってな程度)かと思っていました。が・・・現れたのは、水田のようにみえる、かなり広い区画。ぱっと見、田植え前のたんぼのよう。何がはいっているのか、どういう仕組みなのな [続きを読む]
  • バイオリンで有名なMittenwald ?
  • 旅行の途中で立ち寄った、Mittenwald (Germany) 家の壁に描かれたフレスコ画とバイオリン製作の街です。背景の山もすばらしい。もちろん知りませんでしたが(笑)17世紀からバイオリン製作されているバイオリン伝統の地のようです。きっと音楽関係の人なら「知ってるよ」となるのでしょう。今なお当時の伝統をうけついだ製作方法が継承されている。たまたま通りかっかったところで、他の人が写真をとっていたので・・つられてとり [続きを読む]
  • 初めてのクロアチア旅行・魚市場に感動
  • 8月の休暇を利用してクロアチアに行ってきました。歴史ある建造物が残されていて、いい状態で見ることができます。感想:また行きたい!海=魚介類がおいしい!自然の造形がすばらしくてためいきもの!もう少しこの国や旧ユーゴスラビア諸国の歴史を知りたいとおもった!(ユーゴスラビアが7カ国に分裂というか独立したのが1991年、私はいって見るまでドブロニクがクロアチアの飛び地だとはしらなかったほど、無知な自分に気づきま [続きを読む]
  • 芸術的なオクラ
  • 去年、畑で育ててみたオクラ・・・・低温の夏だったせいか育ちませんでした。なので、今年はダメもとでベランダのプランター栽培をしてみた。成長は遅いけれど、先日なんとか実をつけるところまでこぎつけました。まだ1回目の収穫なので1本の苗から何個のオクラが収穫できるのかわかりませんが、20本くらいの苗がそだっています。ふわふわ、ぎっしり生えている産毛がなんだかかわいくて写真をとってしまいました。ちょっと芸術的じ [続きを読む]
  • 蕎麦の花
  • 蕎麦って育てやすく(育てるというのはおこがましいほど、どんな環境でも自ら育ってくれる(笑)気温が低くても育つ乾燥してても育つ高さがあるので風除けになるまた・・・蕎麦は他の植物の発芽と育成を阻害する成分を根から出すため、他の作物を植える前後に栽培することによって、除草効果も期待できるさらに、よくみると花がちょこんと葉っぱの上に乗ってるような感じで、まるで生け花のよう・・・どれも葉っぱとセットで咲いて [続きを読む]
  • セロリは夏野菜だった
  • 畑のセロリがすくすくと育っている。苦手だという人が多い、あの独特の香りも「鎮静効果がある」らしい。茎よりも葉に栄養があるというので、うちでは朝のスムージーとして活用しています。(というか・・・筋ばっているのでそれ以外においしくいただける方法が見つからない)ジュースだと葉が入っていることすら感じないので、キウイや桃など少し甘めのフルーツとミックスしています。30度を超える夏日が続いてはや1週間・・・天 [続きを読む]
  • うどんこ病は日本だからこそだった?
  • ズッキーニはなんてすくすく育っておおきくなってくれるんだろう・・と思っていたら、うどんこ病があっという間にひろがった。1株3ー4個は収穫したので、かぼちゃにうつってもいやだしと寿命をおえていただきました。うどんこ病とは、葉っぱに小麦粉がかかったように、白くなっていく病気。白い粉のようにみえるのは、カビらしい。片っ端からうどんこ病発症した野菜をぬくのは忍びない。万能薬の Brennnesselは効くのかな?そもそ [続きを読む]
  • Stirnhöhlen Entzündung って副鼻腔炎なのか?
  • 健康おたくなわたしが・・・10年ぶりくらいで、抗生物質をのむことになったのが4週間ほどまえ。免疫力が弱ったり、腸が荒れたりというは聞きおよんでおりましたが、ほんとうにコロッと夏風邪っぽいのにかかるとは。やたらと体がだるいなぁ、今日ヨガ休もうというだるいモードで日曜がはじまりました。お昼すぎになると、ソファーにねころがり、食事をする気力もなくなっていた。なんだか変だなぁと思ったけど、たぶん天候不順の「 [続きを読む]
  • 湖に癒される
  • 疲れた時にいきたくなる、お気に入りの湖 Altaussee リンツからも1時間半くらいなのでお手軽に週末を利用していけます。ここではお天気が晴れでなければせっかくの景色やお散歩が楽しめません。この街は小さな個人ん経営のホテルが多いです。部屋のまどからはのどかな風景。早朝時の写真なので光の加減がふわりとやさしい。あまり観光地化していないし、人も少なく、環境保護意識がたかい事も感じられ散歩道にも気遣いが感じられて [続きを読む]