マックベビーUSA さん プロフィール

  •  
マックベビーUSAさん: マックベビーUSA 卵子提供 エージェンシー
ハンドル名マックベビーUSA さん
ブログタイトルマックベビーUSA 卵子提供 エージェンシー
ブログURLhttps://ameblo.jp/mac-baby/
サイト紹介文マックベビーUSAは米国ロサンゼルスにある、卵子提供、代理出産専門のエージェンシーですwww.macbaby.us
自由文マックベビーUSAでは全ての料金設定を低く、明確にし、ご夫婦が安心して治療が受けられるようになっております。
http://www.macbaby.us

そして不妊治療の看護婦経験をもつスタッフが個々のサイクル過程をひとつひとつチェックし、クリニックの看護婦、医師と確認し合いながら進めております。

不妊治療の看護婦であるスタッフから見た不妊治療の現場をブログでお知らせしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/07/04 03:29

マックベビーUSA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夏最後の採卵終わりました☆
  • 皆様、こんにちはマックベビーUSAです。 ようやく夏休みの採卵ラッシュが終わり、ロサンゼルスの季節は秋に変わりつつあります。 早朝5時から採卵にご協力いただきましたドナーさんへ、クリニックから素敵なプレゼントが渡されました? 中身を見せていただきましたところ、お腹専用湯たんぽ(洗えるカバーついてます)、帰りの飛行機の中で履ける暖かい靴下と清潔感のあるスリッパが入っていました。 ご帰国の飛行機に乗る際に血 [続きを読む]
  • 同じドナーさんを使っても、胚盤胞数やグレードが全く違います
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 ロサンゼルスはすっかり夏の気候になってまいりました。 さて、この度2名の弊社でご登録されている経験ドナーさんがタイでも採卵を行い、培養方法、融解方法、培養液、培養士の技術の違いを比較できる機会がありましたのでご報告いたします。 その経験ドナーさん達は、共に弊社のロサンゼルス提携クリニックでそれぞれ3回、2回の採卵経験がありました。毎回25個〜35個の採卵数という結果 [続きを読む]
  • 原因不明の不妊や流産は銅等のミネラルの値が関係しているかもしれません
  • 皆様、こんにちは。 マックベビーUSAです。 無事4月の個別説明会が終わりました。 ご参加いただきました皆様、お忙しいところご足労いただきまして誠にありがとうございました。 初めて桜が満開の時期に説明会が重なり、美しい日本を堪能させていただきました。素晴らしい景色に心が洗われて清々しい気持ちになりました。 日本のバックアップクリニックで血中の銅の値を不育症として定期検査されていること [続きを読む]
  • 個別説明会のお知らせ 〜 4月15日(土)、4月16日(日)
  • 皆様 こんにちは、マックベビーUSAです。ロサンゼルスはとても暖かくなってまいりまして、もうすぐイースターの時期になります。 さて、4月15日土曜日、16日日曜日に毎年恒例の個別説明会を開催させていただくことになりました。個別説明会では、弊社の卵子提供プログラムのご説明、サイクル前に行っていただきたい不育症の検査のご説明、ドナーさんのプロフィールの閲覧をしていただけます。代理母出産プログラムの説 [続きを読む]
  • 代理出産、赤ちゃんがNICU新生児集中ケアー施設へ転院
  • 皆様 こんにちは、マックベビーUSAです。 代理出産で予定日より4週間早く生まれてきた赤ちゃんが、自力でおっぱいやミルクを飲むのがまだ難しいという診断を受け、NICU新生児集中ケアー施設へ転院となりました。 泣き声は小さいのですが、名前を呼びかけますとすぐに反応して手足をバタバタと早く動かしてくれて、とても愛おしいです。 一部屋に6人の赤ちゃんが集中ケアー用の各ベッドにセッティングされており、 [続きを読む]
  • 代理出産、赤ちゃんがNICU新生児集中ケアー施設へ転院
  • 皆様 こんにちは、マックベビーUSAです。 代理出産で予定日より4週間早く生まれてきた赤ちゃんが、自力でおっぱいやミルクを飲むのがまだ難しいという診断を受け、NICU新生児集中ケアー施設へ転院となりました。 泣き声は小さいのですが、名前を呼びかけますとすぐに反応して手足をバタバタと早く動かしてくれて、とても愛おしいです。 一部屋に6人の赤ちゃんが集中ケアー用の各ベッドにセッティングされており、 [続きを読む]
  • 移植前に自己免疫疾患の点滴が可能になりました
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 弊社では着床障害、流産のリスクを下げる為に、サイクル前にアップデートされた不育症検査を行っております。 不育症検査結果では4人に1人の割合で1つ以上の項目に引っかかっており、サイクルが始まる前に値を一定にするお薬を開始し、内膜、ホルモンの調整をされております。 今年から、検査結果で自己免疫疾患の疑いがあると診断されました患者様が免疫を下げる点滴 [続きを読む]
  • 今年最後の代理母さんのご移植
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 クリスマスまであとわずかとなりましたが、如何お過ごしでしょうか? クリニックではクリスマス休暇の直前に代理母さんの移植ラッシュが続いておりまして、本日今年最後の代理母さんへの移植が終わりました。 移植が重なりますと、出産日も大体前後しますので、10か月後にまた忙しくなることでしょう。 クリスマスの行事の最中での移植というのは、とても和やかで世 [続きを読む]
  • 検査を用いて家族の遺伝病から赤ちゃんを守る
  • こんにちは、マックベビーUSAです。 こちらはクリスマス一色になり、街ではクリスマスキャロル、サンタクロースのイベントが盛んになってきています。 今回は着床前診断についてのお話をいたします。 以前は着床前診断を受けられない患者様もおりましたが、最近では昔のような検査におけるダメージというリスクがほぼなくなり(ゼロということは医学上表現できません)自己卵でもドナー卵でも関係なく必ず受けられ [続きを読む]
  • 個別説明会のお知らせ 〜 1月7日(土)、1月8日(日)
  • 皆様 こんにちは、マックベビーUSAです。来年の忙しい時期ではございますが1月7日土曜日、8日日曜日に毎年恒例の個別説明会を開催させていただくことになりました。個別説明会では、弊社の卵子提供プログラムのご説明、サイクル前に行っていただきたい不育症の検査のご説明、ドナーさんのプロフィールの閲覧をしていただけます。代理母出産プログラムの説明も行っておりますので、ご予約の際に代理母出産希望の旨をお知らせ願 [続きを読む]
  • 11月にご移植された方10名中、9名が妊娠判定をうけました
  • 皆様 こんにちは。マックベビーUSAです。 ロサンゼルスでは毎日寒い日が続くようになり、冬になりました。 さて、11月にご移植されました10名のうち9名のレシピアント様がご移植後の検査でご妊娠判定を受けられました。 今年最後の移植サイクルを締めくくるには最高の結果となりました。 ご妊娠判定を受けられた方の中には3回目のご移植に挑戦された方もおりまして、先日のブログでお話しましたように前回の [続きを読む]
  • 米国卵子バンクの内情
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 最近は米国では卵子だけを凍結する卵子バンクがかなり流行ってきているようです。 ドナーさんの採卵後、精子と受精させることなく凍結させ、卵子バンクに登録されます。 ご夫婦にとっては、自分のスケジュールに合わせられるということと、卵子が既に確保されているので手軽にいつでも受精、移植が可能、しかも体外受精費用は全くかからないという、ファーストフード的な [続きを読む]
  • TSHの値が移植サイクル中に上昇
  • 皆様、こんにちはマックベビーUSAです。 ロサンゼルスもだんだん肌寒くなってまいりました。 いつも弊社のブログを読んでくださり心より感謝しております。 弊社のブログはどこにでもあるような一般的なトピックは書いていませんし、インターネットで検索すればわかるものをお知らせしても、あまり意味がないと思っています。 弊社のブログは主に自己卵で5回以上体外受精をされているが成功されていない方、卵 [続きを読む]
  • 40歳代の染色体異常の現実
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 代理出産の立ち合いが重なっていまして、ブログ更新が遅れていておりまして大変申し訳ございませんでした。 お伝えしたいことが沢山ありましたので徐々にアップさせていただきます。 先日41歳の知人の自己卵での体外受精と着床前診断を受けました。 ご年齢にしてはAMHの値も良い方で、誘発後の採卵数は30個、受精卵が18個、胚盤胞が8個という40代には珍しい、かなり [続きを読む]
  • 大切な受精卵がメキシコから届きました?
  • 皆様、こんにちは マックベビーUSAです。 昨日無事にメキシコの国境を越えて、大切な受精卵がロサンゼルスに届きました。 この受精卵は当初の予定ではすぐに代理母さんに移植されるはずだったらしいのですが、エージェントさんの指示で送ったインドで代理出産の規制がかかってしまい移植できず、その後新たな指示でタイに運ばれましたが代理出産の規制がかかり移植できず、またまた遠い海を越えてはるばるメキシコにや [続きを読む]
  • 染色体異常の確率と母親の年齢の統計 ~FSACクリニックより〜
  • 皆様、こんにちは。 マックベビーUSAです。 ロサンゼルスは風が強く、肌寒い日が続いております。 本日はFSACクリニックが行いました、染色体異常の確率と母親の年齢についての統計をご紹介させていただきます。 2013年1月から2013年12月の間に着床前診断CGHを受けられました、337名の5日目胚盤胞と6日目胚盤胞が対象になっております。 この期間にCGHを行い、5日目胚盤胞、6日目胚盤胞になりました合計1 [続きを読む]
  • うつ病や不安症は体外受精の成功率をさげる要因になっている?
  • 皆様こんにちは、マックベビーUSAです。こちらは長いイースター休暇も終わり、暖かくなってまいりました。学校の春休みを利用してドナーさんが一斉にサイクルに入られており、待合室が和気あいあいとした雰囲気になっています。 移植時にレシピアント様から「妊娠率を上げる為に何かすることはありますか?」という質問をよくいただきますが、ドクターからはとくにかく心配しないでリラックスすること、リラックスできれば体から [続きを読む]
  • 〜新しい着床前診断NGSのお知らせ〜
  • 皆様こんにちは、マックベビーUSAです。 FSACクリニックでのミーティングで、培養士ドクターより発表がありまして、来年よりFSACクリニックでは最先端医療の着床前診断 ”NGS”が可能になります。 NGS(Next Generation Sequence)は2008年に医学会で発表され、検査の有効性の認可を受けるまで症例を出す必要があり、かなりの年数がかかっております。 全染色体を検査されることが可能になった7年前のアレイCGHの [続きを読む]
  • 1回目の移植が着床しない原因は子宮内膜の細菌かもしれません
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 ここ半年前あたりから、1回目の移植で着床されなかった患者様の抗生物質の種類をかなり強い抗生物質に変更しております。 あらゆる感染を防ぐ為に移植前に、ご夫婦共に強い抗生物質を服用していただいておりますが、かなり強い抗生物質でも退治できない細菌があるそうです。 もし移植前に処方された抗生物質が細菌に効いてない場合は、受精卵を移植する子宮内膜にいる細 [続きを読む]
  • 妊娠判定ミスがおこらないようにするには
  • 皆様、こんにちは。 マックベビーUSAです。 感謝祭も無事終わり、ロサンゼルスは段々とクリスマスの気配が近づいています。 クリニックは12月18日からクリスマス長期休暇に入る為、12月中旬まで採卵、移植のサイクルがかなり重なってしまいバタバタしております。 今回は日本での妊娠判定血液検査についてお話しさせていただきたいと思います。 先月のことですが、ご夫婦から陰性の報告がまいりまして [続きを読む]
  • 個別説明会のお知らせ 1月10日(日)、1月11日(月)
  • 皆様 こんにちは、マックベビーUSAです。来年の1月10日日曜日、1月11日月曜日に毎年恒例の個別説明会を開催させていただくことになりました。個別説明会では、弊社のロサンゼルスでの卵子提供、および代理母プログラムの詳細のご説明、サイクル前に行っていただきたい不育症の検査のご説明、ドナーさんのプロフィールの閲覧をしていただけます。代理出産プログラムの詳細を希望されていらっしゃる場合はご予約の際に代理母 [続きを読む]
  • 凍結卵で新鮮胚移植のチャンスがある?
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 10月半ばを過ぎましたが、ロサンゼルスははまだ30度を超す残暑があります。 本日は着床前診断を受けなかった凍結胚を融解して、新鮮胚移植で戻すというお話をさせていただきます。 昔の凍結と違って今は瞬間凍結になりますので、凍結の際に受精卵が受けるストレスはかなり少ないといわれていますが、それでも2回の凍結は受精卵にはそれなりにストレスがかかります。その [続きを読む]
  • 今の時代、3日目戻しはもうナンセンス
  • 皆様、こんにちは。マックベビーUSAです。 昔は高年齢だったり、育ちが若干遅い受精卵は胚盤胞になるのを待たずに3日目で移植をしていた時代もありましたが、着床前診断で全染色体の検査が主流になった今では、胚盤胞に育ってから移植するのが一般的だそうです。 弱いと思われる受精卵はできるだけ早めに子宮に戻してあげて、環境の整っている子宮で成長したほうが着床率が上がるというのはもうはるか昔のアイデアで、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …