小松新一 さん プロフィール

  •  
小松新一さん: 小松新一のブログ
ハンドル名小松新一 さん
ブログタイトル小松新一のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinichi-komatsu/
サイト紹介文家庭菜園を中心に日々の生活を綴る。健康やダイエット、パソコンなども。
自由文ブログを始めたばかりですが、すっかりはまっています。家庭菜園はすでに20年くらいやっています。マニュアル本などに書いていないことも紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2011/07/04 13:28

小松新一 さんのブログ記事

  • アイコンが突然変わってしまったのは何故?
  •  パソコン触っていたら、突然デスクトップ上のアイコンに進入禁止マークが付いてしまいました。ずっとこのままではなくてスピーカのマークやらと色々と変化していきます。パソコン操作は普通にできるので問題はなさそうですが、何かウィルスに感染してしまったのではと嫌な気分になりますね。ネットで検索して対処方法を探してます。ともかく最近のIT機器は分からないことが多過ぎですね。 [続きを読む]
  • やっとタマネギを定植
  •  畑荒らし騒動で前回行ったときにできなかったタマネギの定植、やっと終わりました。今年は最初に蒔いたタマネギが発芽状況が良くなく、9月中旬以降に蒔き直しました。そのために苗の育ちが遅く、ご覧のようにかぼそいものばかり。何とか根付いて冬を越して貰いたいものです。12月には霜にやられないようにネットでトンネルをするつもりです。2月以降は肥料を追加しないようにしないと。2月以降に追肥すると、腐りやすくなって保 [続きを読む]
  • 富士山に沈んでいく太陽
  •  富士山に沈んでいく太陽。12月になれば山頂に入る夕陽が見えたかも知れませんが、この場所は今回でクローズされてしまいます。山中湖周辺はたくさんのテニスコートがありますが、クレーコートは冬場は使えなくなります。シーズンの最後に宿が主催するテニストーナメントがあってそれに出場しました。結果はあえなく1回戦敗退。来年もまた来るぞと、富士山に誓いました。 [続きを読む]
  • サーモスパッキング交換
  •  保温や保冷用の水筒としてサーモスを使っている人は結構いると思います。私もこれにスポーツパウダーを入れて冷えた水と氷を入れて良く使ってます。草臥れて家に帰ってきて洗うのを忘れてしまうと、あっという間にパッキングに黒いカビが出てしまうのが困ったもの。一度付くとゴムの中まで入り込んでしまうのか洗っても取れません。それだけで水筒本体ごと捨てるには勿体ない。それでネットで検索してみると、ちゃんとパッキング [続きを読む]
  • 最高の富士山
  •  先週末に山中湖に行ってきました。日曜日の朝8時くらいに見晴台まで自動車を走らせたら、もう駐車場は満杯。傍らに隙間を見つけて潜り込ませるように駐車。かなり冷え込んでいましたが、その寒さを忘れるくらいに雲ひとつない青空をバックに雄大な富士山が広がっていました。後で聞いた話によるとこの日の朝は赤富士が見られたほどだったそうです。2時間くらい早く行けば良かった…。 [続きを読む]
  • 船旅がしてみたいと思わせる処女星号
  •  食べ放題、飲み放題で2時間を過ごし、腹一杯でほろ酔い気分。酔い覚ましに大桟橋の方まで歩こうということになりブラブラと散策。目の前に停泊しているのは巨大なクルーズ船、処女星号。後で調べてみたら全長268メートル、排水量75538トンとまるで戦艦大和のサイズ。大桟橋から見ても見上げるほどの大きさに圧倒されました。いつかはこんな船でのんびりと旅してみたいものですね。 [続きを読む]
  • 赤レンガ倉庫へ一直線
  •  かつては赤レンガ倉庫まで貨物線があったという証の線路。実際に横浜博の時にはここを気動車や汽車が走っていたらしい。横浜博以降も残しておいてという要望はあったものの採算が見込めないという理由で廃線に。鉄道ファンとしては残しておいて貰いたかったですね。せめて路面電車的くらいでも。遠い筑波博は行ったのに、なんで近くの横浜博には行かなかったのだろうと今での悔やんでます。 [続きを読む]
  • 横浜ランドマークタワー
  •  先日、赤レンガ倉庫で食べ放題飲み放題でリーズナブルなお店があると誘われて横浜に行ってきました。桜木町で電車を降りて海の方に向かいます。目の前にあるのは文字通りのランドマーク。これが周囲を圧倒して目立ちますね。目的地の赤レンガ倉庫内で散々飲み食いして付近を散策していたら辺りはすっかり夜に。アルコール入っていてもランドマークが目印で迷いませんね。 [続きを読む]
  • 大山二重滝
  •  大山の下社から少し歩いたところにある二十社。そこにあるのが二重滝。上の方が二つに分かれているので、そう言われているのかも知れません。大山に降った雨が蓄えられて岩の中から溢れ出して滝となっているようです。下は二重社にある龍。狛犬の代わりかも知れませんが、大きな口をかっと開けて上を向いています。意外とコミカルな感じなので怖さがないですね。 [続きを読む]
  • 畑荒らしエスカレート
  • また出てしまいました、畑荒らし。荒らし方は更にエスカレートして種蒔きしたばかりの畝を足跡が横断しています。トンネルしたネットの上も踏みつけて支柱が曲がってます。ネットの上にもくっきりと足跡が。もう少ししたら食べられたはずのダイコンも踏みつけられて。タマネギを植え付ける予定のマルチも破られて引き裂かれてしまった。白菜も蹴り飛ばされてました。畑仲間と一緒に警察に行って事情を説明しましたが、パトロールを [続きを読む]
  • 電話機の歴史3台
  •  昭和館で見た昔の電話機3台。壁掛けの電話は関東大震災以降に普及したダイヤル式のもの。自動交換機が出来てから、ダイヤル式のものが増えて行ったのですね。それでも電話交換手という人たちが完全にいなくなるには数十年。次の写真は昭和8年から普及が始まったダイヤル型のもの。これは私は実際に使ったことがありません。最後は昭和25年から普及したもの。もしかしたら子供時代に自宅にあった電話かも。今では自宅に固定電話 [続きを読む]
  • 雪が無くなってしまった富士山
  •  前回台風が来た時に富士山の頂きが真っ白になっていたのですが、大山から見たこの日の富士山にはまったく雪がありませんでした。どうやらその後の強風でうっすらと雪化粧していたのが全部飛んで行ってしまったようです。ぽかぽかとしたこの日の陽気にぴったりな感じでした。 [続きを読む]
  • 大山山頂目指して登る人の列
  •  大山の下社から山頂を目指すにはまずこの階段。急な石段で背中にバッグを背負っているのでバランスを崩すと危ないです。ケーブルカーに乗るのも2本待ちというくらいのたくさんの人たち。その殆どがこの階段を登って山頂に向かっている感じです。山登りがブームになっているという話を聞いていましたが、これほどの人が集まってくるとは驚きました。きつい登りの後の清々しさ。きっとこれが良いのでしょうね。 [続きを読む]
  • 青空バックに紅葉
  •  昨日は雨が駆け足で過ぎ去ったたため、朝から良い天気に恵まれました。私は、初めての大山ハイキングに挑戦。良く晴れた空の下、汗だくになって大山の急な階段を登って行きました。気温も上がって絶好の日和でしたが、息もあがっていました。でも上を見れば真っ青な空をバックにして綺麗な紅葉が広がっていて心和みましたね。往復3時間の山道、小学生すら登っているというのに初めての私にとっては相当にきついものがありました [続きを読む]
  • 人間魚雷、回天
  •  昔読んだ少年向けの雑誌には人間魚雷回転を操縦して華々しく敵艦に体当たりして撃沈させた、と書いてあって褒めたたえるような感じでした。年齢を食ってみると自殺することを強要され、いったいどんな思いで死んでいったのであろうと考えるようになりました。死んだのはこの操縦者だけでなく運んで行った潜水艦そのもの深く潜れないために撃沈されて多くの乗員が亡くなりました。成功率も低く、これで戦局が打開できるわけでもな [続きを読む]
  • 懐かしい火鉢
  •  神保町へ行く前に九段下で下車すると目の前に昭和館があります。前から気になっていたのですが、昭和の歴史を振り返るという資料館でした。中の展示物からいくつか紹介したいと思います。これは火鉢。小さいころに親戚のおばあちゃんの家に行くとこれが置いてありました。やかんを載せると静かに蒸気を上げていたし、時はこれでお餅を焼いたりして。ストーブの代わりにこれで暖を取っていたのですから、今思えば相当に寒かったは [続きを読む]
  • 長オクラの種取り
  •  以前に御前崎フルーツファームさんから頂いた長オクラの種。昨年はそこから出来た莢から種取りをして今年播き、また今年も莢を茶色になるまで残しておきました。週末に台風が来て雨ばかりで家に籠ってやっていたのは、オクラの種取り。莢をナイフで真っ二つに割ると莢の中の様子が良く分かります。一つの莢から70個から100個くらいの種が採れたでしょうか。でも長オクラの発芽率は良くないので全部蒔いても何本が生き残るか。ま [続きを読む]
  • 神田古本まつり
  •  週末に都内に用事があり、時間が余っていたので神保町界隈を歩いてみました。やっていたのは神田古本まつり。この辺りに古本屋が沢山あるというのは聞いていましたが、行ったのは初めて。歩道上に屋台を並べてそこに古本がぎっしり。特定のジャンルに拘ったお店もあって覗いてみているだけで楽しいです。荷物になるので1冊も買いませんでしたが、ここ数年読んでいなかったのがまた読んでみたくなりましたね。 [続きを読む]
  • 箱根関所跡で取り調べ
  •  箱根に行ったときに箱根神社から関所跡まで歩いてみました。この辺りを歩くのも良いですね。箱根の関所のイメージが昔と違うと思ったら、勘違いではなくて道路を隔てて反対側に建て替えられたそうです。現在の方が昔の関所跡の場所に一致していて、建物も当時を出来るだけ再現しているとのことです。以前と建物の様子はまるで違いますね。これは江戸から出る女を厳しく取り調べているところ。人相書きとあっているか照合して尋問 [続きを読む]
  • 箱根神社の絵馬
  •  台風一過の後、箱根神社へ行ってみました。台風直後で参道は落ちた木の葉が一杯で地元関係者の方々が一生懸命に掃除されてました。石畳の参道もこうした地道な努力がないと維持されないのだと思い知らされましたね。箱根神社には外人観光客がたくさん。日本人より多いくらいの感じでした。そういうわけかぶら下げられた絵馬もご覧の通り。英語だけでは無くて中国語やアラビヤ語の絵馬もたくさんありました。日本の神様は優しいか [続きを読む]
  • 大和ミュージアムの10分の1モデル
  •  てつのくじら館の隣には大和ミュージアムがあります。お目当ては10分の1モデルの戦艦大和。子供の頃にプラモデルを何度も作った記憶がありますが、500分の1くらいでした。10分の1でも長さが2.63メートルもあり、如何に巨艦であったかが分かります。年間国家予算の4%もの費用が掛かったとか。子供の頃は凄いなあ、としか思いませんでしたが、今では何でこんなものを作ってしまったのだろうという疑問が湧き上がってきます。技術力 [続きを読む]
  • 台風一過の畑
  •  台風はこちらの畑にもたくさんの雨をもたらしました。雨がないのも困りますが、多過ぎるのも困ります。台風以前も毎日のように雨が降っていたせいもあって、畝間に足を踏み入れたらくるぶしまでズブズブと潜り込むほどでした。定植した白菜やレタスもぐったり。このまま萎れてしまうか立ち直るかは畑の神様次第。 [続きを読む]
  • 陸の上の潜水艦、皿の上の潜水艦
  •  先日の広島旅行で呉の方にも足を伸ばしてきました。行ったところは呉の「てつのくじら館」。後方の建物が資料館になっていて、その手前に実際に使われていた海上自衛隊の潜水艦「あきしお」がそのままの形で陸に引き揚げられて展示されてます。内部も一部見学出来て、潜望鏡などは実際に見ることが出来ます。資料館も内容が充実していて海上自衛隊の活躍ぶりが分かります。もう一つのお目当てはこれ、あきしおカレーです。一日限 [続きを読む]
  • 台風一過の痕
  •  昨日からたまたま箱根へ一泊旅行でした。台風直撃コースで昨日は何も出来ず昼から宴会。一夜明けてみたら青空の良い天気になりました。足下を見ると、台風の大雨で流された水が川を激流に変えていました。普段はこんな川なのですけれどね。 [続きを読む]
  • 雨の合間に畑
  •  本当に良く降る雨。やっと少し止んだ雨の合間に畑に行って様子見。ネットを掛けておいた野菜類。苗を定植しておいたレタスや白菜、ブロッコリなどがすくすくと育っているようです。種蒔きだけしてネットをしなかったところは結構虫にやられてますね。無農薬で頑張ってきましたが、虫退治に農薬に手を出しそうです。あれはやっぱり麻薬みたいなものでしょうかね。趣味で作っている分には良いけれど、生活の糧として栽培している方 [続きを読む]