小松新一 さん プロフィール

  •  
小松新一さん: 小松新一のブログ
ハンドル名小松新一 さん
ブログタイトル小松新一のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinichi-komatsu/
サイト紹介文家庭菜園を中心に日々の生活を綴る。健康やダイエット、パソコンなども。
自由文ブログを始めたばかりですが、すっかりはまっています。家庭菜園はすでに20年くらいやっています。マニュアル本などに書いていないことも紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2011/07/04 13:28

小松新一 さんのブログ記事

  • ショウガの収穫と漬物
  •  今年はじめて畑で挑戦してみたショウガがたくさん採れてます。元の種ショウガの10倍くらいにはなったでしょうか。1個ずつはそれほど大きくないのですが、次々と増殖していくような感じで小さいものがたくさん。生ではとても食べ切れないので、ラッキョウ酢で着けてみました。スライスして瓶にいれてラッキョウ酢を入れただけです。まだ着けて2日目で食べると結構辛いです。 このブログはUbutuというOSを入れた7年前のパソコンで [続きを読む]
  • Ubuntu再び
  •  Windows10のパソコンをスマホのテザリングで接続していると勝手な通信をはじめて通信料が増大して通信速度制限が掛かってしまい辟易してました。また膨大な通信がバックで始まるとパソコンの動きも急激に悪くなってしまいひどく使いにくいことになります。そこで昨年あたりに試しに使っていた別のOSであるUbuntuを古いパソコンにもう一度インストールしなおして最新版に。以前は使えないものが結構あってどうかなと思っていたの [続きを読む]
  • タイタニックと一緒に沈まなかったオーケストラ
  •  先日、河口湖オルゴールの森に行ってきました。ここには芸術品のようなオルゴールが多数展示されていて圧巻でした。またこの写真のようにオルゴールが発展した自動演奏のオーケストラがありました。この箱の中にパイプオルガンや打楽器、金管楽器などが入っていて圧縮空気で演奏するのです。指示を出すのは幅の広い紙テープ。コンピュータの原型がここにあると感じました。奥にあるのはタイタニック号に積まれるはずだったオーケ [続きを読む]
  • フィッシングかな
  •  Windows10でネットを見ていたら、いきなりこんな画面が出てきました。いかにもマイクロソフトが出しているような感じで焦りますよね。思わず更新ボタンを押したら、なにかクリーナソフトをインストールしろと出てきた。これは、まずいなと思って別のところからそのクリーナソフトについて検索。やっぱり怪しいクリーナソフトのようでした。危うくインストールするところでしたが、もしインストールしていたらまた治りかけていた [続きを読む]
  • コスモスの花
  •  10月に入っても30度を越える暑い日があったりして、天候は昔と違ってきたなという感じがします。昔は衣替えして10月からは上着を着るのが当たり前でしたが、今上着をきたら汗だくになりますね。我が家ではいまだに家に中ではTシャツ1枚です。暑いと思いながらも外を歩くとコスモスの花が満開状態で目を楽しませてくれますね。コスモスはどうやって秋を感じているのでしょうか。暑さ寒さではなくて日の長さで判断しているのかも知 [続きを読む]
  • Windows10アップグレード
  •  パソコンはWindows10のものにしておよそ1年半。ネットはスマホのテザリングで接続しているので従量制料金という扱いです。余計なアップグレードはしないモードだったのですが、何故か無視して猛烈なダウンロードが始まって他の通信ができない状態に。スマホの接続を切ってもう一度接続してもまた大量の通信。数ギガバイトのダウンロード結果はエラーばかり。自宅では無理があるので有線LANのあるところまでパソコンを持って行き [続きを読む]
  • ハロウィンがやってくる
  •  ずっと昔に推理小説を読んでいたら海外ではハロウィンというキリスト教の行事があるんだ、ということが分かりました。それから時を経て、まさか日本でハロウィンがこんなに盛り上がるとは思いもしませんでしたね。元々は収穫祭の意味合いなのでしょうが、何故かカボチャと仮装ばかりが目立ってます。みんな心の中では時々羽目を外したいという願望を持っているのでしょうね。他人に迷惑かけない程度にやりましょうね。ことしのDJ [続きを読む]
  • サツマイモ収穫
  •  畑に行ってサツマイモを試し掘り2回目。今度はまともなサイズのものでした。この畝は肥料分を減らすために刈り取った草を埋め込んだところ。後半にこういう埋め込みをしなかったところはもっと小さいものしか採れませんでした。肥料のやり方は本当に難しいと思いました。 このところパソコン、スマホの具合がイマイチ。スマホのテザリングで接続しているのですが、接続した途端に急激に通信量が増大。Windows自体が勝手に通信を [続きを読む]
  • 災害時に役立つラジオだけど
  •  ずっとずっと昔に何かの景品で貰ったと記憶しているリコーのAMラジオ。実は中身は鉱石ラジオで電波をそのまま拾ってイヤホンに出力するという電池不要なラジオ。テレビもスマホも懐中電灯もみんな電池がないとタダの不用品になってしまいますが、これは電池が要らないので電源を気にせずにずっと使えます。枯れた技術で作ってあったのか、相当な年代物ですがちゃんと受信できます。これは良いと、ネットを鉱石ラジオで探してみま [続きを読む]
  • 台風の痕
  •  今年はやけに台風が上陸してくるような気がします。前回はバイクが2台も倒されてリアボックスが大破したので、今回はあらかじめ前後の2台を入れ替えてカバーも紐で止めるなどして風当たりを和らげる対策したせいか朝起きてみるとちゃんと立ったままだった。夜中に風呂に入っていたらまさかの停電。情報源のテレビが見れないのは痛いですね。仕舞いこんであったラジオをつけると野生のイナゴは旨いかもしれない、などと暢気な通常 [続きを読む]
  • 上信電鉄の電車
  •  富岡で見た上信電鉄の電車。1時間に1本か2本と都内の感覚からすると全然少ないのですが、偶然にも踏切で遭遇。地方の鉄道としてはお洒落な電車で思わずシャッターを切りました。上信鉄道の信は長野方面に鉄道を伸ばすつもりだったのでこの社名になったようです。現在の小海線まで通じる計画があったのですが、残念ながら実現しなかったとか。お洒落なのは電車だけでなく、駅舎も。 [続きを読む]
  • サツマイモ、生姜を収穫
  •  ちょっとショボい感じですが、サツマイモと生姜を収穫しました。どちらも痩せ気味。サツマイモは昨年、一昨年と全くできない状態でしたので採れただけマシという感じです。生姜は初めての栽培。生姜のあの匂い、葉からもかなり出てました。葉を切り取ると辺り一面が生姜の匂いに。小さいけど食べきれないほど出来てしまいました。ラッキョウ酢にでも漬けてみようかな。 [続きを読む]
  • レトロな公衆電話たち
  •  横浜山手を散歩しているときに館内でみたレトロな公衆電話。でもプッシュホンになっていて現役バリバリのようです。受話器やハンドルなどが良い感じですね。殆どの人が携帯電話を持っているこの時代、公衆電話はめっきり減ってきましたがいざというときにはこれが一番つながりやすいそうです。別の場所にはこんな電話ボックスもありましたよ。 [続きを読む]
  • また隈研吾にあってしまった
  •  富岡駅の近くにお洒落な建物。見た瞬間にこれは隈研吾に違いないと思いましたが、その通りでした。これは富岡市役所でした。今年の4月に東京駅のステーションギャラリーで何気なく入場したら隈研吾展。そのときは、ああこの人が国立競技場を設計したのだという感じでしたが何か縁があるみたいですね。テレビで檮原木橋ミュージアムが放送されていたり、猿橋のブログをみたり、またどこかで接点がありそうな予感がします。 [続きを読む]
  • 製糸場の機械はニッサンだった
  •  富岡製糸場の中に糸を紡ぐ操糸機という機械。1台の全長は32メートルとか。これが左右にあり、その奥にも。富岡製糸場の終わるまで動いていた機械で、昔は女工たちがずらりと並んでいた場所で全自動で黙々と糸を紡いでいたようです。説明書きを見て初めて繭から生糸はこんな風に作られのかというのが分かりました。この機械、自動車メーカーの日産が作っていたのは驚きですね。もっともトヨタも最初は織り機を作っていましたから [続きを読む]
  • 悔しい!当て逃げされた。
  •  雨の降る夜間の駐車場に車を停めておいたら、当て逃げにあってしまった。その日は気が付かなかったが、翌日の日中に車をみたら、愕然。まだ買ってから1年も経ってないのに。その前に乗っていたのは譲り受けた車で、10年近く乗っていたのにぶつけられたことは一度もなかったのに。古いから多少ぶつけられてもいいやと思っていたらぶつけられず、新しいから注意していたのにぶつけられて。当て逃げではどうしようもないですね。泣 [続きを読む]
  • 富岡製糸場の繭倉庫
  •  富岡製糸場の繭倉庫の2階です。太い柱とがっちりとした天井。内部には漆喰が塗ってあるようですが、外から見ればレンガが柱の間に填め込まれています。ライティング効果でちょっと幻想的な感じが出てますね。蚕の作る繭は年中できるわけではないので、一度にできた繭をここに保存して置いて、順次製糸場で生糸として作り変えられていたそうです。ここが繭で一杯になる光景は想像しがたいですね。一時は世界一の生産量を誇ってい [続きを読む]
  • 山下公園から横浜へ 横浜散歩7
  •  山下公園ではマリンタワーや氷川丸などがあって景色を楽しめますが、ここから横浜駅東口方面に水上バスが運行されています。これで行けば短時間で横浜に着くことが出来ます。海から眺める景色も素晴らしくちょっとした船旅気分が味わえますね。海側から見る氷川丸やランドマークタワーなどが楽しめます。夕方でランドマークタワーの方向に沈む夕陽もまたロマンチックでした。 [続きを読む]
  • 港の見える丘公園 横浜散歩6
  •  横浜山手の尾根沿いの道を歩いて行くと突き当りには港の見える丘公園。ここにも見たい洋館があったのですが、時間の関係でパス。また来ないといけませんね。港の見える丘公園からは横浜ベイブリッジが良く見えます。ここの下を通って大桟橋から豪華クルーズ船が出港していきました。いつかは私もその乗客になってみたいと思いながら、丘公園から山下公園に向かいます。 [続きを読む]
  • 世界遺産、富岡製糸場
  •  ハイキングする予定は雨でキャンセル。代わりに富岡製糸場へ行ってきました。世界遺産登録されたときは凄い人出だったらしいですが、この日は団体客が時折どっと来る以外は割と空いてました。雨も止んで建物間の移動も楽でしたね。ここは製糸工場だったときは繭倉庫として使われていたものです。これは東館ですが、西側にもほぼ同じ規模のものがありそちらは工事中でした。文化財として登録されるまでは殆ど手入れがなされていな [続きを読む]
  • 嬬恋鹿沢休暇村は雨だった
  •  恵那爺さんのブログで嬬恋鹿沢休暇村で宿泊して付近をハイキングという話が出ていたので、真似して予約。池の平や湯の丸の辺りを歩こうと思っていましたが、まさかの雨。前日の天気予報で、天気はガラリと変わって雨ですと言われてがっくり。とんだ天気になってしまい予定変更しましたが、ちゃんと休暇村には泊まりました。温泉も食事も私たちには十分良かったです。 [続きを読む]
  • 非常食は賞味期限切れ
  •  北海道地震で、急に我が家も非常時の食料を点検。案の定みんな埃被って期限切れ。これ以外にも缶詰やレトルト食品なども賞味期限切れが多数出てきてしまいました。飲料水のペットボトルだけはまだ大丈夫でした。停電になったら冷蔵庫にある冷凍食品も1,2日で融けて駄目になってしまうだろうし。非常食を用意するのではなくて、レトルト食品などを定期的に買って食べていく方が良いのかも知れません。毎月第一日曜日はレトルト食 [続きを読む]
  • タマネギ、長ネギの種まき
  •  夏野菜も殆ど終了して残るはナスとオクラくらい。カボチャも全て撤去してその跡地を耕して畝建て。来年に向けてタマネギと長ネギなどの種蒔き。一緒にダイコンやカブなども種蒔きしておきました。この時期は毎年、虫などに食われてしまうのか発芽が悪く、今年は初めてオルトランを少量入れてみました。完全無農薬から方針転換です。 [続きを読む]
  • エリスマン邸 横浜散歩5
  •  ベーリックホールから僅かな距離にはエリスマン邸がありました。豊かな木立の中にあるお洒落な洋館は、大正時代に貿易商エリスマンの私邸として建てられたとあります。内部は重厚感が漂う見事な造り。ベランダに面したところはカフェになっているようですが、時間の関係でお茶している暇はなかったです。室内に楽器が置かれているのは、ここでコンサートが予定されているからのようでした。駆け足で回るよりもじっくりと内部を見 [続きを読む]
  • 一眼カメラ用リモートコードT710
  •  星空の写真を撮るためにはカメラを長時間露出させる必要があります。カメラ本体のシャッター速度設定は30秒までしかなく、それ以上は時計を見ながら手動で開け閉めするバルブという機能を使います。そのバルブ機能をデジタルで動かすリモートコードがこれ。メーカーでは単にON/OFFするコードしかなく、同じような価格でタイマー機能付きです。例えば90秒とか指定時間で露出でき、更にこれを繰り返しやってくれるインターバルタイ [続きを読む]