若原アトリエ/若原一貴 さん プロフィール

  •  
若原アトリエ/若原一貴さん: 若原アトリエblog
ハンドル名若原アトリエ/若原一貴 さん
ブログタイトル若原アトリエblog
ブログURLhttp://wakahara.blog91.fc2.com/
サイト紹介文住宅設計手記と建築探訪記。
自由文「豊かさ」を感じられる住まいづくりを目指しています。

若原一貴/若原アトリエ
新宿区市谷田町2-20司ビル302
03-3269-4423
http://www.wakahara.com/

※日常に感じた事等をFacebookでも記事にしていますのでご覧下さい。
http://www.facebook.com/kazuki.wakahara
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/07/05 02:00

若原アトリエ/若原一貴 さんのブログ記事

  • 日経アーキテクチュアに紹介されました。
  • 日経アーキテクチュア2017 9-14号(日経BP社・直販誌)にて「霧が丘の家」(設計:若原アトリエ 施工:竹駒工務店)が紹介されました。記事は高市清治さん、写真は安川千秋さんです。文中にある「子育てを終えて新たな生活スタイルを構築しようとする建て主には、新たな交流や関係をつくることのできる開放的な空間が必要」というテーマは現在施工中の「藤沢・辻堂の家」にも繋がっています。若原一貴http://www.wakahara.com [続きを読む]
  • 優秀賞を受賞しました
  • 第34回『住まいのリフォームコンクール』(主催:公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター)で「浅草の住宅/地上30mの地面」が優秀賞を受賞しました。関係者の皆様、ありがとうございました。https://www.chord.or.jp/tokei/pdf/konk34.pdf若原一貴 [続きを読む]
  • 【恵比寿の住宅】完成見学会を開催します。
  • 「恵比寿の住宅」見学会のご案内4月22日(土曜日)10時〜17時4月23日(日曜日)10時〜17時東京都渋谷区にて完成見学会のを行います。・敷地は15坪の三角形・建物も三角形の建坪7坪・半地下はコンクリート・地上は木造二階建て見学ご希望の方はホームページの問い合わせフォームからお申し込みください。折り返し現地案内図をお送り致します。若原一貴若原アトリエ ホームページhttp://www.wakahara.com [続きを読む]
  • 家づくり相談会
  • 【家づくりをご検討の方へ】 家づくりを始める前に、まずはお話しませんか?ハウスメーカー、工務店、建築家...家づくりのパートナーを選ぶことは簡単なことではありません。具体的な話の前に、まずはご相談にお越しください。皆さんの素朴な疑問、質問にお答えします。 【月に一度、家づくり相談会を行なっています。】・住まいをつくるのにかかる総予算は?・始まりから完成までどのくらいの日数がかかるのか?・建て替えか、リ [続きを読む]
  • 「清瀬の小住宅」完成見学会のお知らせ
  • 「清瀬の小住宅」完成見学会のお知らせ開催日:2017年 3月11日(土曜日) 12日(日曜日)開催時間:10時〜17時場所:東京都清瀬市東京都清瀬市にて計画を進めて来ました木造二階建て住宅「清瀬の小住宅」の見学会を行います。敷地は30坪。そこに建坪約13坪、延床約23坪の小さな住まいが完成しました。外観はコンパクトな白い箱とし、内部は土間と板張り、壁と天井は灰色の漆喰で仕上げました。見学をご希望の方は下記メールアドレスま [続きを読む]
  • 来月竣工予定
  • 「清瀬の小住宅」がまもなく完成します。若いご夫婦と小さな二人の子供たちの住まいです。コンパクトな立体ワンルーム、内部はすこしグレーの漆喰仕上げ。ダイニングとキッチンは土間仕上げになります。3月中旬に完成見学会を予定しています。詳しくはまた改めて告知いたします。若原一貴 [続きを読む]
  • 1月14日、15日に横浜で見学会を開催します!
  • 皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。今年はまず始めに昨年末に完成した「霧が丘の家」の完成見学会を行います。この住まいは家型の矩形をした三間×五間の住まいです。シンプルな箱の中に素材と光によって様々な日常の場が生まれるように設計しました。見学会は予約不要、どなたでもご参加いただけますのでぜひお越しください。日時:2017年1月14日(土曜日)午前10時〜午後5時2017年1月15日 [続きを読む]
  • 天体観測のための物見台
  • 「野辺山の家」がまもなく竣工します。この住まいでは「天体観測のための物見台」を設計しました。屋根の上に設けられる一般的な物見台は、防水などの関係からハシゴなどで上り下りする事例が多いのですが、ここではもっと楽に行き来できるように階段で行く事ができるように設計しています。また物見台は傷みやすいので床材の交換などメンテナンスがしやすいように屋根とは縁を切るように工夫しました。二階の書斎と物見台の距離も [続きを読む]