limalima さん プロフィール

  •  
limalimaさん: 今を、気楽に、明日も気楽に
ハンドル名limalima さん
ブログタイトル今を、気楽に、明日も気楽に
ブログURLhttp://limalimalima.blog41.fc2.com/
サイト紹介文たわごとの類を書いています。
自由文過去の記憶から今の日常風景をランダムに書いています。
内容は、海外生活体験や、旅行先について。特に南米のペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ、パラグアイなど。時にはニューヨーク、カナダの話も織り交ぜながら。
書くことは、衰えてきた脳味噌には効果があると信じて、一週間に一度は更新を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/07/05 12:21

limalima さんのブログ記事

  • 平気でうそつく
  • 「平気でうそをつくひとたち」って本が昔話題になって、読んだ。面白くて何度も読んだ。著者が言いたいことから外れているだろうが、平気で嘘をつく心理というか、無意識には、大きな「嫉妬心」があるんだな、と印象を持った。石破さんに投票した党員が45%だとか。本当にそう思って投じたのか、義理で投じたのか、あるいはどっちが総理でもたいした違いはないと考えたのか、分からないけど、信じられない。石破さんの主張は、素 [続きを読む]
  • 普通
  • 国会質疑の動画が多数ある。野党議員の質疑は、いつも気になるのが、話し方や言葉の使い方で、怒鳴ったり、侮辱したり、大きなジェスチャーを使ったり、全体的にナジル感じが強い。何故、あんなに好感を持てない話し方をするんだろうか、と思う。それに比べ、応えるほうは、丁寧な言い方を、穏やかな言葉を使って話す。言葉で刺激し、冷静さを失わせ、変なことを言わせるのが目的なのか、背後の有権者を意識して、ことさらパフォー [続きを読む]
  • 努力の方向
  • 人権だの、平和だの、差別はいけないことだの、と声高に騒ぐ現代にいたるも、先進国と呼ばれる国は、ごくわずかにすぎない。先進国の定義は分からないが、今の日本のように、治安が良くて、好きなことがことができて、働いて生活ができる環境が整備されて、清潔感の概念がしっかりしていること、国の政治が安定していることなどが基本になるだろうか。先進国であることが、人間の幸福かどうかは別問題だが、生きていくには快適な環 [続きを読む]
  • 異常
  • 動画はありがたい。大手マスコミが意図的に報道しなくとも、すべて教えてくれる。共産主義は、異常な、残酷なことを平気でする。スターリン、毛沢東、ポルポト、北朝鮮。彼らが殺害した人数は、とんでもない数で、しかも、自国民だ。経験的に知っているのに、いまだにこんなもの、日本に政党があるのが信じられない。日本に観光できて、なにか理不尽なことに遭遇すれば、「日本人は・・・・」となる。これは避けがたいことで、だれ [続きを読む]
  • 日本に生まれてよかった
  • 観光客が多い。刺青を入れている外国人もたくさん見る。あの人たち、プール、銭湯、温泉などには入れるだろうか。日本の刺青はダメだけど、外国人の刺青は許可、なんてことあるんだろうか。刺青は、ヤクザの象徴で、刺青を「披露して、自身の立ち位置を周囲に示す」ことだろう。外国人の刺青はどうなんだろうか。少なくとも、国会議員、お役人、会社員など、いわゆる堅い職業の人には、それほどいないように思う。最近は、若い子が [続きを読む]
  • いつか
  • ある軍事評論家が、野党の有名な議員に対して、「彼は診察の対象ですね」 (こんな感じだったが、正確には覚えていない)って、表現していたが、穏やかな言い方だが、かなりキツイ。人間のクズだの、カスだの、よりキツイ。ネットのお陰で、いろいろなことが分かる。知れば知るほど、なんでこんな人が当選してくるんだと思う。当選するには、支持者が必要だから、それだけうまいこと騙しているのか、宣伝が優れているか、あるいは [続きを読む]
  • 世界標準
  • ペルーでは友人知人の世界が広くなければ、物事がうまく進まない。袖の下は、社会生活の一種の潤滑油で、警察官などは最低給与で働いているから、給与だけでは生活は苦しいだろう。袖の下を要求するか、休日を利用して、警察官の姿で警備のバイトをしている。こういう国は多いだろう。以前、友人の旦那が警察に逮捕された。容疑は、5年前に起こした交通事故。それをネタに警察がある日突然逮捕に訪れた。国家権力だから、従うしか [続きを読む]
  • 壮大なる無駄遣い
  • 野党は、一年以上もモリカケ問題を追求し、マスコミも野党側に立った報道に終始し、それでも安倍政権を倒すことができなかった。これはとりもなおさず、野党は自分たちの愚かさを披露した、だけだったことになる。壮大なるお金の無駄遣いだろう。しかしながら、質問している野党議員も、バカな質問だなって、思いながらしてたんだろうなと思う。悪魔の証明を必死に求めていることは、百も承知だっただろう。なにせ頭脳明晰なんだか [続きを読む]
  • 素人にもわかる
  • 伊勢神宮に行ってきた。外宮からということで、外宮にに行き、それから内宮を参拝した。はじめての参拝で、外宮というのは、内宮のすぐ脇にでもあるのかと思っていたが、とんでもないことで、かなり離れている。外宮も内宮も大変立派な作りで、鳥居を過ぎると、空気の緊張感が一変する。まだ新しい木のニオイがするかと思うほど新しさを感じた。式年遷宮は、技術の継承がしっかり伝わるよく考えられたシステムだなと思う。一生のう [続きを読む]
  • 恥ずかしい感覚
  • ペルーの友人からもらった「アヒー」(とうがらし)の花が咲いた。8Fで実をつけるかどうか心配だが、様子を見てみよう。アヒーを料理に使うと、けっこう癖になる。かなり辛いが、オリーブオイルに漬けこんで、肉料理に使ったり、パスタにもいける。北朝鮮に拉致された人々を救出できないのは、イライラするが、やはり武力では解決できない憲法のせいなのか、自衛権は認めているのに、拉致被害者救出には、自衛権は行使できないの [続きを読む]
  • NHK
  • 「精が出ますね」と挨拶すれば、日本人は、「お陰様で」と応じる。何のお陰か、個人によって違うだろうが、両親であったり、先祖であったり、自分の周囲であったり、様々だろう。長い時間をかけて積み上げてきた、こういった毎日を生きる体に染みついた魂胆というか、文化というか、とにかく、日本人の日々の生活を支える知恵だろうか、しらないうちに影響をあたえる。昔読んだ山本七平の聖書の常識って本に、旧約聖書の影響を受け [続きを読む]
  • ばかにはバスタ
  • ネットのお陰で、いろいろなことが分かる。もっとも、発信されている内容がすべて正しいなんて、夢思わないが。昨日たまたま見たら、オリーブオイルのことがたくさん出ていた。家ではすでにゴマ油、オリーブオイルしか使用しないので、少々気になりのぞいてみると、日本でスーパーなどで販売されているオリーブオイル中で、「本物」は少ないという。偽物なら何の油なのかと思うが、エキストラバージンなどは、まずいい加減で、表示 [続きを読む]
  • 長い時間
  • ペルーの友人からいただいたTACAMAのワイン。アルコールはすべて飲めるとは言えないが、水割りなら一杯、日本酒ならおちょこ二杯程度、ワインなら一口ならいける。旨いの不味いのはさっぱりわからない。ペルーのワインは、スペイン人のインカ帝国征服によってもたらされたものだろう。隣国のチリやアルゼンチンのワインは日本でもけっこう輸入されているから知っている人も多いだろうが、実はペルーワインは、生産量は少ないがTACA [続きを読む]
  • 偏っている
  • 6uaiy5福田さん、元総理大臣。この方、南京大虐殺館を見学して、なにかチャイナに偏ったコメントをした、と動画で知った。菅さんとか、鳩山さんとかならバカやっているなあ、で終わりだが、福田さんとなると、自民党だし、こんな人が日本を引っ張っていたんだと思うと、背筋が寒くなる。自民党の中の、日本人の皮をかぶったチャイナ側に立った日本人政治家は、恐ろしい。ホント、選挙は真剣に考えないと、バカにしていると、あるい [続きを読む]
  • 時すでに遅し
  • とにかく、決勝トーナメントに上ったことは、日本にとっても素晴らしい出来事だと思う。とはいえ、サッカーはプロで、金もうけだから、単に勝つためだけに、試合をするのは、おかしい。点取りゲームなら、点の取り合いをして、はじめてプロだろう。プロ意識に欠落がある。ま、サッカーが好きになれない理由の一つだ。監督が、不本意な試合みたいなことを言っていたけど、バカな話で、不本意ならやらなきゃあいいし、ゲームをしない [続きを読む]
  • 望むものは
  • 昔、ヒラリーさんが、大統領に当選したあかつきには、UFO情報を公開するって、言っていたけど、トランプさんに敗れたから、それまでになってしまった。ものすごい残念に感じる。どうせいたいした情報は開示されないだろうが、それでもアメリカが隠し持っているUFO情報を公開してくれるって、そのての人々には、大いに期待できる発言だった。大統領になったら公開するというなら、ならなくても、「ある」なら、公開してほしい。とい [続きを読む]
  • 鬱陶しい日々
  • 体調がすぐれない。先週から咳が止まらず、咳止めを飲んで対処しているが、一向によくならない。日曜に医者に行ったけど、休みだった。鬱陶しい日々が続いている。最近のがん治療はどうなっているか、知らないけれど、ニュースにならないから、特別に画期的な治療が開発されたわけでもなかろう。ステーキが好きで、よく食べたが、それほでもなくなった。レアが好みで、どこでもレアを頼んだ。ステーキは、メキシコ、アルゼンチンが [続きを読む]
  • 同類
  • 新聞やテレビだけ見て、ニュースに触れると、かなり間違った情報をもつことになる。それにしても、立憲、共産、社民の議員さんの言い分は愚かだろう。いずれも頭脳明晰な議員さんだから、自分たちのことはよくわかっているはずだけど、いずれも、日本国が苦しむことだけをひたすら願って活動していることだけは、間違いないだろうと思う。でもまあ、議員さんの面の顔の厚さは中途半端じゃない。羞恥心ゼロ。羞恥心がないから、普通 [続きを読む]
  • 順序
  • 総武線を毎朝利用している。電車の中の宣伝が面白い。やたら、脱毛の宣伝が多い。すぐ横に、薄毛対策の広告。一人でニヤッとしているが、傍から見れば、おかしなおっさんだと誤解されるから、できるだけ神妙な顔つきを心がけている。久しぶりに、ペルーの友人からメールが来た。ペルー人と結婚し、リマで手広く仕事をしている。すし屋を教えてほしい、というので、スイスホテルのすし屋を紹介した。何度かこのブログでも書いたが、 [続きを読む]
  • モザイク入り
  • 先週の土曜日、明治座に行った。「仮縫」の観劇。会社の貸し切りで650名ほどの、老人会のような集まりだった。バイト先の会社の福利厚生だが、研修会という名目だった。粋な計らいだ。S席、11列目の真正面。1,2000円だったが、もちろんお金を払うことはなく、お土産やランチまで招待だ。後ろに行くに従い椅子が高くなっていて、前の人が観劇の邪魔にならないような構造で、舞台が目の前。席は、最高の位置だった。「椅子には深くお [続きを読む]
  • 残忍
  • どこかの知識人が、反日思想家に日本は浸食されているといった。これは、事実だろうと思う。ただ、どの程度か、が不明で、深刻な状況なのか心配になる。ネットは、ありがたい存在で、少し前なら簡単に洗脳されたり、コントロールされてしまうところ、マスコミの瑕疵を指摘する動画が多数あるし、日本のことを本当に考えている議員や知識人、ジャーナリストがいる。彼らの存在が大きい。左翼系というか、反日系というか、日本を貶め [続きを読む]
  • 他人事ながら
  • 虎ノ門ニュースが面白い。解説者というか、出演者というか、ニュースを分析する知識人の日本語の使い方もごく自然でいい。百田さんは、時に、「人間のクズ」って、表現する。この表現は、バカとか、間抜けとか、愚かとか、そんな言い方よりも、はるかにきつい感じがするが、沖縄での講演会の際、取材に来た沖縄の新聞社の記者とのインタビュー後、百田さんは、感想で「その記者を「人間のクズ」と言った。思想や考え方において、そ [続きを読む]
  • 口だけ
  • 少し以前まで、左系の度合いの強い議員さんでも、今ほど愚かさを披瀝する議員さんはいなかったように思う。今は、ネットの効果もあるのか、バカさ加減を平気で披露している。ある意味、開き直っている印象が強い。それにしても、小西議員などは分かりやすいが、良くも悪くも今の日本は、それまでの先人たちが築き上げてきた結果であることには違いがない。歴史だから、すべての日本人によかったことなどあるわけなく、清濁併せての [続きを読む]
  • 勘弁してほしい
  • タバコは健康にはよくないだろうが、車の排気ガスと比べてどうなんだろうか。喫煙場所をあんなに隔離するほど、悪いのかなって、思ってしまう。ただ、ガンになると言われるよりも、息切れが激しくなったり、酸素ボンベが必要になる、なんてほうがはるかにイヤだなって思う。喫煙場所を設けるほどタバコがイヤがられるなら、禁止がいいだろうと思う。ただ、おそらくタバコを禁止すれば、何兆円という税金を他から確保しなくちゃなら [続きを読む]
  • 構造はやくざ組織
  • サンデーモーニングは、しかし、とんでも番組で、識者というか、一般人よりも政治経済に詳しい人々がコメントや意見を述べているが、そのどの主張や感想も、おかしい。特に、青木某ジャーナリストの意見は、素人並みで、なんでこの程度の人がコメンテーターとして出演できるんだ、と思う。ネットからの情報がなければ、あんな情報ばかりとなり、とうの昔に安倍政権は倒れているだろう。マスコミが世論調査を行うが、笑ってしまうの [続きを読む]