kappa さん プロフィール

  •  
kappaさん: 人生詰んでます。
ハンドル名kappa さん
ブログタイトル人生詰んでます。
ブログURLhttp://kappa.parasite.jp/
サイト紹介文40のオスで無職の人生詰んだ、社会不適合なダメなやつです。
自由文40オーバー,メンタルヘルス,ニート,視線恐怖,社会不安障害
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/07/09 22:40

kappa さんのブログ記事

  • 2018年 11月08日 恩人・師匠・友人
  • 私が、発病して何年かたった時、インターネットを通じて知り合えた方がいらっしゃいました。 同じ病名、同じ薬、同じ症状。 その方が、オフ会をやるので来ませんか?っと、言う連絡をくれて、当時、24時間寝ているときでもパニック障害だったのですが、「途中で死んだら、前に倒れよう。こいつは諦めなかったんだと言う意地を持ち続けよう」っと言う、余計な覚悟を持って呼吸が苦しく、吐き気が強く、脂汗をかいて震えながら、人に [続きを読む]
  • 2018年 10月03日 診察日
  • 診察予約日でしたから、診察に行ってまいりました。もう20年位診察してもらっています。 予約通りの時間に診察してもらえることはなく、30分から1時間、長ければ2時間近く待ちますが、今日は30分でしたから、早く感じました。 母の抗がん剤の副作用にビビってしまい、その時読んでいた「平穏死のレッスン」と言う本の内容を話し、「これでは、平穏死が出来ないじゃないか!」っと思い、母に、抗がん剤を辞めた方が良いと言ってしま [続きを読む]
  • 2018年 09月30日 自分の顔が気持ち悪い
  • 証明写真や、免許証の写真(私は身分証代わりに原付きの免許保有)は当たり前のように、自分の顔が気持ちわるいです。 しかし、いい年コイタオッサンだし、自意識過剰に自分の顔の気持ち悪さを気にしても整形するわけでもないのですから気にしないように、していたのですが、昨日不意に、自分の顔の気持ち悪さに、引きまくりました。 顔面の比率が、七三分けか!と言う感じの顔面。汚い肌と、気持ちの悪い顔面比率。 歯は黄色くガ [続きを読む]
  • 2018年 09月29日 対ソフトバンク
  • 公式戦、ホーム最終戦。対ソフトバンクを観戦してきました。 現在、埼玉西武ライオンズは、マジック1です。この日のソフトバンク戦で、引き分けか、勝つことで、リーグ優勝が決まるという公式戦ホーム最終戦にはこれ以上無い、見事なお膳立てでした。 沖縄で強力な台風が暴れている影響か、関東も雨が降りしきっていました。 13時プレイボールですから、いつもよりも早く起床して、準備を進めました。 途中、図書館に寄る予定もあ [続きを読む]
  • 2018年 09月25日 心構えと、へっぴり腰
  • 長尾和宏先生の、「抗がん剤10のやめ時」を読んで、いかに自分が、動揺していたかを思い知りました。 少し動揺が収まったように思います。きっと、主役である患者さんの闘病生活や長尾先生のお考えや、経験を知ることが出来たからだと思います。 母親が副作用の強い抗がん剤をのんでから、グングン元気がなくなって行き、死んでしまうのではないか。こんなに苦しんでいる母を見たことがない。そもそも、がんになって、こんなに抗が [続きを読む]
  • 2018年 09月25日 抗がん剤 10のやめ時 長尾和宏著 読了
  • 抗がん剤、10のやめ時と言う本を読みました。物語とドキュメンタリーを混ぜて患者の家族などにもわかりやすい形でストーリーが展開していく中で、抗がん剤のやめ時になるであろうターニングポイントが何度も登場してきます。 また、在宅医療もする、尼崎の町医者である長尾先生の経験が豊富に盛り込まれているようですし考え方や、受け取り方なども多分に、とってもわかりやすく書いてありました。 胃がん患者さんが長尾先生のもと [続きを読む]
  • 2018年 09月23日 がん治療をする母
  • 末期がん全身転移の母の抗がん剤、イブランスの副作用の強さに、すっかりビビってしまった私は、母親に対して「イブランスは辞めた方が良い」と言ってしまいました。 が、 強い副作用にビビっていたら、そもそも、抗がん剤治療は成り立たないのではないかと思いました。 癌細胞は自分の体で生み出したものですが抗がん剤は、自分の体で生み出したがん細胞を毒を持って殺しにかかった上に様々な副作用がありますし。 抗がん剤を使用 [続きを読む]
  • 2018年 09月20日 宗教勧誘 訪問
  • お昼すぎのくもり空の中、部屋でぐーたらしていたら、不意に「ピンッポ〜ン」が鳴りました。 ピンポンの事前予告であるはすの、バイクを止める音もなければ、車が止まる音もないので、出なくても良いかとも思いましたが、万が一にも、宅配だった場合、誰も得しない、再配達を頼まなければいけなくなります。 再配達の宅配業者さんも嫌でしょうし、再配達を待ち構えるコッチとしても、緊張しながら長い時間待ってしまうのですからホ [続きを読む]
  • 2018年 09月18日 母・癌・息子
  • 早朝から診察に行った母が、帰ってまいりました。 検査データの紙を見せてくれるも、なんのことやらサッパリです。 とりあえずお昼寝を勧めたら、本人もそう思っていたらしく、グーグー寝てしまいました。 どうも母親の肝臓の癌細胞が、大きくなったようです。それでイブランスにしたようです。 それと、母の乳癌の損傷箇所から多く液が出るみたいで、匂います。昨日の野球観戦の電車の中や、家でも気にはなりましたが。 なかなか [続きを読む]
  • 2018年 09月18日 壊れたトタン屋根の修理
  • 台風の影響で、ボロボロに壊れてしまい、風が吹くたびに「バタン!バタン!」っと、騒音を発していたトタン屋根。(正確には、ポリカ波板) 朝早く起きたこともあり、さっそく、ポリカ波板の交換をすることにしました。 母からの提言で「異常のない他の板はそのままにしておいたほうが良い」とのこと。 3枚買ったポリカ波板のうち、1枚だけ交換することにしました。 まずは、ポリカ板を固定している金具を外しますが、サビまくって [続きを読む]
  • 2018年 09月17日 対ソフトバンク
  • ファンクラブ先先行予約で購入しておいた、チケットを手に観戦してまいりました。 今年の西武は強いので(ずっと首位)、ホームゲームで、休日などは、だいたい完売します。 強敵であり、難敵でもあるソフトバンク。本来のレギュラーメンバーが、怪我のために沢山スタメンから外れているソフトバンクですが、それでも2位に居て、ジワリと優勝しようと爪をといでいる選手層の厚さは凄いです。 前日に、柳田(4億)が練習中 [続きを読む]
  • 2018年 09月16日 「平穏死」 を受け入れるレッスン 読了
  • 「平穏死」と言う言葉を作ったと言われている石飛幸三先生による、老衰からの自然死を、いかに本人にとって苦しまず、尊厳も保てて、ストレス無く死ぬかを特養老人ホームの勤務医、石飛先生が書かれた一冊です。 石飛先生が、最初に特養の勤務医になった時には、胃ろうや点滴などの管人間がわんさか寝ていて、「何かがおかしい!」と言う思いを持つと同時に、スタッフの方々も「このままで良いのだろうか」と言う思いを持っていた [続きを読む]
  • 2018年 09月16日 母に言ってみる
  • 全身転移で、末期癌の母親が、イブランスカプセルを飲んで、1クールたちました。 薬を飲んでから、グングン元気がなくなっていく母を見ながら心配と不安にさいなまれましたが、3週間のんで、1週間休薬で、1クールの、休薬1週間に入ってからはメキメキ元気を取り戻していく母を見て、「イブランスをやめれば良いのだけれども」っと思うも、それは私自身が「不安や心配をしたくないだけで、ただ今を安心したいだけ」と言う感情 [続きを読む]
  • 2018年 09月13日 ホームセンター
  • なぜかやたらと早く、目が覚めました。 もっと寝ようと思うも、体が床ずれで痛いのとトイレにも行きたかったので、今日一日を長く過ごすことでの精神的な不安定さや、ネガティブ思考が発生しまくるかと思うともっと寝ていたかったですが、とりあえず起床いたしました。 この前の台風によって、家の屋根の一部が壊れました。前々から、なおさなければと思っていましたが、放ったらかしにしておいたのです。 なので、ホームセンター [続きを読む]
  • 2018年 09月13日 サバイバーの方々のブログを邪魔しない。
  • イブランスカプセルを服用中の方々のブログに「母がグングン元気が無くなって行き不安」と言う感じのコメントを残しました。 今思えば、みなさんが「癌」と向き合っているのに、こんな迷惑なコメントをしてしまっとことを本当に申し訳ないと思っているのですが、皆さん、とっても親切に教えてくれて、「この方々のブログの読者になろう!」っと決めたのも束の間、まさにみなさまが真剣に「癌」と向き合う中で、自分はただの邪魔者 [続きを読む]
  • 2018年 09月11日 母の経過。イブランスカプセル
  • つい最近、厚生労働省に認可された「イブランスカプセル」と言う薬を母は、3週間前から飲みはじめました。 この薬を飲み始めて、母は、グングン元気がなくなって行き、食欲もなくなって、体温は安定せず、すぐに熱中症のような、微熱に苦しむような、生活になっていきました。 この薬は、世界中で売れまくっているようです。 この薬の飲み方は、3週間のみ続けて、1週間のまない。を1クールとして、飲み続けて行くお薬のようです [続きを読む]
  • 2018年 09月10日 パニックになると、いつものコンビニに行くというポンコツ
  • いつものように、グータラと寝ていました。 部屋の外から母親が「出掛けて来ます」っと言う声がしたので、眠りながら「はい」っと返事をして、そのまま寝続けました。 目が覚めて、タバコを吸い、「そういえば母が出掛けたなぁ。どこに行ったのかな?」っと思い、いつもの母ならば、目的地や現在地を、LINEで送ってきているはずなので、LINEを開いてびっくりしました。 「気持ち悪くなって、今休んでいます。迎えに来てください」 [続きを読む]
  • 2018年 09月09日 憧れや癒やしでもあった、写真集という救い
  • いい夢を見てしまいました。 益若つばささんに、似た女性とイチャツク夢でした。なにか事務所のような場所の中で、超・密着してきて、その素敵なお顔と密着感を楽しむことが出来ました。 その後、色々と、事務所に来所する女性の「もう、思わせぶりに見ないで」と言う感じの仕草など、私がへこむ事務所内のやり取りや、家に帰ろうとしても帰れない感じの夢を見ながら、起床いたしました。 初恋の人は、まさに益若つばさ [続きを読む]
  • 2018年 09月06日 母の体調不良
  • 母親が、全身転移の癌にかかって4年が経ちました。(正確な年数はよく覚えてはいませんが) 発見当初からすでに全身転移で生存率も低かったため「母が死ぬのかな・・・」っと、物凄く、寂しい気持ちでイッパイでしたが、わり〜と、健康的な生活を送っっている母を見て、「痛がる」とか、「ダルそうにしている」とか、「苦しむことがある」とかが、まったくなかったので、心配するポイントがなく、私自身も、ぼんやりと生活を続けて [続きを読む]
  • 2018年 09月03日 防犯・被害者意識・からの勘違い
  • 先日、ライヴに行った帰りにおまわりさんから職務質問を受けました。 私は、警察官大好き人間なので、「近くでおまわりさんが見られる!」っと、内心喜んでいました。 肩には無線を所持して、ベルトには、警棒や拳銃を持っていて。それ自体も凄く機能美にあふれていて良いのですが、おまわりさん自体が、あらゆる格闘技の有段者で、実戦経験も豊富!24時間、365日、みんなの生活を守るために強くてカッコいいおまわりさんに職務質 [続きを読む]
  • 2018年 09月01日 女性のメンタル
  • 彼女も居ないし女友達も居ない。しかも、ここ何十年かで、女性と喋った時間はどれくらいだろうか?と言う、引きこもりメンタルのオッサンが、ただ単に思うことなのですが、女性の社会進出拡大に伴い、結構、女性のメンタルが「雑」に扱われている気もいたします。 昼間に起きてぼんやりしていたら、外から防犯ブザーの音が聞こえました。 慌ててベランダに飛び出ると、どうやら下校中の男子が、女子に向けて鳴らしていたもののよう [続きを読む]
  • 2018年 08月30日 庄田愛海さん、対バンライヴ/渋谷StarLounge
  • かねてより応援している庄田愛海さんが出演する、対バンライヴ(一組(一人)20分位の持ち時間で次々とアーティストさんやアイドルさんが出てきて歌う)に行きました。 Twitterでリプを送りまくった上に、インスタグラムの感想までTwitterのリプで送ったりしてマナーがなっていなかった自分にとって、出演ライヴの応援に行くのは、「SNSをやってくれていてありがとうございます。そしてマナーは気をつけます」と言う謝罪と、感謝 [続きを読む]
  • 2018年 08月28日 オッサン臭さ
  • 私がチビッコだった頃、車や電車、バス、などで、クサイ匂いをずーっと嗅ぐような席やおっさん臭を嗅ぎ続けられる場所に居続けて、拷問を経験してきた(元ちびっこ)ものとして、無臭で居たいという思いは強くあります。 近所のコンビニや、スーパーに行くくらいならば自分の匂いに敏感になることはありませんが。 子供だった頃、何よりも苦しかったのが父親のニオイでした。 凄く気持ち悪くもなるし精神的にも苦しくって、吐きた [続きを読む]
  • 2018年 08月25日 なんか思う
  • 私が中学生時代にバブルは崩壊しました。 それ以前から、バブルの崩壊は、私の同級生の中学生でさえ、「バブルって泡でしょ。破裂するんだよ。バブルは崩壊するよ」っと、薄ら笑いで、説明してくれていました。 バブル崩壊の最中に中学生になった私は、近所に出来た、レンタルビデオ屋さんで「18歳以下だからダメっと言われれば仕方ない」っとあきらめ半分でコギャルのAVをカウンターに持っていくと見事借りることに成功しては視聴 [続きを読む]