西野椰季子 さん プロフィール

  •  
西野椰季子さん: 西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ハンドル名西野椰季子 さん
ブログタイトル西野椰季子のマクロビオティックレシピ
ブログURLhttps://ameblo.jp/nishinoyasuko/
サイト紹介文日々のオーガニック&マクロビオティックな食事とレシピ、ライフスタイルを語るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/07/10 15:37

西野椰季子 さんのブログ記事

  • ガラスのワンプレートで夏野菜を楽しむ。
  • ガラスのワンプレートで、涼しげに夏野菜を楽しみます。素材選びや料理のしかたなどにも配慮しつつ。そして器選びも、季節感を取り入れた楽しみ方があります。そんな風にして様々な角度から楽しむことが、体との対話につながっていくのです。ガラスのプレートは、夏野菜の個性を引き立ててくれるようです。レモンイエローの小さめの向日葵、可愛いです。食卓にも、小さめがなじみやすくて良いですね。夏野菜をしっかり食べて、熱 [続きを読む]
  • 熱中症対策と夏野菜の食べ方。
  • 夏野菜の小鉢料理。ガラスの器を集めてみました♪個性的な夏野菜。それぞれに特徴があり、結構アクが強かったりするので、調理のしかたや調味料の使い方にもわりと気を使いますね。そんな風にして、それぞれの独特の味わいを引き出す料理という作業は、なんともいえず楽しいクリエイティブな時間です。熱中症対策で最も大切なのは、毎日の食事です。毎日毎食、減塩で野菜をお腹いっぱい食べることが、なにより大切なことです。そ [続きを読む]
  • マクロビオティックレシピVol.485〜茄子の中華風サラダ
  • メルマガVol.485のレシピ、できあがりはこんな感じです。この夏のナス料理は、油の使い方と酢などの使い方がテーマというか、分量を様々に変えて、色々に作って試しています。その中でもお気に入りのレシピがこちらです。ナスは、こんがりと香ばしく焼いて、中華風のドレッシングでしっとりと仕上げます。香りのある素材は、夏の体に優しく作用します。ドレッシングと茄子の分量のバランスは、完璧です。ドレッシングを茄子が [続きを読む]
  • ベルリン滞在記・最終回。
  • ベルリン滞在記最終回です。ボーデ博物館、連邦首相府、大聖堂内部、シュプレー川。歴史的建築や街並みやそこに息づく人々は、人の存在における自由の本質的な意味について、深く語りかけてきます。Uバーン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール、オリンピック・スタジアム。今日の料理画像も全て、BIO食材を現地調達し、娘と私の共同制作。フィルハーモニー・ホールは1963年、オリンピック・スタジアムは1936年竣工。その「 [続きを読む]
  • ベルリン滞在記2。
  • 今日もベルリン滞在記を簡単にお届けします。歴史的な古いものと、新しいものが融合している街。素晴らしい建築を、短期間の間にたくさん見学しました。しかし行けないで断念したものがたくさんあります。大聖堂から見えるテレビ塔・・・階段を270段上りました。イチゴの季節なので、歩きながらイチゴを食べる人もいるくらい。私はBIOのイチゴを手に入れて、美味しくいただきました。野生的で新鮮な風味に感動。虐殺されたヨー [続きを読む]
  • ベルリン滞在記1。
  • 先月のベルリン滞在の様子を、簡単にお伝えしようと思います。大量にある画像から、どうにか選んでみました。今回は仕事も含め、とにかくたくさん歩きました〜。そして現地の食材を使って、毎日料理していました。料理の画像は全てBIO、娘と私が作ったものです。まず初日から食材の調達。1日で街の大体の感覚をつかみ、3日くらいで現地の空気感になじんで、移動するための交通機関を自由自在に使いこなします。それと同時進行 [続きを読む]
  • 夏の小皿料理。最高の瞬間をつかみとっていく。
  • 夏野菜のいろいろ、小皿に盛り付けて楽しみます。ひとつひとつ、じっくり選んだ素材の状態をよく見て、観察し、料理しました。ちょっとボリュームを加えてみたり、さらっと煮てみたり、じっくり炒めてみたり。素材のそれぞれの特性を活かしきるようにと、丁寧に作ります。集中力によって、いい感じのバランスを生み出してくれると、完成度が高くなるように思います。成長の早い夏野菜は、変化が目まぐるしい。いつも同じじゃない [続きを読む]
  • 暑い日のキーマカレーと旬菜プレート。
  • 旬菜プレート、キーマカレー、スープ、サラダです。夏の旬菜いろいろ。万願寺とうがらし、丸オクラ、インゲン、茗荷、小さなレッドオニオン、カボッキー、三つ葉、チャービル。7種の野菜のチョップドサラダ。キーマカレー。今日のはちょっと、汁多めです。暑い日に、夏野菜は体を整えてくれます。料理上手になる簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重な情報をお届けします!メルマガを読みたい方は、下記のバナーからど [続きを読む]
  • カレーで夏野菜満喫。受け入れることを学ぶ。
  • カレー三昧の夏の日々。新しいスパイスも調達したので、今年もさらに進化中。進化は止まらず、ますます楽しくなっていく夏カレーです。スープも夏仕様に移行しています。季節と体と心と食べ物とは、いつでも同時リンクします。ひとつのことに変化があると、必ず同時に他のことにも変化があります。そうして、受け入れることを学びます。蒸し暑い日が続いております。献立にもさわやかさを加えます。今日はスコールのような夕方の [続きを読む]
  • 夏野菜の和食膳。和のしつらえ。
  • 夏野菜の和食膳。紺色と白のコントラストは、夏の和のしつらえの基本ともいえますね。キリっとしていて涼やか。そして、野菜の緑が映えます。こちらは、昨年のメルマガレシピです。夏の定番となっていますね。このように暑くなってきますと、野菜の調達や調理法、そして保存などに、一層気を使います。見極める力が必要となってくるように感じます。料理上手になる簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重な情報をお届け [続きを読む]
  • 20種の野菜のランチ。
  • スープ、サラダ、夏野菜盛り合わせ。20種の野菜のランチです。この一皿には、7種の料理、そして10種の素材が盛り付けられています。チョップドサラダ。今日の野菜の種類は、やや少なめでしたが、内容は充実。分量と調理法と種類のバランスは単純ではないので、試行錯誤を毎日続けていくことが大切なのです。料理上手になる簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重な情報をお届けします!メルマガを読みたい方は、下記のバ [続きを読む]
  • 定番と夏の旬菜を組み合わせる技術。"基本"とは?
  • 定番と旬菜を組み合わせることは一年中やっているわけですが。やはり、夏には夏のやりかたがあります。そして、その年の夏の自分の体調、家族の体調。その瞬間に沿わせていくことが基本です。どうもここのところ、"基本"が気になっています。昨日のメルマガでもちょっとふれましたが、マクロビの基本食とか。"基本"とは何なのか?どうあるべきなのか?それについて研究を深めているところです。料理上手になる簡単マクロビレシピ [続きを読む]
  • 水色の器で和食の小鉢料理。涼やかな日。
  • 今日は水色の器を使って、和食の小鉢料理を楽しみました。曇っていて涼しくて、なんだか水色が似合う日でした。一年中、本は手放せないのだけれど、夏になると、なぜだかよくわからないけれども、文庫本の手に取る感触や質感がたまらなくうれしくて、お出かけのお供です。最近、本の紙質がずいぶんと変わりましたよね。なんというか、薄く、軽くなったな、と感じます。料理上手になる簡単マクロビレシピと、他では決して読めない [続きを読む]
  • 夏のほっこり煮物がおいしい。
  • 煮物とスープと、色々盛り合わせ。今日は雨。とても涼しくて湿度がある。そんな日には、調理法を暑い日とは変える必要があります。色々な調理法を組み合わせた一皿。夏のほっこり煮物。様々な素材と、そして様々な調理法が、体に優しく作用します。偏りがないかどうか?バランスは崩れていないか?体にとって正しいことを常に考えて実行すると、それは少しずつ何かを良い事へと変えていきます。料理上手になる簡単マクロビレシピ [続きを読む]
  • 夏のブルーと夏野菜。ブルーのこだわりについて。
  • 今日の東京は、曇っていて涼しくて、わりと過ごしやすい感じの日でした。けど、日中気温が上昇すると、すかさずセミが鳴いておりましたね。そんな風にして、夏はしっかりと腰を下ろしつつあるようです。というわけで、季節の変化を、身の回りのほんのちょっとしたことからいち早く感じ取り、それを食事に反映させるというスキルが役立ちます。先手を打っていくことが重要です。暑い日にぴったりな、さっぱりしたスープ。これは何 [続きを読む]
  • 夏野菜のカレーが嬉しい夏です。
  • ピカピカの新鮮な夏野菜が店頭にどんどん並んでいて、食材の買い物が楽しい夏です。そんな日の、夏野菜のカレー。この一皿だけで、17種類の野菜を使用しています。スパイスはオリジナル配合。蒸し暑い日々ではありますが、熱々の夏野菜カレーは、良い感じに夏の体に作用します。素材選びと組み合わせや作り方など、知識と技術を駆使します。カンパニュラと桔梗とヤマイチゴ。    カンパニュラは、ツリガネソウとか風鈴草とも [続きを読む]
  • 完全菜食の本質的な意味についてのワンボウル。
  • 完全に菜食、という意味についての、ワンボウル。このたった一つの器にこめられた意味を、くみ取っていただけたら・・・、そんなこんなで、最近の色々な想いをこめた、一品です。菜食、ヴィーガン、マクロビ・・・・何かの都合であるとか、誰かの何かの事情など、あるいはほんのちょっとした誤差などで、本質はゆがめられ伝えられてしまうのでしょう。今ここで、本質からブレないことについて、考えていけたら、と思うばかりです [続きを読む]
  • 藍の器で夏の膳。
  • 夏の膳。藍の器は、一年中、使いまわして楽しむことができますが、その色の特性と魅力を最も活かすことができるのは、やはり夏ならではですね。今、一番おいしい物を集めて、料理します。すると出来上がったものは、しっくりとなじみ、溶け込んでいきます。こどもピーマン、見つけると必ず購入しています。シンプルな調理法が、一番おいしいですね。料理上手になる簡単マクロビレシピと、他では決して読めない貴重な情報をお届け [続きを読む]
  • 酷暑に向けてしっかり対策。
  • 暑さが増してきますと、体調管理をしっかりやっていかなければなりませんね。いつもやっている以上に、気合を入れていく必要があります。というのも、一歩、屋外に出ると、日差しの強烈さ、気温の高さ、湿度の不快感、加えて異常な強風・・・ざっとでもこんな感じなので。こういったことの体に対する影響だけでもかなり大きく、加えて、気象の大きな変化や、気圧などの問題も加わります。あらゆることに対応する、柔軟性のある臨 [続きを読む]
  • 夏の始まり。体を旨とすべし。
  • さわやかな夏の膳。早々と梅雨明けとなりまして、蒸し暑く日差しの強さがますます増して・・・かなり過酷になりそうな、夏の始まりです。気候は過酷だけれども、それをむしろうまく利用して効果的にするのも良いですね。この技術は、過酷な夏だけでなく、生きていく上で必要なことであると思います。夏野菜を楽しみ、季節を楽しむ。"楽しむ"という方向性について、"体から考える"を旨とすべし、なのです。料理上手になる簡単マク [続きを読む]
  • 梅雨明けと、体をリセットするワンプレート。
  • 梅雨明けの体をしっかりリセットしたい。そういう意味をこめたワンプレートです。季節の変化と体の変化と、あらゆることがリンクするので、それらを全て考慮しながら、素材選びをし、そして献立を考えていきます。技術と感性の融合。それは、あらゆることを包括していくのです。早!・・・と、誰もが思った梅雨明け。だんだん季節がズレていく・・・というのを、もう何年も前に聞いたことがあります。これはもう人類には止められ [続きを読む]
  • 本質からブレなければ、道はまっすぐ。
  • 蒸し暑さがどんどん増している今日この頃。ブルーな気分・・・じゃなくて、ブルーでさわやかにテーブルを演出したいものです。しし唐やオクラ、茄子など、夏の主役野菜が、ぐっと美味しさを増していますね。本質からブレなければ、ただまっすぐに進むだけ。もし本質からブレていたら、軌道修正が必要です。けれどもその"ブレ"に気づくことがとても難しいので、手助けが必要なのです。ほとんどの場合、無意識にブレていき、それに [続きを読む]
  • やさしい定番カレーランチセット。
  • やさしい定番カレーと、小さな一皿、スープと、サラダ。いつもと違う場所に行ったり、スケジュールがいつもと変わったりすると、変化に対応するための知識や柔軟性のある思考が大切なことです。柔軟性を生むためには、芯が重要で、これを育てていくためには、毎日の食事によって、自分自身と向き合うこと。このカレーは、我が家の定番で、本当に一年中、よく作りますね。くつろぎのひととき。やさしい定番カレーで、思考をリセッ [続きを読む]
  • ベルリンから帰国後の夏野菜ワンプレートを楽しむ。
  • ベルリンから帰国してからは、日本の夏野菜を満喫。もちろん、全てオーガニック(毎日のブログではいちいち書いていませんが、毎日オーガニック)。事前に手配しておいたため、素材は豊富でとても新鮮。北海道産の白アスパラ、とてもジューシーで美味しいですね。こどもピーマンも登場してきて、この季節の食卓に楽しみが増しています。どこにいても「常に体から考える」ことからは、はずれません。それは、生命の基本。料理上手に [続きを読む]