LIBERST さん プロフィール

  •  
LIBERSTさん: あなたより過激な妄想癖
ハンドル名LIBERST さん
ブログタイトルあなたより過激な妄想癖
ブログURLhttp://liberst.blog73.fc2.com/
サイト紹介文リンカーンが好きです。
自由文台湾に親しみを持つ者です。親保守で,米国の政党は共和党を支持し,車はリンカーンか,同ブランドを許容して居るフォードの車が「政治的に」好きです。FC2,アメブロ,goo,so-netブログ,みんカラ,mixi,gree,カーくるでブログを公開してますので,そちらも併せて御覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/07/10 20:55

LIBERST さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 林野警察
  • 警視庁管内でも最も自然の豊富な土地である、青梅警察署地域課PC担当署員に配属になった一人の巡査部長が居た。そろそろ昇進試験を受けて警部補に昇進する予定だった。警備課出身の若手の警察官である。警視庁では公安部と警備部は本部や本庁でも影響力が高く、この男もゆくゆくは情報戦のエリートになる。青梅管内は確かに自然豊かで、都内方面の巡回強化エリアである、上野、麻布、渋谷、新宿、池袋の各署境とは違い、重要事案は [続きを読む]
  • へくしょん
  • 「警視庁から各局、久松管内、車両盗難中、中央区日本橋馬喰町1丁目6番地、久松1、緊急開始で臨場せよ」警視庁から至急ブザーがけたたましく鳴り響き、島しょ部を除く都下全署に指令が知れ渡った。「久松1、臨場いたします。馬喰町2丁目から。どうぞ」「警視庁了解。警視庁から久松」「久松から警視庁、どうぞ」「了解。本件は市民からの目撃通報である。専務等を要請すると共に、依然、通報者がマル被の付近に居座る場合は、速や [続きを読む]
  • 自作小説八王子G#2
  • 公安戸塚警察署リモコンコーナー「警視庁から戸塚」「戸塚です」「了解。戸塚管内、早稲田の大学の敷地外付近にて女性が徘徊しているそうです。目標が大学と同所。学生女性から。入電は7時0分、戸塚590で受理しました。沖田です、どうぞ」「戸塚了解。至近PB員を向かわせます。沖田から。以上戸塚」「以上警視庁」通信指令本部から受け取った情報を速やかに自社放送に切り替えて伝達する。「PSから一丁目」「はい。どうぞ」「今ど [続きを読む]
  • 自作小説八王子G
  • #1朝から公安部の目黒の分室は騒がしくなった。キャップが待機場に入って来て、目黒隊も現場へ応援に向かう事を告げた。平成29年8月某日、午前9時50分、通信指令本部甲発令(警視総監令)「警視庁から各局、9時50分、八王子および南大沢管内で発生した米軍機墜落事案について、甲一零事案と認定した為、現在時より、第九、第八、並びに第八方面と接する、第二、第三、第四方面の全署に対し、要点配備をお願いする。各署境の警備指 [続きを読む]
  • こんな奴もあんな奴も
  • 愛媛からベテランの刑事上がりの警部補が出向でやって来た。最近、赴任した愛媛県警の幹部が警視庁の経験者で、方針変更によって薬物対策を重点的に行うと言うのだ。M警部補は愛媛の突撃番長こと、捜査一課ではリーダー格だった男だが、愛媛では所謂ゼロハチ対策がされていなかった事もあり、銃薬に異動になったのを機に東京に出向になった。その日、奴は、新宿警察の地域課のパトカーに乗っていた。パトカーにはつい最近、異動 [続きを読む]
  • 交通事故現場で豹変し、騒いでいる男
  • 「警視庁から各局。0時0分丁度頃、荻窪管内、ゼロニイ、もしくは交通人身事案、発生、110番が複数入っている。本件は重要事案と思われる。発生端緒住所は・・・警視200並びに四谷にあっては、現場急行を以って転進せよ。以上警視庁」第八自動車警ら隊に勤務して、これから再び武蔵野市方面へ引き返そうと言うところ、警視庁のチャンネルで無線が流れた。聞き付けた23区内方面のパトカー軍団が、次の交差点の所に集結しているのが見 [続きを読む]
  • 覚醒剤を持って来る
  • 今から20年も30年も前は覚醒剤中毒者の酩酊状況は今より鮮明だった。一般人の使用者などは、ろくに覚醒剤の危険性を認識していなかったので、注射を打ちたいだけ打って、命の危険に陥るか、今では考えられないほど「ベロンベロン」になって彷徨っているような状況もあった。ようは、現在と違い、インターネットもスマートフォンも普及してない時代なので、ある意味では仕方の無い事だったのだが...。ちょうど自ら隊の中央分駐所 [続きを読む]
  • 病院
  • 我が国の警察がおこなう職務質問は、指名手配犯の逮捕と覚醒剤等の薬物事案の究明が、そのほぼ全てを占めている。職務質問としてまず最初に知られるのは、とにかく新宿警察である。署長人事の関係で捜査一課の影響が強く、日本の警察で、最も銃器薬物関連で解析がさかんだ。また、日本の警察では、他本部の刑事やお巡りさんなどの警察官の教育や捜査支援で、出向や人事異動が頻繁に行われているのだ。そのため、警視庁ではなくて [続きを読む]
  • 職質専門部門の創設
  • 職質による初動活動の実績が警察組織において更なる必要性が認識されたことから,警察本部とは別に職務質問が主である組織の創設が閣議決定された。まずは,東京都において創設される。[職務質問本部]コールサインは警視警視庁警視総監┃副総監┃警視庁地域部長┣━━━職務質問本部(警視監/警視長)┣地域総務課 [続きを読む]
  • 無免許のA号人
  • そもそも交通違反がきっかけの職質だった。ピーフォンによれば,該当車は盗難届が疑われる。とりあえず形だけは身体捜検する事にして,逐次状況を署に報告し指示を仰(あお)いだ。状況はこうだ。運転手もそうだし,車内も特に変わった様子は無い。ただ,車が盗難車と言うのと,身なりはきちんとしているのに,何故か免許が失効しているのが不思議だった。前科は幾らかあるが,過失交通事故数件と交通違反事件ばかりだった。この程 [続きを読む]
  • 傷心旅行
  • 最近,半年付き合った23歳の大学生に振られた。30歳の警部補は休暇をとった。二日間の奈良旅行だ。自宅に帰る日の朝,観光地の行列に並んでいると後ろからじろじろ見て来る男がいた。「俺は分かんでー。あんた,マッポやろ。」傷心旅行中だったので,「だったら何だコノヤロー」,と言いたくなったが黙っていた。そして,「俺は,私用で旅行中なんだが。あんた,シャブでもやってるからそんな事言って来るの?俺は捜一だから [続きを読む]
  • 田舎からも東京へ地域指導
  • いま,第二自動車警ら隊に来ている元専務の警部補は,つい数年前までは平凡な「お巡りさん」だった。年も年なのにシャブ中すら見分ける事はできなかった。男の出身は長野の山村で,国立大学を卒業したあと,一年サラリーマンをしていて,近郊の警察本部を受験し,無事拝命されていた。それから二十年近く,若くして組織犯罪対策や,生活安全や,薬物銃器対策に従事し,いわゆる刑事畑一筋だった。その間,初任勤務は別として地域 [続きを読む]
  • 字が下手な男
  • 商店街に居ると,署内の隣の管内から電話があった。覚せい剤入りの小銭袋が拾得物の中に見付かったらしい。拾得者はまだ交番の中に居るというので,パトカーで急いで向かった。車で二分程で辿り着くと,ばっと走り込んで行った。赤色のいわゆる茶箱と言う証拠品の収容ケースに小銭袋とパケが入っていた。パケの中にはほんの微量のシャブが入っていた。所有者など手掛かりになる記載は見つからなかった。見付かったのは,交番に隣 [続きを読む]
  • 教え子が
  •  もうすぐ20年になろうと言う経験豊富な巡査部長はとてもびっくりしていた。まず,ありえないと言ってもおかしくないくらいの交機からの応援要請だったからだ。 要請をしてきたのはいままでに職質もしてきた,ベテランの交機隊の隊長だが,現場にいたのは数年前に巡査部長が教えたこともある元地域課員...いまは白バイ乗りだ。 一体,何ごとかと思っていたが,直接の要請連絡ではないため,状況がさっぱり分からない。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …