神田 晃 さん プロフィール

  •  
神田 晃さん: (若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』
ハンドル名神田 晃 さん
ブログタイトル(若手映像作家)DANDYの 『三十路だヨ!全員集合』
ブログURLhttps://ameblo.jp/dandy-entertainment/
サイト紹介文神戸の映像制作会社“株式会社神田製作所”代表取締役非公式見解。ツッコミどころ満載でジワジワ笑えます。
自由文神戸で“株式会社神田製作所”という映像制作会社をやっています。
ウェブやお店でも簡単に映像が公開できる時代。 〜もっと身近に、もっと楽しく〜を合言葉に、”ふだん使い”してもらえる映像に取り組んでいます。
お暇なら覗いてみてね→http://www.kanda-seisakusyo.com/
twitterでは三十路男性の身にならないつぶやきを投稿中!フォローお待ちしています→http://twitter.com/kandaseisakusyo
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/07/11 15:48

神田 晃 さんのブログ記事

  • 「ご当選のお知らせ」論。
  • クジ運について語りたい。僕はクジ運が強いです。クジ運が強いとはどのような状態を指すのでしょうか。宝くじや懸賞の高額商品が当たった人は間違いなくクジ運が強いといえます。ところが僕の場合はその種のものではありません。ギャンブルとは違い、公平なクジならば本来確率は同じはずです。つまり強いも弱いもないのです。大事なのは、“自分はクジ運が強い”と思い込むことです。強いと思っていれば、どんなにささいなものが当 [続きを読む]
  • 「我慢ではなく、休息」論。
  • 実行と課題について語りたい。一大決心を思い立ちました。人から命令されたわけでもないのに、みずから決心することはなかなかありません。貴重な機会ですので、ぜひ実現に近づけていきたいと思います。休肝日を作ることにしました。お酒を飲まない日を持とうと言うのです。ここのところ体調がベストではない日が続いていました。「お酒が好き」という人は、飲みに行くことが好きな人が多いですが、僕の場合家で飲む一人酒のほうが [続きを読む]
  • 「雨天中止の決行」論。
  • 雨にまつわる駆け引きについて語りたい。雨によるスケジュール変更の判断は難しいものです。屋外での撮影が絡む場合、延期を打診するのも仕事です。あきらかに無理な天候の場合ならば話は簡単ですが、小雨や降ったり止んだりのときはなかなか決断してもらえません。「・・・このくらいの雨でもできませんか?」いつも室内で働かれている人ほど、天候によるスケジュール変更に抵抗を覚えられる様子です。あるいは余程にスケジュール変 [続きを読む]
  • 「一流のカレー」論。
  • 適量の昼食について語りたい。野球を見ながらお昼ごはんを食べようと、満を持して永らくストックしていたレトルトカレーの箱を開けました。黒い箱は高級感に溢れており、金字で球団の名前と虎のマークが施されています。今日こそがこのカレーを食べるタイミングでしょう。チームのクラブハウスで供されているものと同じカレーだそうです。選手が試合前に食べる食事について聞いたことがあります。みなさんおにぎりやうどんなどを試 [続きを読む]
  • 「1本の価値」論。
  • 期待以上の対応について語りたい。 TSUTAYAへDVDを借りに行きました。何度か観たことのある古い作品で、また観たくなったものが数本あったのです。それぞれジャンルがはっきりしていたため、すぐに見つけることができました。 会計へ向かいながら、少しばかりの懸念が頭をよぎりました。前回利用したときにちょっとしたトラブルがあったのです。借りた中の1本が再生できませんでした。盤面を確認するとところどころに傷がついてい [続きを読む]
  • 「ゆずり合う悪役」論。
  • 自覚症状について語りたい。時代劇を観ていると、悪役には大きく分けて2通りのパターンがあることがわかります。ひとつは、“お代官さま”に代表されるような“ザ・悪役”です。このタイプは自らの悪事で困った人がいようとも「知ったことか!」とうそぶきます。2つ目は、“悪いことだとわかりつつ、仕方なく悪事に手を染める人”です。困窮した農民・町人に多く、事件が解決した後もなんらかの温情処置が施されるのが定番です。車 [続きを読む]
  • 「ピンポイントで効果的」論。
  • 昨日の答え合わせについて語りたい。昨日、一日中ヘッドホンを装着して作業をしたため、頭の疲れ、鈍い頭痛に見舞われました。解消するために考えた案は3つ。“何もしない”、“さらに聴覚を酷使する”、“視覚を使ってバランスをとる”、です。すべてを試してみました。まずは、“何もしない”です。“身体を休める”=“何もしない”と考えがちですが、日常生活において何もしない時間はそうそうあるわけではありません。何もし [続きを読む]
  • 「知っていることとできることは別」論。
  • 疲れを癒す方法について語りたい。疲れの取り方がわからないことがあります。通常1日の終わりに感じる疲れならば、お風呂に入って寝てしまえば戻ります。取り方がわからない疲れはそれとは別の種類のものであり、即効性を求めるような疲れです。たとえば身体にだるさを感じているときは、ただ休めば良いわけではありません。ジムへ通うようになり、逆に身体を動かしたほうが疲れを感じにくくなることもあると知りました。今日は頭 [続きを読む]
  • 「1人前の基準」論。
  • 人数に見合った分量について語りたい。“1人前”の定義がハッキリしないことがあります。1人前と言うからには1人分なのでしょうが、時と場所によってはこちらが思ってもみない分量が1人前とされている場合があります。たとえば神戸には餃子の名店がたくさんあります。神戸スタイルの味噌だれで食べる専門店です。それら多くの店が、「お1人様2人前以上のご注文でお願いします」と謳っています。だったら2人前が1人前じゃないかと思 [続きを読む]
  • 「鍛え上げられた筋肉」論。
  • 紳士の振る舞いについて語りたい。体育の日“なので”ジムへ行ってきました。この“なので”が表す因果関係は、「体育の日だからなにか運動でも」といった殊勝な心構えによるものではありません。運動目的ならば、週2ペースで通っているのでいつでも良いはずです。あえての“今日”でした。去年、たまたま体育の日にいったところ、使用料が無料だったのです。知らずに行ったものですから、ずいぶんお得感がありました。そして、「 [続きを読む]
  • 「ツブれる線引き」論。
  • 判断の難しさについて語りたい。“ツブれている”これを漢字で表記すると、“潰れている”になります。全国的には、ものの形が壊れていることを意味します。ところが関西圏における“ツブれている”は、見た目はそのままの形状を保っていても、本来の機能を果たしていない状態全般を指します。ここ1ヶ月ほどWi-Fiの調子が良くありません。頻繁に接続が途切れるのです。ネット閲覧くらいなら使用に耐えますが、動画サービスで映画を [続きを読む]
  • 「おうちで手軽にだなんて」論。
  • 厳格な検査について語りたい。睡眠時無呼吸症候群の検査をしました。きっかけはここのところ日中に睡眠不足のときのような頭の鈍さを感じると主治医の先生に告げたことからでした。検査を勧められ、はじめは躊躇していたのですが、自宅にキットが送られてきて簡単にできるそうです。「それなら。やったこともないし・・・」とお願いしました。これが思っていた以上に大変でした。測定装置は万歩計のようなもので、これをゴムベルトで [続きを読む]
  • 「気持ちと発言」論。
  • 発言の趣旨について語りたい。「作者の気持ちを述べなさい」現代文においてこの種の設問が好きではありませんでした。そのとき何を考えていたかなんて、わかるわけないからです。「“言わんとするところ”を述べなさい」なら理解できます。“言わんとするところ”を“気持ち”に置き換えていることに薄気味悪さを覚えていました。ノーベル文学賞を受賞されたかたが、「村上春樹氏に申し訳ない」といったコメントを発表されました。 [続きを読む]
  • 「続・コーヒー・タイム」論。
  • 求める方向について語りたい。「継続は力なり」とはよく言ったものです。おもしろいもので、続けていれば意図せずとも上達はするようです。ドリップでコーヒーを淹れるようになって一週間が経ち、日増しに上手くなっています。豆は同じものです。本来ならば、はじめに味わった感動は失われていくはずですが、むしろ美味しさが増しているようでした。ある著名人が“努力”について語っていました。「努力したのに報われなかった」と [続きを読む]
  • 「そのとき心が揺れ動いた」論。
  • 心境の変化について語りたい。「神戸」と聞いてどのような風景を思い浮かべるでしょうか。観光スポットとされているなかでも有名な場所は数カ所ありますが、多くの人がランドマークでもあるポートタワー周辺を思い浮かべるでしょう。突然、感情がおかしな具合に動きました。どうやら“気恥ずかしさ”に似た気持ちのようです。場所は、とあるビルの高層階にある廊下でした。どうしてこのような感情に襲われたのでしょうか。立ち止ま [続きを読む]
  • 「見た目からのコミュニケーション」論。
  • 最新版の配慮について語りたい。「老人」もNGワードになりつつあるそうです。公共の場では、「高齢者」「ご高齢のかた」への言い換えが望ましいと言います。言語狩りのようですが、たしかに目の前に対象者がいる場合、「老人」はきつい言葉に聞こえます。正直なところ、使う側も配慮したほうが気が楽そうです。“ご高齢のかた”がエレベーターへ乗ってこられました。そのあとに男の子が続きます。おばあさんと孫のようでした。おば [続きを読む]
  • 「ノーサンキューされる神無月」論。
  • 健康志向について語りたい。急に気温が下がったためか、体調が万全ではありません 。こういったときは、“健康が大事”とつくづく感じます。体調の管理に気を遣わなければならないと、月初に意識を新たにしました。秋は美味しいものが増え、つい油断していると食べ過ぎ、飲みすぎてしまうものです。若い時分と同じように過ごせば無理が出てくる年頃です。“食べたもので身体は作られている”このことを忘れず、「ごはん大盛無料」 [続きを読む]
  • 「展覧会の絵」論。
  • 視覚と時間軸について語りたい。美術館へ行ってきました。ある実業家のかたが集めたフランス近代絵画コレクションの展覧会が催されています。約100〜150年前の作品群です。自然風景を描いたバルビゾン派から印象派、エコール・ド・パリの画家たちまで見やすくまとめられていて、楽しく観賞できました。生の絵画は迫力が違います。画集とは異なり、そのままのサイズ感で迫ってきますから、当時の息づかいのようなものを感じます。描 [続きを読む]
  • 「卵焼きのある風景」論。
  • イメージすることについて語りたい。駅、空港、スーパー、高速のSA。職業柄、街なかで動画に出会うとつい足を止めて見入ってしまうことがあります。「うまいこと作るなぁ」と感心させられるのです。“うまい動画”は要点がキレイにまとめられており、商品を自分が使っているシーンをイメージさせてくれます。東急ハンズのキッチンツールのコーナーで面白そうな商品を見つけました。“たまごやきの達人”と銘打った、菜箸のような長 [続きを読む]
  • 「プレミアムな時間割」論。
  • 時間を作りだすことについて語りたい。プレミアムフライデーです。先日、プレミアムフライデー制度の見直しが検討されているといったニュースを見ました。やはり月末では無理があったようです。その後を聞きませんが、今月は“見直し前”に従うカタチで良かったのでしょうか。月末が慌ただしいことは珍しくありませんが、今日は特別です。なにしろ試写と完パケの納品、さらには撮影まで入っているのです。月末はおろか、平日であっ [続きを読む]
  • 「感度良好のアンテナ」論。
  • 予測する力について語りたい。物事にはある程度予測のつくことがあります。なにも超能力的なことに限らず、これまで生きてきたなかでの経験から推測されるものです。これらは理論立てて考える必要は無く、直感のような判断がなされます。いわゆる“経験則”です。ジムにはラジカセが置いてあり、FMラジオが流れています。ところが大抵の利用客は銘々がイヤホンを使って好きなものを聞いており、ラジカセの存在は気にしていません。 [続きを読む]
  • 「コーヒー・タイム」論。
  • 欲しかったものの正体について語りたい。コーヒーのドリッパーを買いました。ここ数年、コーヒーマシンはネスカフェのバリスタを愛用しています。机の横にセットしており、毎日給水ボトルが空になるくらいに飲んでいます。バリスタも美味しいのですが、個性的な豆も飲んでみたくなったのです。久々のドリップです。豆を蒸らしたとたん、香りが立ち上がりました。やはり良いものです。考えてみれば原理は我が家の古株であるコーヒー [続きを読む]
  • 「草むらの少年」論。
  • 広く知れ渡ったことについて語りたい。「最近の○○は・・・」といった言い回しは好きではありませんが、こと子供に関して語るときは「最近のこどもは・・・」がシックリくるような気がします。最近の小学生は知識が豊富です。情報が溢れている社会ですから、僕らのころよりませているでしょうし、たくさんのことを知っているようです。下校時間に重なったらしく、小学生男子グループが道端で大騒ぎしていました。運動会の練習があったら [続きを読む]
  • 「ショップの役割」論。
  • それぞれの用事について語りたい。携帯ショップはどことも混んでいるそうです。これまでタイミングが良かったのか、そのようなイメージはありません。今日、所用のために携帯ショップを訪れました。待たされることはありませんでしたが、なるほど混んでいます。次々に客がやってきて、予約のない人は断られているケースもありました。いろんな用事の人がいるものです。耳に入ってくる声を聞くと、契約以外の人も多い様子でした。い [続きを読む]
  • 「おでこ、手首、耳の後ろ」論。
  • 求められれば与えられることについて語りたい。お彼岸なのでお墓参りへ行ってきました。父方の祖父以前のご先祖の墓々と母方の祖父母の墓の“墓参りツアー”です。それぞれが別の県に跨がっているため、ちょっとした旅行気分でした。実は直前まで行こうか行くまいか迷っていました。納品直前の編集作業は佳境に入っており、別の撮影も立て込んでいたためです。やはり行って良かったと思います。墓を掃除し供花で飾ると、リフレッシ [続きを読む]