kosaisikomi さん プロフィール

  •  
kosaisikomiさん: オリジナルの怪獣怪人
ハンドル名kosaisikomi さん
ブログタイトルオリジナルの怪獣怪人
ブログURLhttp://ultrider.exblog.jp/
サイト紹介文私がオリジナルに考えた怪獣怪人の画像のギャラリーです。
自由文ペイント画像あり、コラ画像あり。画自体は私自身スキルも無く稚拙ですが、アイデアに注目して下さい。
斬新さよりもむしろ、特撮ファンの心の中の無意識の欲求を埋める様な、そんな怪獣怪人達の画像が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/07/14 19:38

kosaisikomi さんのブログ記事

  • 鳥牙仮面&鉄蛇仮面(黒十字軍)
  • 3D貝殻アート。「ゴレンジャー」より鉄十字軍の怪人、鳥牙仮面と鉄蛇仮面です。鳥牙仮面は鳥なのに嘴がない不思議なデザインですが、モチーフとなった民族美術があるらしいです。でも、罅割れた白い骨の様な頭はむしろ卵を思わせます。そう言えば私が以前「卵仮面」の画像をアップロードした事がありますが。むしろその名は奴にこそ相応しかったのでは?とも思えます。向かって右が鉄蛇仮面です。デルザーの蛇... [続きを読む]
  • 大海獣スキュラ―
  • 前回の記事繋がりで、私が独自に考えた6頭12足の大海獣 スキュラ―です。「ウルトラマンガイア」劇場版にスキューラという大海獣が登場しているので、字面をちょっと変えました。恐竜エラスモサウルスのイメージです。ヒュドラの変形と言った感じで何かオーソドックス過ぎて面白みに欠けるかも知れません。でも「先ず最初にオーソドックス在りき!」がモットーの当サイトにおいては、むしろ今迄思い付かなかったのが... [続きを読む]
  • 火の山大首領(黒十字軍)
  • 「秘密戦隊ゴレンジャー」から。オリジナルの作品には登場しない巨大な敵、火の山大首領です。ネームからも判るように、黒十字「総統」に次ぐ地位を持つ大幹部キャラ、ですが実は火の山仮面マグマン将軍が内部に搭乗してコントロールしている巨大ロボが正体という、言わばキングダークの様な存在です。戦闘装備に巨大ロボを持たないゴレンジャーですが、敵キャラも一体くらいは巨大な奴がいても良いんじゃなかっ... [続きを読む]
  • 岡本太郎
  • おかんアートやオヤジアートといったアウトサイダーアートには日常生活空間を食い尽くす強烈な破壊力がある といったフレーズを某サイトで見た事がありますが、確かにその通りだと思い、かつ実感しています。この私の貝殻アートの場合がまさにそうだからです。当サイトで紹介していない作品もまだまだあり、それらは、プラモデルやソフビやフィギアや縫い包みや民芸品やアンティークを殆ど全く買う趣味を持たない私の家... [続きを読む]
  • 古代ゴルゴン&カラバッジォのメドゥーサ
  • 蛇の髪の女性がその目を見たものを石に変える!これが都市伝説だったら強烈な恐怖と生理的嫌悪感この上ないけれど、「神話」というオブラートに包まれている事でそのキャラクターを何とか受け容れる事が出来るのだと思います。当サイトでは何度も取り上げました。画像向かって左は古代美術に登場するゴルゴン(メドゥーサを含む)です。小さいですが翼もあり、体に蛇を絡ませています。舌と牙を?き出しているのが特... [続きを読む]
  • 骰子壺振り師(ゴーマ怪人)
  • 安室奈美恵さんが来年引退します。潔い引き際は或る意味理想的な人生の在り方を思わせますね。残念だったのは本当なら昨年の紅白にリオオリンピックのテーマで出場してトリを取る事が叶わなかった事でしょう。その四年前の紅白でのいきものがかりの大トリの感動再び!とはなりませんでした。もっとも、私の大嫌いな女性歌手の落選はまさに ズバリ正解!でしたが。安室さんと言えば当サイトでも「真 アムロ波平」のネタ... [続きを読む]
  • ウルトラマンビルド
  • 二人のウルトラ戦士のパワーを同時に使用する事が可能なウルトラマンビルドです。過去にも、コスモスとジャスティスが合体したウルトラマンレジェンド。三人のウルトラ戦士が合体したウルトラマンサーガ、他のウルトラ戦士のパワーを借用して戦うウルトラマンオーブ といった戦士がいました。ビルドもそのバリエーション(但し コンセプトが異なる。左右半々だと、半分と半分を足して1にした ハイブリッド合体だと、... [続きを読む]
  • オリジナルの必殺技 水爆頭突き
  • 北朝鮮の核ミサイル問題で元新日本プロレスラーのアントニオ猪木氏(歳のせいかも知れないが、やつれた様にも見えた)が北朝鮮に出向いたというニュースが流れていました。猪木氏と北朝鮮との関係は案外古くからのもので。かつて相撲からプロレスに移転した故力道山氏も朝鮮出身。力道山亡き後プロレス黄金時代を築き上げ 故馬場氏 猪木氏と並んで「三羽烏」と呼ばれた故大木金太郎氏もまた朝鮮の出身でした。そんな大... [続きを読む]
  • 初挑戦 東方ゆっくりキャラ3Dアート
  • ゆっくりしていってね!!!ゆっくりようむだみょーん。今迄にも ゆっくりキャラ3D貝殻アート はいくつも作りましたが、それは単に「生首キャラ」というだけの事でした。今回初めて東方ゆっくりキャラに本格的に挑戦してみました。顔だちも ゆっくり に似るよう意識しました。魂魄妖夢のゆっくり化キャラの ゆっくりようむ のつもりですが、カラーリングを無視したこともあって、ゆっくりルーミアにも見えま... [続きを読む]
  • デス五人衆(宇宙鉄人キョーダイン)
  • 「宇宙鉄人キョーダイン」より。作品2クール目から登場する「デス五人衆」貝殻アート。向かって左から、デスキャット(動物)、デスギラン(植物)、デスカッター(鉱物)、デスバイキン(微生物 ウィルス)、デスフラッシュ(金属 メカ)です。「キョーダイン」と言えば 「トランスフォーマー」を先取りした様な作品(元祖はマグマ大使?)で、敵味方とも重厚感溢れるキャラクター達が売り物だったのに、3クー... [続きを読む]
  • ショッカー3Dアート
  • 仮面ライダーより。向かって左がショッカーの戦闘員です。最初は顔のペイントにベレー帽 という井出達(「仮面ノリダー」のジョッカー戦闘員の皆さんがそれを受け継いだ)でしたが、汗とアクションでメイクが流れるという事情もあって、覆面レスラーみたいなマスクを被るようになりました。初期は赤と黒の2タイプでしたが、二年目からは黒字で胸に骨の模様 という今ではお馴染みの図柄に統一されました。尚、画像の作... [続きを読む]
  • 急遽完成 ジェッターゆっくりマルス3D
  • やあみんな、ジェッターゆっくりマルスだよ。やっとサイト主が急遽僕を有り合わせの材料でだけど作ってくれたんだ。上段向かって一番左の一番小さいのが僕さ。右隣から、アトム、ウラン、リメイクされた美理が随分と大きいな。僕の造形は何かアトムキャットにも似てしまったし、同時期放送の「小さなスーパーマン ガンバロン」を思わせる雰囲気もあるかな。僕のDVDも出ているらしいけれど、どうせ君たちの事... [続きを読む]
  • 過去最大の3Dゆっくり
  • ゆっくりしていってね!!! ゆっくりウランでーす。新造ではなく、ゆっくりみりの改造でーす。アトムの妹として、お茶の水博志博士がアトム兄ちゃんの設計図を基に少女タイプにアレンジして作ってくれたのが私よ。原作ではアトム兄ちゃんと同じ最大出力10万馬力だけど、アニメ版では1万馬力がやっと、7つの威力もないし。でも、2003年版ではテレパシーに似た感知能力があって、これを使い熟せれば... [続きを読む]
  • イヤミ&チビ太
  • ケケケッ!チビ太だい。顔の形はウメ星デンカ(藤子F先生)や、怪物くん(藤子A先生)に似ているが、「猫じゃない 証拠に竹を 描いておき」の川柳じゃないけれど、おいらのトレードマークとも言えるおでんを持っているぜ。「おそ松くん」1988年アニメ版では「ワンピース」のルフィ役の田中真弓さんの「てやんでえ バーロー」といったべらんめえ調のアドリブが、おいらのキャラの新たな付加価値になったぜ。この... [続きを読む]
  • ちびまる子ちゃんのクラスメート達三人
  • 余ったクズ貝殻で作ったお気軽3Dアート、向かって左から、長沢君 藤木君 山根君 です。さくらももこ先生が描くクラスメートの顔って、美形とそうでないキャラのギャップが大きいんだよね。エリート児童の花輪君でさえ、大野君や杉山君と比べると何かディホルメ感が漂う。女子の場合、まる子やたまちゃんがスタンダードだとして、上ランクの城之内さんと、下ランクのみぎわさんや冬田さんや野口さんとはこれ... [続きを読む]
  • ザ ライバル
  • ワンダーウーマン公開を記念して、映画界を熱くしている二大ヒーロー派閥、DCとマーベルから、バットマンとスパイダーマンの貝殻アートです。尚、ワンダーウーマンはバットマンが所属のDC派閥(他にスーパーマンがお馴染み)の女性ヒーローで、この秋公開の映画「ジャスティスリーグ」でも活躍します。一方、スパイダーマンも活躍する「アベンジャーズ」については説明不要でしょう。日本のヒーロー派閥で言うなら「... [続きを読む]
  • 麗しき魔除け メデューサのシェルカメオ
  • 今回紹介する作品は画像向かって左の立体アートです。カメオ はご存知でしょうか?ヨーロッパでセレブが愛用する工芸芸術品で、材料は自然石 樹脂 貝殻等。ブローチやペンダントと言った装飾品にしたり置物になったりします。浮かし彫りの半立体彫刻芸術で、題材としてはやはり神話の登場人物、特に女神や妖精が多い様で、アフロディーテ アテナ ミューズ等が割とよく選ばれる様子です。あと、何故か、見る... [続きを読む]
  • 被爆ノンマルト(ウルトラセブン)
  • 昭和29年、太平洋ビキニ沖での水爆核実験がもたらした悲劇は人類に対してのみではなかった。海底先住民族であるノンマルトも大きな被害を受けた。多くのノンマルトが命を奪われ、生き残った個体の中には画像の様な無残な姿になってしまった奴もいる。被爆後、ケロイドに蝕まれた体を進化させて、より強力な個体になったゴジラなら兎も角。ノンマルトの様な弱小な種族はやがて死を迎えるしかなく、仲間の被爆による死を... [続きを読む]
  • ミニヨンズ3Dアート
  • 現在映画が公開中のミニヨンズの貝殻アートです。もっとも、アニメの主役はあくまでも鶴瓶氏が声を担当のグルーで、彼らはマスコット(かなりウザいですが)的なキャラです。同じ種族で一つ目と二つ目があるというのは地球上の生物では有り得ませんが、妖怪や地球外生物ではむしろ血液型の様なもので有り得るという事なのでしょう。例えば鬼の体色や角(一本ないしは二本 稀に奇形で三本も)も多分同様で、きっと遺... [続きを読む]