b さん プロフィール

  •  
bさん: ビー玉落下音研究所 ○=♪⇒ one's lifework
ハンドル名b さん
ブログタイトルビー玉落下音研究所 ○=♪⇒ one's lifework
ブログURLhttp://borosilicateglass.blog.fc2.com/
サイト紹介文Even if 3・11 is terror...I was looking for hope...
自由文球体がさらに巨大な球体である地球のもとへ落下というかたちで近づくことを
一種の視覚的な楽しみとして味わう目的がここから始まったのである
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/07/15 10:11

b さんのブログ記事

  • 01446
  • 頭が変だから…友達が一人もいない…作ろうとも…なんだか最近は思わない…迷惑だからね…もともと頭が変だからね…バカにされてもいいと思い…「おかしいね?」から始めたアートです…持続する…アの国の国家デフォルト阻止のために…ドル防衛が狙いで…お隣と戦争できるように憲法を改正してはいけない…粘って…何か…いつも…また起こすかもしれない…人工災害に備えなければならない…「しかも地震…あるいは津波…人工的に起 [続きを読む]
  • 01444
  • 未来は変えられそうです…少しづつ…改善していることに気づけます…毎日ワクワクしています…あと…もう少しが…数年だろうか… [続きを読む]
  • 01441
  • あなたは残念であろうけど…僕は生きている…真っ暗なトンネルの右コーナーの先は少し明るかった…円盤内のネジが緩まないように…両方のピースから抱え込むように加速する…明日も… [続きを読む]
  • 01440
  • 今も問われても…簡単に署名できないのであろうか…あの日考えろって…問われたもんだから…自分なりに…今も精一杯悩んでいます…311がテロであろうとも…今は2018年7月17日以降も…日米原子力協定も継続しそうで…さらに…フルMOXの東京電力柏崎刈羽原発6号7号機が再稼働すれば…再処理したことであり…高レベル放射性廃棄物ガラス固化体を超えて…ガラスから取り出し低中レベルの廃棄物と白金族やレアメタルなどの資源が取り出 [続きを読む]
  • 01439
  • 磁石の最適な取付角度がわかりません…水車で考えると上から落ちる水と…水の流れを考えればいいのだろう…これは…取り巻くように磁石を配置することを計画しているが…手始めに一方向からやってみる…回り続けそうになる時があるが…よくわからないが…磁石が少しでも中心からずれるとブレーキがかかるようである今日は回転する軸受けの部分を制作してみたが…以前は反時計回りの独楽で考えていたが…車輪のようにすることにした [続きを読む]
  • 山栗
  • 今週は学校も休み…アルバイトも土曜日まで休みです…焦るだろうけど…6月は個展…9月の最近まではシーズンなので…忙しかった…正直…朝と夕の間の5時間空いたアルバイトは自分のペースが築くのが未だに苦手です…でも…パニックにならず…アートを続けられているだけで幸せです…不思議です…いつも支え応援してくださる皆様…ありがとうございます…今日は研究所の脇の山を探検した…キノコが沢山生えていて…枯れている樹を案 [続きを読む]
  • 01438
  • 取付角度が難しいが…磁力線が導かれるところで…ベアリング部分と独楽部分をなるべく中心になるように…量子テレポーテーションという現象…その回路が量子コンピューター…アインシュタインは「奇妙な遠隔作用」と呼んでいたのか…知らなかった…導かれる計算速度は同時だったのか瞬間だったのすら人間にはわからない…今はベルクソンの同時性批判部分にひっかかり…それを…人工知能に応用することは悩むもんだ…関係ないとは想 [続きを読む]
  • 01437
  • 10年以上やっても…肢体の延長のようにトーチの炎を操ることができません…しかし…数年前は…もっと時間が必要だった…ベルクソンの水に砂糖を溶す話は…ポンティやドゥルーズにも出てくる…少し違うがこのどうにもならない時間は…ロウ付け溶接に似ているのだろうか… [続きを読む]
  • 01435
  • お金がないので…台風の雨が降る前に多めに薪を拾います…刻印ポンチは間違いだらけの…憂鬱な時は薪ストーブで火をみながら…温まれでば芯まで…ハイデガーとベルクソンを忘れることができる…ポアンカレ4部作の第2集『科学の価値』を覗く…ポリエチレンに再び加工線… [続きを読む]
  • 01434
  • 接着剤は…ポリエチレンには着かないことが大切で…適度に弾力があり…さらにこの上から…もう一つポリエチレンドーナッツを角度をずらして…磁車の独楽部分を… [続きを読む]
  • 01432
  • ウィトゲンシュタイン…「現象学とは、物理学がみずからの理論を構築するための土台としている諸事実を記述する文法である。」「和声学は少なくともその一部は現象学であり、したがって文法である。」ゆっくりやろう…通っていた高校の前に埠頭があり時々万景峰号が来ていた…北朝鮮民主主義自民共和国の水素核融合爆弾による地下核実験は人工地震となった…水爆と解釈する…地下で核爆発を起こすと…水脈から水素核融合へとつなが [続きを読む]
  • 薪ストーブでカレー
  • どこかに本をなくしてしまって…お店の人に聞いたり…迷惑かけてしまい…その本をなくしたのは一ヵ月前なのか?分からないので結局注文した…薪ストーブの火をみていれば…屋根裏で雨が流れる音をきいていれば…「フッサールは時々欄外に「そのことを私は直観した」」…現象学的なフィルターみたいなものは存在論に…フィルターが時間でもあるのだろう…たしか…「存在論は現象学としてのみ可能である」…復習で… [続きを読む]
  • 01430
  • ニーチェのマッハへの共感…マッハとフッサール…マッハとアインシュタイン…ベルクソン…ポンティ…「〈ゲシュタルト理論〉とフッサールの〈現象学〉は、同じマッハから出発し、」…例えば…夏休みの宿題を探していて…まだ始めていないのだろう… [続きを読む]
  • 01429
  • たしか…サルトル批判をしてからでしたね…「言葉という存在の家に住みつつ、人間は「存在へと身を開き−そこへと出て立つ」」…いつも「wesen」という動詞が大切で…そう…今乗ってみたい乗り物は…WKT-502号… [続きを読む]
  • 01428
  • ステンレスの軸に…アルミプーリーで固定…真鍮の外装に…まな板のポリエチレンドーナッツに…ネオジウム磁石を仕込む加工…できそうだけど…難しいだろう…あとベアリング部分が揃えば材料に目途はつくが…頭の中で加工する手順を…独楽部分の開発に数年必要だろうか…いつも独学でやってきた…発電は無理だろうか…コストパフォーマンスならマイナスだ…例えばソーラー発電は火力発電の約1/4の効率らしい…エコではないのだろう [続きを読む]
  • 01427
  • 磁車の角度というか…北半球なら反時計回りで回転させると想定して真上から…制作方法とか…組み立て方法とか…材の大きさから…今日は夏休み前の週一…続けている場所に伺いました… [続きを読む]
  • 01426
  • 2017/05/09 01416に機関車デーデが出てきていた…今年のゴールデンウイークの頃だった「はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ」の絵本を知った…今日18歳まで住んでいた実家の町に油ガス田があり…毎日原油と天然ガスを生産していることを知った…全然知らなかった…今月2日に日光に戻るときに…新津の石油の里公園に寄り道したとき…あの…懐かしい独特のにおいのような…深いところにある記憶のような…すっきりした「?」があった [続きを読む]