onaga さん プロフィール

  •  
onagaさん: チェンマイ風物詩
ハンドル名onaga さん
ブログタイトルチェンマイ風物詩
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/onaga1951
サイト紹介文大好きなチェンマイでの暮らしぶりの中で『チェンマイのすばらしさ』を紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2011/07/15 23:33

onaga さんのブログ記事

  • タイ南部(ハジャイ)の旅『金属探知機と検問所』
  • ハジャイの繁華街には、『ODEAN』『セントラル』『ロビンソン』などのデパートがあります。それらのデパートは大勢の人が集まるので、入る時には、金属探知機を通らなければいけませんでした。ハジャイの繁華街は、『ODEAN』(真ん中)などデパートが並んでいます。『ODEAN』を入る時も金属探知機を通らなければいけません。このデパートでは、サマーセールを行っていました。金色の置物もありました。『ODEAN』の隣の『セントラル [続きを読む]
  • タイ南部の旅『ハジャイ市内を散策』
  • ハジャイの旅3日目(9月3日)は、ハジャイ市内を散策しました。タイ南部は、イスラム教徒と華僑の多い地域です。そして、歴史的には隣のパッタニー県を中心にパッタニー王国として、独自の歴史を歩んでいました。繰り返される爆弾テロは、このパッタニー王国の復興を呼びかけ、タイからの分離独立を提唱しているイスラム過激派によるものです。今のハジャイの街中は、かつて爆弾テロがなかったかのような平和な穏やかな所でした [続きを読む]
  • タイ南部の旅『ハジャイの料理店』
  • 9月1日(土)〜4日(火)タイ南部最大の都市『ハジャイ』を旅しました。イスラム教徒が多いので、他のタイの地域とは違うところがたくさんあると思っていましたが、その予想は的はずれでした。衣裳だけが違うだけで他はタイ人と全く同じでした。例えば、一般の料理店も私の住んでいるチェンマイの料理店と全く同じでした。このタイ料理店は初日の夜、『ナイトマーケット』に行く途中にありました。この中から好きな物を選んで注 [続きを読む]
  • タイ南部(ハジャイ)の旅『世界三大宗教の寺院巡り』
  • ハジャイの2日目(9月2日)の午後は、中国仏教の寺、キリスト教の教会、イスラム教の寺院を巡って来ました。これらの寺院を巡って感じたことは、ハジャイはイスラム教徒が多い割には、寺院があまりないことです。もう一つは、インド人があまりいないので、インドの寺院が無かったことです。『キムヨン市場』の近くにある中国寺です。派手な色彩はありませんが、風格が漂う立派なお寺です。この中国寺には、僧侶がいました。本堂 [続きを読む]
  • タイ南部の旅『ハジャイの3Dアートミュージアム』
  • ハジャイの2日目(9月2日)の午前中は、『キムヨン市場』で朝ご飯を食べてから、ハジャイ市内の北東側にある3Dアートミュージアムに行きました。『3Dアートミュージアム』はバンコクやチェンマイなどにもありますが、ハジャイの場合は、マジックミュージアムの中の1部になっています。3Dアートミュージアムだけを見ると、250バーツ(約850円)です。チェンマイの3Dアートミュージアムよりもこじんまりしているの [続きを読む]
  • タイ南部(ハジャイ)の旅『キムヨン市場の朝市』
  • ハジャイの2日目(9月2日)の朝は、泊まっている『キャセイゲストハウス』から北へ歩いて5分以内の所にある『キムヨン市場』で朝ご飯を食べに行きました。この市場の周りでは、朝市が開かれて、大勢の人で賑わっていました。僧侶にタンブン(寄進)をしています。朝市は大勢の人でごった返していました。果物も豊富にあります。野菜も豊富に揃っています。魚介類もいろいろ売っています。鶏もあります。沖縄の市場にもある豚の [続きを読む]
  • タイ南部の旅『ハジャイのナイトマーケット』
  • 9月1日(土)チェンマイからハジャイに行きました。夜の8時ごろ、キャセイゲストハウスにチェックインしてから、近くでナイトマーケットが開かれていると聞いて、早速、見に行きました。ゲストハウスの周りは、ほとんどのお店が閉まっていました。人も通らないで、全く静かです。ゲストハウスから西へ歩いて5分以内の所に、ライトアップされたハジャイの駅(中央部)があります。ゲストハウスから東へ少し歩くと、有名なデパー [続きを読む]
  • タイ南部(ハジャイ)の旅『私の泊まったゲストハウス』
  • 私は9月1日(土)〜4日(火)3泊4日でハジャイに行って来ました。ハジャイ(正式名称ハートヤイ)はタイ南部最大の商業都市で、小バンコクと言われています。タイは歴史的、文化的に4つの地域に分けることができます。バンコクを中心としたタイ中央部、チェンマイを中心としたタイ北部、イサーンと呼ばれているタイ東北部、この3つの地域には、生活したことがありますが、最後の1つタイ南部はまだ、行ったことはありません [続きを読む]
  • チェンマイの中心街は『今年も中国語が氾濫!』(3)
  • チェンマイは今、雨期に入り、シーズンオフを迎えて、観光客は少なくなっています。しかし、中国人観光客だけはどこにでも見かけ、とても目立ちます。チェンマイの中心街には、中国語の新しい看板などが更に増え続けています。私のパソコンの調子がおかしいので、修理に出します。次回のブログ更新は9月7日(金)を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。チェンマイの中心街は、更に中国語の看板などが増え続けていま [続きを読む]
  • 続・ランプーンの『ラムヤイ(リュウガン)祭り』
  • ランプーンの有名な『ラムヤイ(リュウガン)祭り』は、24日(金)〜31日(金)開かれています。私はお祭りの2日目(25日)午後から見に行きました。お祭り会場になったのは、ランプーンのシンボル『ワット・プラタート・ハリプンチャイ』の向かい側にあるクワン川沿いです。2時半にお祭り会場に着いた時は、人はまばらでした。その後、人がどんどん増えて行きました。会場には、飲食や特産品、農産物などの露店が並んでい [続きを読む]
  • ランプーンの『ラムヤイ(リュウガン)祭り』
  • チェンマイの隣県であるランプーンは、ラムヤイ(リュウガン)の産地として有名です。そのランプーンでラムヤイ(リュウガン)祭りがあるので、昨日の土曜日(25日)午後から見に行きました。ランプーンとは、(タイ国政府観光庁より引用)チェンマイから南へ約30キロメートル、11世紀頃からランナー王国に統合される13世紀末まで、モーン族によるハリプンチャイ王国の都として栄えていたランプーン。山間盆地にあり、北部地方の [続きを読む]
  • 続・チェンマイの戦没者慰霊祭『バーンガート会場』
  • 73回目の終戦の日を迎えた8月15日は、戦没者慰霊祭がチェンマイでも行なわれ、私はバーンガート慰霊祭に参加いたしました。バーンガート慰霊碑チェンマイ市郊外にあるメーワン郡バーンガート中高学校の敷地内には、インパール作戦で亡くなれた約1万8千名の遺骨が納められている慰霊碑があります。チェンマイ市内から学校の慰霊碑までは約35kmで、車で1時間ぐらい掛かります。インパール作戦とは、東亜戦争の末期、日本 [続きを読む]
  • チェンマイの戦没者慰霊祭『バーンガート会場』
  • 8月15日の終戦記念日、チェンマイでは2つの会場で戦没者慰霊祭が行なわれました。私は去年は旧市街から南側にあるムーンサーン寺の慰霊祭に参加していましたが、今年はメーワン郡にあるバーンガート慰霊祭に参加いたしました。1944年のインパール作戦での戦没者の慰霊碑がチェンマイには2ヵ所あります。インパール作戦とは、東亜戦争の末期、日本軍により実施された東インドのインパールに対する進攻作戦(ウ号作戦と呼称 [続きを読む]
  • シリキット王妃の『86歳誕生日祝典』
  • 8月12日(日)はタイ国民から敬愛されているシリキット王妃の86歳のお誕生日でした。また、その日は『母の日』で祝祭日になって、タイ各地で盛大に祝典が開催されました。チェンマイでも旧市街の3人の王様像広場で夕方から、多数の市民が参加して盛大に行なわれました。この日は日曜日で旧市街では、夕方からサンデーマーケットが開かれていました。盲人グループも水色のシャツを着ていました。ターペー門(後ろ上)が見えま [続きを読む]
  • 『母の日』のチェンマイ
  • 8月12日はシリキット王妃(プミポン前国王の夫人)の誕生日であり、その日は『母の日』にもあたり、祝日でもあります。王妃が金曜日生まれのため、金曜日のシンボルカラーである水色が飾りに用いられ、国民は水色のシャツを着てお祝いをしていました。シリキット王妃のお誕生日を祝っています。(ターペー通りの銀行)一般の住宅でもシリキット王妃のお誕生日を祝っています。私の住んでいるアパートの管理人一家も水色のシャツ [続きを読む]
  • 商業専門学校の『母の日』イベント
  • 去る8月12日(日)はプミポン前国王の夫人『シリキット王妃』の86歳のお誕生日でした。その日は『母の日』と命名され、祝日の休みになっています。タイ全土の学校では、王妃の誕生日を記念して、先週の金曜日(10日)に様々なイベントが行なわれました。私はその日の午前中にアパートの近くにある商業専門学校で見に行きました。シリキット王妃のお誕生日を祝っています。(ターペー門前広場)旧市街のお寺でもシリキット王 [続きを読む]
  • 今年も大雨が降ると『チェンマイの低地は浸水』
  • チェンマイでは先週の木曜日(9日)の午後から夕方まで大雨が降りました。チェンマイの低い地域は排水インフラが不十分なために浸水がよく発生します。私の住んでいるアパートの近所の庭先です。これも私のアパートの近くです。靴では濡れてしまうので、サンダルを履いて歩きました。ロイクロ通りの小路を入った低地も浸水しています。自転車で走るのは無理みたいです。家の中が浸水し、水を取り出しています。この家ももうすぐ、 [続きを読む]
  • 幼稚園の『母の日』イベント
  • 8月12日は前国王の夫人『シリキット王妃』の誕生日です。その日は『母の日』とも命名され、祝日の休みになっています。タイ全土の学校では、王妃の誕生日をお祝いして、イベントが行なわれます。そのイベントが9日(木)アパートの近くの幼稚園でもあるので、見に行きました。ナイトバザールの近くのホテルでも『シリキット王妃』の祭壇が設けられ、お誕生日のお祝いしています。王妃は金曜日生まれのため、金曜日のシンボルカ [続きを読む]
  • サンデーマーケットの『子供芸能ショー』
  • チェンマイ最大の観光スポット『サンデーマーケット』は毎週日曜日の夕方から、ターペー門周辺で開かれてます。そのマーケットの南側ではいつも7時から9時までカワイイ少女の『子供芸能ショー』が行われています。サンデーマーケットは、毎週日曜日の夕方から旧市街のターペー門周辺を中心に開かれている市場で、単なる物の売買だけでなく、チェンマイの文化、歴史が凝縮した形で表れているので、見所がたくさんあります。タイ国 [続きを読む]
  • 旬の果物が揃っている『金曜朝市』
  • ナイトバザールの北側にあるイスラム寺院の向かいに金曜朝市があります。その市場は金曜日の朝だけの市場で、ジンホー(イスラム系中国雲南省出身)のタイ人たちが開いている個性的な市場です。その市場では、焼き餅や豆腐、こんにゃく、漬け物などの日本の食材を揃えている他に、採り立ての新鮮な野菜や果物が安く買うことができます。金曜朝市へはナイトバザールの通りにマグドナルドがあります。そこから北へ約300m先の右側 [続きを読む]
  • 『新国王誕生日』イベント
  • 7月28日(日)は、ワチラーロンコーン新国王(ラーマ10世)の66歳のお誕生日でした。タイ全土で新国王を祝うイベントが行われていました。チェンマイでもターペー門前広場で、多数の市民がお祝いをしました。新国王は1952年、タイ歴史上、最高の名君と言われるタイ国王・ラーマ9世とシリキット王妃の長男(第2子)として王宮で生まれました。新国王の評価は、タイ国内では不敬罪になるため、公共の場で議論されること [続きを読む]
  • ワット・チェディールアンの『アーサラハブーチャ(三宝節)』
  • タイ仏教の重要行事である『三宝節』が7月27日にあるので、私は旧市街にあるワット・チェディールアンにその日の夜から見に行きました。このお寺は、ワットプラシンと並んで格式のある寺院で、旧市街のほぼ中央にあります。その日は大勢の人がお参りしていました。アーサラハブーチャ(三宝節)とは、陰暦8月の満月の日(今年は7月27日)で、釈迦が悟りを開いて、最初の説教を行い、最初の弟子ができた日です。これにより、仏・ [続きを読む]
  • 旧市街で『ロウソク奉納パレード』
  • 先週の木曜日(26日)、昼ご飯を食べた後、旧市街を歩いていたら、学生たちがパレードしていました。そのパレードは、重要な仏教行事の前に、学校の近くのお寺にロウソクを奉納するパレードだったのです。 陰暦8月の満月の日は三宝節(ワン・アーサラハブーチャ)で、今年は7月27日(金)にあたります。三宝節の翌日である28日(土)が入安居(いりあんご/カオパンサー)と続いていているので、今年は4連休になります。 [続きを読む]