Gさん さん プロフィール

  •  
Gさんさん: 立体写真でも撮ろうか
ハンドル名Gさん さん
ブログタイトル立体写真でも撮ろうか
ブログURLhttp://leisured-g.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文立体写真の日常雑記。 交差法で立体視するステレオ写真を自己流で適当に撮って楽しんでいます。
自由文立体画像も裸眼のディスプレーで見られる時代になりましたが、まだまだステレオペアの方が手軽です。PCのディスプレーがすべて3Dになるまで交差法で頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/07/16 10:36

Gさん さんのブログ記事

  • Boxed Flowers
  • 閑話放題-56 こんなものを買ってきました。 昔から花が好きでしたね。 この日が近づかないと思い出さないなんて…、 まったく最低ですよね。 どうぞ、近くに来て香りを楽しんでください。 天国の母へ…。 墓掃除にでも行かんかの? (´〜`) にほんブログ村人気ブログランキングへ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (7)
  • 遠行雑記-177 桜を追ってはるばる陸奥にやって来て 『みちのく三大桜名所』 の桜を観ることができました。 ここで満足して帰途につけば良いものを爺ィにはまだ考えがありました。「せっかくここまで追っかけて来たんだから、あと少し、もう少しだけ足を伸ばしたい… 」さてどこまで行けば気がすむのやら…。 ********************************************** 弘前の町からまっすぐ北に 20km 。やってきたのはJR五所川原駅です。 [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (6)
  • 遠行雑記-176弘前ねぷたの館 弘前城公園の近くに 『津軽藩ねぷた村』 があり、土産物販売の他に飲食・休憩などができます。 その一角に常設展示施設の『弘前ねぷたの館』 があり、 『ねぷた』のモデル展示や津軽三味線の生演奏をやっています。 ここね。 有料かぁ…。 G: 「写真撮れますか?」係員: 「はい。 録音はご遠慮いただいておりますが、写真はOKです」はい入場。 撮影可能なら入場料くらい喜んで払いますヨ。 ツ [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (5)
  • 遠行雑記-175一本桜 さて、翌朝、起き抜けに宿の窓から外を見ると…。「やれ晴れるのやら降るのやら…。 朝焼けは雨の前兆というけれど… 」 ****************************************** やっぱり雨が降りました…。 ここは 『小岩井農場』。 目的地への通り道なのでちょっと寄ることにしました。 牧草地が広がっています。 その中にポツンと一本の木が… これが 『小岩井農場の一本桜』。 エドヒガン桜という種類で、もとも [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (4)
  • 遠行雑記-174角館②桧木内川堤 (ひのきないがわつつみ) 武家屋敷のすぐ西側には一級河川の 『桧木内川』 が流れています。この堤の桜が 『日本さくら名所100選』 に選ばれる名勝となっています。 さっそく遊歩道に入ります。  ああ、ここも素晴らしい桜のトンネルです。  ソメイヨシノが 2kmも続いています。 川に向かって下がる枝ぶりが見事です。  堰堤に沿って満開の桜が続いています。 これが一斉に散る頃は更に見ごたえ [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (3)
  • 遠行雑記-173角館①武家屋敷 福島県は会津、岩手県は北上の桜に続いて本日やって来たのは… 秋田県は角館、武家屋敷通りです。 北上展勝地と同様、ここもみちのく三大桜名所のひとつです。(人いっぱい! ごらんのとおり望みもしない外人さんのオシリを撮るはめに… ) 武家屋敷には枝垂れ桜がよく似合います。 雪の角館武家屋敷は大変有名ですが、桜の時期もなかなかステキです。 (みな良い写真が撮りたいんだよね。 わかるわか [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (2)
  • 遠行雑記-172北上川遊覧船 展勝地の桜並木は見ごたえがありますが、この時期に限って 『北上川遊覧船』 の運行もあります。 (なにもわざわざ川から桜を見ることもあるまい。 風もあって寒いし、誤って水にはまったら一大事じゃ。 あーくわばらくわばら… ) ======================================== …やってきました。  せまい入り江を通って川に出ていきます。 交互通行なのでオジサンが手旗をもって安全を確保してくれ [続きを読む]
  • どこまでいくの!? (1)
  • 遠行雑記-171 会津の旅を終えて私の頭にはふと(よからぬ)アイデアが浮かんでおりました…。 「桜前線をどんどん追っかければこの先もきれいな桜が観られるんじゃない? 」(そりゃそのとおり。 だけどそうするには と がかかるんじゃ。 桜など待っておればまた来年も咲く。 わざわざ今咲いてるところまで追いかけるなどとは将に贅沢というもんじゃ。 くわばらくわばら… )と、大人しく(爺ィらしく)していれば良いものを、 [続きを読む]
  • 気になるあいつ”(5)
  • 遠行雑記-170日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木 さて、今回の会津の旅のハイライトはとても長い しだれ桜並木の遊歩道 です。 日中線といっても China とは全く関係なく、すでに廃線となった旧国鉄の鉄道路線のことです。 その線路跡が遊歩道となっており、長さ 3kmに渡ってしだれ桜が咲いています。 鉄道線路跡ということで真っ直ぐな遊歩道なんですね。 桜はきれいに咲いていますが、傘の花が目障り…。 人影のない桜 [続きを読む]
  • 気になるあいつ”(4)
  • 遠行雑記-169押切川公園 大内宿を離れて北に約 50km。 ラーメンで有名な 『喜多方市』 にやって参りました。 今回はこんな所からスタートです。 玄関を入るとふくしま国体のマスコット 『キビタン』 がお出迎えです。 ここには太極拳をやりに…ではなく、おトイレ を拝借致しました。受付のおネエ様ありがとうございました。 ************************************** 体育館の玄関先に面白い彫刻がありました。 白沢菊夫さん [続きを読む]
  • 気になるあいつ”(3)
  • 遠行雑記-168大内宿② 旧街道を北の端まで歩いて… そこからゆっくり引き返すことにします。 ここで実際に生活している家もあるようです。 ここは 『大内宿町並み展示館』 です。 長ネギ一本を箸の代わりに使って食べる蕎麦を 『高遠(たかとお)蕎麦』 というそうで、ここ会津が発祥の地だそうです。 ところが後から長野県伊奈郡高遠町で同様の蕎麦を売り出し、TVなどで盛んに取り上げられるようになりました。 大内宿ではど [続きを読む]
  • 気になるあいつ”(2)
  • 遠行雑記-167大内宿① 湯野上温泉を離れて北西に10分ほど車を走らせ 『大内宿(おおうちじゅく)』 に到着です。どうやらここも観光客が大勢のようですねー。 南会津のこのあたりはごらんのとおりの農村風景…?兎追ひし彼の山〜 ?小鮒釣りし彼の川〜 ★◆●■★ これぞ日本の山里の原風景でしょうかネェ?(都会生まれの ( ̄ヘ ̄) … 私には殆どわからんけどネ ) さて、すでにTVなどで有名になってしまった大内宿は、 [続きを読む]
  • 気になるあいつ”(1)
  • 遠行雑記-166湯野上温泉駅 福島県南会津郡下郷町にやって参りました。町中にしては珍しい茅葺の家がありますね。 入口にメニューの看板があります。 もしや喫茶店? …ではなく、ここは第三セクター会津鉄道会津線の 『湯野上(ゆのかみ)温泉駅』 です。数少ない茅葺屋根の珍しい駅で、会津観光ではちょっと気になるところです。 駅舎の中を拝見…。しぶい! ここに座ってお茶なども頂けます。  奥のほうには囲炉裏もあります [続きを読む]
  • わ鐡で行こうモモの道(2)
  • 遠行雑記-165花輪駅 ⇒ 水沼駅 いよいよ 『小夜戸・大畑(さやど・おおはた)花桃街道』 を歩きます。 なんというビビッドな色彩でしょう。 道に沿ってずっと続いています。 どこかの商店街アーケードのようです。 市の管理などではなく殆どが個人の敷地に生育しているそうです。 名残の桜が花びらを散らしてきます。 すごい花の量ですね。 立体視しないとただのゴチャゴチャ写真です。 わ鐡の鉄橋と東国文化歴史街道(国道 [続きを読む]
  • わ鐡で行こうモモの道(1)
  • 遠行雑記-164相老駅から花輪駅へ 「来た来た!」 ここは 『相老(あいおい)駅』 トロッコ列車でおなじみの 『わたらせ渓谷鉄道』 のホームです。 (因みにストロボ撮影は絶対禁止です ) 天気は上々、今日はまずこれに乗って 『花輪駅』 に向かいます。 ガタゴト揺れる気動車の車窓から パチリッ。 到着。 完璧なスタイル。 『わてつ』、『わ鐡』 の愛称で呼ばれるそうです。 花輪駅は群馬県みどり市にある無人駅です。 都心 [続きを読む]
  • 六年目の大翻意
  • 閑話放題-55 ここは東京両国国技館玄関前。日本の伝統文化施設と桜の花はよく似合います。 ところで後方に見えるのは東京スカイツリー。 今年で開業6年になるそうですが相変わらずの人気だそうですね。 開業当時は連日大騒ぎ。 やれ4時間待ちだの5時間待ちだの…。「そこまでして高いところに上りたくもないワィ。 馬〇や煙じゃあるまいし。 いいもん。 スカイツリーなんか金貰っても上ってやんないもん。 高いとこなら客の少 [続きを読む]
  • BQスポット北関東(5)
  • 遠行雑記-163大谷資料館 大谷石は比較的軽くて柔らかく加工しやすいため大量に切り出されてきました。 耐火性に優れているため、蔵や家の外壁に利用されています。(蔵や外壁とは無縁の方にはご興味がないでしょう )大谷観音から徒歩 10分の場所にある 『大谷資料館』 では、70年間に渡り採石され今は使用されていない地下空間をライトアップするなどして公開しています。 順路案内に従って中に入ると驚くべき空間が広がっていま [続きを読む]
  • BQスポット北関東(4)
  • 遠行雑記-162大谷観音 龍門の滝からさらに西へ 40km、宇都宮市大谷町にある 『大谷観音(おおやかんのん)』 に到着しました。 ここは坂東三十三観音の第十九番札所だそうです。 歳月を感じますねぇ。 中には洞窟に掘られた観音像等がありますが、撮影禁止なのでこれ以上の詳報は致しません (今どき撮影禁止の意味が分からん ) 。 この地域の土地は 『大谷石(おおやいし)』 と呼ばれる軽石凝灰岩でできており、太古に海に堆 [続きを読む]
  • BQスポット北関東(3)
  • 遠行雑記-161龍門の滝 月待の滝から南西に約 40km、栃木県那須烏山市にある 『龍門の滝』 に到着です。 滝つぼに向かう遊歩道からわずかにその姿が見えました。 水仙の咲き乱れる遊歩道を下っていきます。 見えました。 かなりな水量の滝です。 落差約 20m、幅 65mの大きさです。 付近はマイナスイオンで満たされている気がします。 カメラを右にパンするとこちらにも滝が…、これを含めて幅約 65mなんですね。 ここの見ものは [続きを読む]
  • BQスポット北関東(2)
  • 遠行雑記-160月待の滝 御岩神社から北西に50分ほど走り、久慈市 『大子町(だいごまち)』 に入ります。ちょっと見にくいのですが 『見落とし八景 月待の滝』 と彫られています。 滝に向かう道筋にかかる案内板。 『日本一やさしい裏見の滝』 だそうです…? この急な坂を下るんですね。 わずかに水の音が聞こえます。 有りました。 落差 17m 幅 12m 。 **********************************昔から民間に 『月待信仰』 というの [続きを読む]
  • BQスポット北関東(1)
  • 遠行雑記-159 北関東地方に属する茨城県、栃木県といえば有名な観光地が山ほど有ります。偕楽園、筑波山、鹿島神宮…、日光、那須、塩原…。 いずれも素晴らしい観光名所ではありますが、今や日本人のみならず外国人をも含めて常時観光ラッシュなのであります。 私にとって人が多すぎるという時点で興醒め。 わざわざ観光のために足を運びたくもなくなってしまいます。そこで今回は観光の穴場…即ち観光地としてはさほど有名では [続きを読む]
  • 逃京のすゝめ
  • 閑話放題-54 東京地方の開花宣言とともに、上野、浅草、千鳥ヶ淵と、都内の桜名所に出かけて参りましたが…、案の定後悔しております。「あぁ、ワシってなぜあんな人ごみにわざわざ出かけたの!? 」東京の花見なんて少しもいいとこありゃしない。 巷にはこの類の騒ぎが好きな方も大勢いますがね。 私はキライッ! *********************************** というわけで今日は東京を逃げ出し、都心から約 40kmほど離れた此の地に観桜 [続きを読む]
  • らぶらぶら厳島(2)
  • 遠行雑記-158厳島神社 神社境内から見た大鳥居。 今は引き潮に向かっているところです。 ハイハイ。 参拝ですよね。 チャリ〜ン。 潮ってかなりの早さで引いていくものなんですね。 ******************************** 何度もぼやいておりますが最近の観光地は外国からの旅行者で溢れています…。 どこに行ってもいるんです。 彼らが…。 "Excuse me!"「なんだよ日本人かと思ったら英語かヨー?」(マレーシアか? シンガポー [続きを読む]
  • らぶらぶら厳島(1)
  • 遠行雑記-157宮島口から 久しぶりに 『厳島』 に渡るために 『宮島口』 のフェリー乗り場にやって参りました。 乗船まで時間があるのでソフトクリームともみじ饅頭を楽しみます。 やがて乗船が始まり…、 「行ってきま〜す」 ***************************** というのは真っ赤なウソ。実は上の写真は今から八年ほど前のものです。 今はどうなっているかというと…、 そう。 工事中で昔の面影は全く無し…。 今は日本中がそうな [続きを読む]
  • たえて〇〇のなかりせば
  • 閑話放題-53?春の心はのどけからまし …って、私は桜が無きゃいいなんて思ってませんよ。 けっしてネ。 桜じゃないんですよ桜じゃ…。 ******************************** (まだ五分咲き程度だし平日だから少しはゆっくり見られるだろ…) などと考えて来てみれば…、 花は五分かもしれませんが 『人』 は満開だよ! 特に 『日本語を使わない人たち』 がやたら多くて…。  観光業にとっては景気の源かもしれませんがネ。  [続きを読む]