ももごろう さん プロフィール

  •  
ももごろうさん: カモもすなる日記といふもの
ハンドル名ももごろう さん
ブログタイトルカモもすなる日記といふもの
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/m-02_94658/
サイト紹介文横須賀にてぶらぶら散歩写真を撮っています。最近は草花の写真が多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/07/18 10:47

ももごろう さんのブログ記事

  • イエローキャンパス
  • これは以前久里浜花の国で撮ったコスモスですが、今年は長雨と台風でだいぶ花が散ってしまったそうです。ここ数年にわたって、この時期の悪天候でコスモスが満開になる前に散ってしまうことが多くなりました。これも温暖化の影響だとしたら、残念だなぁ。それにしても昨晩の暴風はすごかったです。恐怖を感じるほど。太陽と青空がありがたい! [続きを読む]
  • リバイバル:西洋カタバミ
  • 博論提出締切間近でささくれ立つ日々。しばらく音楽から遠ざかっていたが、今朝どうしてもシールズ&クロフツの「サマー・ブリーズ」が聞きたくなって久しぶりにitunesつけたら、音楽って気分に直結しますね〜。余裕だ、いま私には余裕が必要なのだ。(そして今はビージーズの「愛はきらめきの中に」♪) [続きを読む]
  • ベンチ
  • 小学生の頃、毎年夏休みに山形の祖母の家に遊びに行っていました。最上川の近くにブランコと鉄棒とシーソーだけしかない小さな公園があり、なぜか私はその公園が好きで妹と毎日遊びに行きました。この写真を見てたら、その場所を思い出しました。翌年の夏、一年ぶりで公園に行くと遊具のペンキがはがれてました。その翌年、ブランコが壊れてました。また翌年、草ぼうぼうになってました。数年後、公園は荒れ放題になっていました。 [続きを読む]
  • 『凱旋門』再演
  • 雪組初演の『凱旋門』ファンとして、今回はトップコンビの二人でラヴィックとジョアンを演じてほしいなぁ。轟さんにはボリスをお願いしたいです(無理か)。轟ラヴィックの再演はもちろん見てみたいけど、できるならお互い人生の経験を重ねた轟・月影コンビで再演をお願いしたい。でなければ、せめて専科のどなたかをジョアンに(これも無理か)。そうでなければ、やはり今のトップコンビに挑戦させてあげたいです。望海さんのラヴ [続きを読む]
  • 宝塚歌劇宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』
  • 10月13日初日公演を見てきました。先日の雪組公演(ちぎみゆ退団公演)以来の観劇。東京宝塚劇場前の道がすっかりきれいに舗装されていて、しかも車両が入って来れないようになったので、いい感じです。予習まったくなしで臨んだ公演、上田作品は好きなのとそうでないのが分かれるのですが、今回は筋もわかりやすくて良かったです。フェリックスがドミトリーに寄せる思い、演出上の事かと思ったら、史実でもそうなんですね。ラスプ [続きを読む]
  • 映った相生橋
  • 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。」−−『平家物語』簡潔で美しい文章ですよね〜。いまさらながら、古典って味わい深いです。 [続きを読む]
  • 車窓から見た夕景
  • 一晩あけて、あらためてカズオ・イシグロさんのノーベル文学賞受賞、嬉しく思います。小説を自己主張の手段にしている人の作品は読んでて面白くない。イシグロさんは物語りの力を知ってる人ですね。私は特に『浮世の画家』、『遠い山なみの光』、そして『日の名残り』が好きだな。イーユン・リーも応援しています。いい作品を発表し続けてくれるといいな。ところで。あちこちのスーパー、コンビニで探しまくってたBITTE、ようやく [続きを読む]
  • 秋の朝顔
  • NHK Eテレの『日曜美術館』が好きで毎週録画して見てます。毎回ものすごく豪華なお花が活けられていて、無粋ながら幾らかかっているのか興味があります。ときどき平泉成さんのナレーションが入るんだけど、これがまた飄々としてのんびり、素敵なんです。 [続きを読む]
  • 堤防
  • 草ぼうぼうな感じが良い。*夏なら5時起きでも全然オッケーなのに、日が短くなるにつれ起床時間が遅くなる。これいかに。 [続きを読む]
  • 江戸小路@羽田空港
  • 先日に続いてまたまた行ってしまいました、羽田空港。今回は、国際線ターミナルと先日に引き続き国内線第二ターミナルに行ってみました。いやあ、空港はテンション上がりますね〜。航空機が滑走する直前にぎゅいんぎゅいん力をためてるのを見ると、感動します。飛行機って生きてるみたいですよね。 [続きを読む]
  • 原っぱ
  • 草アレルギーがある人にはツラい場所かも。^^;*どっひゃあ、と飛び上がるほど嬉しいことがあったり、がっかりする知らせがあったり。できることを集中してやるだけですな。一喜一憂もまた愉し、と思うことにしよう。 [続きを読む]