net-hide さん プロフィール

  •  
net-hideさん: 情報工学の技術士になろう
ハンドル名net-hide さん
ブログタイトル情報工学の技術士になろう
ブログURLhttp://jyohogijyutu.blog3.fc2.com/
サイト紹介文技術士およびIT関連を記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/07/18 19:40

net-hide さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ビジョナリー・カンパニー
  • 資格研修を受講しているときに、講師の先生に勧められて読みました。著者のジェームズ・コリンズさんは、比較対象企業を綿密に分析し、ビジョナリーと称賛される企業の特徴を探ろうとします。第1作『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』、第2作『ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則』があります。第3作目が、この『ビジョナリー・カンパニー3 - 衰退の五段階』です。前2作の続編として、前作同様に [続きを読む]
  • 健康格差
  • アベノミクスが功を奏したのか株価が顕著になって、企業収益(大企業だけのようですが)も上向いてきているようです。ただ、雇用状況を見ると、一部で人で不足と言われていますが、相変わらず、正規社員と非正規社員の格差は大きく、格差社会は間違いなく拡大しています。年収格差、教育格差、様々な格差の中で、新たに登場したのが、健康格差です。最近のアメリカ事情でも顕著になっていると報告されていて、他の格差とちょっと [続きを読む]
  • グレシャムの法則
  • グレシャムの法則は、経済学の法則で「悪貨は良貨を駆逐する」で知られています。このグレシャムさんですが、16世紀のイギリス国王財政顧問で、1560年にエリザベス1世に対し「イギリスの良貨が外国に流出する原因は貨幣改悪のためである」と進言した故事に由来します。たとえば、金の含有量の多い小判と少ない小判の二種類が、同じ額面で同時に流通したとします。この二種類には、通貨としての価値は同じでも貴金属としての価値は [続きを読む]
  • 会議
  • 諺に「会して議せず、議して決せず、決して行わず」というのがありますが、ダメ会議の典型例を表していて、上手いこと言うなと感心します。「会して議せず」は、中小企業のワンマン社長にありそうで、議論をしているというより、社長の独演会になったりします。「議して決せず」も、よく見られる光景で、長い時間、議論するのですが何も決まらない会議ってありますよね。「決して行わず」、決めたことが実行できないのですから、 [続きを読む]
  • 技術士補になろう
  • 技術士補は国会資格で、一次試験合格者または修習技術者が登録をすると「技術士補」となります。技術士補になる方法がもう一つあり、修習技術者の資格を習得することです。JABEE が認定したプログラムを修了すると、資格が習得できます。修習技術者は技術士資格の第一次試験が免除されますので、無試験で技術士補なることができるのです。修習技術者は、法律用語ではなく、科学技術・学術審議会の技術士分科会等で使われています [続きを読む]
  • 過去の記事 …