光山市交通局 さん プロフィール

  •  
光山市交通局さん: ホビーのごった煮
ハンドル名光山市交通局 さん
ブログタイトルホビーのごった煮
ブログURLhttp://skymax17.blog.fc2.com/
サイト紹介文光山市交通局のサブブログです。 鉄道模型・レイアウトの他こちらでは鉄道以外の話題も扱います。
自由文「光山市交通局」ブログの増補改訂版です(笑)メインで書き忘れた事や後から付け加えたくなった事などが追加される事があります。

 又、鉄道模型が大半を占めるメインブログに対して車・ミニカー・映画・TVなどの題材も折にふれて扱いますのでよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/07/19 18:29

光山市交通局 さんのブログ記事

  • キャラウィールのマッハロッド
  •  3年くらい前にロボット刑事のジョーカーを取り上げて以来かなり久しぶりになりましたキャラウィールネタです。 あの時はこのネタでもっと引っ張るつもりでしたが時機を逸しているうちにあっという間に3年も(汗) 大昔、トミカのラインナップにMATカーというのが取り上げられて大ヒットしたのをきっかけに「マスコミトミカ」というのが出た事がありました。要するにTVの人気キャラクターにあやかって「通常品のトミカにキャラク [続きを読む]
  • 今どきの都電のはなし
  • 先日「21世紀直前まで私が一番馴染みのあった岐阜の路面電車」のはなしを書きましたが、いま私が最も縁がある路面電車というと東京都電の荒川線の早稲田〜鬼子母神間です。 というのもS660に乗る様になり、それまでは電車を使っていた秋葉原から落合南長崎間の移動にクルマを使う様になったためこの区間で都電と並走する事が多くなったからです。 クルマ、それも自家用車と路面電車とはある意味不倶戴天の敵みたいなものですが [続きを読む]
  • 思いでの昭和ヒーローから「キカイダー01」
  •  思い出の昭和ヒーローネタから 前回「キカイダー」を取り上げた以上これも取り上げない訳には行きませんね。 昭和48年の初秋の話です。 一家総出でマイカーを繰りだし青森の親戚に遊びに出かけました。 こう書くと随分手軽に見えますが盛岡と青森は距離にして180キロ。今ですら時速350キロの新幹線で30分以上はかかる所ですから、高速道路がなかった当時は片道だけでも半日掛かりでした。 親戚の家に着いたのは土曜の夕方。 [続きを読む]
  • 真夏の4月(汗)
  •  昨日今日と最高気温が30度近く上がって、昼間などはグロッキー気味です。 天気が良いのは良いとしても汗が止まりません。 殊に昨日などは朝から農業組合の「田圃の泥上げ」なんて作業になっていたのですから尚更暑さが沁みます。 作業の帰り道、前を行くトラックの荷台にはこの辺でも珍しくなってきている「山羊さん」の姿。 やっぱり田舎は田舎だと妙な所で感心してしまいます。 今日も暑さは変わらず。 役所への所要の帰 [続きを読む]
  • 「スポーツカー」と「定義づけ」のはなし
  •  今回はネットの話題に触発された話です。 先日、とあるクルマ談義のネタを読んでいたときに「全て専用設計でなければスポーツカーにあらず」といった意味の書き込みに対してちょっとした話題が出ていて、その辺りの流れを面白く読ませていただきました。 この手の蒟蒻談義が「早朝の布団の中で読める」のですから全くネットというのは偉大ですwまあ、これを言い出したら現在市販されているスポーツカーは「走る札束」クラスの [続きを読む]
  • セピアカラーの模型たち
  •  先日、フジフィルムが白黒フィルムの生産を終了するとの記事を目にしました。 私j個人は撮る側としては銀塩カメラにはとんと縁がなかったのでそれほどの感慨はないのですが、それでも一つの時代の終わりを感じさせる出来事ではあります。 最近は画像処理ソフトのみならずデジカメ本体でもちょっとした画像の加工ができる様になり、昔に比べて加工の敷居が下がってきていますが、これまでなかなかそれを実感する機会がありませ [続きを読む]
  • TLVのY30セドリック後期形
  •  今回はTLVネタです。 先日のグロリアに続いてTLVのY30セドリックも後期形が登場しました。  良くも悪くも大雑把の極致だった初期型のフロントエンドはマイナーチェンジでかなり手直しされ日本人好みのこてこて感あふれる加飾がなされました。  マイナーチェンジで薄型のヘッドライトが取り入れられるのはこの頃の日産車に多いパターンですが普通にそれをやるとライトが薄くなった分上か下に間抜けな空白が空くことになります [続きを読む]
  • アーノルドのレールバス
  •  今回は外国型Nゲージから アーノルドラピードのレールバス。  聞く所では1960年代頃から出ているNゲージ草創期のモデルで、実際同時期にTMSのNゲージレイアウトの製作記事を見るとこの機種が居るのをちらほら見かけます。  恐らくオーナーも同じ時期に買ったのではないでしょうか。  日本型のレールバスは何両かあるのですが、私にとってはこの種の車両の中では初めての「外車」です。   カタログなんかでは臙脂色の物がポ [続きを読む]
  • 最近の食べ物ネタから
  •  久しぶりの食べ物・飲み物ネタから この間近所のスーパーでおやつに買ったクリームパン。 美味かった事は美味かったのですが この商品名にはぶったまげました。 この自信はいったいどこから(笑) カスタードクリームは確かに絶品でした。で、これを食べていて思い出したのは「そういえば最近まともなカスタード食べてなかったな」と。最近近場に美味いカスタードクリームを出す店がなくなってきたことをふと思い出します。 [続きを読む]
  • 思いでの少年ドラマから「孤島の秘密」
  •  思いでの少年ドラマシリーズから タイムトラベラーはじめSF,文芸作品、ホームドラマと色々なジャンルを網羅している点も魅力的な少年ドラマシリーズですが、年に何本かは海外製の子供向けドラマも放送しておりこれがまた結構面白かったりします。 「長靴下のピッピ」なんかは今でも隠れファンが多い作品と聞いていますが、今回は一風かわった冒険ものの「孤島の秘密」(昭和52年)から うろ覚えの記憶を頼りに主題歌の歌詞を [続きを読む]
  • TLVのMS60クラウンパトカー
  • 先日のアキバ行きで入手したアイテムから。TLVのMS60クラウンバンのパトカー仕様。実はこんなのが出ているなんて知りませんでした(汗)いつもの私なら決して見逃すはずがないのですが。クラウンカスタム自体は通常モデルと太陽にほえろ!仕様の後期型をそれぞれ持っています。個人的に歴代クラウンの中で最も「未来」を感じさせるデザインなのがMS60なのですが、その未来性が嫌われて売れなかったというのは皮肉でした。バンの仕 [続きを読む]
  • 春休みの秋葉行き
  • 春休みもそろそろ終わろうという先日の平日休。正月以来これまでどこにも連れていってもらっていない事実を盾に子供にせっつかれる形で今年二度目のアキバ行きとなりました(1回目は研修会のついで)目的地までは京王とJRを乗り継ぐと言う私にとっては定番コース(笑)電車は普通の京王8000系だったのですが「高尾山カラーの緑色」だったのが新鮮です。京王といえばかつては緑色の電車だったのですがそれが主力だったのも昭和30年 [続きを読む]
  • 春のお祭りから
  •  毎年恒例の春の祭りの時期がやって来ました。 地元でもあまり知られていないお祭りですが何回か出てみるといつの間にか「これを見ないと4月が来ない」様な気分になるから不思議なものです。 プレイベントの子供みこしのお手伝いなどしながら会場へ。 このところぐずつき気味の天候での開催が続いていたのですが、今年は見事に晴れあがりました。 少し肌寒いくらいの感じとはいえ絶好のお祭り日和です。 ただ、少し残念だっ [続きを読む]
  • 思いでの昭和ヒーローから・番外編「再放送が熱かった時代」
  •  思い出の昭和ヒーローネタから。 前回に引き続いて番外編です。 先日、某公営放送のドラマに関して「80年代にマグマ大使の再放送をやっている筈がない」というツィートが上がったのをきっかけに昭和の時代の夕方再放送のネタが一部界隈で熱く語られるという珍現象が起きている由。 私なんぞは昭和40年代後半から50年代前半にかけて(つまり70〜80年代)夕方や早朝の再放送で掛かる特撮物やアニメにどっぷりとハマった世代です [続きを読む]
  • TLVのトヨタパトロール 移動電話車
  •  今回は久しぶりのTLVネタから「オイ、二十面相君、おどろいたかい。ぼくをだれだと思う? きみにさんざんひどいめにあった小林だよ。明智先生の少年助手だよ。ハハハハハ、きみは方角がちがうと言ったね。方角なんかちがうもんか。行く先は警視庁にきまってるじゃないか。あのオートバイと、警察自動車に護送されて、警視庁行きだよ。(中略)ホラごらん、あの自動車には銀色のひげがはえているだろう。イナゴのように、ピンと一 [続きを読む]
  • 身延線の90周年に…
  •  先日身延線が全通90周年を迎えたそうです。 沿線地域で先日終了したアニメが話題になった事もあって望外の景気が付いてきた様子。先日運転された記念列車では車内でそのアニメの解説付き観光案内らしいこともやっていたらしいです。 私はそれには乗れませんでしたが、この線のかつてのターミナルだった駅舎を使って記念の展示会が催されたと聞き、早速出かけてきました。 見るからに堂々たる作りの駅舎ですが、昭和3年の開業 [続きを読む]
  • はみ出しグルメ総選挙のはなし
  •  先月終わり頃のこのブログで「メガ盛り竜田揚げ丼」という食べ物を取り上げましたが、そこでも書いていたように先月の中央道のSA. PAで「はみ出しグルメ総選挙」とか言うのをやっていて各SA・PAがこの時用の特別メニューを用意していました。 流石に2月のラーメン総選挙の時みたいにあちこち手当たり次第に食べてみるなんて訳にはいきませんでしたが、それでも二つ三つは食べてみたりします。 たまたま私が回ったPAばかりがそ [続きを読む]
  • 桜さく日曜日
  •  「やはり今日の話題と言えばこれでしょう」とか思いつつこれを書いています(笑) 春分の日に雪まで降って今年のさくらはいったいどうなる事かと思いましたが、翌日から20度以上の最高気温が続き、あっという間に桜が満開となりました。 今朝は近所の桜の土手にS660で繰り出しましたが、屋根を開け放った頭上に広がる桜の気持ちのいいこと! 木漏れ日ならぬ花漏れ日とでも言いましょうか。桜の花だから観られる光景でもありま [続きを読む]
  • 思いでの昭和ヒーロー・番外編「未来救助隊アスガード7」
  •  普段ならTVの特撮物を中心に書いている「思い出の昭和ヒーロー」ネタ 今回は番外編です。 昭和40年代後半の小学生がヒーロー物を雑誌で読むとすれば大概が「小学館の学習雑誌」か「冒険王」「TVマガジン」辺りの児童向け総合誌かマスコミ誌と相場が決まっていました。 小学館の「ウルトラシリーズ」講談社や秋田書店が「ライダーシリーズ」を軸に他のヒーロー物まで巻き込んでトクサツヒーローエイジを形成していたものです。 [続きを読む]
  • 憂さ晴らしにレンタルレイアウトに行く(汗)
  •  昨日も書きましたが、先週末は地元のクラブの運転会やら東京での興味あるイベントとかいろいろ重なっていながら仕事やらお彼岸の行事やら組合の総会やらで、どれにも参加できなかった残念感がありました。 その憂さ晴らしという訳でもないのですが(いや、少しはあるのかも)この間の平日休を利用して先日来紹介している近所の鉄道カフェにありますレンタルレイアウトに車両を持ち込んで運転してきました。 実を言いますと、 [続きを読む]
  • 名鉄モ600の思い出
  •  私の故郷には路面電車は走っていませんでしたし、現住地でも路面電車が廃止されて50年以上が経過しています。 ですから路面電車・トロリーの類で一番馴染みがあったのが十数年前まで弟が住んでいた岐阜近辺の名鉄600V区間でした。   が、その中でも尤も目にする機会が多かったのはモ600でした。 これがデビューしたのは1970年代後半と「ちんちん電車」が新造されるタイミングとしてはかなり新しい時期でした。当時の模型 [続きを読む]
  • Nスケールで「あいつがトラブル」
  •  先週末は私の所属するクラブでイベント運転会、東京では「鉄道模型芸術祭」と魅力的なイベントが重なっていたのに仕事の関係で出られず仕舞い。 先日は半ばやけっぱちに手を使ったのですがこれがまた大惨事の出来だったりします。今回はまあ、恥さらし企画という事でご勘弁をば。 トミカよりはるかに小さいカーコレクションでバカな真似をした話から。  先日Nゲージスケールのカーコレクションの新作で「Y30グロリアバン」が [続きを読む]
  • 春の日差しに誘われて…
  • 春分の日の雪には心底焦りましたが、今日は打って変わって20℃超えの暑いくらいの日和になりました。 今度こそ春本番でしょう。 桜もようやく咲き始めましたし。 そんな訳で午後の用務を済ませたその足で近くの見晴らし台にS660を走らせました。 いつもなら半分位の入りの見晴らし台の駐車場は今日ばかりは親子連れで満杯状態。 春休みの日曜日という事もあって実に賑やかです。 それでも見晴らし台に立って見下ろす下界と [続きを読む]
  • 思いでの少年ドラマシリーズから「それ行け名探偵」
  •  思い出の少年ドラマシリーズから今回取り上げるのは「それ行け名探偵」(昭和48年)をば。 子供かせいぜいが高校生を主人公にしている事が多いこのシリーズとしては珍しく本作の主人公は青年たち(車を運転しますしw) 原作は城戸禮の「探偵令嬢」と言う作品だそうですがあいにく私は未読です。 もし読んでも恐らく後半は恐らく原作とは相当に違う話になっていそうですし(理由は後述) 映像面で面白いのは本作はフィルム撮 [続きを読む]