とある理学療法士 さん プロフィール

  •  
とある理学療法士さん: 理学療法士なる[大学・専門学校選びと受験]
ハンドル名とある理学療法士 さん
ブログタイトル理学療法士なる[大学・専門学校選びと受験]
ブログURLhttps://ptninaru.com/
サイト紹介文理学療法士になりたい方のサポートサイトです。本当に知りたい疑問にQ&A方式でお答えします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/07/19 23:39

とある理学療法士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中卒で理学療法士になった経験者が語る!4つの壁と乗り越え方
  • 今回は中卒で理学療法士を目指す人のために、中卒で理学療法士になったこーじさんに苦労した話を聞いてみました。 中卒で高校を卒業せずに仕事を始めたけど、なんとなく将来が不安になって、「もう一回勉強して資格でも取ろうかな」と考える人は多く、資格の選択肢として理学療法士も候補になってきます。中卒で理学療法士になろうと考えたときに訪れる疑問は、中卒の学歴で理学療法士を目指せるのか?中学までの勉強しかしていな [続きを読む]
  • 理学療法士1年目でも転職したらええやん!迷う必要はないって話
  • 理学療法士になって勤め始めたけど、思っていた職場や仕事じゃなかったとなる人は本当に多いです。そんなときすぐに辞めて転職するべきか悩むと思いますが、私はいますぐにでも他の病院や介護施設に移った方がいいと思っています。なぜすぐにでもやめるべきなのか?その理由についてすべてお伝えします。つらかった実習を乗り越え、不安だった国家試験も合格し、ようやくたどり着いた理学療法士(RPT)。「こんな理学療法士になりた [続きを読む]
  • 理学療法士の40代の転職で成功するために考えるべき3つのこと
  • 40代に入って転職で苦労した私が、これから40代で転職しようとしている理学療法士に絶対考えて欲しいことを今回はお伝えします。転職で失敗や後悔しないために、何を考えるべきなのでしょうか。40代って理学療法士の経験年数でいうと約20年になっている頃。ほとんどの人が主任や副主任などの役職についているでしょうし、中には科長になって部下を仕切っている人もいるでしょう。仕事面では第一線でバリバリ患者さんを診るというよ [続きを読む]
  • 理学療法士が40代で転職するとき成功するための3つの秘訣
  • 40代に入って転職で苦労した私が、これから40代で転職しようとしている理学療法士に絶対考えて欲しいことを今回はお伝えします。転職で失敗や後悔しないために、何を考えるべきなのでしょうか。40代って理学療法士の経験年数でいうと約20年になっている頃。ほとんどの人が主任や副主任などの役職についているでしょうし、中には科長になって部下を仕切っている人もいるでしょう。仕事面では第一線でバリバリ患者さんを診るというよ [続きを読む]
  • 新人理学療法士が辞めた しかも4月に!
  • 理学療法士の新人が4月にいきなり辞めた!近年そんな事例が増えてきています。その背景にある要因を考えてみましょう。これは私が以前勤めていた病院で実際にあった事例です。新年度を迎えるにあたり新卒者を募集し、大卒の新人1名、専門学校卒の新人が1名の計2名を採用することにしました。 新人の採用に関しては国家試験に不合格になる可能性があります。国家試験不合格がわかった3月末に新たな新人を探すことは難しいので [続きを読む]
  • 理学療法士が転職を絶対成功させるために考えるべき9つのこと
  • 理学療法士の転職では絶対成功したいですよね。だって転職で失敗して後悔するなら、転職なんてしない方がましです。そこで今回は理学療法士の転職時に成功するために、転職時に考えるべきことをまとめてみました。かなり長文ですが、これから転職を考える人に役立つことを詰め込みました。転職で成功したい人はぜひ最後まで読んでください!理学療法士として働いていると、ふと立ち止まって考えることってありますよね。 「俺はこ [続きを読む]
  • 理学療法士が転職を絶対成功させるために考えるべき9つのこと
  • 理学療法士の転職では絶対成功したいですよね。だって転職で失敗して後悔するなら、転職なんてしない方がましです。そこで今回は理学療法士の転職時に成功するために、転職時に考えるべきことをまとめてみました。かなり長文ですが、これから転職を考える人に役立つことを詰め込みました。転職で成功したい人はぜひ最後まで読んでください!理学療法士として働いていると、ふと立ち止まって考えることってありますよね。 「俺はこ [続きを読む]
  • 理学療法士は飽和した?ウソとも本当ともいえない4つの理由
  • 「理学療法士は飽和した」といわれ始めているのですが、半分は正解では半分は不正解だと私は考えています。今回は理学療法士の飽和問題について現役理学療法士がお答えしていきます。私が理学療法士を目指した頃、理学療法士はこれから注目される仕事としてようやく脚光を浴びだした頃でした。専門学校を卒業し、理学療法士として実際に働き始めた頃、新聞やテレビで理学療法士が取り上げられる機会も増え、理学療法士という職業の [続きを読む]
  • 理学療法士は飽和した?ウソとも本当ともいえない4つの理由
  • 「理学療法士は飽和した」といわれ始めているのですが、半分は正解では半分は不正解だと私は考えています。今回は理学療法士の飽和問題について現役理学療法士がお答えしていきます。私が理学療法士を目指した頃、理学療法士はこれから注目される仕事としてようやく脚光を浴びだした頃でした。専門学校を卒業し、理学療法士として実際に働き始めた頃、新聞やテレビで理学療法士が取り上げられる機会も増え、理学療法士という職業の [続きを読む]
  • 医療従事者にマナーは必要!常識や知識が不可欠だと思う理由
  • 医療従事者にはマナーが必要。そしてそのマナーとは常識や知識だと思う理由について今回はご紹介します。最近理学療法士の学生と接していると「マナーってのはないのか?」と思うことがあります。たとえば、実習の打ち上げをして食事をしているときにスマホをいじっている学生が増えました。何か用事があって一瞬スマホをいじるくらいならいいですよ。でもずっといじってるってどう思いますか?医療従事者ってマナーが求められる職 [続きを読む]
  • ADLとQOLの相違点は?目標転換の視点で違いを詳しく解説します
  • リハビリを行っていく上で避けて通れないのが、ADLの評価やQOLを考えることなのですが、この「ADL」や「QOL」の意味をしっかり理解できていない人も多いです。そこで今回はADLとQOLの相違点について詳しくお伝えしていきます。キーワードは目標転換です。最初にQOLとADLを簡単におさらいしておきましょう。QOLはQuality of Lifeの略で、「生命の質、人生の質、生活の質」と訳されます。分かりにくければ「生きがい」と考えればいい [続きを読む]
  • 過去の記事 …