コモンマロウ さん プロフィール

  •  
コモンマロウさん: Mallow-花とともに-
ハンドル名コモンマロウ さん
ブログタイトルMallow-花とともに-
ブログURLhttp://710marllow.blog95.fc2.com/
サイト紹介文四季の花を育てたり、フラワーデザインとして活けたり、日々の生活で花とともに思うこと。
自由文フラワーデザインスクールを主宰しています。花を活けることも育てることも大好きで、生活の中で花やその他もろもろな事で思ったこと、感じたことを気ままにつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/07/22 14:20

コモンマロウ さんのブログ記事

  • ウェディングブーケ、講習会
  • 先日、浦和の講習会に参加して制作した作品です。講習会のテーマは「世界に一つだけのウェディングブーケ・・・手作りのバックでチャーミングに・・・」土台となるバック部分もすべて手作りで、白のサテンの生地を貼り付けて作ったものです。中に吸収スポンジが入っていて、スプレーバラやアルストロメリア、その他の生花が挿してあります。多少時間がかかってしまいましたが、とても品がある優しい雰囲気のブーケに仕上がりました [続きを読む]
  • 夏から秋へと
  • いつの間にか9月も残り少なくなり、朝晩は涼しく7月からの今年の猛暑の頃より本当に過ごしやすくなりましたね。こちらは、その猛暑の頃、7月にスクールで制作した、アーティフィシャルフラワーのアレンジです。暑い時期、特に日本は湿度が高く今年のような猛暑では生花はあっと言うまにだめになってしまう。夏の時期はアーティフィシャルフラワーだと、ずーと飾っておけるので安心です。夏の高原のようなイメージで・・・こちら [続きを読む]
  • ハーバリウムを作る
  • 植物をガラスの瓶に詰め込み、特殊なオイルをいれる植物標本的なもので今大人気のハーバリウム。中の植物はドライフラワー、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなど・・ハーバリウムオイルという特殊なオイルを入れることによって、透明感、輝きがでて水の中のゆらぎも感じる。今回、大小2本の瓶を制作、皆さんとても楽しく作っていただきました。このまま、ずっと飾っておけるのでプレゼントなどには、とても喜ば [続きを読む]
  • 母の日直前、カーネーションのアレンジ
  • 今回はカーネーションを中心にした、基本的な形でもあるトライアンギュラーです。リューカデンドロを入れることで、シックな落ち着いた雰囲気に仕上がりました。こちらはMさんの作品、Mさんはスマホで写真を撮るのが苦手とのことで、デッサンにして記録しているそうです。デッサンの成果がみえていますね。クラスペディアは黄色の可愛い花で、3輪ですが、明るく華やかにしてくれます。今回の花材は、カーネーション、リューカデン [続きを読む]
  • アンスリウム
  • 今回はアンスリウムを主役にして片側に流したアレンジです。トロピカルな雰囲気のアンスリウムと菊とあわせていますが、意外と違和感がないです。ビバーナム・スノーホワイトの明るいグリーンが、いい脇役となってひきたててくれています。こちらはOさんの作品。ビバーナムは切花としてはとても水が下がりやすい花なので注意が必要です。しかし、とても雰囲気が良くて隣の花をすてきにひきたててくれます。 [続きを読む]
  • ファン(扇型)のアレンジ
  • 今回は基本的な形でもあるファン型です。基礎的な形ではあっても、一つ一つ大事な要素は多くあらためて基礎の大切さ、そして時々基礎へ戻る大切さを痛感しています。こちらの作品はYさん、まだ、うちの教室に来てから一年も経っていません。少しこじんまりとしていますが、全体的に良くまとまっています。春のやさしい雰囲気のラナンキュラス、リューココリーネ、スイトピー、スプレーカーネーション、ソリダコ,ハナミズキの枝の [続きを読む]
  • オンシジューム
  • 毎年、この時期に咲いてくれる、ミニオンシジウム。 ほとんど世話もせず暖かい時期は、外に無造作にほっぽりぱなしなのに、裏切らずに咲いてくれてうれしい。名前はたぶん、オンシジューム トゥインクル・・・ここ二、三日急に暖かくなり春の日差しをいっぱいあびて輝いている。 [続きを読む]
  • 交差
  • 今月は交差を取り入れたアレンジメントです。花の一本、一本の角度、向き、高さを考えながら入れるアレンジで簡単そうでむずかし・・・こちらはMさんの作品です。Mさんは私よりも年齢的に大先輩なのですが、とても熱心に楽しくいつもレッスンをしていかれます。Mさんの上達ぶりをみていると、私自身にも勇気と意欲をもらっているような気がします。こちらはKさんの作品とてものびのびと、ゆったりと花が入っています。花材はチュー [続きを読む]
  • 庭のトクサ
  • 2月11日にアップした花束をほどいて、くだけたトライアンギュラーにアレンジし直しました。庭に生えている細いトクサを少し加え高さをだして・・・洋風の甘いピンクの花の中で意外とよくマッチしています。 [続きを読む]
  • 春満開
  • たっぷりな花材を使って束ねた花束。ピンク、ピンク・・・ピンク   春の花今年の冬は本当に寒くて、雪に閉じ込められ大変な思いをしている人が多くいる。すぐ、そこまで来ている春・・・待ち望む春・・ [続きを読む]
  • リズミカルに スプリングに
  • 薄いピンクの大輪の菊と、濃いピンクのバラを中心にしたアレンジでドラセナの葉でリズム感をだしてメリハリをつけました。その他、スプレーカーネーション、ヒペリカム、スイトピーUさんの作品です。私の見本に作ったアレンジよりも上手に活けてくれて、嬉しいかぎりです (^∇^)ノこちらはOさんの作品です。おなじ花材を使っても、また雰囲気が違いそれぞれ素敵にアレンジできています。 [続きを読む]
  • 蝋梅とスイトピー
  • 蝋梅・・・蝋のような光沢があり、1、2月に咲くとても香りの良い花です。今日も、寒さが厳しく月曜日には都心でも雪が降るかもしれないと予報されていますが、蝋梅とスイトピーで早春の華やかさを活けてみました。まだまだ、春はさきですが、ながめていると心が浮き立つような気持ちになります。 [続きを読む]
  • 2018年度の布バック 第1号
  • 今年の第一作目は、コードュロイの生地で作ったバックです。以前にチュニックを作った残りの生地で作りました。チュニックはもう何ヶ月も前に作り上げているのに、まだ一度も袖を通していません。日常生活では、バックのほうがなにかと出番が多くなるようです。 [続きを読む]
  • 新春の花
  • 今年も初日の出を見るとともに、一年の家族の健康と安全と幸せをお願いしてまいりました。昨年訪れた数多くの幸せに感謝しつつ、今年も地道に自分らしい月日を過ごしていけたらと思っています。 [続きを読む]
  • クリスマスアレンジ その1
  • アップするのが遅くなってしまいましたがクリスマスアレンジを2点ほとんど自然素材を使ったクリスマスリース。グリーンの部分は孔雀ヒバ、ヒムロ杉、カイズカイブキのコニファーを使い、綺麗なグリーンのグラデーションになりました。星型のオーナメントが可愛くて、ポイントにもなっています。皆さん、制作には時間がかかってしまい四苦八苦していましたが、完全に出来上がる前から家のどこに飾ろうかとうれしそうに悩んでいまし [続きを読む]
  • 植生的
  • 今回はとても大切な基本的なテーマである植生的です。植生的とは、植物の自然の植生をイメージして、生えているかのように理想化すると書かれています。三角葉アカシア、カンガルーポーはともにオーストラリア原産の植物のせいか、意外とよく合います。その他、ガーベラ,千日紅、スイトピー Uさんの作品です。 [続きを読む]
  • ピンクッション
  • 今回はピンクッションを中心にした、ちょっと変わった形の花が多いアレンジになりました。ピンクッションは針山のようにピン状の突起がたくさん付いていて、一本でもとても存在感がありますね。クルクマ、エリンジュームも変わった形の花になると思います。こちらはKさんの作品です。 [続きを読む]
  • 一つの目標に
  • 9月30日、10月1日 横浜みなとみらいでフラワーデザインコンテストがありました。長年の夢というとおおげさですが、一つの大きな目標がこのコンテストで入賞することだったので、今回入賞することができてとても嬉しいです。それと同時にまだまだ未熟な勉強不足な部分も痛感し、もっと真摯にフラワーデザインと向き合わねばとあらためて痛感しました。 [続きを読む]
  • 箱庭風アレンジ
  • 今回は箱庭風にミニチュアのものを集めて郊外のお庭の世界を作ってみました。芝生のお庭に小道があってそこに、動物が一匹現れて・・・コニファーはゴールドクレストの生の枝ですが、それ以外は造花を使いました。皆さん、それぞれランプの位置や柵の位置を自分の好きなように変えたりして、楽しみながら作成していました。こちらは、Uさんの作品です。こちらは動物を、くまさんを選んだOさんの作品。 [続きを読む]