fuyuchidori さん プロフィール

  •  
fuyuchidoriさん: 折々の言の葉
ハンドル名fuyuchidori さん
ブログタイトル折々の言の葉
ブログURLhttps://ameblo.jp/fuyuchidori/
サイト紹介文歌を詠み自然に触れる旅をするシニアライフを楽しんでいます。日々の感じた事を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/07/23 05:40

fuyuchidori さんのブログ記事

  • 送り火
  • 朝から京都の天気がきになっていましたが雨があがって五山の送り火が赫々と映し出されていました!!  去年は初盆にあたり、五山の送り火に出向きましたこの夏は迎え火も焚かず仕舞いーせめてもの精霊送りのつもりです燃えさかる炎のつもりで一服桐の葉の茶碗で諸々の御霊を偲びました歳月は人を待たずの感 益々深まりますね手向花のようにジャグリーヌが咲いてほっこりしました終戦記念日を辛うじて知る世代としては8月は心 [続きを読む]
  • 立秋
  • 減速台風が近づいている立秋ですが急に気温が下りました大雨警報が出ているので、ねむの木も避難可愛い綿毛のような花が付いています夏枯れの花壇に女郎花が秋の気配です立秋の7日はニノ丑なのですね二回丑の日があるのは嬉しいです白焼うなぎを新玉葱煮にのせた汁肉味噌豆腐、金時草など夏野菜で暑気払い!大徳寺納豆を散らした錦玉夏菓子はあまり造らなかったので残暑に葛菓子に挑戦しましょう台風一過はまた厳しい暑さの予報す [続きを読む]
  • 八朔
  • 逆走台風一過ですが、猛暑の日々!暑気払いしなくては〜しばらく入院食だったので家の朝食にほっこりしましたお蕎麦屋もまず行きたい処でした鴨蕎麦 家族でやっているらしく素朴な味わいで美味でしたワンコも散歩がままならず可哀想 クーラー浸けの毎日が続きそうです [続きを読む]
  • 大暑
  • 連日命が危険な極暑 でもすでに      大暑!!せめて涼しげにと読書三昧人間国宝認定記念の 能楽談義を     一気に読みました談山神社での小鼓、音色が響くよう前に源次郎師の奉納に伺ったので懐かしい景色です小鼓についてのお話や古い鼓胴の素晴らしい蒔絵など間近で拝見し感激でした     皮は打てば打つほど良い音色になり二百年ものは何ともいえない余韻で稀有な体感をしました能囃子は笛と小鼓だけ手習い [続きを読む]
  • 銀座余情
  • よく通っていた能楽堂が銀座の商業ビルに移転やつと訪れることが叶いました 能舞台は移築ですから、懐かしいのですが見所は少し狭く全体にコンパクトな空間にー  でも 卒塔婆小町 を堪能しました これまでも何人かの演能を観ていますが乞食にやつれ果てた小野小町と脇僧との小気味いい問答は秀逸朽木の卒塔婆に腰かけているのを咎められ、我も埋もれ木なれど心の花のまだあれば〜など丁々発止、卒塔婆は仏体なりと強化する [続きを読む]
  • 炎暑
  • 連日の極暑、酷暑 字体を見てるだけでクラクラしそう!ついにカキ氷玩具の出番です美味しそうな杏を見つけたのでーアンズやプラム、ネクタリンなど夏フルーツは好物ですピューレにして凍らせ、杏カキ氷!甘酢っぱくてフレッシュ、涼一味になりました朝茶事に似合う宗旦木槿  今では早朝から集うことは難しいけれど、朝露の路地を歩むのも清々しいもの朝茶気分を味わいたくてー勝手流の朝茶ー焼物やナマモノ無しの一汁二采トウ [続きを読む]
  • 棚機
  • 街角の七夕飾りでやっと気付くほど何かと忙しく過ごしてしまいー記録にないほどの大雨災害と警報が出され、被害も多いですね雨は上がりましたが、星廻りを愉しむ心地ではないかもー薔薇の苗の傍に不思議な苔?が出てきましたマッシュルームみたい、薔薇園でも見かけましたが、友人に夏剪定など聞いてみましょう七夕の設えは間に合わずですが、やはり気分だけでもとー鱧湯引きと素麺、お持たせの桃などですがお供えみたい 笑今夜 [続きを読む]
  • 夏越大祓
  • 梅雨明け宣言とはいえもうすっかり真夏日になっています日本語には自然現象を言い表す美しい言の葉が数多あります白南風 しろはえ 梅雨明けごろの季語でここ数日の暑い強風体感しました!それにしても竜巻まであるとは!黒い鳥居のある神宮へはじめて参拝しました浴衣姿のインドの方たち、真夏日でしたが涼しげー作法に習って茅の輪をくぐり、半年の穢れを祓い年越しまでの恙なきをお願いしました神事の祝詞にある「祓え給え、 [続きを読む]
  • 花いくさ
  • tyu梅雨明けはまだなのに連日の真夏日!木槿が強い南風に揺れています昨日は大変なサッカー試合がありましたね木槿は韓国の国花! 優勝候補のドイツを撃破して世界のメデイアを驚かせています因みにドイツの国花は矢車菊ですどちらも愛らしい花ですが勝負の世界は厳しいですね今日は日本対ポーランド戦 サムライブルーの正念場!櫻花とパンジーの花いくさですライブで観戦しようとお夜食にフォッカチアを焼きましたまあ夏まえに [続きを読む]
  • 丑三つ時
  • 週末ごとに土曜マルシェへ、農家直売で新鮮!珍しい野菜でコールラビースープやサラダにすると美味しいと教えてもらいました丸ズッキーニとヤングコーンも仕入れましたコーンは直火で焼くと甘味が出て美味しいですねハラハラしながら深夜の対セネガル戦を観戦!お夜食も並べて臨戦態勢でした 笑引き分けでまずほっとしたけど、惜しかったですね先制されて追いついた訳ですから力はある!日本の力を信じようの横断幕の心境ですね [続きを読む]
  • 梅雨晴れ
  • 梅雨とはいえ夏日があったり変わりりやすい時候芭蕉の伸びやかな大葉をみると、気持が晴々としますねいつもの径に何とスモモがたわわにーかなりの大木ワンコ散歩の人が手を伸ばして収穫?していましたよ 笑実のなる木っていいですね旬の青梅、つい仕入れてしまいますー梅干しか梅酒か迷っていましたが、少し青梅煮にして梅酒にしました一番手軽ですものねこの時期、よく枝葉をあしらって青梅主菓子を供してくださった亡き師を想 [続きを読む]
  • 地産地消
  • 金曜は8時まで開館なので鑑賞の機会が増えました半世紀も前にモスクワへ行ったことがありましたがよく記憶してなくてーファイルなので不鮮明ですが、これを観たくて出かけました!クロード・ローラン「エウロペの略奪」  ローランは風景画の元祖の位置づけなのですねナショナルギャラリーに何作ものローランがありました雄大な風景のなかに神話や歴史的な人物を小さくでもとても精緻な描写で飽かず眺めたものですこれも海の景色 [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • 水無月早々に梅雨入りで大雨警報まで!慌てて好きなアメリカ紫陽花を見に出かけました厚顔無恥な指導者に比べてなんと愛らしいこと!散策途中にいろんな草木が目に留まりましたもう薔薇たちは終わりで百合が咲き競っています姫タイサンボクも一輪残っていた!ミカンの実も大きく育っていました、黄色くなるまで無事かな?アーティチョークを見つけました、野菜としては知っていましたが花として植えられていた! ひよっとして食 [続きを読む]
  • 蛍前線
  • 雨月晦日、昨年贈られた紫陽花が咲いてくれました!思い切り枝を詰めたのがよかったようですNスペで蛍を撮り続ける動物写真家の美しい映像を観ました気象庁は蛍の初見日を出しているのですね沖縄から九州と北上していく蛍の舞!源氏蛍の里 写真家の北上の旅は九州から、川内川は昨年の洪水で護岸が崩れていた! 自然災害は蛍の生息地も直撃でも上流山間で乱舞がー蛍火を撮るのは難しいけれどまさに沸き立つような蛍狩り頭部が [続きを読む]
  • イギリスが一番美しい季節
  • イギリス館のバックヤード、ブルームーンが咲きました大方の薔薇たちは名残になり、夏花がー鮮やかな立葵の後ろに「クィーンエリザベス」がーなにか象徴的ですね多分世界中が注目したハリー王子の結婚式!公開された映像を拝借しましたが、一幅の絵画のようー中継を観ていましたが、英王室は進化し変貌しつつありますね新婦の要望があちこちに滲み出ていて感心すると同時に何でもありの王室ではなく英国民の要となる責任も重いな [続きを読む]
  • 青もみじ
  • 国宝の山門が滝の向こうのよう! 大雨警報も出た日です紅葉の名所ですから青もみじもさぞと想い出向きました通天橋からの青もみじ渓谷、はっきり雨脚が映っている!でも静かに雨音を聴くのもよいひと時でしたが清々しいけれど肌寒い旅の初日でした秋紅葉のときは庭で紅葉を見上げて過ごしましたがー外国の若い人が着物姿ではしゃいでいましたが、ずぶ濡れになるでしょうね  宿で靴をドライヤーで乾かす破目になりましたこうい [続きを読む]
  • 青嵐
  • 連休明けはまるで走り梅雨! 青嵐の大雨にもめげず薔薇たちは満開になっています奥がクイーンエリザベス 手前はダブルデライトで咲き始めは色合いが濃くて目立ちます小径も薔薇で彩られました!今朝は薔薇トンネルも満開!こういう仕立が映えますね秘密の花園に踏み込んだ心地になります午後からの雨で散り始めることでしょうね櫻につづき薔薇ですが花散らしの気象にはがっかり!五月はイギリスがもっとも美しく輝く季節!あち [続きを読む]
  • 颯颯 さつさつと
  • 花橘と呼んでいますが、夏みかんの花 良い香!皐月晴れの公園には草花が次々とーアイリスはアヤメ科で園芸種として種類が多いですねこのころに想う古歌「ほととぎす 鳴くや皐月のあやめ草        あやめも知らぬ恋をするかや」あやめの花言葉は恋のメッセージだそうです!和的には「あやめ」「杜若」が慣れ親しんでいますね咲き始めた薔薇たちの間にどれも見頃を迎えていますもっとクールなあやめにしたかったのですが [続きを読む]
  • 花暦
  • 真夏日があったので薔薇の開花が――気になりましたでもまだツル薔薇たちは咲き競っていますが、あとはこれからー小花ですがモッコウバラでアーチの縁取りですそれでもちらほらとー咲き始めはいいですね  好きなブルームーン! これからが愉しみな薔薇たちベンチにブーケがーよくウエデイングの撮影をしているので忘物かと想いましたが括り付けてあったのでデスプレイなのねこの小径もまもなく薔薇たちで彩られることでしょう [続きを読む]
  • 内部告発者
  • 八重櫻も色あせ季節は廻ります咲き誇るチュ―リップですが、もう次なる主役の薔薇の登場若葉が日々伸びいていて蕾から咲き始めるのが愉しみ!でも週末ごとに春嵐気味、定まらない春模様ですホッケーキミックスを使った簡単ココアケーキでティータイム天気もまあまあなので、見逃した映画をーペンダゴンペーパーズを観たあとなので何か続編のようーウオーターゲイト事件はニュースとして知っているつもりでしたがその背景は複雑で [続きを読む]
  • 遅櫻
  • 小学校の入学式、校庭の桜並木の染井吉野はもう葉桜例年になく早い開花でしたが、八重桜は満開!久寿玉のような花房、色合いもとりどりですね花散らしの大風で櫻吹雪も舞台の書割のように壮大でした!春爛漫も終焉で名残櫻となっています公開を待っていた映画「ペンダゴンペーパーズ」最高機密文書原題は「The Post」  1971年代のワシントンポストの実話で実に今日的な問題を孕んでいて見ごたえありましたそう昔ではな [続きを読む]
  • 櫻尽くし
  • 櫻月も晦日、蕾の頃から気がかりな櫻たち!例年より早くそして散り始めも早まっている気がします上野公園では改札口で警官が交通規制していた!大変な人出でしたが櫻トンネルは満開でしたお花見が目的ではなく美術館へ出かけたのですがービルの谷間でも水があるといいものですねこの櫻木を観ると老木の花のあはれを詠った古歌を想いますーまた幾たびの春にあふべきーと三渓園の夜桜  数年前にも訪れましたが暮れなずむころから [続きを読む]
  • 雪中花
  • 彼岸中日で春分、真逆の季節に戻り氷雨から雪に ‼でも開花宣言したばかりの染井吉野は花が増えています港の枝垂れは満開!風花舞いまさに切雪中花となりました手先が凍えるような寒さ、粋狂なカメラマンもいたー苦笑「散りそむる花の初雪ふりぬればー」と詠った古歌もありますねなんだか健気に想え寒中しばし佇んでの観櫻でしたレンズが曇ってしまいましたが、反対側からみると立ち姿が美しく、毎春楽しみにしている櫻木また幾 [続きを読む]
  • 櫻模様
  • 能舞台を彩る櫻立華  前田家所縁の松羽目が借景です久方ぶりで懐かしい能舞台でした「泰山府君」 は初めてでしたが櫻の美しさに魅せられ一枝手折ってもちかえった天女、泰山府君がその枝を取り戻し元木に接ぎ櫻の盛りを愛でその命を21日まで延ばす!舞金剛だけあり天女の舞の優美さと泰山府君の力強い舞働とても見ごたえありで、櫻を待つ心地になりました昨日都心でも櫻開花宣言  染井吉野が基準らしいですねでも櫻は何百種 [続きを読む]
  • あれから7年
  • 3.11  もう7年前の記憶になってしまいました毎年この日あたりに咲き初める白木蓮、まるで手向け花のようー随分と大木になりましたが、大災害の記憶は風化し始めている夜目にもくっきりと灯りのように咲き心が揺らぐような気がします被災者に方々にはどんな風に映るか気がかりです寄り添えることはなかなか無いけれど、忘れないことですね河津桜も名残の風情、若葉がまじりまだ美しいです春花壇ではないけれど結構花々を見つ [続きを読む]