鰊曇り さん プロフィール

  •  
鰊曇りさん: 風のふくまま?
ハンドル名鰊曇り さん
ブログタイトル風のふくまま?
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aaikappu
サイト紹介文北海道の摩周湖や芝桜の風景写真や丹頂・・オジロワシなど また春から秋の大雪山風景など撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/07/23 16:47

鰊曇り さんのブログ記事

  • 湖に逆さ雌阿寒岳
  • オンネトーに張っていた氷が溶けてくるこの時期に見られる風景湖面に映る逆さ雌阿寒岳と阿寒富士がクッキリと・・!?巣穴彫りの合間に毛繕いするクマゲラの後ろに、メスのクマゲラが写っています番で交代しながら彫っているクマゲラの巣穴彫りは、まだまだ日数がかかりそうですね・・??アカゲラ [続きを読む]
  • 早春・・摩周湖
  • 16日朝は雪が10cmほど積もった摩周湖ですが、湖面は分厚く張っていた氷りが溶け風に寄せられた湖岸に残っています。溶けずに残っていた氷りは僅かです風が強く雲の流れが速い・・・阿寒湖に浮かんでるように見える、雄阿寒岳阿寒湖はまだ90%ほど凍っています [続きを読む]
  • 早春のオンネトーや阿寒湖
  • 4月14日・・湖面の氷りが溶け始めてきたオンネトーに行って来た阿寒湖に映る雄阿寒岳阿寒湖の遊覧船が阿寒湖の張った氷りを割っている、ゴールデンウイークの運行に間に合わせるように・・・・クマゲラの巣穴彫りが佳境にはいってきた、このクマゲラは雄・・巣穴から彫った木くずをポイポイと外に捨てていますクマゲラの特徴、真っ赤な頭の雄メスの頭の紅い部分は小さい・・・家・・今朝起きたらは雪が積もっていた5cmくらい [続きを読む]
  • クマゲラ・・レットリスト絶滅危惧種
  • クマゲラ:北海道レッドリストで絶滅危惧種に指定されています。国内の主要な生息地は北海道で,森林内にある大木に自ら穴を掘って営巣するため北海道の森林を代表する鳥の1種といえる巣穴を彫っていますが、木くずを外にポイポイしながらの作業・・木彫りの合間で毛繕いをしています後ろ姿・・根気よく巣穴造りに余念がありません・・?! [続きを読む]
  • クマゲラ巣穴彫り
  • クマゲラが一心不乱に巣穴を彫っていました巣穴はまだ入り口から少し彫ったところのようです彫った木くずはポイと後ろへ投げ捨てて・・・捨てた木くずは頭のうしろに写っていますクマゲラ・・鳴きながら飛んでいる姿は見たことがあるが木に留まっている姿は初めて見たこの木で営巣し子育てが見られるとうれしいなぁ〜 [続きを読む]
  • 春の雪景色
  • 春の淡雪、昨日から降り続いていた雪が今朝は5cmくらい積もっていた国道縁から見える雪景色 湿っている雪は木々に付着し雪化粧、とても綺麗です10日ほど前から咲き始めた 君子蘭です 白い雪景色からやっと訪れた春の彩今朝(7日)雪が降っているなか、エゾシカが団地にでてきた、このところ毎日見られる20頭くらいの集団です近くまで行って写真を撮ってみた鹿は一応こちらを見ながら警戒をしています、車から降りると直 [続きを読む]
  • 湾内にクロガモがいた
  • 海岸を散歩していたら潜水しながらエサを取るクロガモが居たピー ピーと口笛を吹いているように聞こえる鳴き声真っ黒な身体に黄色いクチバシが目立っています15羽くらいの集団で潜ったり顔を出したり忙しそうに餌をとっていました自然のクロガモの姿・・・海岸から離れているので写真を撮るのも難しい [続きを読む]
  • 春の彩り・・福寿草
  • ようやく黄色の福寿草の花が咲き出しました、春の彩りは黄色から・・・庭の福寿草がこのところの暖かさでようやく花が開きました3日ほどまえに雪に埋もれていた福寿草・・・花蕾は寒さで固く閉じて・・・開花は少し先それで、写真の最初に戻って今日ようやく福寿草の花が開きました [続きを読む]
  • 春らしい・・・
  • 屈斜路湖の春の風景は、湖の氷りが溶け逆さに映る藻琴山から・・湖岸の風雪の耐えた古木は屈斜路湖へ枝を伸ばし湖の暖かみを感じているようです朝の気温がマイナス15℃・・湖面はまた薄氷りが張っていました今朝張ったばかりの薄氷りにも藻琴山が映っています屈斜路湖にある中島に積もっている雪も溶け始めてて、北国にも遅い春が訪れました [続きを読む]
  • 春めいて・・屈斜路湖
  • 3月18日・・日に日に日射しが強くなって雪国もやっと春めいてきたので・・・屈斜路湖の氷りも湖底から温泉が湧いている場所から溶け始めてきています雪を被った藻琴山が湖面に姿を映して、まるでお菓子の「マカロン」みたいです写真を撮って10分ほど経って・・白鳥さんが来たしかし湖面は風波が立ってもう綺麗な姿は映っていません、残念!! [続きを読む]
  • 早春の春国岱・・根室市
  • 今日・2月17日・・早春の春国岱に行ってみた    低気圧の被害で破損されていた木道が「全国の皆さんからの募金」と「ふるさと納税」からの資金で補修されました空高くオジロワシが飛翔し木道から見える泥炭の湿地?上空の尾白鷲を観察していた観光客?・・遠くの雪を被っている山は国後島海水が浸透してきている低湿地地面に生えている木々は枯れ、まるでトドワラの風景です風倒木の根っこからは次の世代に命をつなぐトドマ [続きを読む]
  • 北帰行・・オオハクチョウ
  • 春の日射しを浴びて、屈斜路湖に張りつめていた分厚い氷りが溶け始めてきた・・・オオハクチョウはそろそろシベリアに帰る準備かな?小さなかわいい目ときどき羽を広げてバタバタしますマガモ観光客らしきカップル?・・岸辺にある氷りに乗って写真を撮っていました湖の岸辺は浅く20cmくらいの場所なので危険はありません春・・故郷 シベリアへ北帰行 [続きを読む]
  • 優雅な姿・・丹頂
  • 澄み切った大空を優雅に飛ぶ丹頂 美しい・・・飛び立って直ぐ、強風に丹頂があおられ風切り羽が乱れてしまいました雨が降る前の伊藤タンチョウサンクチュアリですしかし9日の暴風雨で伊藤タンチョウサンクチュアリの雪が溶け、丹頂写真には淋しい風景になってしまいました [続きを読む]
  • 白い摩周湖
  • 3月3日 2月20日ころの全面結氷から・・3月1日の暴風雪で大荒れ、雪が積もった摩周湖を見に行ってきた雪が積もって白くなった摩周湖と斜里岳斜里岳は真っ白遠くに見える雄阿寒岳と雌阿寒岳展望台には吹雪いた跡がクッキリと [続きを読む]
  • オオワシ・・オジロワシ
  • オオワシの白い羽の肩、首をまわしてこちらを見ていたので こんな写真になってしまったオジロワシ・・オジロワシは道東で繁殖し一年中みられます、オオワシは流氷が去る春にロシアに戻ってしまいますオジロワシの幼鳥流氷とオオワシ・オジロワシ撮影は記憶に残る貴重な体験でした [続きを読む]
  • 羅臼・・海峡シャチ
  • 知床羅臼・・雪化粧した羅臼岳海峡を行くシャチです羅臼漁港に戻る途中に船長さんが発見した、シャチシャチは早いスピードで泳いでいたので、息継ぎに身体を出している時間は2〜3秒ほど?ようやく全身が見えた一枚中間ライン付近から遠くに知床連山の白い山並みが見えた [続きを読む]
  • オオワシ・・魚の受渡し
  • 番のオオワシと思われる・・大空で魚の受け渡しをしていましたオジロワシも大空で魚の受け渡しをしていましす猛禽類の特徴、鋭いツメで魚の鷲掴み流氷の海を悠々と飛ぶオオワシ真っ白に雪化粧した羅臼岳をバックに気持ちよさそうに飛ぶロシアとの中間ライン付近の流氷帯です流氷越しに見える国後島です [続きを読む]
  • 流氷・オオワシ
  • スケソウタラ漁の漁船・・後ろに見える山は国後島(22日)オオワシ流氷帯で漁をする羅臼の漁船、流氷上にはオオワシやオジロワシが魚を待っています海上の魚を鷲掴み・・・威嚇するように上空を旋回しながら魚を狙っている帰港途中にイルカに遭遇しました・・ [続きを読む]
  • 羅臼町・・流氷オオワシ
  • 羅臼町 流氷とオオワシを撮りに行ってきた(22日)知床連山をバックに飛ぶオオワシオジロワシ観光船で沖合まで40分・・流氷帯でお目当てのオオワシやオジロワシの写真撮影ですロシアから羅臼町へ越冬のため渡ってくる大鷲や尾白鷲の餌場?波間を悠然と飛んでいますおおわし格好いいです冬の羅臼町、羅臼町はカメラ愛好者の外人さんで溢れていました [続きを読む]
  • 摩周湖が凍った・・!!
  • 2月20日(今日)・・摩周湖が凍った・・!!寒い日がつづいて、摩周湖が全面凍結した摩周湖の全面結氷は私の記憶では3年ぶり??カムイシュ島凍った摩周湖と斜里岳を摩周湖を吹き抜ける風は冷たい・・・大型バスで観光客が大勢来ていました・・外国の方が [続きを読む]
  • 海が凍った
  • 2月19日  厚岸湾が凍っています今朝の気温はマイナス15℃ 厚岸湾も蓮の葉氷が張っています隣町の標茶町はマイナス23.5℃釧路川で「蓮の葉氷」が見られた夕方の風景・・冷たい風が吹いてカメラを持つ手がすぐに悴んできます [続きを読む]