プライド さん プロフィール

  •  
プライドさん: ひまつぶしDIARY
ハンドル名プライド さん
ブログタイトルひまつぶしDIARY
ブログURLhttp://yaplog.jp/443-htt/
サイト紹介文鉄道やバスなどをメインにやってます。そのほか、日常とか二次元とか小説とかイラストなどもやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2011/07/26 03:32

プライド さんのブログ記事

  • 新函館北斗→25kmまで 自由席特急券
  • 新函館北斗から25kmまでの自由席特急券です。該当する駅は函館線上りは函館まで、函館線下りは大沼公園までとなっています。エドモンソン券の自由席特急券となっています。全国的に見れば、エドモンソン券サイズの特急券はあまり見ません。新函館北斗駅の新幹線改札内の乗換え改札付近に2台の券売機がありますが、そこの券売機で発券するとエドモンソン券サイズで出てきます。小さな駅に置かれていうような簡易な券売機ですが、新 [続きを読む]
  • カップヌードル謎肉祭の素
  • メシテロ記事のような何か。Twitterで「セブンでカップヌードルを二つ買うと謎肉祭の素が貰える」みたいなツイートがあったので、仕事終わりにセブンに寄り道してカップヌードルを二つ買って謎肉祭の素を貰ってきたよというお話。謎肉祭というビッグサイズのカップヌードルが以前売られてたんですが、謎肉ことダイスミンチの肉をドライしたやつを謎肉祭の素としてセブンイレブンでカップヌードルを二つ買った人に配布してたようで [続きを読む]
  • 函館→北海道会社線360円区間 乗車券
  • 函館からJR北海道線360円区間までの乗車券です。函館駅の指定席券売機MV50の短距離切符のメニューで発券したものとなります。道央圏の駅で発行した同じものを以前紹介していますが、函館地区のMV50も近距離のエドモンソン券が発券できるようになっていました。朝一の快速はこだてライナーに乗車した際に、新函館北斗まで実利用しています。時間帯的に乗客は少ないかと思いきやそんなことはなく、最終的に座席が埋まるぐらいには乗 [続きを読む]
  • 2018年4月1日 高千穂峡・鶴御崎ツーリング(2日目)
  • 1日目の続きとなります。延岡駅前のホテルに泊まって、朝早くから無人駅まで電車で往復してきたりしてました。ホテルで朝食を。わかる人が見たらすぐホテル特定できそうなんですけど、バイキング形式なんで好きなのだけ選んだりできます。この日走るルートは昼過ぎまで何も食べれないだろうからと、結構食べたつもりです。運転中に眠気がくるといけないんでこれでも抑えましたが。2日目のルートです。走ったとこの線引いてたらブル [続きを読む]
  • 2018年4月1日 日豊本線2760M・2761M(延岡〜宗太郎)+宗太郎駅訪問
  • 4月1日に日豊本線の宗太郎越え区間の普通列車に乗ってきた時の様子とかを。日豊本線の宗太郎越え区間となる佐伯〜延岡間は特急列車こそ概ね1時間に1本走っていますが、普通列車のほうは今年3月の改正でゴッソリ削られて通しで運転するのが下り1本、上り2本の1.5往復だけとなりました。改正以前でも確か3往復だったので、削れるまで削ったという感じがします。そのごっそり削られた区間の普通列車に乗るために、延岡駅前のホテルと [続きを読む]
  • ICAS TICKET市電1日乗車券
  • 函館市電の1日乗車券です。販売額は600円となっています。裏面のスクラッチを削って利用するもので、削った日付を電車降車時に運転士に見せます。函館空港に着いてバスで函館駅に移動した後に購入しました。ホテルに荷物を預けてから五稜郭公園に桜を見に行き、その後に函館山に夜景を見に行くつもりでしたが、体力的な問題が起きて函館山には行かずに函館駅と五稜郭公園の往復に使ったに留まっています。で、券面に書かれているIC [続きを読む]
  • ADO59便 搭乗券
  • 羽田から函館までの、エアドゥ・ADO59便の搭乗券です。ANAのチェックイン機で発行したもので、フォーマットはANAの搭乗券と同じになっています。エアドゥから予約・購入したものです。エアドゥは殆どの路線でANAとのコードシェア便として運行していて、ANAのマイルを貯める場合はANAから予約・購入することになります。なお、料金だけで見ればエアドゥから予約したほうが安くなることが多いようです。エアドゥの機体は白をベースに [続きを読む]
  • 2018年3月31日 高千穂峡・鶴御崎ツーリング(1日目)
  • 3月31日から4月1日の二日間にかけて高千穂とか延岡とか佐伯のほうを走ってきたので、そのときの様子とか。宿泊込みのツーリングは何気に2年前のGWに鹿児島に行ってきたとき以来となります。例によってかなりの枚数になったので、いくつかに記事を分割です。確か夜勤務終えて帰宅して寝て起きて朝9時代に出発しました。で、今回走った道は地図の赤線のルート。1日目は熊本の松橋まで下った後、国道218号をひたすら東に進んで東海岸 [続きを読む]
  • モノレール浜松町⇔羽田空港国際線ビル・第1ビル・第2ビル 乗車券
  • 東京モノレールのモノレール浜松町と羽田空港(国際線ビル・第1ビル・第2ビル)間の乗車券です。矢印が相互に向いており、浜松町側からでも羽田空港側からでも利用できるようになっています。羽田空港の地下にある案内所で購入したものです。委託販売という形になるためか、券面左上に○委の文字があります。切符自体は裏が磁気面になっていますが、有効期間は発効日から1ヶ月と長期間でその発効日も券面に判子を押す形となってい [続きを読む]
  • ANA250便 搭乗券
  • 福岡空港から羽田空港までの、ANA250便の搭乗券です。エコノミーのもので、座席番号42Kは後方に位置する座席となります。窓側席ですが、機体後方の幅の関係で2人掛けとなっていました。特に何の変哲もない搭乗券ですが、これの数ヵ月後にはQRコードの部分が大きくなっています。保安検査場や搭乗口の改札を通過する際に、この搭乗券に描かれたQRコードをかざします。保安検査場通過時に黄色い保安検査証も発行されるようになってい [続きを読む]
  • 公会堂前→赤迫・蛍茶屋行き 電車のりつぎ券
  • 長崎電気軌道の公会堂前から3系統赤迫方面と蛍茶屋方面へ乗り継ぐ際に発券されていた乗継券です。2016年6月に公会堂前で発生した脱線事故の影響で3系統赤迫行が運休となっていましたが、平日ラッシュ時に限って赤迫行きのみ運転していました。その際は蛍茶屋方面から公会堂前乗継で赤迫行きの乗継券が発行されていました。その後、公会堂前電停の改良工事のために3号系統が赤迫〜公会堂前間の両方向の運転に短縮されましたが、その [続きを読む]
  • 留萌本線 留萌駅-増毛駅硬券入場券セット
  • 留萌本線の留萌〜増毛間の各駅の硬券入場券のセットです。2016年の6月に留萌駅と深川駅で発売されたものです。留萌〜増毛間が廃止となる前だったので、それに際してでの販売だったと記憶しています。ちょうどその時に北海道に行く機会があり、深川駅で購入したものとなります。留萌から増毛までのB型硬券9駅分と増毛駅の写真入りのD型硬券の計10枚のセットでした。発行箇所が入場券の駅と同じになっていましたが、留萌駅以外は全て [続きを読む]
  • 2018年3月17日 艦これ佐世保鎮守府巡り
  • 3月17日と翌18日の計2日間、佐世保で行われてた艦隊これくしょん(艦これ)のイベント「佐世保鎮守府巡り」の17日のほうに行ってきた時の様子とかを。私自身、艦これをやってるわけじゃない一般ピーポーなんですが、稚内滞在中にTwitterで入手した佐世保で行われるリアルイベントが何か面白そうだったので興味本位で行ってみることに。博多から高速バス・させぼ号で佐世保入りしました。この時は西鉄便を使いましたが、これの一本 [続きを読む]
  • B&Sみやざきネット早特14
  • 宮崎駅・宮交シティから新八代経由で博多までの、B&Sみやざきネット早特14です。以前紹介した当時のB&Sみやざきネット早特7を内容と販売額をそのままに、14日前までの予約にしたものとなっています。利用できる対象のバス・新幹線が決められており、対象以外のバス・新幹線は利用できません。なお、B&Sみやざきネット早特14の設定と同時に、B&Sみやざきネット早特7は全てのバス・新幹線が利用できるようになった代わりに1,000円の [続きを読む]
  • ANA4951便 搭乗券
  • 福岡空港から宮崎空港までの、ANA4951便の搭乗券です。福岡〜宮崎の空路は以前JALを使いましたが、乗り比べ…というわけではないのですがこの時はANAを使いました。ANAの福岡〜宮崎線にはボンバルディアのDHC8-Q400が使われています。小型のプロペラ機ですが、福岡〜宮崎間の所要時間はジェット機と大して変わらなかったと思います。また、小型機ゆえにボーディングブリッジが使えないため、福岡空港ではランプバスで駐機場まで移 [続きを読む]
  • 2018年3月12日 日本航空・JAL333便クラスJ(羽田→福岡)
  • 旭川からJAL556便で羽田に到着した後の続きとなります。旭川から福岡までは直行便が存在しないので、JAL利用の場合は羽田で飛行機を乗り継ぐ必要があります。乗り継ぐ場合は保安検査場を出なくてもいいんだそうです。というか出れない?乗継割引的な運賃が存在し、日によっては旭川〜羽田〜福岡が2万を切ることもあるんだそうで。手荷物を旭川で預けてたんですが、乗継の場合は最終の目的地までちゃんと運んでくれます。タグには乗 [続きを読む]
  • 大山号 高速バス乗車券
  • 米子駅から西鉄天神高速バスターミナルまでの、高速バス・大山号の乗車券です。大山号は鳥取県の鳥取・倉吉・米子と福岡県の北九州・福岡を結ぶ夜行高速バスです。大山と書いて「だいせん」と読みます。鳥取県西部にある中国地方最高峰の山「大山」が愛称の由来となっています。日本交通と日ノ丸自動車の共同運行路線で、どちらも鳥取県側の運行会社となっています。運行開始当初は福岡県側の運行会社となる西鉄も運行していました [続きを読む]
  • 2018年3月12日 日本航空・JAL556便クラスJ(旭川→羽田)
  • 3月12日に搭乗した、旭川から羽田までの日本航空・JAL556便の搭乗記のようなもの。元々は新千歳→帯広→釧路→根室→釧路→網走→旭川といった道東方面を周遊するルートでの移動を想定して旭川発の飛行機を取ってたわけですが、道東行きが直前でポシャって行き先を稚内に変更しています。そのため、前日に稚内から特急宗谷で札幌まで移動していますが、またわざわざ旭川に戻ってくるというルートを取っています。特急自由席に乗り [続きを読む]
  • 米子空港→西日本会社線190円区間 普通乗車券
  • 米子空港から西日本会社線190円区間までの乗車券です。これは米子空港の国内線到着出口の近くにある総合案内所で販売されている常備券となります。米子空港駅が無人駅のため、○ムの文字があります。「空港でJRのチケットを購入したい」という要望があったようで、2017年7月24日から総合案内所で販売を始めています。米子空港の総合案内所で売られているのは境港までの190円区間、米子までの240円区間、松江までの760円区間の3つと [続きを読む]
  • 2018年3月11日 稚内放浪記
  • 3月11日に稚内に行ってきた時の様子とかを。福岡から飛んだPeachで新千歳空港に到着後、途中寄り道をしながら特急ライラック35号と特急サロベツ3号を乗り継いで稚内に到着しました。本当なら釧路とか根室のほう行くつもりで飛行機とか取ってたんですが、直前になって根室線が雪解け水で線路冠水しちゃって特急列車が運休になって、そんで切符が現地調達というのをいいことに行き先を稚内に変更したのが出発日前日のお話です。釧路 [続きを読む]
  • 奥出雲おろち号 指定席券
  • 出雲市から備後落合(びんごおちあい)までと、備後落合から木次(きすき)までの、奥出雲おろち号の指定席券です。奥出雲おろち号は木次線の観光トロッコ列車で、4月から11月の主に土休日に運転されています。木次〜備後落合間の運転が基本となりますが、一部の運転日には備後落合行きの列車が出雲市始発で運転されています。併用した乗車券です。往路の出雲市〜宍道間は別の乗車券を使っています。往路の木次線に入ると、車掌さ [続きを読む]
  • 2018年3月10日 Peach・APJ455便(福岡→新千歳)
  • 3月10日に搭乗した、LCCのPeach(ピーチ)のAPJ455便の簡単な搭乗記みたいなもの。LCC自体を滅多に使わないんですが、5年ぶりぐらいに使いました。今回はピーチを福岡から新千歳まで使いました。最近になって、福岡と新千歳を1往復するようになったみたいです。搭乗したのは福岡空港12時丁度発のAPJ455便…なのですが、使用機材の到着が遅れたために出発が1時間遅い13時丁度になっています。この手の遅れはLCCでは日常茶飯事らしい [続きを読む]
  • 石見川本駅 普通入場券
  • 石見川本駅の入場券です。石見川本駅にはマルスはありませんが、POS端末が設置されています。かつては自動券売機も設置されていたそうですが、現在は撤去済みで切符の販売は窓口のみで行っています。石見川本駅は三江線の途中駅で、三江線内で5駅あるうちの列車交換の設備のある駅のひとつとなっています。石見川本から江津までは列車の交換設備のある駅がありません。江津方面の上り列車で1本だけ三次発石見川本行きがありますが [続きを読む]
  • 久留米→博多間(自由席)・のぞみ4号 新幹線特急券
  • 久留米から広島までの新幹線特急券です。乗車区間のうち、久留米から博多までが自由席、博多から広島までがのぞみ4号の指定席を利用しています。従来だと部分的に自由席を利用する新幹線特急券は、「乗車全区間の席なし特急券」+「指定席利用区間の指定券」という複数枚での発券となっていましたが、いつごろか不明ですが部分的に自由席を利用するパターンでも1枚の切符にまとめられるようになりました。列車名が印字される所に自 [続きを読む]
  • 久留米→境港 乗車券
  • 久留米から境港までの乗車券です。経路は以下のようになっています。鹿児島線・博多・新幹線・広島・芸備線・三江線・山陰線・境線2018年3月末をもって廃止となる三江線(三次〜江津)を通る経路の乗車券となります。三江線の廃止の話は2016年の秋ごろから聞いてはいましたが、立地ゆえになかなか訪問が叶わなかったのですが、山陰の方に向かう機会があったので経路に組み込む形で乗車しました。写真は三江線の途中駅の石見川本駅 [続きを読む]