プライド さん プロフィール

  •  
プライドさん: ひまつぶしDIARY
ハンドル名プライド さん
ブログタイトルひまつぶしDIARY
ブログURLhttp://yaplog.jp/443-htt/
サイト紹介文鉄道やバスなどをメインにやってます。そのほか、日常とか二次元とか小説とかイラストなどもやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2011/07/26 03:32

プライド さんのブログ記事

  • 栗野→吉松 乗車券・B自由席特急券(6024D)
  • 栗野から吉松までの、乗車券と自由席特急券の一葉券です。6024D列車(特急はやとの風4号)の車内で購入した切符となります。マルス券だと乗車券と自由席特急券は別々に発券されますが、車内発行のレシート券だと一葉になる時があるようです。レシート券はあまり集めていませんが、一葉で発券できるものなのかと少し驚きました。栗野と吉松の間は隣り合った駅ですが、乗り継ぎ列車の関係で特急はやとの風4号の自由席を使っています [続きを読む]
  • 2018年8月16日 日本航空・JAL371便(羽田→北九州)
  • 8月16日に搭乗した、日本航空のJAL371便の搭乗記みたいなもの。18きっぷで東北から南下してきた後は関東をうろうろしてたのですが、関東から九州への帰りは飛行機を使いました。当初は高速バス・はかた号の続行便あたりで帰ろうかと思っていましたが、JALの北九州行きの方がトータルでも安上がりっぽかったのでそちらを使うことにしました。ただ、一番安い便は羽田空港を朝の6時20分に発つ北九州行きのJAL371便という、空港までの [続きを読む]
  • 喜入駅 普通入場券
  • 指宿枕崎線の喜入(きいれ)駅の入場券です。窓口で購入したPOS券となっています。券面右上に「安全祈願」の判子が押されています。喜入駅の窓口購入の入場券は「合格祈願」「家内安全」といった数種類の判子を選んで押してもらうことができるようになっています。これは駅名の喜入が「善を入れる」といった縁起のいいものであるためだそうです。喜入駅は指宿枕崎線の中間駅ですが、普通列車の約半分が鹿児島中央方面へと折り返し [続きを読む]
  • 指宿のたまて箱3号 B特急券【eきっぷ】
  • 鹿児島中央から喜入(きいれ)までの、特急指宿のたまて箱3号の特急券です。ネット予約からeきっぷで購入したものとなります。座席番号が21番となんか大きな数字となっていますが、これは指宿のたまて箱の座席配置が奇怪なことになっている関係でこうなってしまっている感があります。参考までに指宿のたまて箱の座席表です。私が使った2号車21番C席は本棚のところの席となります。本棚に左右挟まれていてプライベート感があって錦 [続きを読む]
  • 2018年8月13日 青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を使ってみた
  • 青春18きっぷと併用することで使うことができる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」なるものがあるのですが、その切符を使って函館から青森へ渡った時の様子を。北海道新幹線が開業したことにより、従来あった蟹田〜木古内間の特急自由席に乗車券のみで乗車できる特例が廃止となりました。青春18きっぷもその特例で蟹田〜木古内間に限って特急自由席に乗車できていましたが、北海道新幹線開業によって特例が廃止された後は救 [続きを読む]
  • 新水俣→出水 九州ネットきっぷ
  • 新水俣から出水までの新幹線自由席利用の九州ネットきっぷです。この区間を正規の自由席料金で使うと片道1,600円かかりますが、九州ネットきっぷを使うことで片道1,030円で利用することができます。これは同区間に設定されている九州新幹線2枚きっぷの1枚あたりと同じ値段となっています。券面を見ると、乗車券部分となるA券には割引がかかっておらず、特急券部分となるB券で割り引いているようです。ちなみに九州ネットきっぷだと [続きを読む]
  • 2018年8月12日 函館放浪記
  • 8月12日に函館をぶらぶらしてきた時の様子とか。この日は小樽から18きっぷを使って函館まで移動しました。函館駅に到着した時点で真っ暗になっていました。ホテルに荷物を置いてから、市電に乗って移動を始めました。十字街電停で下車しました。街灯とどこかレトロな建物がいい感じ。電停から歩いて坂道を登り、函館山ロープウェイの山麓駅に向かいます。で、ロープウェイの山麓駅に着いたら既に長蛇の列が出来上がっていました。 [続きを読む]
  • おれんじ18フリーきっぷ
  • 肥薩おれんじ鉄道の全線が乗り降り自由となる、おれんじ18フリーきっぷです。18と付いているように、この切符は利用当日有効な青春18きっぷを提示した場合のみに販売されています。肥薩おれんじ鉄道の通年販売されている1日フリー乗車券は販売額2,880円なのに対し、おれんじ18フリーきっぷは販売額2,060円と割安になっています。…とはいえ、土日祝日の利用日であれば効力がまったく同じで販売額2,000円のわくわく切符が存在するた [続きを読む]
  • 2018年8月11日 新日本海フェリー・あかしあ(舞鶴→小樽)
  • 8月11日の夜から乗船した、新日本海フェリーの「あかしあ」の乗船の記録みたいなもの。九州から新幹線で京都に到着し、安井金比羅宮に参拝した後は京都駅から特急まいづる13号に乗って東舞鶴駅まで移動しました。東舞鶴駅。駅の近くにローソンがあったので、そこで食料を調達しました。季節運行となりますが、東舞鶴駅と舞鶴フェリーターミナルの間を結ぶシャトルバスがあります。片道200円で乗車時に現金で支払いとなります。なお [続きを読む]
  • かわせみやませみ1号 B特急券
  • 熊本から八代までの、特急かわせみやませみ1号の特急券です。かわせみやませみは2017年3月から運転を始めた肥薩線の観光特急です。熊本〜人吉間を3往復していて、うち1号と2号が一部自由席、残りの列車が全車指定席で運転されています。元々この区間には特急くまがわ・九州横断特急が走っていましたが、2016年に快速に格下げして廃止されましたが、その翌年に快速のうち3往復を特急格上げする形で「かわせみやませみ」が運転される [続きを読む]
  • つばめ307号 つばめ限定!九州ネット早特7
  • 博多から熊本までの、新幹線つばめ307号の「つばめ限定!九州ネット早特7」です。以前も使ったことはありますが、指定列車以外の乗車は別途料金等が必要の部分が強調してあります。博多駅からではなく新鳥栖駅から使っているので、改札機の赤い印字が新鳥栖のものになっています。改札機で弾かれなかったので、券面区間の途中駅から使い始めても指定した列車に乗れば問題はないんだと思います。熊本駅から特急かわせみやませみ1号 [続きを読む]
  • 博多駅臨発のクレカ対応
  • 博多から吉塚までの、何の変哲もない乗車券です。発行箇所が博多駅POSとなっていますが、これは博多駅のコンコースでたまにある臨時発売所の所で発券されたものとなります。博多駅の臨時発売所は従来は現金だけしか取り扱っていなかったのですが、いつの間にかクレジットカードで支払いすることができるようになっていました。JR九州のPOS端末でクレカ決済をすると券面に九州C制の文字が印字されますが、博多駅の臨時発売所でク [続きを読む]
  • 有明 B特急券・グリーン券【eきっぷ】
  • 羽犬塚から博多までの、特急有明の特急券・グリーン券です。インターネット予約のeきっぷを適用したものとなります。2018年3月のダイヤ改正から従来の特急有明は減便され、平日のみ上り列車(大牟田→博多)1本だけの運転となりました。下り列車が消滅し、かつ他に有明を名乗る列車名がないことから号数表記(○○号)もなくなっています。なお、普通車は指定席が廃止されて全車自由席となったため、切符券面に列車名の「有明」を [続きを読む]
  • つばめ344号 激安!サマーバーゲンきっぷ
  • 熊本から博多までの、新幹線つばめ344号利用の激安!サマーバーゲンきっぷです。激安!サマーバーゲンきっぷは、2017年のお盆期間に設定された切符で、乗車日の6日前から3日前までの発売状況に応じて激安で購入できる切符でした。博多〜熊本・鹿児島中央間の九州新幹線の一部の列車で設定がありましたが、熊本発着のものは1,000円、鹿児島中央発着のものは2,000円と、恐らく今まで発売されてきた九州新幹線の切符の中では一番安い [続きを読む]
  • 北熊本駅 普通入場券
  • 熊本電気鉄道の北熊本駅の入場券です。北熊本駅の入場券はくまモンと熊本電鉄の車両がデザインされたものが売られていますが、デザインが6種類あります。北熊本駅の窓口で購入する場合は1枚単位での購入ができる代わりにデザインはランダムとなります。北熊本駅窓口の他に、北熊本駅に入居している「くまでんSHOP」と熊本電鉄アンテナショップでは全6種類のセット販売を行っています。こちらでは1枚単位での購入ができません。私は [続きを読む]
  • 2018年7月28日 快速○○のはなし(東萩→下関)
  • 7月28日に乗ってきた、山陰線の観光列車「○○のはなし」の乗車記のようなもの。青春18きっぷで新山口まで行き、新山口駅から東萩駅まで高速バス・スーパーはぎ号を使うルートで東萩まで行きました。○○のはなしは、新下関と東萩を山陰線経由で結んでいる観光列車です。2017年1月まで運転していた観光列車「みすゞ潮彩」の後継として2017年8月から運転を開始しています。全車指定席ですが、指定席券さえ買い足せば青春18きっぷで [続きを読む]
  • A列車で行こう5号 乗車券・B特急券
  • 熊本から三角(みすみ)までの、特急A列車で行こう5号の乗車券・特急券の一葉券です。英語表記で発券してみました。「A-TRAIN 5」あたりになるだろうという予想に反して、「A-RESSHA DE IKOU 5」というそのまんまな表記となりました。A列車で行こうの記念乗車証です。確か1号車のバーにスタンプと一緒に置かれていたと思います。車両は専用の改造が施されたキハ185系が使われています。1号車にはバーカウンターが設置されていて、 [続きを読む]
  • 2018年7月16日 松江・広島放浪記
  • 7月16日に申し訳程度の観光要素の写真を。この日のメインはあめつちに乗車することだったので、その後のことが時間調整がてらの観光みたいになった感が否めません。とはいえ、松江を観光したのは初めて。ひとまず松江駅からバスに乗って、松江城に行くことにしました。この日は松江も猛暑で、なんかもう歩いたら溶けてしまいそうな暑さでした。天守閣に向かっています。入場券を買ってから天守閣のほうへ。松江城の黒い天守閣。201 [続きを読む]
  • 熊本市電1日乗車券
  • 熊本市電の1日乗車券です。スクラッチ式になっていて、利用日の日付をコイン等で削ってから利用します。利用できるのは熊本市電の全線となります。バスや熊本電鉄線は利用できません。バスや熊本電鉄線も利用できる1日券は「わくわく1Dayパス」として別に売られています。昔は同じ値段でわくわく1Dayパスが売られていたのですが、いつごろか値上げしたようで熊本市電だけの利用に限れば値段を据え置きにしたみたいな感じになってい [続きを読む]
  • 2018年7月16日 快速あめつち(鳥取→松江)
  • 7月16日に鳥取から松江まで乗車した、観光列車あめつちの乗車記みたいなもの。あめつちは、7月1日から運転を開始した山陰線の観光列車です。鳥取と出雲市の間を1往復します。列車の愛称となっている「あめつち」の由来は、「天地の初発のとき」から来ているようです。古事記にもそう書かれている。キハ47形を改造したキロ47が使われています。途中の沿線の景観を楽しむために、普通列車よりも遅い速度で運転されています。車体の塗 [続きを読む]
  • さくら549号 スーパー早特21
  • 新神戸から熊本までの、新幹線さくら549号のスーパー早特21の切符です。スーパー早特21は、乗車日の21日前までに購入することで割安に新幹線を使える切符です。e5489かJR九州インターネット予約のどちらかでの取り扱いとなります。神戸市内と熊本の区間のものを使いましたが、値段は12,000円でした。設定区間は大阪市内・神戸市内〜熊本・鹿児島中央となっていましたが、後に長崎発着も追加されています。この手の早特系の例に漏れ [続きを読む]
  • 2018年7月15日 特急大山4号(米子→鳥取)
  • 7月15日に乗車した、臨時特急大山4号の乗車記みたいなもの。松江から特急スーパーおき4号で米子に移動し、米子からは特急大山4号に乗ってきました。山陰デスティネーションキャンペーンの一環として、7月から9月にかけて山陰線の鳥取〜米子間で特急大山(だいせん)が1.5往復運転されています。宿を鳥取に取っていたので、特急大山4号に乗るべく旅程に組み込んでいました。グランドアロー号が間に合ってくれたおかげで何とか乗れま [続きを読む]
  • 高松→神戸 ジャンボフェリー乗船証
  • 高松から神戸までの、ジャンボフェリーの乗船証です。便名は書かれていませんが、券面右上に出港時刻が書かれています。私が使ったのは高松午前1時発の深夜便となります。ジャンボフェリーの神戸〜高松間の片道運賃は1,990円となっていますが、私が乗ったときはそれに深夜料金300円と土休日ダイヤ料金300円がそれぞれ追加された2,590円となっています。高速バスの正規料金が3,700円かかるのを考えると、それでも安いほうではありま [続きを読む]
  • 2018年7月15日 一畑バス・グランドアロー号(広島→松江)
  • 7月15日に広島から松江まで乗車した、高速バス・グランドアロー号の乗車記的なもの。グランドアロー号は、広島と松江を乗り換えなしで結ぶ唯一の交通機関です。昔は鉄道でも広島と松江を結ぶ急行ちどりがありましたが廃止になっています。豪雨で伯備線が不通となっている中で広島から山陰に抜けるべく利用しました。広島電鉄と一畑電鉄の共同運航路線で、私が乗った便は一畑電鉄の担当便でした。ノンストップ便で、広島バスセンタ [続きを読む]
  • 阿波踊り2号 乗車券・特急券
  • 徳島から高松までの、臨時特急阿波踊り2号の乗車券と特急券の一葉券です。特急阿波踊り号は、徳島で行われる阿波踊りの開催期間中に運転される高徳線の臨時特急列車です。以前は予讃線の駅まで直通していましたが、2017年の運転は全て高松〜徳島間での運転となりました。実質、特急うずしおの増発列車となっていた感はありました。なお、特急阿波踊り号はe5489のe特急券が使えたそうです。それを知らないで1ヶ月前に駅の窓口で10時 [続きを読む]