kurou さん プロフィール

  •  
kurouさん: kurouのブログ
ハンドル名kurou さん
ブログタイトルkurouのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/namu-hatiman/
サイト紹介文歴史と散歩の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供850回 / 365日(平均16.3回/週) - 参加 2011/07/28 17:57

kurou さんのブログ記事

  • 源平合戦〜一ノ谷・屋島・壇ノ浦〜
  • 1180年(治承4年)、後白河法皇の第三皇子・以仁王の平家打倒の令旨を契機に始まった治承・寿永の乱。以仁王は自ら源頼政とともに挙兵するが、源頼政は平等院の戦いで討死、以仁王は南山城の加幡河原で討たれた(5月・参考:源頼政の墓)。8月、伊豆の源頼朝が挙兵。10月には鎌倉に入って本拠とし、富士川の戦いで平家軍を敗走させた。1181年(治承5年)閏2月、平清盛が死去。1183年(寿永2年)5月、木曽義仲 [続きを読む]
  • 平宗盛終焉の地〜近江国篠原宿〜
  • 1185年(元暦2年)3月24日、壇ノ浦で源義経に敗れて滅亡した平家。一門の多くは入水して最期を遂げますが、平宗盛父子は捕らえられ、5月16日、鎌倉へ送られました。そして、6月9日、京へ送還されるため鎌倉を発ちますが、6月21日、近江国篠原宿で斬首。宗盛父子を護送したのは源義経。義経は、自らが元服した鏡の宿を血で穢すのを避けて、その先の篠原宿で宗盛父子を処刑したのだと伝えられています。宗盛塚http:/ [続きを読む]
  • 江の島マイアミビーチショー2018
  • 1185年(元暦2年)3月24日、壇ノ浦で源義経に敗れて滅亡した平家。一門の多くは入水して最期を遂げますが、平宗盛父子は捕らえられ、5月16日、鎌倉へ送られました。そして、6月9日、京へ送還されるため鎌倉を発ちますが、6月21日、近江国篠原宿で斬首。宗盛父子を護送したのは源義経。義経は、自らが元服した鏡の宿を血で穢すのを避けて、その先の篠原宿で宗盛父子を処刑したのだと伝えられています。宗盛塚http:/ [続きを読む]
  • 今日は京都の葵祭
  • 葵祭(あおいまつり)は、賀茂神社の例祭。毎年5月15日に行われる京都三大祭の一つ。古くは「賀茂祭」と称され、源氏物語の「葵」の巻にも描かれました。鎌倉との繋がりを求めて。・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 2018アジサイ計画!JRの快速「鎌倉あじさい号」
  • JRの快速「鎌倉あじさい号」は、あじさいシーズンに青梅と鎌倉を往復する臨時電車。運行日は、6/9.10.16.17.23.24青梅発 08:42鎌倉着 10:24鎌倉発 18:25青梅着 20:23E257系5両全車普通車指定席指定券は窓口・券売機や主要旅行会社で購入できるようです。(途中停車駅)河辺・羽村・拝島・昭島・立川・府中本町・横浜・大船・北鎌倉 [続きを読む]
  • 日坂〜新田義貞の古戦場〜
  • 日坂1333年(元弘3年)、新田義貞はこの坂を下って鎌倉へと軍を進めたのだそうです。そのため「新田坂」と呼ばれていましたが、いつの頃からか「日坂」と呼ばれるようになったのだとか・・・江ノ電で鎌倉http://www8.plala.or.jp/bosatsu/enoden.htm・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 下鴨神社の申餅〜葵祭で供えられていた「はねず色」の餅〜
  • 申餅下鴨神社の参道にあるお休み処「さるや」さんの申餅。「葵祭」(あおいまつり)の申の日に神前に供えられたという「はねず色」の餅。都人は「葵祭の申餅」と呼んでいたのだそうです。葵祭葵祭は、賀茂神社の例祭。古くは「賀茂祭」と称され、源氏物語の「葵」の巻にも描かれました。下鴨神社http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/nara-kyoto/simogamo-jinjya/simogamo-jinjya.html鎌倉との繋がりを求めて。・・・・・・・ [続きを読む]
  • 黒い砂浜〜鎌倉:七里ヶ浜〜
  • 砂鉄の浜昔から七里ヶ浜の砂は、砂鉄を多く含んでいることで知られていました。鎌倉で鍛冶産業が盛んになったのは、七里ヶ浜で採れる砂鉄があったからだともいわれています。『新編鎌倉志』には「鉄砂(くろがねずな)あり、黒き事漆の如し」と記されているようです。今でも稲村ヶ崎付近の砂浜は黒く光っています。七里ヶ浜http://www8.plala.or.jp/bosatsu/umi-sitirigahama.htm・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • めやみ地蔵尊〜京都祇園:仲源寺〜
  • 祇園にある仲源寺は、平安時代に仏師定朝が創建したという古い寺。もとは四条橋の東北にあったそうですが、1585年(天正13年)、豊臣秀吉の命により現在地へ移されました。本尊は地蔵菩薩(定朝作)。門前の石標には「めやみ地蔵尊」と刻まれていますが、もとは「雨やみ地蔵尊」と呼ばれていたそうで・・・伝えられている話によれば・・・1228年(安貞2年)、鴨川が洪水となった際、鴨川の堤防修築の防鴨河使(ぼうかし [続きを読む]
  • 日本の四箇大寺と呼ばれた東大寺・興福寺・延暦寺・園城寺
  • 東大寺728年(神亀5年)、聖武天皇が幼くして亡くなった皇子の菩提を追修するため、若草山の麓に金鍾山寺を建立させたのが東大寺の起源。741年(天平13年)、国分寺(金光明寺)と国分尼寺(法華寺)建立の詔が発せられ、金鍾山寺が金光明寺となり、その後東大寺が創建されています。本尊は、聖武天皇の詔によって造立された盧舎那仏坐像で、奈良の大仏として知られています。興福寺興福寺は、藤原氏の氏寺で、法相宗の大 [続きを読む]
  • 2018遠藤あじさいまつり
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス南部を流れる小出川沿いに咲くアジサイ。毎年「あじさいまつり」が開催され、花の苗・野菜などの模擬店が出店して賑わいます。今年は6月17日(日)雨天決行。JR東海道線「辻堂駅」又は小田急線・横浜市営地下鉄「湘南台駅」から「慶応大学」行きバス終点下車・・・・・・・・・・ [続きを読む]