航二 さん プロフィール

  •  
航二さん: 最速の情報処理試験の論文対策
ハンドル名航二 さん
ブログタイトル最速の情報処理試験の論文対策
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/eihirota
サイト紹介文情報処理試験の論文対策のブログです。
自由文情報処理試験の論文対策方法を考えるブログです。ITストラテジストをメインとしておりますが、他の試験区分も含めて進めてゆこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/07/29 18:37

航二 さんのブログ記事

  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」故障やトラブルが発生した場合、企業は大きな損失を被ることがあります。これを防止する為には、購入時期、稼動時間、磨耗期から、保守タイミングやリプレースの時期を判断する必要があります。これをシステム化して、漏れなく、精度の高い保守サイクルを維持できる仕組みを提案できなければなりません。「部品・サプライ品の供給、古い機器のリプレースで、収益につなげろ [続きを読む]
  • ITストラテジスト午後1対策標語「IT技術を駆使せよ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「IT技術を駆使せよ!」 過去「RFID」や「災害時の安否や、作業中要員の所在のわかるGPS機能付き携帯電話」、「遠隔リモート保守システム」、「動体認識カメラ」、「店頭販売向けタブレット型PC」、「インターネット連携の健康情報システム」、「スマートフォン」「健康管理ロボット」などの話題が取り上げられています。このような特別な機器が出てきたときには「有効活用せよ!」と、暗 [続きを読む]
  • マス目以外に書き込むとどうなるか?(論文評価の裏話8)
  • (続き) もう少し、原稿用紙の使い方についてこぼれ話をしましょう。よく、修正で文字が入りきらないで、マス目以外に「吹き出し」風に修正を入れる人がいます。これはやりたくてやったわけではないのはわかりますが、可能な限り避けましょう。なぜならば、マス目以外に書かれた文字は、評価対象とはならないと思われるからです。つまり、採点者はマス目に入った文字しか見ませんし、それ以外のところに文字が書かれていても無い [続きを読む]
  • 句読点の誤った使い方について(論文評価の裏話7)*
  • また、「。」や「、」の使い方も、基本を知らない人が急に多くなったように感じます。例えば、「。」や「、」を行の先頭のマス目に書く人が増えた気がします。これは、たまたま、その行の最後のマス目に「。」や「、」が書けなくなった場合に、改行して先頭に書いてしまうケースです。しかし、結論から申しますと、こういった場合は行の最後のマス目に文字と一緒に書くのが基本です。この基本を知らない人とが急に増えたように感じ [続きを読む]
  • ITストラテジスト午後1対策標語「IT技術を駆使せよ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「IT技術を駆使せよ!」 過去「RFID」や「災害時の安否や、作業中要員の所在のわかるGPS機能付き携帯電話」、「遠隔リモート保守システム」、「動体認識カメラ」、「店頭販売向けタブレット型PC」、「インターネット連携の健康情報システム」、「スマートフォン」「健康管理ロボット」などの話題が取り上げられています。このような特別な機器が出てきたときには「有効活用せよ!」と、暗 [続きを読む]
  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」故障やトラブルが発生した場合、企業は大きな損失を被ることがあります。これを防止する為には、購入時期、稼動時間、磨耗期から、保守タイミングやリプレースの時期を判断する必要があります。これをシステム化して、漏れなく、精度の高い保守サイクルを維持できる仕組みを提案できなければなりません。「部品・サプライ品の供給、古い機器のリプレースで、収益につなげろ [続きを読む]
  • ITストラテジスト午後1試験対策標語「ダンドリを見直せ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「ダンドリを見直せ!」システム化しているか否かに関わらず、それ以前に業務手順が整備されていないため、非効率な作業内容や作業フローが存在する場合があります。当対策評語ではこのような作業・業務手順の矛盾に関する改革を対象にしています。いろいろなケースがあるため、一言で纏めるようと「ダンドリ」と呼ぶことにしています。一度手作業のレベルに視点をおろし、どのようにすれば本来の [続きを読む]
  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」
  • ITストラテジスト午後1対策標語「磨耗期を把握せよ!」故障やトラブルが発生した場合、企業は大きな損失を被ることがあります。これを防止する為には、購入時期、稼動時間、磨耗期から、保守タイミングやリプレースの時期を判断する必要があります。これをシステム化して、漏れなく、精度の高い保守サイクルを維持できる仕組みを提案できなければなりません。「部品・サプライ品の供給、古い機器のリプレースで、収益につなげろ [続きを読む]