E49FXN さん プロフィール

  •  
E49FXNさん: E-TYPE のガレージ
ハンドル名E49FXN さん
ブログタイトルE-TYPE のガレージ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wk4868
サイト紹介文E−TYPEとの生活を中心に、懐しい旅や消えゆく光景への思い・・・ブログは過去と今を彷徨っています。
自由文すぐ故障するクルマ、あまりにも華奢なロードレーサー、うまく写らないカメラ、すぐに狂う時計、時代遅れの街、必ずしも便利ではない宿、実用性のない重い鞄、あまりキレイとは云えない店・・・等々・・・・・が僕の好きなモノ達です。でもこれらに共通するのは美しさ・・・そして儚さ・・・
そんな愛するモノ達への思い、そして実体験・・・いわば僕の”道楽”みたいな生活の一部をご紹介させていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/07/31 14:15

E49FXN さんのブログ記事

  • 絶景!栃木・巴波川畔の鯉のぼり・・・
  • さて、先日訪れた栃木市といえば、かつて水運で栄えた商都・・・その面影を色濃く残すのが、日光例幣使街道と平行して流れる巴波川(うずまがわ)の両岸に建ち並ぶ立派な蔵造りの建物です。ここ・・・栃木では最も有名な場所、みなさんも一度くらいは雑誌やテレビなどで目にしたことがあるのかも知れません。で、とてもラッキーなことに僕が行った時にはそこに数多の鯉のぼり!江戸〜明治期そのままの歴史を感じさせる姿に季節の風 [続きを読む]
  • 1/20 ロータス25〜TAMIYA Masterwork Collection〜
  • 今月は、英国が生んだ偉大なレーシングドライバー、ジム・クラークが天に召されてちょうど半世紀・・・その日である4月7日に記事をUPしたわけなのですが、いろいろと調べているうちにまた悪いクセが出てこんなモノをゲットしてしまいました。TAMIYA Masterwork Collection、1/20 Lotus 25!タミヤが出しているメーカー完成品なんですが、キットとそう変わらないディスカウント価格になっていたのでついポチっと・・・ロータス25は [続きを読む]
  • 突然、蔵の街 栃木へ・・・
  • サブリミナルなのか、広告表現として優れているのか・・・?先週くらいに気がついた、JRの車内広告で展開されている”栃木キャンペーン”、なんだかとても気になっていました。で、昨日は休みがとれたので、突然思い立って蔵の街 栃木へ・・・ゴールドにペイントされた東武特急スペーシアに乗って、両毛線と交叉する現代的な栃木駅に到着です。栃木は、日光例幣使街道の宿場町で、且つ水運で栄えた北関東有数の商都でもありました [続きを読む]
  • 大自然に抱かれた、「奥志賀高原ホテル」・・・
  • 会社の同僚でこのブログにも度々ネタを提供してくれている Mr.SGより、彼が「奥志賀高原ホテル」へ行った時の模様が入ってきました。日本のスキーリゾートの草分け・・・周囲にはあふれんばかりの美しい自然の姿が・・・しかしMr.SG・・・いい写真撮るよなァ〜その大自然の山懐に抱かれたように建つ「奥志賀高原ホテル」は、昭和44年に平島二郎の設計によって建てられました。芝公園のレストラン「クレッセントハウス」や葉山御用 [続きを読む]
  • プロジェクト第2弾、本格スタート!
  • 午前中の雨でジャガー動かせなかったし、本日より2018年のプロジェクト第2弾を本格的にスタート!しかし・・・コレ通算3台目!なんだかおんなじクルマばっか造ってるよなァ〜まず手始めは、ボディの整形とドライバーフィギュアの改造から・・・現代的なフルフェイスヘルメットの姿から1950年代後半へ、そして想定する人物の特徴が出るように変身です!しかし・・・こんなペースで期限に間に合うのかなァ。。。??? [続きを読む]
  • 英国車乗りの、レザースニーカー!?
  • いままで使っていたレザースニーカーがボロくなってきたので、新たなモノを購入しました。カステルバジャックの、ユニオンジャックをモチーフにしたスニーカーです。ちょっと派手なのですが、初老を迎えた英国車乗りとしては、これくらいカラフルなのもまたいいかナ・・・と。一応牛革らしいので、使っていくうちに徐々に雰囲気が出てきてくれれば嬉しいんですけどネ。ということで・・・早速履いてみたいのはやまやまですが、予報 [続きを読む]
  • 文化財「新井旅館」其の参〜山陽荘と金澤翔子展〜
  • さて、修善寺「新井旅館」で迎える朝・・・桂川に面した窓を開け放って眺める景色は、これ以上の爽やかさは無いんじゃないかと思えてしまうほどでした。しばらくすると、いかにも老舗旅館らしい朝食が部屋に運ばれてきます。食事のあとは、せっかくなので朝風呂へ・・・『あやめ風呂』は昭和7年の竣工。前日入った『天平大浴場』に隣接する小振りな風呂なんですが、奥にはあやめの花を形どった小さな浴場もあったりしてなかなかチ [続きを読む]
  • 揺れる、ココロ・・・??
  • きょうは、ドライブ日和の日曜日・・・ということで、先週酷使したE-TYPEも一週間休んで元気になったはず(?)なので、大黒PAにやってきました。いつもの場所が混み合っていたので、ベンチがある方にパーキング。興味をそそられるクルマたちを眺めながら、ノンビリと過ごします・・・色鮮やかなランチア・ベータ・クーペ・・・素敵でした!ofcさんの黄色いDino206とカウンタック・・・大黒ならではの、素晴らしい光景ですねェ〜で [続きを読む]
  • レクイエム 〜J・クラークのラストマシンを造る!〜
  • いまから50年前のきょう4月7日は、不世出の天才ドライバー、ジム・クラークがこの世を去った日でした。1968年4月7日、小雨混じりのドイツ・ホッケンハイム・・・その年の1月に行われた南アフリカGPで、ナショナルカラーのロータス49を駆ってF1最多勝利記録となる25勝目をあげたクラークは、第2戦のスペインGPまでのインターバルに行われたヨーロッパF2選手権第2戦に出場。ゴールドリーフカラーにペイントされたロータス48のコック [続きを読む]
  • 文化財「新井旅館」其の弐〜夜の姿と温泉街〜
  • さて、再び先週訪れた「新井旅館」のハナシですが、夜の帳が下りて旧い木造建築が独特の艶っぽさを見せ始めると、いよいよ夕食の時間です。部屋でいただく会席料理、もちろん本日三度目のビールとともに・・・満腹になったあとは、夜の「新井旅館」を堪能すべくホロ酔い加減で館内をウロウロと・・・明るい時とはまた違った顔を楽しみます。あかりが灯ったその姿は、まるで闇に浮かび上がっているようで実に幻想的な美しさ・・・そ [続きを読む]
  • 鰻「はし本」、東京駅から5分の老舗へ・・・
  • きょうは同僚と飯でも・・・ということで、八重洲にやってきました。東京駅前・・・変遷著しいこのエリアにあって、八重洲にはまだ昭和の面影を残す路地が残っていたりするのですが、そこを進んでいくと・・・あまりにも郷愁を誘う、なんとも言えない佇まい!昔ながらの木造建築を今に残している鰻屋、「はし本」が姿を現します。きょうの鰻は宮崎産かァ〜店の外に吐き出されてくる鰻を焼く煙をかぎながら、期待を込めて店内へ。築 [続きを読む]
  • 伊豆の小京都?レトロな修善寺温泉街を歩く・・・
  • さて、修善寺温泉「新井旅館」には到着したものの、チェックインまでにはまだ2時間もある・・・ということで、温泉街をブラついてみることにしました。伊豆の小京都とも言われている修善寺温泉は、桂川(通称で、本来は修善寺川)の両岸に昔懐かしい旅館や土産物屋、神社仏閣が並ぶノスタルジックな光景を今に残します。赤い欄干を持つ橋から望む街の中心には、弘法大師伝説縁の独鈷の湯。その後ろに見える木造三階建の旅館は、か [続きを読む]
  • 残桜と、フランクロイド・ライト・・・
  • 東京の桜はもう散ってしまった・・・と、人は言うけれど、まだ頑張っている桜があるとしたら、そしてそれがフランクロイド・ライトの建築と一緒に眺められるとしたら・・・こんなに素敵なことって、ないですよネ!?ということで、やって来ました!自由学園明日館・・・庭の4本の桜の樹、うち三本は花を散らせてしまいましたが、守られたかのような一本はまだ盛り・・・ライトアップされたその姿は、もう例えようもない美しさです [続きを読む]
  • E-TYPEで天城越え〜浄蓮の滝へ〜
  • さて、修善寺温泉「新井旅館」から帰路につくにあたり、僕にはどうしても訪れてみたい場所がありました。それは、なんとなく・・・ではあったのですが、やはりここまで来たら行くしかないよナ・・・・・・ってコトで、そう天城越え  石川さゆりE-TYPEを駆って、”天城越え”です!所々がほんのりピンク色に染まる中伊豆の穏やかな山並みを背景に、桜が満開の里山を縫うように通る下田街道を南に、浄蓮の滝へ・・・まるで”桜街道 [続きを読む]
  • マクラーレン、ペンドルトン、E-TYPEでお花見!
  • きょうはあまりにもいいお天気なので、僕の住む街を流れる鶴見川でお花見です。緩やかにカーブする堤防沿いに続くこの桜並木の姿が好きなので、もう毎年のように来ているのですが、今回は特にお花見グッズ(?)も充実させて・・・まずは、マクラーレンのガダバウトチェア!元々グリーンのヤツはE-TYPEのラゲッジスペースに積んであったのですが、この爽やかなブルウのタイプが新たに加わりました。そしてペンドルトンの小さなテー [続きを読む]
  • 文化財「新井旅館」〜其の壱
  • 今回宿泊した修善寺を代表する老舗である「新井旅館」は、数多の文化人や著名人に愛された、登録有形文化財に指定されている伝統的な旅館建築を今に残す宿です。旧き良き温泉旅館の風情、それも最高級レベルの雰囲気を醸し出す玄関ロビーから、部屋までの道のりもちょっとした小旅行・・・木造建築が織り成す光と影・・・錦鯉が泳ぐ池に架かる美しいアールを描く橋は、この宿の景観のひとつのハイライトなのかもしれません。橋を渡 [続きを読む]
  • 修善寺「新井旅館」へ、嗚呼 グランドツーリング!
  • きのう今日と仕事を休んで、修善寺温泉に行ってきました。それも思い切ってE-TYPEで!天気予報によれば二日間とも夏日のような天候で、おまけに例え平日でも東名高速青葉インターから海老名あたりまでは慢性渋滞・・・果たしてこのクルマで無事帰ってこれるのか?という思いももちろん脳裏をよぎりましたが、故・徳大寺有恒氏もその著書のタイトルで、『ああ、人生グランドツーリング』・・・と、仰っているように、自動車が普及し [続きを読む]
  • E-TYPEへの憧れ・・・これがその原点!?
  • 毎週のように、ジャガーE-TYPEに乗って大黒PAに出没・・・このクルマを手に入れて以来、調子がいい時はこんな日曜日を30年近く過ごしているのですが、僕がこんなにE-TYPEが好きになったのって、一体・・・?その”原点”とも言えそうなのは、もしかするとこのようなゼンマイ動力のプラモデルなのかもしれません。MARKという今は既に無いメーカー製の、なんと1/38スケールのジャガーE-TYPEとコルベア・モンザGTの2台セット!で、こ [続きを読む]
  • 広尾「キャプテン・クック」〜E-TYPEでリトル・イングランドへ〜
  • 朝から暖かな日曜日・・・僕の家のすぐ近くの桜も7〜8分咲きといったところでしたが、このぶんだと明日明後日には満開になるかもしれませんねェ〜さて、今朝は娘を職場のある六本木に送っていくついでに、前々から一度行ってみたかった店に立ち寄ってみることにしました。白金から外苑西通りを西麻布方面へ・・・広尾駅をすぎてしばらく走り、右側の路地に入っていくとそこにはリトル・イングランドが!バッキンガム宮殿の近衛兵 [続きを読む]
  • にっぽん丸、横浜出港!
  • このブログに度々ネタを提供してくれる会社の同僚、Mr.SG氏より、彼が趣味としている『にっぽん丸』でのクルーズの様子が入ってきたのですが、その画像があまりにも素晴らしいのできょうはそれを御紹介させていただきます。日本を代表する港町・横浜大桟橋から船出をする『にっぽん丸』。今宵はしばし、クラシックな船旅をお楽しみください・・・いかがでした?キラキラ光る波しぶき、洋上からのみなとみらい、赤煉瓦、クイーンの [続きを読む]