メッシー さん プロフィール

  •  
メッシーさん: 〜肺がんと甲状腺がんから学んだ健康への思い〜
ハンドル名メッシー さん
ブログタイトル〜肺がんと甲状腺がんから学んだ健康への思い〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/ttiimura/
サイト紹介文35歳までに肺がんと甲状腺がんを経験して学んだ健康への思い、健康を維持する秘訣を発信します。
自由文私は27歳の時に甲状腺がん、35歳の時に肺がんを宣告されました。とても辛い経験でしたが、家族や友人に支えられて前向きに闘病し、短期間で日常生活に復帰することができました。

夢の病気になっても笑顔で堂々と生きていける人で溢れた国「健康大陸 日本」を実現するために、皆様の健康を応援する情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2011/08/01 12:57

メッシー さんのブログ記事

  • 世界中の人が共通なもの
  • 世界中の人口は74億人を越えています。肌や目、髪の色、話す言葉、習慣だけではなく、とにかく何もかもが違って、自分と同じ人はこの世にいません。ここまではよく聞く話ですが、慣れない学会に参加して、病気の話ばかりを聞いてたら世界中の人に共通なことを発見!!病気を通して見ると、アジア人も欧米人も、欧州人もアフリカ人も同じ病気にかかります。つまり病院で検査を受けると同じ画像が出てくるので、病気だけを見るとど [続きを読む]
  • 医療にAIが導入されても変わらないもの
  • 「医療にAIが導入されると、医者の仕事が減る」こんな過激な話をよく耳にします。確かに診断なんかで先生の経験に基づいているところはAIの方が得意だったりするので、今と形が変わる可能がありますが、AIが導入されても変わらないものもあります。例えば、新しい治療の効果判定。超ざっくり言うと、新しいAという治療が効果がありそうだということになったら、安全性をしっかり確認した後、患者さんを治療して効果や副作用を検査 [続きを読む]
  • 昨日から国際肺癌学会(IASLC)in 横浜に参加中
  • 昨日から横浜のパシフィコ横浜で開催されている国際肺癌学会に参加しています。今回は仕事ではなくSuvivorとしての参加なので、会社は3連休。会社員として大丈夫なのかしら、私(笑) 国内の学会でもがん患者が無料で参加できる講座が増えてきましたが講座が限定されていて、自由に聴講できなかったりします。参加者が数万円の参加費を払って参加しているので、当たり前なんですが、それ以前に、がん細胞の顕微鏡画像を見てワ [続きを読む]
  • 体と心のバランスを取るには
  • 体と心のバランスを崩すと体がヘルプのサインを送ってきます。 体のサインは頭痛、下痢、めまい、動悸などなど、特定の生活をすると、いつも同じ症状がやってきます。人によって違いますが、思い当たる節はみんなあると思います。 このサインを無視し続けると、ちょっと深刻な病気に出会ったりします。 とは言っても、大人は仕事にプライベートに家庭に忙しいので、忙しい毎日スタイルを変えることは難しい...って思っちゃいま [続きを読む]
  • 医療ドリプラ プレゼンタイトルを発表!
  • いよいよ明日、医療ドリームプラン・プレゼンテーション2017本番です!このタイミングでプレゼンタイトルを発表します!詳細はコチラ まだ振り返るのは早いですが、医療者の本気の想いにふれて学ぶことが沢山ありました。 もちろん我々患者としても。 医療は特別なことではなく、病院の中だけに限った事でもなく我々の日常の一部なんですよね。 準備期間の集大成があるの本番に詰まっているので、みなさんにどんな気づきを [続きを読む]
  • 今までの医療 これからの医療
  • これからの医療は、『医療はみんなのもの、自分の命の決定権を他人任せにしない』 医療を自分事ととらえた先に先にどんな社会が待っているのか、そのヒントが今回の医療ドリプラの中で語られます。病気になったことに大切な意味があるとしたら、その意味を知ったあなたは何を感じますか?私は自分の病気の意味を知った時、自分の体が初めて愛おしいと感じました。 詳しくはこちらまで詳しくはコチラ −−−−医療ドリームプラ [続きを読む]
  • 自分を責めるって楽かも
  • 上手くいかないことがあって、自分が悪いんだ、自分はなんてダメなんだ、もう死んでしまいたい、こんな感じで自分に責任を擦り付けると、実は一時的に気分が スッキリするって知ってますか?自分がダメ、自分が悪いと責任の所在を自分に置くと誰にもそれ以上攻められない最高の防御になります。他人から何を言われても、自分が悪いんでしょ、ごめんね、許してという気持ちを持つことでどんな言葉もかわせるもう無敵状態。意味を知 [続きを読む]
  • 生きる意味・死ぬ意味
  • 私たちは使命を持ってこの世に誕生します。 世界もビックリな大発明をする人、多くの人に感動を届ける人もいれば、家族を幸せにする人、ゴミ拾いで町をキレイにする人など規模も違えば、時には誰にも分ってもらえない使命を持った人、私からすると虫を誰よりも愛する使命とかかな(笑)。使命なんて言葉を日常で聞くことはないし、そんな言葉を使っている人がいたら暑苦しくてちょっと距離を置きたくなりますよね。 冗談はこのく [続きを読む]
  • 自分の生き方にこだわった結果、辿りついたステージは
  • 10/9(月祝)の医療ドリプラまであと10日となりました! 医療ドリプラ2017では、4人のプレゼンターによるプレゼンの他にも福島正伸先生の講演、福島先生、プレゼンターでもある川嶋朗先生、コメンテーターのおのころ心平先生の3人によるパネルディスカッションと盛りだくさんの企画をご用意しています。 今回のパネルディスカッションは、福島先生の闘病の経過に立ち会った3人だから語れる、ここでしか聞くことができな [続きを読む]
  • すべてのできごとに意味付けをすると
  • 3年間、毎日つけ続けた健康サポーターのブルーのバンドがブチッと切れました。 特注でもなんでもないので、ここまでよく持ってくれたなーと。バンドがない日に違和感を感じるので、3年前よりは健康サポーターとして少しは成長しているのかな。 バンドが切れた事実より、切れたこの時期に意味を感じます。「次のステージにいけ」かな〜 どんな出来事も自分事と捉えて、そこに意味を見出だすクセをつけることで、そこから行動に [続きを読む]
  • 場所の制約を受けない社会の可能性
  • 今日は東京のど真ん中の東京ガーデンテラス紀尾井町にあるヤフーさんのコワーキングスペースで作業をしています。 会社はサボり?って声が聞こえてきそうですが、なぜか今日は会社が休みなので、打ち合わせの空き時間を使ってやってきました。ここは無料で使えるので、都内で空き時間ができたら愛用しています。 最近、コワーキングスペースやサテライトオフィス等が広がりだして場所に捕らわれないで仕事をするのが一般的になっ [続きを読む]
  • 私なりの自己対話の真っ最中!
  • 医療ドリプラでのプレゼンに向けて、健康サポーターの価値を人に伝えるために絶賛具体化中。人に伝える難しさもあるけど、自分のことを自分で見直すって凄く難しーい!! でも楽し〜!!私の場合、自分を客観的に見始めると頭の中に違う性格の自分が二人が登場します。ちょうどコントでお財布を拾った時に天使と悪魔が出てくるあんな感じ。頭の中で議論が始まって、たま自己対話の枠を越えて本当に喋っちゃったりして、完全におか [続きを読む]
  • 昨日は第10回 医療ドリプラ支援会でした
  • 昨日の医療ドリプラ相互支援会は福島先生にご登場頂いて、ありがたいお言葉を頂く通称「福島部屋」でした。自分の世界観が相手に伝わって、自分の想像越える世界観として相手の口から語られる。例えば指摘をされたとしても、伝わった感動は格別です。相手に自分を理解してもらうには時間もかかるし、いろいろな体験が必要ですが、本気で語ればわずか10分で本当の自分が伝わります。浅い想いなら浅く、深い想いなら深く。何事も [続きを読む]
  • 今日は食べることについての学び
  • 今日はにいざケアマネージャー・ネットワーク(NCN)研修会に参加しました。仕事で大遅刻をして、後半の30分だけの参加でしたが、大満足の内容でした。えんげ障害って食べるときの話だけだと思っていましたが、寝てる間の唾の飲み込みでも起きちゃうんですね〜食事が疲れるから嫌だと言っていた父親の気持ちが少し理解できた、そんな貴重な学びの場でした!!命に関わる仕事をしている専門職のみなさんは、こうやって学んでるだな [続きを読む]
  • 医療ドリプラ 第9回相互支援会(9/15) in 渋谷について
  • 9/15に川嶋先生をお招きして医療ドリプラ第9回相互支援会を開催します。 今回の相互支援会は1人でも多くの方に川嶋先生の世界観に触れて頂きたいので、関心をお持ちの方が参加できるオープンでの開催です。 ついに医療の専門家が夢を語ります!【日時】9/15(金) 19:00 〜 21:00【場所】Dream Square(ドリームスクエア)セミナールームhttp://www.dream-square.jp/dreamsquare/(東京都渋谷区南平台町2-12南平台久保ビル5F) [続きを読む]
  • 世界肺癌学会 in 横浜 に参加します
  • 10/15-18に横浜で開催される世界肺癌学会に参加しまーす! 国際学会は参加費が高い印象がありますが、患者枠がしっかりあるので、非会員だと1,200ドルかかるところが「患者/サバイバー」はなんと無料。国内の学会でも患者枠はありますが、参加できるセッションが限られていたり、多少の費用がかかったりするものがほとんどなので、世界の患者に対する意識は進んでいます。国際学会の参加経験が乏しいので、実は制約があるかもし [続きを読む]
  • がん体験者が見る未来
  • 先日、長期間のお支払いが発生する商品購入を紹介されました。10年ローンとか35年ローンとかそんな感じです。 案件自体は良い話しで、なるほど〜と思う点がたくさんあったのですが、話しの途中から頭の中の私は別の方向にお散歩を始めました。 35年ローンって自分は生きているのだろうか... がんを経験して以来、足元を探りながら毎年の無事を積み重ねてきた私、甲状腺の手術から11年、肺の手術から5年が経過した自分 [続きを読む]
  • 医療ドリプラ(10/9)の魅力
  • 医療ドリプラまであと1ヶ月となりましたー企画がモリモリの医療ドリプラの魅力をお伝えします。 患者が望む医療を受ける取り組みはたくさんありますが、医療ドリプラは想いを共有して皆んでこれからを考えます!10/9(月祝)は会場で新しい風を体験してください。記事はコチラ [続きを読む]
  • 喜びの感情を受け止めて
  • 家に帰ったら子供がなぜか満面の笑み。「何があったでしょーか?」なんて聞いてくるぐらい。聞いてみると、夏休みの宿題で誉められたらしく、見ている親も嬉しくなるぐらいの喜びようでした。子供って小さいことでも心から嬉しそうな、幸せそうな笑顔をしますよね。逆に大人は…私もそうですが、いつの頃からか嬉しいことを素直に受け止めるのが下手になったな〜悲しいことはちゃんと落ち込めるのに。気持ちがプラスに振れずに、 [続きを読む]
  • 女性に優しいマンモPET装置
  • 検診や人間ドックを受診しない理由の中に「痛い」「怖い」が毎回ランクインしますが、最近、女性に優しいマンモPET装置、いわゆる女性の新しいマンモグラフィの装置が話題になっています。 マンモグラフィーと言えば、乳房をギューと挟んでレントゲンの写真を撮る検査ですが、撮っている様子をテレビで見るだけで、私まで胸が痛くなるような、そんな検査です。検査のやり方が変わることでギューと挟まずに検査ができるとなったら [続きを読む]
  • 福祉と医療の課題は…
  • 週末は「知的・発達障がい者福祉サポーターズ ドリームプラン・プレゼンテーション(サポドリ)」さんの支援会にお邪魔しました。 サポドリのプレゼンターは障害を持った方をサポートするスタッフの方々。現状の課題を目の当たりにして、それを超越した利用者さんが生きやすい社会を実現する、すべてのプレゼンターがステキな夢を語っていました。 福祉と医療は別物と考えられがちですが、必要なサポートに少し違いがあるだけで [続きを読む]
  • 新型のがん免疫薬のお値段
  • 小児・若年性の急性リンパ性白血病に効果があるとされる新型のがん免疫薬が初めてアメリカで承認されたと発表されました。 この薬の治療1回あたりの薬価(お値段)は、なんと47万5000ドル(5200万円)!!たかーい!! 最近、がんの増大に関わる遺伝子をピンポイントで治療する治療薬が日本でも承認されていますが、高性能になると同時に薬価もスゴイ速度で上がり続けています。日本では誰もが望めば、薬の適応がある [続きを読む]
  • 千葉市内の施設様と打合せ
  • 昨日は千葉市内の施設様とNPOの活動について打合せをしました。医療機関は一般の人にオープンになっている印象は薄いですが、お邪魔した施設様は地域との連携を大切にされているステキなところでした。「地域から愛される施設に」 病気を経験した患者さんが地域に戻ってくるようになってきた今、我々も医療機関に関心を持って一緒に考えていかないとですね。「我々のNPOもみんなが医療機関を大好きになるようにお手伝いします!」 [続きを読む]