セロ弾き猫 さん プロフィール

  •  
セロ弾き猫さん: セロ弾き猫の日記
ハンドル名セロ弾き猫 さん
ブログタイトルセロ弾き猫の日記
ブログURLhttp://lechatvc.blog.fc2.com/
サイト紹介文アマチュアチェロ弾きの日記です。
自由文弾きこもり万歳。
レッスンメモや練習メモ、合間に日々の徒然を綴ります。練習用の音源なども時々UPします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/08/03 21:23

セロ弾き猫 さんのブログ記事

  • 【署名のご協力お願い】 人も動物も幸せな社会に向けて
  • 皆様は いま世の中で11万人を超す怒りと悲しみの署名が集まっている事件を御存じでしょうか。大矢誠。埼玉県の税理士。動物愛護法違反で起訴された残虐極まりない虐待犯です。サディスト、性的倒錯者、快楽殺戮 とでもいうのか。起訴された分だけで13匹もの猫たちを 逃げられぬ鉄の檻に閉じ込めた上で熱湯を繰り返しかけ続け 死にかかると今度はガスバーナーで焼け焦げになるまで焼き殺した犯人ですこれだけではないのですが [続きを読む]
  • 【告知】 室内楽演奏会のお知らせ(12/2)
  • 私の主催する室内楽プロジェクトの演奏会の告知をさせてください。今年も12月に室内楽演奏会を開催いたします。本日よりチケット発売開始です。80席限定となり、前売1000円、当日1500円です。お求め・詳細は公式HPよりお願い致します。Chamber Music Assort Special 2017 〜室内楽をあなたとこちらの「special」シリーズ、第1回の昨年はピアノカルテットをテーマにいたしました。今年は「ベートーヴェン」です。前半プログラムでは [続きを読む]
  • 6番のレッスンでした(アルマンド〜サラバンド)
  • 午前中は D師匠のレッスンでした。アルマンド〜サラバンドをやっているところですが アルマンド、今日こそ卒業したいと意気込んで行きましたが 玉砕。いつもながらビタ一文まかりません、、、(泣)( 24日の本番の演奏 )ほぼ この状態に対して、出たダメ出しを。1) 冒頭: 長い音の響きが充満するような感じに(大きな音というのではなく)2) 2小節目3拍目の重音(原典版では重音にしてある) マエストーソな [続きを読む]
  • 本番動画(6番プレリュード&アルマンド)
  • 土曜日 御苑で年4回開催される発表会でプレリュードとアルマンドを弾きました。満足できる出来には程遠く、本番前に控室で弾いてたときのほうが全然出来が良いというのが、いつもながら残念。ライブで聴いている人は 音がどんどん通り過ぎるから案外 演奏者が気づいているほどには 失敗に気づいていないものなのですが、やはり本人には全てが判っているので凹みます。絶対外したくない和音の中の音程を いくつか外してるし、 [続きを読む]
  • 6番、本番弾きます(9/23)
  • 苦労してきた6番ですが プレリュードとアルマンドの2曲を本番に乗せることにしました。★9/23 土曜日  午後(時間がまだ未定です。たぶん16時前後などではと思います)  新宿御苑のマエストローラのサロンです。  なにかのついでのある方は ふらりとのぞいてください。無料です。予約も不要です。★マスタークラス  出演の条件がレッスン受講ですので、林俊昭先生のレッスンがあります。聴講できます。  直接おいで [続きを読む]
  • 弾けない! (6番)
  • フォーレやベートーヴェンやシューマンから バッハに戻る数日間見事に弾けない。きのう 1日中練習していて 左手も 右手も腱鞘炎になりそうになりました。ほんとうに時間をかけて ものすごくさらわないと、まるで弾けないので泣きたくなります。どんなに弾けないかというとこのぐらい弾けません。Prelude 音源7度の音程があちこち低いところがイヤ。こんなんでも倍速で再生すると音程すごく良く聴こえるんですがヴァイオリ [続きを読む]
  • 蓼科での日々
  • 2011年に初めて師匠にプッシュされて恐る恐る参加したこの合宿。むちうちなどで2回お休みしましたが今年で5回目です。初めての年は「ひとりだけ場違いなのに嫌だなあ」という気持ちが大きく緊張も極限状態でした。ホテルの部屋にこもって、先生に指示された課題を小学生のようにもくもくと練習し続けたのを覚えています。先生にも「小学生みたいに真面目にさらってくるなあ」と笑われましたっけ。下手で恥ずかしい、などと弱 [続きを読む]
  • Elegie (G.Faure)
  • 終わりました。。  音程不満 ヴィヴラート止まる  いろいろ練習の時の半分ぐらいしかできないなどなど非常にアレなのですが  ライブのマジックなのでしょうか、 お客様や 他の音楽仲間からは 好評でした・・・聴き返すのは反省のためには必要だけど、正直、ライブで一度きりだから良かったと言っていただけるのではとも思います。「確立された世界?空気?」みたいなのを感じていただけたそうで 「へええ そのように感 [続きを読む]
  • シューマンピアノトリオ1番1楽章
  • 20日からの合宿で 一緒にレッスンを受けていただくメンバーとの 事前合わせ2回目でした。現地はピアノ台数がタイトなので そうそう合わせなどはやっていられないのです。合宿申込時に、希望の選曲で事務局にメンバーがいないかをお願いして、最終的に東京音大卒のMさん(pf)と、桐朋卒のFさん(Vn)との3人になりました。1楽章のみです。1回目の合わせからすぐチェロ師匠のレッスンだったので 今回はレッスンの指摘事 [続きを読む]
  • レッスン(Elegie)
  • きのうはシューマンピアノトリオ1楽章を見ていただきに3人で今日はフォーレを見ていただきに1人で 先生のところに行ってきました。蓼科前の最後のレッスンです。あとは現地。シューマンも半音音程中心に こちらにいるうちに丁寧にさらっておかないと不味いです。。当初予定のVnの方(大学院生さん)が就活面接とファイナルがかぶってしまって別のVnの方と急遽交替になったため本当は3回目合わせだったはずの昨日が新メンバー [続きを読む]
  • 悲歌
  • Faure 弦楽とチェロのためのエレジー。エレジーってのは 悲歌と訳される。いわゆる小品の超有名曲のひとつ。molto adagio でも、見開き2ページ、7分かそこら。でも奥が深くて本当に好き。毎日 「もっとこんな音色で」と欲が出て終わらない。フランス語の響きには子供のころから慣れ親しんでいたが ドイツ語は馴染みがない私。そりゃドイツ物より フランスものの方が すっと入って来ますわね。小さいときからシャンソンやら [続きを読む]
  • 手の事 その後
  • さて 7月26日に初診で元赤坂クリニックの仲尾先生に見てもらった結果を報告します。なんと、ヘバーデン結節ではない、という所見でした。「関節は綺麗です。 ただ周囲で炎症起こしてます。ちょっと長引くかもしれません」人差し指付け根あたりの腱鞘炎とあわせ、2本ほど注射を打たれました。注射がイタイ、、、長時間でなければ弾いて良しとのこと、テーピングの良い方法も教えてもらいました。でも、、、、 注射されたあと [続きを読む]
  • 富山旅行
  • 仕事が上がり、残務処理やら たまっていた音楽関係の合わせなどのスケジュールで手帳が真っ黒の1週間もおわり、家族サービスをということで富山に4日ほど旅行に行ってきました。氷見というところです。大学時代の同級生の故郷で名前だけは憶えていたのですが、お魚が美味しいらしい、という以外は何もイメージがないまま。北陸に行った事がない夫がセレクトしました。4Fにある露天風呂から おだやかな富山湾が見渡せるという [続きを読む]
  • やっと仕事が終わって復帰したものの。
  • 随分更新していなかったようです。先週末でようやくお仕事から解放され、土日はひたすら身体を休めておりました。ところで自分はいろいろと健康面での問題を抱えています。ひとつはいわゆる睡眠障害的なもの。もうひとつは整形外科的な分野の問題。睡眠障害は 6−7年?続いています。寝つきは割と良いのですが、眠りがとても浅いようで熟睡感がありません。どんなに疲れて入眠したとしても長くて3時間で目が覚めてしまいます。 [続きを読む]
  • 練習不足が辛いです・・
  • 今週末は2日連続で2人の師匠のレッスンです。こちらが土日しか使えないためどうしても重なりやすいのです、、、、、いっそ この期間は3ケ月レッスンお休みにした方が良いのかもしれないのですがそれはそれで本格的にブランクになってしまいそうで怖いし、8月の本番の準備は止めるわけにいかないしで、最低月1はそれぞれ通ってますが、、正直、気持が焦ります。浅い考えでうっかり引き受けて大変だった6月のオケ本番がようやく先 [続きを読む]
  • 時間がなーい。 
  • 1週間のインターバルはあっという間に過ぎ、6/8から二つ目の現場です。朝は5:50に起床、帰宅は20:30といった具合。出来れば23時にはベッドに入りたいけど現実は0時近くが多くて週末にリセットしないと体が持たない感じ。独身なら帰りがけに駅ナカハンバーガー屋や蕎麦屋て10分でご飯済ませておしまい、ってできるんだけどね。それでもうちは夫が早いときは夕飯用意してくれるんで助かってます。助かってますが… 彼は一緒にビデ [続きを読む]
  • 季節労働中
  • 今年は長めにオシゴトを入れたので7月の中旬一杯まで 研修です。始まるまでは 音楽脳をIT脳に切り替えるのが嫌で嫌でストレスなのですが始まってしまうとロジックワールドに夢中になります。毎年のことです。55人のクラスの中に1割は うまくついてこられない方がいるもので、彼らを叩き上げるのが腕の見せ所。なにしろ 数学0点の ソリ入れた不良高校生を 微分積分で99点取らせた実績がありますからね(笑)何がわから [続きを読む]
  • 春を満喫
  • 音楽友達の1人と思い立って 春のチャージに出かけた神代植物園。他にも沢山写真を撮ったのですが。載せきれません。ソメイヨシノも豪華絢爛に満開なのですが、他に沢山の種類の桜が咲き乱れているのが素晴らしいのです。花桃も同時に あでやかに咲き乱れ、桃源郷のように美しかったです。上野公園や井の頭のように人混みにならないし、雑木林の中をゆっくり散策できるし風格ある深大寺の境内も楽しめ、門前には蕎麦屋があるし  [続きを読む]
  • 振り返り
  • コンクールなんて柄じゃない、みたいなこと書きましたが 実際 振り返ってみると、改めてそう思います。昔から資格試験とかも大嫌いだったし。師匠1は 最初 「コンクールなんて所詮は減点法だからなあ」 と 乗り気じゃなかったです。なるほど 体験してみるとその通りなんだろうなと思いました。師匠は、だから、「何が目的で受ける? 点を取るため? 入賞するため?」 といったことを聞きました。当初 自分でも 漠然と [続きを読む]
  • 初挑戦
  • 元来あまり「コンクール」というタイプではないのですが、一度ぐらいは自分の成長のためになるかと考え挑戦してみました。毎夏参加している音楽合宿と同じ母体のコンクールで入賞すると、大阪国際音楽コンクールのファイナルへの推薦(予選とか地区本選とかをスルーしていきなりファイナルに参加できるそうです)と、蓼科音楽祭における受賞者コンサートへの参加権をいただけるというものです。予選は音源審査、いつぞやのシューマ [続きを読む]
  • 動画が出来ました
  • ★バッハのゴールドベルグの弦カル版から Var30とアリアこちらは本番前日に15分ほど合わせて方針決定。Vn2人もVaもほんと巧い方たちで楽しい。  Vaの音程 かつて無いほど良いですし。これは弦カルで全曲やってみたいものです!★ショスタコ6番。もっと無機的なところと 情感こめたところのギャップを出した方が良いね、とのアドヴァイスとある音楽家の方から。確かにそうですね。 でも これまで手掛けたカルテットで一 [続きを読む]
  • レッスンでした(2)
  • 2連チャンレッスン 2日め、今日は謹厳実直師匠2.(きのは イケイケ師匠1)いいたいことは同じかもしれなくても アプローチが違う、という局面も多々。しかしそれもまた 理解を一段深めるのに非常に有益。片方の師匠が「まあここより あちらのほうが優先度高いから ここは飛ばそう」と お目こぼししたところを、もうひとりが 突っ込む、的なのがありますが。なんといっても 御前で初演する緊張感がすごく、「環境変わる [続きを読む]
  • レッスンでした
  • きのうは夕方から師匠1のレッスンでした。フォーレの1楽章の(たぶん)最終レッスン。最初に弾いて見せたあと、師匠が ピアニストに「どうしたの?何が起こったの? すごい良かったよ。立体的になって」とほめましたよ!「何を変えたの??」良かったねっ ピアニスト様! あの先生なかなかピアニストを褒めてなんてくれないんだから。まあ、「本番は一番の練習」なのですよ。おそらく。本番を経ると確実に進歩します。なので [続きを読む]
  • 演奏会終了
  • 3月19日の、あざみ野の室内楽演奏会、無事(?)終了いたしました。アートフォーラムあざみ野レクチャールーム、というのは 音楽専用ホールではないので、反射板などの設備もなく、音響が最高とは言えません。多目的ホールにしては音はまとも、といったレベルでしょうか。ステリハではそういったチェックが主になります。ピアニストは タッチやペダリングを決定するし、チェロは楽器の向きをなるべく正面に向けたり、低音が響き [続きを読む]